虫のつくことわざ・慣用句といえば、1位 飛んで火に入る夏の虫

虫のつくことわざ・慣用句といえば、1位 飛んで火に入る夏の虫

虫のつくことわざ・慣用句といえば、1位 飛んで火に入る夏の虫

虫のつくことわざ・慣用句・言葉などで思いつくことについて調査をしました。総合で1位は「飛んで火に入る夏の虫」で71.1%、2位は「虫の知らせ」で68.0%、3位は「泣きっ面に蜂」で64.5%、4位は「蓼食う虫も好き好き」で60.6%、5位は「虫の居所が悪い」で56.9%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「飛んで火に入る夏の虫」 71.1%
2位 「虫の知らせ」 68.0%
3位 「泣きっ面に蜂」 64.5%
4位 「蓼食う虫も好き好き」 60.6%
5位 「虫の居所が悪い」 56.9%
6位 「虫の息」 51.8%
7位 「虫がいい」 51.2%
8位 「蚊の鳴くような声」 48.7%
9位 「苦虫を噛み潰したよう」 46.4%
10位 「蜘蛛の子を散らすよう」 44.9%

■男性の1位は「飛んで火に入る夏の虫」、女性の1位は「虫の知らせ」

男女別にみてみると、男性の1位は「飛んで火に入る夏の虫」、女性の1位は「虫の知らせ」と異なる結果になりました。男女で差が大きかったのは「本の虫」(8.6ポイント差で女性が多い)、「蚤の心臓」(8.0ポイント差で男性が多い)でした。

【男性】
1位 「飛んで火に入る夏の虫」 72.0%
2位 「虫の知らせ」 67.4%
3位 「泣きっ面に蜂」 64.6%
4位 「蓼食う虫も好き好き」 60.2%
5位 「虫の居所が悪い」 56.6%
6位 「虫の息」 52.9%
7位 「虫がいい」 51.5%
8位 「蚊の鳴くような声」 47.8%
9位 「苦虫を噛み潰したよう」 46.9%
10位 「蜘蛛の子を散らすよう」 44.8%

【女性】
1位 「虫の知らせ」 71.0%
2位 「飛んで火に入る夏の虫」 67.8%
3位 「泣きっ面に蜂」 63.6%
4位 「蓼食う虫も好き好き」 63.6%
5位 「虫の居所が悪い」 58.9%
6位 「蚊の鳴くような声」 53.5%
7位 「虫がいい」 49.5%
8位 「本の虫」 46.8%
9位 「虫の息」 46.5%
10位 「虫酸が走る」 46.3%



その他には「一寸の虫にも五分の魂」「とんぼ返り」「虻蜂取らず」「虫も殺さぬ」など多くの投稿をいただきました〜(´▽`*)

アンケート実施日時:2018年06月29日〜2018年07月05日/有効回答数:2,367

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing