中学時代はお弁当だった人が55.9%、給食だった人は36.4%

中学時代はお弁当だった人が55.9%、給食だった人は36.4%

中学時代はお弁当だった人が55.9%、給食だった人は36.4%

中学時代は給食だったか、弁当だったかを調査しました。総合では「弁当だった」が55.9%、「給食だった」が36.4%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
「弁当」 55.9%
「給食」 36.4%
「基本的に給食で、お弁当の日もあった」 2.6%
「転校などで両方経験した」 1.3%
「覚えていない」 2.6%
「その他」 1.2%

■関西は約8割がお弁当

地域別にみてみると、弁当の割合より給食の割合のほうが高かったのは、北海道、東北、北陸・甲信越の3つの地域でした。弁当の割合が特に高かったのは関西(79.2%)でした。

地域別のお弁当と給食の割合は以下のとおりです。
【北海道】
1位 「給食」 47.9%
2位 「弁当」 45.7%

【東北】
1位 「給食」 50.4%
2位 「弁当」 42.0%

【関東】
1位 「弁当」 54.5%
2位 「給食」 37.9%

【北陸・甲信越】
1位 「給食」 54.7%
2位 「弁当」 41.4%

【東海】
1位 「弁当」 47.2%
2位 「給食」 43.8%

【関西】
1位 「弁当」 79.2%
2位 「給食」 12.9%

【中国・四国】
1位 「弁当」 52.8%
2位 「給食」 40.8%

【九州】
1位 「弁当」 63.7%
2位 「給食」 29.4%


ちなみに年代別にみてみると、50代以下では給食の割合のほうがお弁当の割合より高くなっていました。60代以上ではお弁当の割合のほうが高く、71.3%になっていました!

アンケート実施日時:2018年09月07日〜2018年09月13日/有効回答数:2,329

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing