幸楽苑、ラーメンに指混入!血が付いたチャーシュー3日間使用の可能性

幸楽苑、ラーメンに指混入!血が付いたチャーシュー3日間使用の可能性

幸楽苑、ラーメンに指混入!血が付いたチャーシュー3日間使用の可能性

 幸楽苑ホールディングスは、ラーメンチェーン幸楽苑の静岡清水インター店における異物混入報道について、公開情報の訂正とおわびを掲載した。

 13日の公開では従業員の「爪の一部が混入」と表現されていたが、正確には「人の指の混入」だった。

 そもそも今回の混入は客からの申し出によって発覚した。対応した従業員は2日前の従業員の事故の欠損部分であると判断したという。

 当日従業員はハムスライサーを使ってチャーシューの仕込み作業を行っていた際に、左親指を切ってしまった。この従業員は病院で手当てを受け、スライス中であったチャーシューを廃棄。欠損部分の指を探さなかった。結果、仕込み済みのチャーシューに混ざって保管され、9月10日に商品に混入することとなった

 結果として、血液がついた可能性があるチャーシューを9月8日から10日の3日間使用していたとしている。また、情報共有体制や危機管理体制が十分に整備されていなかったことも反省、原点に立ち返り信頼回復に努めるとしている。なお、9月8日から9月10日まで、該当店を利用した人には返金をするとしている。返金方法は同社のホームページで案内される。

関連記事(外部サイト)