83.0%が憲法改正の国民投票には「必ず行く」と回答

83.0%が憲法改正の国民投票には「必ず行く」と回答

83.0%が憲法改正の国民投票には「必ず行く」と回答

憲法改正には国会発議後に「国民投票」が行われますが、その場合は投票に行くかどうかについての調査をしました。総合で最も多かったのは「必ず投票に行く」で83.0%、次いで「条件付で投票に行く」で12.9%、「投票には行かない」で4.1%の順でした。

■すべての世代で同じ傾向

年代別にみてみると、すべての世代で最も多いのが「必ず投票に行く」になるなど、世代による違いはあまりみられませんでした。世代に関わらず、非常に関心が高いと思われます。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
「必ず投票に行く」 81.5%
「条件付で投票に行く(納得が得られたら投票に行く)」 13.0%
「投票には行かない」 5.6%

【40代】
「必ず投票に行く」 77.1%
「条件付で投票に行く(納得が得られたら投票に行く)」 15.9%
「投票には行かない」 7.0%

【50代】
「必ず投票に行く」 79.1%
「条件付で投票に行く(納得が得られたら投票に行く)」 15.5%
「投票には行かない」 5.4%

【60代以上】
「必ず投票に行く」 86.9%
「条件付で投票に行く(納得が得られたら投票に行く)」 10.8%
「投票には行かない」 2.4%


ちなみに、男女別でみてみても、「投票には行かない」の割合に大きな差がありませんでした。ただ、男性は「必ず投票に行く」が女性より多くなっていましたが、女性は「条件付で投票に行く」が男性より多くなっていました〜。

アンケート実施日時:2018年02月02日〜2018年02月08日/有効回答数:2,744

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing