旅行先を決める時、重視するポイント&情報収集の方法を調査

旅行先を決める時、重視するポイント&情報収集の方法を調査

旅行先を決める時、重視するポイント&情報収集の方法を調査

旅行を決める上で重視するポイントは「観光スポットの有無」「グルメ」「温泉」がトップ3、いずれも50%超えでした。

年代別に見ると、60代以上はトップ3の中でも「観光スポット」と「温泉」さらに4位の「自然」について他の年代よりも高く、逆に「レジャー施設の有無」に関しては非常に低い回答数となっていました。

「その他」のフリーアンサーでは、「のんびり・ゆっくりできる所」という回答が多く見られました。レポート01にて「避暑」が1位という結果にも見られるように、癒しを求めて旅行をする、という方も多いようです。

また、「旅行を計画する際の情報収集」については、「宿泊予約サイト、旅行情報サイトなど」がトップ。「旅行会社のパンフレット、チラシなど」は60代以上の回答率が飛びぬけて高く、「個人のブログ、旅行記など」は30代以下の回答率が高いのが特徴的でした。
若年層は「おいしいもの」、高年齢層は「名所・旧跡」「温泉」「自然」と、傾向が分かれました。情報源は「宿泊予約、旅行情報サイト」がトップと、さすがネット活用している調査団員の、皆さんならではの結果かと。
アンケート実施日時:2012年6月22日〜6月28日/有効回答数:4,033