懸賞にあたったことある人は75%、4人に3人が当たっているという結果に

懸賞にあたったことある人は75%、4人に3人が当たっているという結果に

懸賞にあたったことある人は75%、4人に3人が当たっているという結果に

最も多かったのは「何回かある」で62%でした。
「何度もある」の13%とあわせると、75%の人が懸賞に当たったことがあるようです。ちなみに、「懸賞に応募したことはない」という人はわずか4%でした。

■若い世代ほど懸賞に何度も当たっている?
「何度もある」と答えた人は若い世代ほど多く、60代以上では7%ですが、30代以下では21%と3倍でした。
ちなみに「ない」と答えたのも60代が最も高く、31%でした。

えっ、こんなに当たったことある人がいるんですか!?Σ(・ω・ノ)ノなんだか懸賞に応募したくなってきちゃいましたw

アンケート実施日時:2013年5月31日〜2013年6月6日/有効回答数:4,620

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

あたる数が多いものに応募する。たとえば1万人に…。当たり前のことですが、1名に当たる高級車を狙うか、1万名に缶ビール6本セットが当たるを狙うか?それはあなたの判断次第です(笑)私は1万名に当たる缶ビールセットに、3社引き当てていただきおいしい夏を過ごしたことがあります(ごちそうさまでした)
53才 鹿児島県 既婚 男性

1セットだけだとすぐ終わっちゃいそうですが、3社当たればしばらくもちますもんね!わー、賢いです!私も見習おう(*´∀`*)
調査団編集部: マリカナ団長

雑誌の海外特集で、行った先のおみやげ詰め合わせプレゼントに、ファックスで応募しました。イラストなど盛り込んで楽しく描き上げました。すっかり忘れた頃に、バリのTシャツや装飾品など、ミカン箱の半分くらいの大きさにぎっしりプレゼントが届きました。あと、サツマ揚げの袋(油でベタベタ)についている応募シールをはがきに貼ってお米10キロ当たったことが。こんなベタベタ油の袋を洗って、切り取ってはがきに貼る人は少ないだろうな、と思っていたので、当たったときにはヨッシャー! と嬉しかったです。
36才 茨城県 既婚 女性

これ、応募する人少ないだろうな〜ってやつが結構当たったりしますよね! ここだけの話、昔別のお仕事で懸賞をやったとき、なかなか応募がこなくて全プレ状態になったことが、、、! お題にあったエピソードを書いてもらうことが条件だったので、ハードルが高かったんですねぇ(T_T)笑
調査団編集部: カワンヌ副団長

10万円以上するデジカメが当たりました。あとは細々したものが何度か。当たったのは全部ネットで応募したものなので特にコツは無いと思いますが、とにかく応募しまくる事だと思います。よくある話で「宝くじでも当たらないかな〜」とぼやく人に限って宝くじを買ってないというのを聞きますが、宝くじも買わなければ当たらないように、懸賞も応募しないと絶対に当たることはありません。逆に応募して無いのに商品が届いたなら、それは「送りつけ商法」などの詐欺ですから!(笑)
42才 岡山県 未婚 男性

応募しないと当たらない、ごもっともです〜>< 宝くじもそうなんですよね!当たったらあれしたい、これしたい…と思いつつ、いまだ一度も買ったことがありません。汗w
調査団編集部: マリカナ団長

新聞や女性誌の懸賞は応募する人が多いので当たらないと聞きます。逆に男性誌は応募する人が少ないから(運が良ければ)当たります。ネットはテレビCMをする大手企業の懸賞は難しい。逆に、海外や地方の観光サイトの懸賞は(探すのが難しいですが)当たりやすいです。僕の従兄妹は懸賞に良く当たるので、コツを聞いたら「地方に住んでいるから」。理由は、都会に当選が偏らないように当選者は都道府県毎に平等になるようにしているからと言っています。本当かどうか疑わしいのですが。
42才 千葉県 未婚 男性

ずっと昔の事ですが、釣り雑誌の懸賞にはがきで応募して、磯釣りの竿が当たった事がありました。多分、応募者が極端に?少なかったのだと思います(笑)。勝手な分析ですが、趣味の専門誌を購入される人達って、その分野の道具に関してもある意味専門家でいらっしゃいます。つまり、わざわざ懸賞に応募しなくても、道具は既に揃っている人達ばかりなんですね。だから倍率が超低かった…。ここに何かヒントが隠されているような気がします。
58才 東京都 既婚 男性

あらゆるものが当たり、昔は写真に撮ってアルバムにて賞品を整理していました。ホテルの宿泊券、自転車、宝くじよりプレミアムなサントリービールシールでのUSJ貸切、ディナー付き入場ペアチケット等々です。コツはありませんが・なんせ、セッセと応募すること(一日一通を目標にした時期もありました・地元のローカル(スーパーなど)な懸賞は意外と当たる確率が高い)・ハガキなら丁寧な字で・ハガキでクイズなら答えの商品名・企業名が目立つようカラー文字で・要望事項を記入する欄があれば、その商品(企業)にとってプラスになることを 真摯に書く・日頃から、商品についているバーコード・マークなどをこまめに集めておく・スーパーの買い物の際は、応募ハガキをチェック・懸賞を出すことを楽しみとする (ためていたバーコードなどがあれば、応募できると、そのチャンスを喜ぶ) (送られてきた景品が届いた時は、当選の確率を喜び、明日への糧にする)まだまた、ありますがこのあたりで・・
67才 奈良県 既婚 男性

映画の鑑賞券・葡萄3kg・ハムやソーセージの詰め合わせセット・タンブラー・キャラクターのマグネット・キャラクターのお弁当袋・雑誌のテレホンカード・ゲームソフトのQUOカードなど。 @niftyさんには、カピバラさんのミニぬいぐるみと靴下にゃんこのぬいぐるみと入浴剤とココログのQUOカードをいただきました。ありがとうございました。これからもヨロシクv(o ̄∇ ̄o)bお願いします♪ 当たるコツ?そんなもの教えたら当選確率下がるじゃないですか!本当に当たるコツを知っているからこそ、教・え・ま・せ・ん☆
33才 山口県 未婚 女性

懸賞に応募するのは当ったらうれしいモノに応募します。今まで当選したものは、焼酎・ビール・ワイン・ゴルフボール・商品券・孫用の本・美術館招待券・歯磨きセット・などなどそれも複数回当たったものもあります。忘れたころに送られてくることが多いので最初はドキッとします。が、商品を見たときに「ばんざーい」します。基本的に懸賞応募を見たらすぐにはがきを出すことだと思います。当選者一人はまだ当たったことがありません。狙いは複数の当選者がある商品だと思います。
63才 千葉県 既婚 男性

雑誌で大判のタオルケットというかんじで日用品。当たるコツを聞いて、確かに当たったのは「応募期間の短いものに応募すると当たりやすい」 実際に当たった例はスポーツ紙のプレゼントで、Jリーグ出来た当初だったかな、サッカー応援用のクラブタオルが当たりました。スポーツ紙などは毎朝出ますよね。人の目にふれる期間が短いとライバルが少ないから狙い目だと聞きました。そういうちょこちょこした懸賞は狙い目ですよ〜。
40才 神奈川県 未婚 女性

率直に答えれば、昔だが、缶コーヒー“ジョージア”の飯島直子がCMしてた“がんばってコート”が当たった!しかも会社の後輩と自分と2人。後輩は3通応募で当たったが、自分は詳しく数えていないが、30通以上はは応募してたと思う。今は車乗ったとき子供の冬用の防寒着になっている。(少し悲しい。)もう一つは“かごめの夏季限定特選トマトジュース”が当たった。これは1通で当たった。美味しかった。
46才 福岡県 既婚 男性

ここ数年で当たって嬉しかったのは、タブレットPC、ワンセグテレビ、音波振動歯ブラシ、コーヒーメーカー。niftyさんでも加湿器や食器を当選しました。昔はゲームソフトやそのグッズもよく当たりました。当たる秘訣は参加者の少ない穴場狙いか商品購入参加系。懸賞主の求めてる役に立つようなアイデアやアドバイス等、レビューを記入するのは定番ですね。現金や商品券、ドリンクメーカー系は競争率が激しくて当たりにくいです。あと大口応募より一口応募で一発必中率の方が高いですね。
44才 大阪府 未婚 男性

