2人に1人が車選びのポイントとしてあげたのは、価格、車種、燃費

2人に1人が車選びのポイントとしてあげたのは、価格、車種、燃費

2人に1人が車選びのポイントとしてあげたのは、価格、車種、燃費

1位は「価格」で65%。2位は「車種」で53%、3位は「燃費」で同じく53%と、トップ3は全て50%超え。さらに上位9項目が30%超えと、車選びの際にポイントにしていることは、皆さん複数あるようです。

男女で比較すると、男性の方が「機能」や「車種」「メーカー」などの項目が高く、女性の方が「色」や「乗り心地」といった項目が高くなっていました。男性は女性に比べて機能面を重視する傾向が強いようです。

また、年代が上がるほど「メーカー」や「安全性能」「エコカーかどうか」の回答率が高くなり、若い世代の方が「スペースの広さ」や「色」の回答率が高くなっていました。

ちなみに、「その他」のフリーアンサーでは「操縦性」「運転のしやすさ」や「アフターケア」というキーワードがよく見られました。

まあ「価格」「燃費」「車種」が基本ですよね。私もやはりここが気になります。

アンケート実施日時:2012年8月10日〜8月16日/有効回答数:4,108

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

まず第一に車種(メーカーではなく使用用途による)です。大きさや性能については各社同じようなものを出してきます(アルファードとエルグランドやヴォクシー、ノアとセレナやステップワゴンみたいな感じです)。そして安全性能やスペース、燃費等を考慮します。人気、外観や内装は一番最後のチェックポイントかな。でも決め手はやはりディーラーの対応ですね。
54才 千葉県 既婚 男性

最も重要なのは、故障リスクが低いこと(走行中の故障は生命に関わる)。あと、エンジンの性能もある程度必要(都市部の高速道の合流等では、ある程度の加速性能が必要なので)。都市部を走行するには「周囲の車にナメられない」ということも必要なので、外観も無視はできない。
41才 千葉県 未婚 男性

普段の生活の為に車を所有しているので、価格はできる限り安い方がいい。しかしそれでも見た目が気に入らない車には乗りたくないので、最近買い替えた時は必ずワンポイントオプションを付けてもらい、他の個体と差別化している。
43才 東京都 未婚 女性

高齢ですから近場の買い物用にミニカーなどを利用してみたいと思っております。2人乗りで水や灯油など日常的な買い物を乗せるスペースかあればと思っております。
74才 福岡県 既婚 男性

こだわりが多いので、いざ買う気になったらさまざまな課題を用意し、クリアした車を選ぶ。なお、ここ何台かは中古車ばかり購入している。自分の目でじっくり選べば、新車をしのぐほどよいモノに出会えることがわかったため、新車を買う気は当分無い。
48才 神奈川県 既婚 男性

超高級車は別として、今では車は下駄代わり。カタログ燃費を各社宣伝するが、実燃費はいずれも大差ないと思っています。松にするか、樫、桐の下駄にするかは購入時の懐具合で決めます。後は好みの外観であればOK。
64才 兵庫県 未婚 男性

以前は後席中央のシートベルトが2点式だったり、室内空間や使い勝手に不満が出る物もあったけど、近年は安全装備も居住性も過剰な程だから、純粋に所有する、運転する、眺める、と言った時の満足度を優先したい。
40才 大阪府 未婚 男性

日本の文化や土地・道路事情をよく理解した上で総合的によくまとまった車でなければ、実際には使い物にならないから。ある項目だけがズバ抜けていても、総合的・全体としてまとまっていなければダメだと思う。
48才 埼玉県 既婚 男性

家族そろって好きな車はホンダのシティだけ。もしもこの車が壊れたら乗りたい車なんてないよ。部品もヤフオク頼みだし。でももう家族みたいなものだからね。結婚する前からいつも一緒だった。古い車だけど燃費はいいし、日本全国で乗ってる人もわずかだけど。それでもこの車が好きなんだよね。
46才 埼玉県 既婚 女性

エコカーであること、燃費が良いことは、維持費の総額から考えると、ウエイトは低い。投資をしてまで、電気自動車やハイブリッドは考えにくい。となると、今まで通り、スタイルや性能ということになる。

マニュアルのスポーツタイプに乗る、というこだわりがあるので、性能や造りには非常に関心があります。でも、そう潤沢な資金を持っているわけでもないので値引き交渉も好きだったりします。
46才 神奈川県 未婚 男性

価格 : 乗りたいと思う気持ちと折り合いが付くこと。 乗り心地 : 長時間のドライブに耐えられること。 機能 : 余裕を感じる出来ること。 外観 : 乗りたいと引きつけられるようなデザインの車に乗りたいと思うから。
71才 京都府 既婚 男性

歳を取った自分は如何に事故を起こさないかが一番気になります。そのためには運転性能すなわち、視界が良く、操縦性に良いことと、余裕のあるエンジン性能などが追加され疲れが少ないことを重視します。
72才 埼玉県 既婚 男性

チェロをやっているのでチェロと、飼っている猫3匹と、夫1人を運べるサイズが必要。あとは、維持費がなるべくかからずに、自宅の駐車場において、外構とのバランスがとれるデザインであってほしい。
42才 千葉県 既婚 女性

以前所有していた某外国車はトラブルが多く、修理代にしょっちゅうお金がかかった。車検でも消耗品交換の費用ぐらいしか必要のない国産車とは反対で、「メンテナンスしながら乗る」という発想の車であった。だから維持費(トラブルの頻度や修理費用)は購入前にきちんと確認したい。
45才 大阪府 既婚 女性

実用品と考えて気分良く乗れるものゴルフに行くため、トランクに4つバッグが入るか、買う前に販売店で3つバッグを用意してもらい、自分のバッグも入れて確認した
65才 愛知県 既婚 男性

金額の大きい買い物だけに、当初の費用はバカにならないし、やはり燃費も維持費のうちで、少しでも家計に優しいほうがよい。走る凶器といわれる自動車、安全性や機能、乗り心地、内装の良さ、スペースの広さも、疲れを少なくするうえで、安全につながると思う。
63才 北海道 既婚 女性

年齢が若くないので車は、興味がなくなりました。親だから経済的に維持費が安い車種が一番です。子供には、好きな車種を購入してあげたいと思います。
55才 愛知県 既婚 男性

まずデザインが自分の好みに合うもの。次に積載能力があり(買い物にしようするため)。価格も大事だが、燃費や維持費も関係してきます(毎日乗るものなので)。色は黄色か、赤と決めてはいるが…その色って設定自体があまりないので…。オートマチックは嫌いです。(これも、スポーツタイプか、商用車にしか設定が無かったりします。)
49才 神奈川県 既婚 男性

物や人を運ぶ道具と考えるか、パートナーとして考えるか、アクセサリーなどの所有物と考えるかの違い。ただの道具であれば価格だけで選択すると思う。
43才 静岡県 既婚 男性