自国の戦争で体験したり・感じるようになることは「身近な人の死」

自国の戦争で体験したり・感じるようになることは「身近な人の死」

自国の戦争で体験したり・感じるようになることは「身近な人の死」

もし自国が戦争になると、どんなことを体験したり・感じるようになると思うか調査しました。総合で最も多かったのは「身近な人の死」で72.5%、次いで「自分自身が死と隣合わせになる」で72.4%、「物資が不足する」で69.7%の順でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「身近な人の死」 72.5%
「自分自身が死と隣合わせになる」 72.4%
「物資が不足する」 69.7%
「食糧が不足する」 68.2%
「若者が徴兵される」 61.0%
「医療が不足する(医師や薬など)」 60.4%
「自由な行動ができなくなる」 59.4%
「情報統制が行われる」 54.9%
「経済が破綻する」 54.8%
「治安が悪化する」 53.9%

■女性は男性より「治安の悪化」を感じるようになると回答

男女別にみてみると、1〜4位まで男女とも総合と同じ順位でした。男女で差があったのは、「治安の悪化」(10.0ポイント差)で女性が多くなっていました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「身近な人の死」 72.8%
2位 「自分自身が死と隣合わせになる」 72.7%
3位 「物資が不足する」 69.3%
4位 「食糧が不足する」 67.8%
5位 「医療が不足する(医師や薬など)」 60.2%
6位 「若者が徴兵される」 59.8%
7位 「自由な行動ができなくなる」 58.9%
8位 「情報統制が行われる」 55.5%
9位 「経済が破綻する」 54.7%
10位 「治安が悪化する」 52.4%

【女性】
1位 「身近な人の死」 73.4%
2位 「自分自身が死と隣合わせになる」 72.1%
3位 「物資が不足する」 71.4%
4位 「食糧が不足する」 70.6%
5位 「若者が徴兵される」 65.7%
6位 「自由な行動ができなくなる」 62.7%
7位 「治安が悪化する」 62.4%
8位 「医療が不足する(医師や薬など)」 61.1%
9位 「経済が破綻する」 57.3%
10位 「情報統制が行われる」 53.2%



今は物資不足も、食糧不足も、死への恐怖も感じずに生活できているので、今まで普通だと思っている状況が、実はすごくありがたいことなんだな〜と思いました。

アンケート実施日時:2018年07月27日〜2018年08月02日/有効回答数:2,396

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing