「敬語」に自信はある人は? 30代は41%、60代以上は63%

「敬語」に自信はある人は? 30代は41%、60代以上は63%

「敬語」に自信はある人は? 30代は41%、60代以上は63%

総計の1位は「まぁまぁある」で47%、2位は「どちらともいえない」で34%、3位は「どちらかといえばない」で10%でした。

■若い世代ほど、敬語に自信がない
「全然ない」と答えた人は、60代以上はわずか1%だったのに対し、30代以下では8%。逆に、「非常にある」と答えた人の割合は、60代以上が最も高くなっていました。

「非常にある」と答えた人は「会社役員/経営者」と「専門職」の人が他の職業の約2倍でした。なんだか納得です。

アンケート実施日時:2013年3月8日〜2013年3月14日/有効回答数:4,654

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

【非常にある】時代もの小説を読んでいるときに、上司と話すことがあった時、つい「ハイ!」というべきところ、「ヘイ!」と言ってしまって、メチャクチャ恥ずかしかった。
62才 大阪府 既婚 女性

ついつい出ちゃったんですね〜! 上司の方の反応も気になります! つっこんでほしいような…聞かなかったことにしてほしいような…
調査団編集部: カワンヌ副団長

【まぁまぁある】言葉遣いというか、書く方で迷うのが「役職と敬称の問題」マリカナ団長に手紙を書くとき、「マリカナ団長」だけでいいのか、「マリカナ団長様」と「様」がいるのか、難しい問題です。役職は敬称なので「様」は要らない、というのが定説らしいのですが、気分的にはやはり失礼な感じがします。と、いうことは相手もそう感じるでしょうから、「様」を付けておくにこしたことはなさそうですね。「団長 マリカナ 様」と役職を上に持ってきて名前に「様」を繋げるという手もあります。で、「殿」は微妙なようです。「様」を付けたくないけど、敬称をつけないワケにもいかないので、という気分が見えたりします。まあ、個人的な感想ですが。
50才 北海道 既婚 男性

なるほど、役職と敬称の問題…確かに悩みますね! ちなみに私のことは、気軽にマリカナ団長!と呼んでくださってよいですよ?(*´∀`*)
調査団編集部: マリカナ団長

【どちらかといえばない】4月の話。営業である部署に「○○」さんいらっしゃいますか?と尋ねたところ、対応に出てきた新人の女のコが言ったのがこのセリフ、「(@_@;) ○○さん、ハ、ダダ今、席を、“踏み外して”オリマス」…多分「席を外して」と「踏み外す」という言葉が頭をよぎったのだろう。一瞬固まった私、心の中では大爆笑だったが、そのコが一生懸命(@_@;)だったので、気がつかないふりをしてあげました…。
47才 東京都 既婚 男性

笑いをこらえて気づかないふり、優しいですー!席を踏み外してるところを想像すると面白いです…(笑)
調査団編集部: カワンヌ副団長

【まぁまぁある】リタイア後家にいるようになり、いろいろな電話が掛かってきます。開口一番「OOさんでございますか」と言われ、違和感を抱くことが何度もあります。あちこちで耳にする「させていただく」の氾濫も気になります。例えば「……見させて頂きました」など、とても妙に感じます。京都に住んでいる小学一年の孫が電話で「おばあちゃん、何してはったん?」と聞きました。優しい言い回しではっとしましたが、気を付けていると、「おじいちゃんが言わはった」「先生が家庭訪問に来はった」……といろいろ出て来ます。母親は京都育ちで、生活の中から自然に孫の身についたものと思います。「……はる」「……はった」は関西の敬語と聞きましたが、目下、孫が使う優しい響きの敬語が楽しく、電話を楽しみに待つばばです。
75才 東京都 既婚 女性

【どちらともいえない】以前勤めていた会社で、メール本文内では自分のことを「下名」と記載する文化(?)がありました。入社したての頃、メールの冒頭にまず自分の苗字を記載していたので「自分の名前は上に書いてあるから上名って書けばいいよね」と思い送信したらそのメールの宛先の先輩が笑いながら指摘してくれました。調べてみたら下名には「自身をへりくだって言う」他にも「下に記載してある名前のこと」という意味もありますが上名という言葉はないんですね…。
32才 大阪府 未婚 男性

【まぁまぁある】ホテルでの結婚式の際、新郎の父で謝礼の挨拶をした時、招待者の歓談時間が少なかったので、「至らなかった点があったかもしれない」と招待者を優先した表現をした所、終了後ホテル側から「どんな所が至らなかったか」との質問を受けた。言葉遣いは非常に難しい。余りにも遜った表現では自分のみならず周りにも迷惑を掛けた。言葉遣いは十分注意する必要がある。それ以来「至らなかった」との言葉は使っていない。
73才 大分県 既婚 男性

【どちらかといえばない】顧客にプレゼンテーションをしていると段々興奮してきて敬語や言葉使いが曖昧になってくる、日々反省。
50才 神奈川県 未婚 男性

【どちらともいえない】皇族に連なる方とお話しすることがあったとき、「…でたてまつりそうろう」とか、冒涜的なまでに乱れてしまいました。緊張が限界を超えまくって、日本語にすらなりませんでした…
42才 神奈川県 未婚 男性

【まぁまぁある】人に言われて気になったのが「結構」と「よろしい」ですかね。服屋で商品を棚に戻そうとしたら、店員が「よろしいですよ!」飲食店で注文の変更を頼んだら店員が「よろしいですよ!」どんだけ上から目線なのかと…「よろしい」って目上が下に対する許可を意味する言葉と記憶していたのですが…
37才 神奈川県 既婚 男性

【その他:正しいつもりだが、間違っていることを知らないで話している】このような、アンケートやQ&Aでこのように作文等をしているとき悩みます。
64才 愛知県 既婚 男性

【どちらともいえない】「とんでもございません」の使い方には、気を使っています。「とんでもないことでございます」とは言いにくいので、出来るだけ使わないようにしています。会社で電話の伝言を受ける時、「お伝えします」と言ったら、当時の上司に「申し伝えます」と丁寧に言うように注意されたので、それ以降気をつけています。
40才 兵庫県 未婚 女性

【全然ない】誰も注意してくれないので、あっているのか怖いです。
51才 新潟県 既婚 女性

【どちらともいえない】かつて、仕事で国文法を細かく調べた経験がありますが。敬語って細かいことを言いだすとキリがない…というのが当時の印象です。基本的なミスは避けたいと思っていますが、完璧は不可能。「敬語を使う意思があります。あなたに敬意を払っています。」ということが伝わればOK!!!と割り切っています。
42才 千葉県 未婚 男性

【非常にある】間違えたことがありません。教えていただいた学校の先生方に感謝しています。
48才 神奈川県 既婚 男性

【どちらともいえない】現役当時、郵便物、提出書類などで自分より目上の相手に「殿」を使っていた。社内での講習?か忘れましたが「様」を使うことに気が付いた。まだ学生現役当時に担任、科目担当の先生へ年賀状を書いた時「様」を使ってしまった、何とも様にならないミスでした。気が付いてからは当然「先生」と書いています。自宅インターホン、電話などでセールスの勧誘があって不要で断るとき「結構です」と言ったことがあったがそれでは「結構=良い」になりかねないのではっきり「お断りいたします」と言うようにした。
62才 東京都 既婚 男性

【どちらかといえばない】尊敬語・丁寧語・謙譲語は間違えやすいですよね。それと、社外の人間に上司を紹介する時。「○○課長」といつも言ってるとおりに紹介して、後から叱られました。正しくは、「課長の○○」 それと、目下の人間から先に紹介するとか。マニュアルに書いといてくれ!(笑)
33才 山口県 未婚 女性

【その他:標準語の敬語は話せません】標準語は話せないので関西弁の敬語になるが、それが通じていない可能性がある。
49才 東京都 既婚 女性

【どちらともいえない】20代の頃、営業の仕事をしていた時、お得意様に「ございますか?」と聞いたのですが、事務所に帰ってから上司に「ああいう時は、おありですか?と聞くんや、ございは自分がへりくだる時に使うんや」と言われ、基本的に自分が未熟なのを思い知らされました。

【非常にある】未だによく分からないのが「ご無沙汰しました」という言葉。無沙汰をしたのは自分なのに、その自分の行為に御を付けるのはどうなの?
61才 千葉県 既婚 男性

【どちらかといえばない】敬語って難しいので間違っておかしな使い方したほうが恥ずかしいので慣れない言葉は敬語ではなく丁寧な言葉を使います。
47才 群馬県 既婚 女性

【どちらともいえない】昔々、夫の取引先の社長夫人に新築祝いを頂いたお礼の電話をしたとき、夫人の話が異常に長くなって、こちらもかなり緊張していたことも有って、何故か途中で「ごめんください」と間違って言ってしまい、それからプッツリ縁が切れました…
54才 大阪府 既婚 女性

【非常にある】会社に入ってきた新人が、自分の研修発表を行う会の告知をメールで行ったとき、かなりの上司にも送信しているにも拘わらず"拝聴頂ければありがたいです"と書いていて寒気が走りました。
46才 神奈川県 未婚 男性

【どちらともいえない】標準語で敬語を使うのって難しいけど、大阪弁は結構そのまんま敬語になるんで、よく使います。「〇〇しはるんですねぇ」と言うだけで、ちょっとした謙譲語になります。喋るアクセントに注意必要です!
56才 兵庫県 既婚 女性

【まぁまぁある】自分の間違いではないので的外れかもしれませんが。以前、ネットで買い物した商品に対するレヴューが掲載されたとき、ショップから『あなたのご意見を掲載させていただきましたので拝読してください』とのメールを頂きました。連絡事項のついでがあったので、「拝読」という言葉の使い方がおかしいのではないかと追記したところ、『弊社はオープン当初よりずっとこの文章を使用していて、そのような指摘を受けたことなど一度もない。なので間違っているとも思わないし不愉快だ。』とのコメントが帰ってきました。後味の悪い経験でしたので、よっぽど親しい(性格を知りぬいた)相手以外には言葉の指摘はすまいと心に決めました。
48才 富山県 既婚 女性

【どちらともいえない】姑息、貴様(きさま!)の使い方を勘違いしている人。慣用句になった言葉を本当の言い方で話した時に違ってます。って言う人が多い。

【その他:TVのマナー教室などでの例題で間違いに気付いたことがある】間違わないようにしようと意識している時ほど間違って仕舞ってることが多いようだ。
70才 東京都 既婚 男性

【どちらかといえばない】研修で、〜でよろしかったでしょうか。や、〜の方(ほう)という言葉の多様は好ましくないと教わってから、気をつけるようにしています。またそれ以来、店員が使っていると気になるようになりました。
25才 宮城県 未婚 女性

【非常にある】テレビで有名人やアナウンサーが平気で「全然、違います。」と誤った言葉を連発するので、頭に来ています。「全然=少しも」ですので、「少しも違います。」と言っているのと同じで、噴飯物です。
70才 大阪府 既婚 男性

【どちらともいえない】青森では、例えばおなかがいっぱいで大満足の場合「もう、たくさんです」と言うのですが、東京では逆のようで、場合によっては失礼にあたることを知り、冷や汗が出たことがあります。
48才 東京都 未婚 女性

【どちらかといえばない】「とんでもない」を丁寧に言うと「とんでもないことです」・「とんでもないことでございます」と、肯定になると思うが、「とんでもございません」と否定にしてしまう人。それが、部課長クラスだったので、部下としては非常に恥ずかしいし、それこそとんでもないことをしていると思ってしまった。
47才 東京都 既婚 女性

【どちらともいえない】「役不足」という言葉です。これは「自分の能力に対して役(仕事)が簡単すぎる」とか、そんな意味になので、傲慢に聞こえます。実際の言いたかった事は「力不足」なんですがね…。
32才 東京都 未婚 女性

【非常にある】某大学教授が若い助教授に言葉遣いを注意していました。「ご苦労様」とは目下の者に言う言葉で「お疲れ様でした」が正解ですと。。。殿様が「ご苦労であった」という時と同じです。テレビのアナウンサーは、ほぼ全員間違っていますが、最近は許されているのでしょうか?
63才 神奈川県 既婚 女性

【どちらかといえばない】普段あまり話したことのない年上の人に対して、うっかり年下の人に対して話する言葉でしてしまったことがあり、赤面したことがある。
73才 大阪府 既婚 男性

