7割が「待機児童が多いのは保育士不足が問題」と回答

7割が「待機児童が多いのは保育士不足が問題」と回答

7割が「待機児童が多いのは保育士不足が問題」と回答

待機児童が多い問題についての調査です。総合では最も多かったのは「保育士不足」で68.9%、次いで「保育施設不足」で61.7%、「育児ができる働き方が整っていない」で50.1%の順でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
1位「保育士不足(給料面、労働環境など)」 68.9%
2位「保育施設不足(認可保育施設、認可外保育施設)」 61.7%
3位「育児ができる働き方が整っていない」 50.1%
4位「政治・政策による対策ができていない」 46.4%
5位「女性の社会進出」 29.6%
6位「特に問題はない」 3.2%

■男女とも最も多いのは保育士不足

男女別でみてみると、最も多かったのは男女とも「保育士不足」でした。次いで多かったのは男性は「保育施設不足」 でしたが、女性は「育児ができる働き方が整っていない」と、異なる結果になりました。



ちなみにその他には「核家族化で祖父母に頼めない」「都市部への一極集中」などが複数寄せられていました〜。

アンケート実施日時:2018年03月09日〜2018年03月15日/有効回答数:2,374

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing