オレオレ詐欺対策の1位は「着信が番号通知になっているかを確認」

オレオレ詐欺対策の1位は「着信が番号通知になっているかを確認」

オレオレ詐欺対策の1位は「着信が番号通知になっているかを確認」

オレオレ詐欺の対策で自分や家族間で行っていることについて調査しました。「自分はだまされないので、特に対策はしていない」の30.3%を除くと、総合で1位は「着信が番号通知になっているかを確認する」で34.7%、2位は「常に留守番電話で受けてから折り返しするように決めてる」で20.3%、3位は「本人に直接連絡を取るようにする(折り返し電話をする)」で17.5%、4位は「少しでも不審だと感じたら、まわりの誰かや警察に必ず相談するように決めている」で14.8%、5位は「だまされたふりをして警察に連絡をする」で12.0%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「着信が番号通知になっているかを確認する」 34.7%
2位 「常に留守番電話で受けてから折り返しするように決めてる」 20.3%
3位 「本人に直接連絡を取るようにする(折り返し電話をする)」 17.5%
4位 「少しでも不審だと感じたら、まわりの誰かや警察に必ず相談するように決めている」 14.8%
5位 「だまされたふりをして警察に連絡をする」 12.0%
6位 「万一のためにATMの利用限度額を下げておく」 8.0%
7位 「普段から家族だけに分かるサイン(合言葉など)を決めている」 5.6%
8位 「着信時に「録音をする」と自動メッセージが流れる電話を使っている」 5.4%
9位 「地域の振り込め詐欺防止関連セミナーに参加する」 1.8%
10位 「家にいるかが分からないよう、固定電話をやめて携帯電話だけにした」 1.9%

■男女ともに1位は「着信が番号通知になっているかを確認する」

男女別にみてみると、男女ともに1位は「着信が番号通知になっているかを確認」になっていました。「自分はだまされないので、特に対策はしていない」については女性が20.8%なのに対し、男性は32.2%と女性の1.5倍以上になっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「着信が番号通知になっているかを確認する(自分の知っている登録されている番号か)」 34.4%
2位 「常に留守番電話で受けてから折り返しするように決めてる」 19.1%
3位 「本人に直接連絡を取るようにする(折り返し電話をする)」 16.5%
4位 「少しでも不審だと感じたら、まわりの誰かや警察に必ず相談するように決めている」 13.5%
5位 「だまされたふりをして警察に連絡をする」 12.6%
6位 「万一のためにATMの利用限度額を下げておく」 8.2%
7位 「普段から家族だけに分かるサイン(合言葉など)を決めている」 5.7%

【女性】
1位 「着信が番号通知になっているかを確認する(自分の知っている登録されている番号か)」 37.1%
2位 「常に留守番電話で受けてから折り返しするように決めてる」 26.1%
3位 「本人に直接連絡を取るようにする(折り返し電話をする)」 21.6%
4位 「少しでも不審だと感じたら、まわりの誰かや警察に必ず相談するように決めている」 21.1%
5位 「だまされたふりをして警察に連絡をする」 8.8%
6位 「万一のためにATMの利用限度額を下げておく」 6.5%
7位 「普段から家族だけに分かるサイン(合言葉など)を決めている」 5.3%


その他の意見には「親と頻繁に連絡をとる」「警察の防犯チラシを電話のところに置く」など、様々な意見が寄せられていました!

アンケート実施日時:2018年06月22日〜2018年06月28日/有効回答数:2,401

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing