水道光熱費の節約で実践していること1位は電気を利用する時間を短くする

水道光熱費の節約で実践していること1位は電気を利用する時間を短くする

水道光熱費の節約で実践していること1位は電気を利用する時間を短くする

総計で見ると、1位は「電気を利用する時間を短くする(昼間は使わないなど)」で39%。次いで2位は「風呂の残り湯で洗濯」で37%、3位は「待機電力をオフにする(コンセントを抜く、節電タップを使う)」と「LED電球を使用する」が同率で33%でした。
以下「冷暖房器具はなるべく使わない」「エアコンの設定温度を見直す(冷房なら高めなど)」までは3割以上の人が実践している、と答えていました。

■男性は「LED電球」「省エネ家電」への買い替えを
男女別で比較すると、ほぼすべての選択肢は女性が高くなった中、「LED電球を使用する」「省エネ家電への買い替え」「トイレのタンクにペットボトルを入れて節水」の3つのみ、男性の方が高い回答率となっていました。
また、「LED電球を使用する」は30代以下が20%に対し、60代以上で40%と2倍だったのも特徴的でした。
「風呂の残り湯で洗濯」が2位ですか!「待機電力をオフにする」とか「冷暖房器具はなるべく使わない」とか電気を使わない節約方法が上位だと思っていたので意外でした!
アンケート実施日時:2013年5月31日〜2013年6月6日/有効回答数:4,620