4人に3人が国内旅行派&海外に行かない理由トップは「旅行代金」が高い

4人に3人が国内旅行派&海外に行かない理由トップは「旅行代金」が高い

4人に3人が国内旅行派&海外に行かない理由トップは「旅行代金」が高い

76%が「国内旅行派」と、4人に3人が国内旅行派という結果に。また、「海外旅行がメイン」と回答したのは4%に対し、「両方同じくらい行く」という回答が7%と上回っていました。

その一方で、「旅行にはほとんど行かない」が13%おり、特に若い世代&未婚の人の割合が高くなっていました。

「国内旅行派」の人に聞いた、海外旅行に行かない理由のトップは「旅行代金が高い」で40%。次いで「長期休暇がとれないから」「外国語が不自由だから」「国内旅行が好きだから」がいずれも30%超えで続きました。

若い世代は「旅行代金が高いから」や「長期休暇が取れないから」が多く、時間とお金が要因になっているのに対し、60代以上の方は「長時間飛行機に乗っているのが嫌だから」や「言語以外の環境の変化に対応するのが疲れるから」などの環境的な問題が理由になっているケースが多く見られました。
圧倒的に国内旅行派が多いですね。若い世代ほど海外旅行派が少ない、というのも意外な結果です。
アンケート実施日時:2012年6月22日〜6月28日/有効回答数:4,033