3等の手鏡が欲しかったのに欲しくもない1等が当たったことがある。なんとアメリカ旅行。旅行は大嫌いだが折角だから行った。ぜんぜん面白くなかった。その前はエッセイを書いてヨーロッパ旅行にあたったことがある。この話を人にするといいなあと言われるが、そんなにいいものでもない。飲み会の話題にはなるが、過去そのことで羨みを持たれたことがあるから相手を選ぶ。チケット類は何度も当っているが自分で行けたものはほとんどない。みな人にあげる。コツはとにかく応募すること。ネット応募は元手(はがき代)がかからなくて助かる。人生最初の当選は浅田美代子Tシャツ。シャンプーのシールで応募。
49才 東京都 既婚 女性

当てるコツがあるとすれば「とにかくたくさん応募する」事です。倍率の高低を考える暇があったらとりあえず応募することです。理想は「裏面に住所、氏名、年齢、電話番号、性別まで印刷済のハガキ」を何枚か持ち歩くことです。宛名と必要事項だけ書いて投函すればいいという準備により、街中で見かけた懸賞にすぐ応募する気が出ます。日頃の準備って大事です。
38才 東京都 未婚 男性

たった一回、映画試写会への招待状が当たりました。予定した当日、その時間帯に急な用事が出来て残念なことに当選ハガキを活用できませんでした。その後次々に映画が変わり、毎回応募するのですが、絶えて当選はありません。せっかくの好意を不意にしたからかな?と自己納得しながらも、未だに応募を続けています。当選ハガキは回収されて、何の何がしは現れず、と記録に残るのでしょうか。あの時は当日、間際になっての支障で、人に譲ることもままならず、主催者様 ごめんなさい。
75才 東京都 既婚 女性

映画の試写会の招待券などは、よく当たります。マスメディアの懸賞ではなかなか当たりませんが、百貨店のウェプ会員対象などは当たりやすいです。もっともよく当たるのは新聞販売店の顧客サービスとしてやっている美術展招待券プレゼント。2枚当たるので、同じ新聞をとっている友人と共同戦線をはっていて、当たったときは1枚ずつ分けることにしています。この方法、美術好きにはオススメです。
57才 東京都 未婚 女性

パソコンで、NIFTY宝くじというゲームで、1日1回のクリック操作だけで当たればブロバイダー料を差し引きして頂けるという簡単なゲームです。初めははずればかりで、当たる筈がないわと思っていましたが、何と1年以上たったある日に2000円値引きが当たりました。コンピュータが壊れたのかなと思いました。続けていれば当たるんだなと感激いたしました。
63才 奈良県 既婚 男性

かつてはテレカ、今は図書券ぐらいなものですが「当てるコツ」は「出した人にしか当たらない」という自明の真理に則りとにかくこまめに応募し続けることしかありません。なお新聞のパズル解答ハガキの余白に時事雑感などをしたためるとボケ防止になるだけでなくそれが採用掲載されて薄謝をいただくことがあり、もしかしたらそっちのほうが効率が良いのかもしれません。はい。
66才 愛知県 未婚 男性

1番驚いたのはバンダイの懸賞で当たった子どもの名前入りウルトラマンの隊員服。市販品は主人公の名前入りだったので、どこに着ていっても注目されました。応募したのは1口だけだったので「当たるときには当たるんだ」と実感しそれ以降何口も応募するのはやめました。
48才 大阪府 既婚 女性

ニフティのアンケートに答えてテレビが当たりました!ニフティさんその節はありがとうございました。それ以外では、10代の時に、若い人があまり聴かないようなラジオ番組にハガキを送って、本やCDをいただいたことがあります。ネットのアンケートで500円分の金券が当たったこともあります。懸賞のコツはまだつかめていません。
34才 静岡県 未婚 女性

