地域や社会で行った方がよいと思う(思った)節電方法 トップ3

地域や社会で行った方がよいと思う(思った)節電方法 トップ3

地域や社会で行った方がよいと思う(思った)節電方法 トップ3

1位は「看板やネオンライトの点灯時間を短くする」で44%、2位は「デパートなどお店において照明の明るさを制限(間引きなども含む)」で27%、3位は「緑を増やす」で25%でした。

年代が上がるほど、「看板やネオンライトの点灯時間を短くする」を始め、デパートや交通機関などにおける工夫に対する回答が高く、若い世代は「会社において照明の明るさを制限(間引きなども含む)」など会社関係の回答が高いのが特徴的でした。

また、「その他」のフリーアンサーでは、「自動販売機を減らす」や「テレビ放送(時間含め)を減らす」などの声が多く寄せられました。
1位の「看板やネオンライトの点灯」に関する節電は、震災後に大々的に行われましたね。
アンケート実施日時:2012年8月17日〜8月23日/有効回答数:3,361