金メダル予想! 個数は「6〜9個」、競技は「水泳(競泳)」が1位

金メダル予想! 個数は「6〜9個」、競技は「水泳(競泳)」が1位

金メダル予想! 個数は「6〜9個」、競技は「水泳(競泳)」が1位

総計では「6〜9個」が32%でトップ、次いで「10〜14個」が25%、「3〜5個」が22%と、予想はばらけていました。

レポート01での五輪の注目度別に見てみると、「非常に楽しみ!」と答えている人の5割が金メダルは10個以上とれると予想しており、逆に「興味がない」と答えている人は金メダルの数は少なめに予想しています。楽しみ=金メダルへの期待にもつながっているようです。

金メダルを獲れそうだ、と思う競技は1位が「水泳(競泳)」で70%、2位は「体操(個人)」で66%と、この2種目には3人に2人以上が金メダルへの期待をしているようです。

さらに「女子レスリング」「女子柔道」「女子サッカー」までが全て40%以上で続き、特に女子への期待が高いこともうかがえます。
「サッカー」の男女差がすごいですね。なでしこの女子W杯優勝以来、期待度がインフレ起こしてますね。男子もぜひがんばって欲しいところ。
アンケート実施日時:2012年7月13日〜7月19日/有効回答数:3,705