体罰について、4割が「子供に問題があるなら容認する」と回答

体罰について、4割が「子供に問題があるなら容認する」と回答

体罰について、4割が「子供に問題があるなら容認する」と回答

体罰を容認するか、しないか、についての調査です。総合で最も多かったのは「子供に問題があるなら容認する」で42.0%、次いで「信頼があれば容認する」で31.2%、「容認しない」で30.8%の順でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「子供に問題があるなら容認する」 42.0%
「信頼があれば容認する」 31.2%
「容認しない」 30.8%
「親族なら容認する」 5.2%
「先生・コーチなら容認する」 3.7%
「誰に対しても容認する」 2.9%

■女性は「体罰は容認しない」が最多

男女別にみてみると、男性は「子供に問題があるなら容認する」が44.1%で最も多くなっていましたが、女性は「容認しない」が41.5%で最も多くなるなど、異なる結果になっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「子供に問題があるなら容認する」 44.1%
2位 「信頼があれば容認する」 32.7%
3位 「容認しない」 28.5%
4位 「親族なら容認する」 5.5%
5位 「先生・コーチなら容認する」 4.1%
6位 「誰に対しても容認する」 3.3%

【女性】
1位 「容認しない」 41.5%
2位 「子供に問題があるなら容認する」 32.4%
3位 「信頼があれば容認する」 24.6%
4位 「親族なら容認する」 2.9%
5位 「先生・コーチなら容認する」 0.7%
6位 「誰に対しても容認する」 0.7%


ちなみに「その他」の意見には「怪我をしない程度なら容認」「言ってもわからない人には容認」などが複数ありました。

アンケート実施日時:2018年03月09日〜2018年03月15日/有効回答数:2,374

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing