うどんの汁 関西風VS関東風 どっちが好きか対決! 勝ったのは関西風

うどんの汁 関西風VS関東風 どっちが好きか対決! 勝ったのは関西風

うどんの汁 関西風VS関東風 どっちが好きか対決! 勝ったのは関西風

「関西風(薄口醤油を使った、透明な汁。昆布だしが主流)」が50%、「関東風(濃口醤油を使った黒っぽい汁。魚だしが主流)」が22%と、「関西風」が2倍以上となり、多数派でした。
ちなみに「どちらも同じくらい好き」と答えた人は24%で、「関東風」と答えた人より2%高い結果となりました。

■関西の人の9割以上が「関西風」のうどんを支持
地域別で見ると、関西から西の人は7割以上、特に関西の人は91%が「関西風」と回答していました。対して、東海から東の人は「関東風」よりも「どちらも同じくらい好き」と答えた人の方が多い、という特徴がありました。

関東の人はやっぱり「関東風」が好きなのかしら…と思いきや、そうでもないみたいですね(笑)ちなみに私も、どちらも好きなので決められません!w

アンケート実施日時:2013年4月26日〜2013年5月9日/有効回答数:5,198

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

私はうどん出汁にはまっておりまして、明日の昼食はうどんと決めると前夜から昆布を水に浸し干し椎茸を2枚ほど浮かべて寝ます。翌朝、朝食が終わると出汁に取り掛かります。たっぷり水を含んだ干し椎茸をぎゅっと握って水をしぼり、昆布をコトコト煮ます。沸騰寸前。昆布の切口から泡がプツプツ出始め、ぐらっと来る前に昆布を上げて、花鰹を半端じゃない量(50g以上…つまり袋の半分以上)放り込みます。1分煮て、火を止めて1分、鰹節を漉したのが出汁です。再び火にかけ、フツフツしてきたら本物の味醂をドクドクドクと入れ、薄口しょうゆをドボドボドボと入れ、味見。うどん出汁の味を一発で決めるのは快感です。
74才 京都府 既婚 男性

前の夜から準備してうどんをっ! まるでお店のような出汁の作り方で、想像するだけでおいしさが伝わってきました> <
調査団編集部: マリカナ団長

「うどん3本蕎麦5本」、箸でつまんだ時の量を表した昔からの伝えです。見た目もきれいだし、一口で啜れる量を象徴してます。わかったような食通面したタレントが、ごってりすくって、どっぷりタレにつけて食べるなんざ見ていられません。箸の持ち方のきれいさも問われる日本を代表する食べ物です。
68才 東京都 既婚 男性

食べる姿へのこだわりですね! 私はうどんを食べる前に、髪をきっちり結ぶのがこだわりです! うっかりお出汁についちゃいそうで、集中できないので!(笑)
調査団編集部: カワンヌ副団長

私は、香川の出身なんですが、子供の頃から、余りにも身近にあるものなので、実は、こだわりもなかったし、それほど好きというのでもなかったんです。ところが、24年前、上京して、一人暮らしをはじめてから、こちらでも当然、うどんを食べることがあるわけですが、その時、初めて、「讃岐うどん」が、どれほど美味しいものか、痛感したんです。もちろん、讃岐うどんも、ピンからキリまであるので、何でも美味しいというわけではないですが、麺自体の美味しさや、コシの強さの美味しさを、はっきり知りました。うどんは、讃岐です! しかも、高松より東の地域のものがおすすめです!
46才 千葉県 未婚 女性

近すぎて気づけないことっていっぱいありますよね。私、関東から引っ越したことはないのですが、別の地域へ行ったら同じことを感じるのでしょうか…
調査団編集部: マリカナ団長

うどんも手打ちでたまに作ります。かん水は前夜から寝かさないとうまいうどんになりません。あとは、「こね」腰が強いうどんは足で踏むといいますが、一度足で踏んだうどんは確かにうまかった。が、食べ物を足蹴にするというのはやっぱり…ということで、腕がだるくなるくらい「こね」をがんぱることになりました。あとは、「切」これがいまだにアマチュアの域を全く出ることができません。修行だ、修行だ、修行だ(泣)
52才 鹿児島県 既婚 男性

「うどんのつゆは関西風が良い」と答えましたが、九州人の僕にとって、関西の薄味はちょっと物足りません。やはり程良い濃さの福岡の味が一番です。学生時代、東京から普通電車を乗り継いで戻って来たことがありますが、あちこちの駅ホームで食べた立ち食いうどんの内、山口県の徳山まで来て、やっと懐かしい味にめぐり合えた時にはホッとしたのを覚えています。
51才 福岡県 未婚 男性

小麦の県なので饂飩のコシについては勿論、カタメ・ツルツル・シコシコです!!ここ数年でうどんチェーン店が進出していますが、良く県民性を研究していますね。これが近隣の県の同一チェーン店で食べると微妙に茹で加減が違う気がするのですが。ただの思い込みでしょうか。いえいえ、ダシについても微妙な違いがあるような気がします。つゆも関東風より関西風がおいしいですよね。饂飩がたくさん食べられるので関東風より関西風ですね。
51才 群馬県 既婚 男性

伊勢うどんの優しいソフトさと、溜まり醤油のコクとの絶妙なマッチングが最高! 東京の渋谷ヒカリエでも食べられるので、関東者にはとてもうれしい。毎月必ず食べに行かないと、禁断症状が…(笑)
65才 神奈川県 既婚 女性

うどんはコシの強さ、喉越しの良さのバランスが大切。東京生まれの関西育ちなのでどちらのつゆも違和感なく食べる(強いて言えば、うどんは関西のダシの方が好き。反対に蕎麦は関東の方が好き。)美味しいうどんであればゆで上げたうどんにかつおぶしと刻みネギ、醤油だけでOK。
49才 茨城県 既婚 男性

「うどん」は「生めん」のほうがよい。「うどんつゆ」は「ヤマサ」か「キッコーマン」のがいいですね。同じ利根川水系に住んだり醤油会社が存在しているから自分が飲んでる「水」と同じなんですね。きっと。
73才 茨城県 既婚 男性

うどんは手打ち(麺はコシがあるもの)でないと食べない。またどちらかと言えば、スープは冷たいものが好きで、うどんも冷たいものが好きです。冷たい麺はコシの強さが一層引き立ち、喉ごしも良く、スープの冷たさと合い、一層のうどんの良さがでます。したがってうどんで一番好きなのは、ざるうどんで、うどん本来の味が楽しめます。
65才 宮城県 既婚 男性

ゆでたてを氷水でしめて、醤油をぶっかけて、のど越しを堪能する。通は茹で過ぎが大嫌い。本当にうどんは腰が命。1・2・3・ダーッ!牛蒡天うどんも大好き。私が通ううどん屋「和田のうどん」は大きな牛蒡を豪快に半割りにして、天ぷらにするから、迫力満点請け合いです。
64才 福岡県 既婚 男性

コシの強さを決める「差し水」の量とタイミング。その日の気分で好みの食感に。
53才 岩手県 既婚 男性

その専門店の独特のこだわりが違うので、そこを楽しみにしてます。洋風であったりこしがしっかりしていたり他のお店に負けない出汁があったり醤油にこだわっていたり。。。ホントにそのお店ごとに違うのでうどん専門店(蕎麦なし)を見かけると飛び込みます。最近根津神社の近所にある讃岐うどん屋さんへメニュー制覇したい!って思っているところです

関東は蕎麦が美味しい。ついでに、同じメニューのうどんがあるようだ。しかし、素うどんと鍋焼きうどんは、うどんにしかない。全国に様々なうどんがあるが、素うどんでも美味しいのはやっぱり讃岐の手打ちうどんだ。ところで、「きつね」と「たぬき」、関東と関西では別物が出てきて驚いた。特に、京都は呼び名がヤヤコシイ。が、出汁の効いたうどんの味は抜群に美味しい。
65才 神奈川県 既婚 女性

生卵は絶対乗せない。生卵入りの月見うどんなんて絶対許せない!あと、一見薄口醤油だが実は塩辛いだけの「えせ関西風うどん」も許せない。また、関東風の黒っぽい汁を醤油辛いと信じている人たちに、本当のおいしい関東風うどんを知ってほしい。
51才 愛知県 既婚 男性

仕事で関西に長く住んでいて、昼の昼食によくうどん屋さんに行ったのですが、そこで同じ店内の中におでんの大なべと、てんぷらをじかに揚げているお店が有りました、この時うどんに揚げたてのてんぷらをトッピングするとそれはもう美味しいのなんのと、言葉で表現できないほど美味しかったです。それ以来我が家でうどんを食べるときは必ずてんぷらをトッピングするようにしています。
48才 東京都 既婚 女性

きしめんや稲庭うどんも好きだけど、太い生麺のうどんが一番好きです。近所に関西風だしの、美味しいうどんやさんがあっったのに、東日本大震災後に店を閉じてしまったのは残念。あちこち、店に入ってみるけどコレという、うどんには最近出合ってないのは悲しい。麺は、太くて柔らかめが好きですが、茹ですぎでしょってのも駄目(笑)けっこうこだわりあるのかも。。。

やっぱりコシだね。歯で噛み切るのではなく喉の奥でちぎるのだ。
51才 静岡県 既婚 男性

うどんと言えば 鍋焼き!特に年中同じ味で食べれて 日本全国コンビニがあるとこなら間違いないと思える:メーカー名を出さしていただくと加ト吉の鍋焼きうどんは大好きです。なにせお手軽、おいしい 安全<国産で安全と信じてるので>やすい、一人暮らしの子供たちもお世話になってるし グザイもしっかり入ってていつ買いに行ってもある!!これが大事ですねー確か四国のメーカーさん?。そのせいか我が家はいま うどんのせいで四国のものにはまってますよ
65才 宮城県 既婚 女性

麺が質が悪くなる前にできたら、すぐに完食すること
46才 神奈川県 既婚 男性

関西風ではだめです。イリコだしを使わないと。 讃岐うどんって、コシ、って言われますけど、単に麺が固いのが誤解している人も結構いるように思います。弾力があるのがコシで、固いのはゆで時間が単に足りないのです。
53才 香川県 既婚 男性

うどんは絶対に冷たくして、濃いめのつゆをつけて食べるのが好きです。舞茸の天ぷらと食べるとおいしいです。
66才 東京都 既婚 女性

四国の讃岐うどんの生麺を定期的に取っている。素麺は四国坂出にある製麺所から取り寄せている。米が切れても何も思わないが、うどんが切れると食事をしないので、無いと困る。うどんは コシが無いと食べる気はしない。卵かけご飯に使う卵で 毎晩カマ玉を作って貰い食べている。妻は東京出なので うどんは苦手である。毎晩365日うどんを食べているのを見てホトホト感心している。
67才 兵庫県 既婚 男性

麺は、コシが重要です。煮込み用の特殊なうどん以外は、茹でる時間が短すぎればコシが強すぎ、長すぎればコシを失ってしまいます。茹でる時間は、気温や茹でるお湯の量と火力(IH、ガス、炭火等)によって麺の調理法に記載されている時間通りでは好みの硬さに仕上がるとは限りません。タイマーに頼るのではなく自分の目と指の感触で確認し、抜き取って食することで茹で上がりを見極める必要があります。また、茹で上がってからザルで湯切りをする時間、ザルの中で熱いままに放置される少々の時間でさえもコシを柔らかくする原因に繋がりますので、思い通りのの硬さになるまで茹でるのではなく多少短いめでお湯を切る(イタリアンのパスタでいう”アルデンテ”)でお湯を切ることをお勧めします。
53才 京都府 既婚 男性

転勤で関西に行ったとき、関東風のうどんが食べたくて、ホームシックになりました。自宅では、蕎麦汁も作ります
52才 東京都 既婚 女性

Q5は、食べ比べたことがないからよくわからない。コシがあるというよりものすごく堅いと言う方が正しそうな吉田のうどんも、全くコシのかけらも無い伊勢うどんも、普通に出てくるそれなりのコシを持つうどんよりは好き。大阪の天王寺駅で「大阪名物 腰抜けうどん」というPOPを見たが、機会があれば食べてみたい。
47才 山梨県 既婚 男性

やっぱり「地粉の手打ちうどん」が一番おいしいですね。埼玉県の鴻巣市という土地は、国内でも有数の小麦産地で特にうどんに向いている品種という事もあって美味しい手打ちうどんを安く食べさせるお店がたくさんあるので休日のお昼は大抵うどんを食べに行きます。注文するのはいつも「かき揚げうどん」です。太くて、噛むほどに小麦の旨さが染みて飽きません。
60才 埼玉県 既婚 女性

麺のコシを求めるのなら、讃岐うどんに勝るものはなく、のどごしの良さをもとめるのなら稲庭うどんに勝るものはない。どちらのタイプも大好きだが、素材の良さと味の良さは比例し、小麦粉の善し悪しで味に大きな差が出る。良い素材で添加物を入れず、シンプルに作ってあるものは、讃岐も稲庭も甲乙つけ難くそれだけで食してもとても美味しい。ただし、スーパーやコンビニで売っているものは、食する価値なし。味にこだわっているうちに、美味しいうどん屋をその土地その土地で見つけられるようになり、更に自宅で食する際は、汁は試行錯誤を繰り返し、研究に研究を重ね、うどんも讃岐や稲庭のその土地で見つけたうどん店からお取り寄せするもの以外は使わない。美味しくないものは、一生食べなくても平気だが、美味しいうどんは、毎日食べても様々なアレンジで飽きない。
56才 東京都 未婚 女性

切り口が四角いのがいい。手打ちって感じがいい。
51才 宮城県 未婚 女性

転勤先(香川県)でしっかり嵌りました。讃岐うどんオンリーです。
80才 愛知県 既婚 男性

家で食べるなら冷凍うどんが滅茶苦茶旨い!冷凍の讃岐うどん。乾麺で食べるなら、稲庭かきしめん。マニュアル通りに茹でて、水で洗って、氷水でしっかりしめる。これで抜群に旨い。あたたかい饂飩の場合は、水でしめたあと温める。つるシコ!!
51才 宮城県 未婚 男性

先祖代々東京という人なら、東京のうどん理解していただけると思います。歴史的にみると、武蔵野台地では麦は収穫できてもそばはほとんど無理。だからそばよりもうどんが当たり前でした。ちなみに、私の叔父、従弟などは「そばを打ったから食べてけ」と、手打ちうどんを御馳走してくれました。母親も、うどんのことを「そば」と呼び、そば粉を使ったいわゆる「そば」は「くろそば」と呼んでました。昭和30年台の東京での話です。食べ方は冷たい「ざるうどん」を、熱々のめんつゆでいただきます。それが当たり前と思っていたので、どんぶりにうどんと汁を入れ、天ぷらなどが乗った食べ物を知ったときはカルチャーショックを受けた気がしました。
56才 東京都 既婚 男性

出汁を取る時は、前の晩から昆布を水出しして鰹の厚保削り節との合わせ出汁で美味しい醤油と三温糖で作った返しとあわせて食べます
47才 茨城県 既婚 男性