【全然ない】しょっちゅう間違っていると思うけど、気付かない。人と接するのが苦手なので、話をするときはテンパってしまって何を言っているかわからなくなるので、全然敬語どころではない。
36才 三重県 未婚 女性

【どちらかといえばない】電話で会社を辞めた人の行き先を聞かれてもわからなかったので「存じ上げておりません」といってしまった。「わかりかねます」って言わなくちゃいけなかったのに…
32才 岐阜県 未婚 女性

【全然ない】転職先で、上司に対して皆「ご苦労様です。」と言っていた。若かったのでそれが普通と思って同じように私も言っていた。今思えば、大変失礼だったと思う。
45才 大阪府 既婚 女性

【非常にある】間違ったというか、疲れてくると、お客様に対し、「はい」と「ええ」が混ざって「へえ」と言ってしまうことがよくありました。「へえ、がってんだ!」
48才 東京都 未婚 女性

【どちらかといえばない】です・ますレベルならできるが、尊敬語や謙譲語の使い方が難しくて逆に使ってしまい問題は起きなかったが後で調べたら逆だったので失敗したと思った
33才 神奈川県 未婚 男性

【どちらともいえない】私が小学生位の頃、母が「いただく」と「召し上がる」を間違えた、と言っていたのを今でも忘れないため、そこのところはばっちり。
41才 香川県 未婚 女性

【全然ない】ペットに対して、ついエサをあげると言ってしまう。本当ならエサを与えるとか、やるとかと言わないといけないらしい。
61才 大阪府 未婚 女性

【まぁまぁある】電話のオペレーターをしていたので厳しく仕込まれましたが「正しい敬語」も変わります。「とんでもございません」は間違いで「とんでもないことです」が正しいと習いましたが、数年前に国が「とんでもございません」も正しいと定めたそうです。取引先の人に「ご苦労様です」は失礼と習いましたが最近は「おつかれさま」のより丁寧な言い方と教えている企業もあるようです。あまり期にすると言葉がでなくなるし、他人の敬語間違いは気にしていたらイライラするだけなので、聞き流す努力をしています(笑) 

【全然ない】「申し上げていました」というべきところを「おっしゃっていました」といったあとにハッとしたことがある。

【まぁまぁある】ある大学の公開講演会で講師がその大学の理事長、司会者がその大学の教授でした。司会者の講師紹介で、すべてが敬語でした。「理事長でいらっしゃる」「講師の先生は〇〇がご専門分野で、素晴らしい業績を残されて云々」など、さすが見かねた講師が講演の冒頭でヒラ謝り、情けない一幕でした。
72才 埼玉県 既婚 男性

【全然ない】記憶にない。つまり、間違えた事に、気が付いていない。←普通こうなると思います。

【非常にある】自分の間違ったのは判らないが、人のことで気になるのは必要以上に敬語を重ねること。「させて頂きます」をなににでもつける。「営業させていただきます」なんておかしいではありませんか。
83才 東京都 既婚 男性

【全然ない】最近まで、メールで、社と書くところを、御社と書いていて、とても恥ずかしかった。
43才 埼玉県 既婚 男性

【どちらともいえない】話し相手が使って下さる敬語につられて、思わず自分に敬語を付けてしまい赤面することがあります。たとえば「お元気でいらっしゃいましたか?」に対して「はい。お元気でした。」等々。
69才 群馬県 既婚 女性

【どちらかといえばない】本日はお忙しいところ、わざわざいらっしゃられまして.....(^_^;)
48才 大阪府 既婚 男性

【まぁまぁある】「とんでもない」を丁寧に言う場合、「とんでもないです」「とんでもないことでございます」が正しいと知っていながら、たまにうっかり、「とんでもございません」と言ってしまうことがあります。この誤用は、時代小説を読んでいても、しばしば目にします。「かたじけない」を「かたじけございません」とは決して言わないのに、なんとも不思議な言葉=「とんでもない」です。
56才 東京都 既婚 女性

【その他:状況によりそうな気がします】あまり直接言うことがないので、そんなにはないかな?
40才 福岡県 未婚 男性