お菓子、麺類、肉、商品券、お花の発送権利など。全員プレゼントのお皿や調理器具。コツはわかりません。(知っていたら教えてください。)当たるか当たらないかはその時次第かもしれませんが、あまり期待していないときや、企画(パンのシールを5枚集めて応募などのような企画や商品)自体を楽しんでいる場合に、当たることが多かったようです。
42才 大阪府 既婚 女性

@もう、5円以上前にテレビジョンの懸賞でクロスワードで現金が当たった。A10年くらい前にサントリーだったか、SONYのPDAが当たった。スケジュール管理などに使った。Bアパートの管理会社の懸賞で3回あたった。(ガトーショコラのケーキ、えびせんべい、バームクーヘン)C昔の会社で運動会などでラジオや携帯液晶TV等 コツ:Aだけはよく考え、人気がなさそうな色を選んだら当たった。後は運だと思う。(だから、宝くじは全く当たらないのだろう。)
54才 千葉県 未婚 男性

書籍、靴、文具、食品(果物、肉)、カタログギフト、アーティストグッズなど。読書が好きなので、新刊プレゼントに応募して当たる…というときには、本に関するアンケートに答えました。アンケートが懸賞に関係するかはわかりませんが、自分自身が興味があるものについて、応募した方が当たりやすい気がします。
42才 茨城県 未婚 女性

一番高額だったのは、20年以上前に当選したワープロ専用機で、当時18万くらいしたもの。その他はお芝居やコンサートのチケット、CD、レコード、食器などの雑貨、地方の特産品セットと言うところ。自分の場合は特にコツ等はありません。いつも1つの懸賞につき1?2通しか出しません。ただ、その商品への希望理由や感想などは必ず添えます。
43才 東京都 未婚 女性

(1)当たったもの:有名人(西原理恵子氏&神足裕司氏)直筆サイン入り著書・プロ野球公式戦使用済球・セレクトショップ(BEAMS)ギフトカード1万円分など(2)特に当てるコツは無いと思います。敢えて挙げるならば、ハガキで応募する場合は、文字少なく大きめでインパクトのある(第三者の目に留まりやすい)ハガキにしています。それから、応募した事も忘れているくらい無欲な時ほど当たる気がします。
35才 東京都 既婚 女性

ノーベル製菓の「のど黒飴 キャラクターお弁当箱セット」サントリーの「缶モルツ6本セット」etc.が当たりました。どちらも忘れた頃に送ってきましたから、コツは「無欲」かと思います。でも欲があるから懸賞に応募する訳ですので矛盾しますね。応募後は「無欲で」と言う事かも知れません。
51才 愛知県 既婚 男性

本、CD、図書券、グルメ券、映画試写会招待券、コンサートチケット等、長年定期購読している新聞社のものややはりメンバーになっている靴屋、ブティック等で何度か開催する懸賞に応募するとよく当たる。反対に一般の確率の低いものには、怪しげなものやたたアンケートを取る目的で偽りのものが多いので、ある時、そのからくりを知り、一切懸賞応募はしないことに決めている。
56才 東京都 未婚 女性

ほとんど全プレに近いんじゃないかと思いますが、日清カップヌードルの瞬間湯沸かし器が当たりました。募集期間が長かったので気負いなくやれたのが良かったかと思います。うろおぼえですが、一個に付き一枚ついてる応募券を確か5枚貼っての応募で、3回で当選しました。4枚目を出した直後に当たったので、カップヌードルは20個は食べたような気がします。
42才 千葉県 未婚 女性

1,000円や500円のクオカードが4回くらい当たったことがある、500円の図書カードが当たったこともある。毎回毎回かかさず応募したからって当選率が高くなるものではなく、たまたま応募したからってあたるわけでもないが、偶然なのか同じ懸賞で連続して当選した事もある。当選率よりも、どういった基準で抽選してるかが知りたい。
33才 神奈川県 未婚 男性

数打てばたまには当たります。webは一度登録しておくと楽になるので、とりあえす目につけば応募すること。当たりやすいのは大人数に当たるサンプル的なもの、地域が限られた懸賞、地味目のイベント系。学生時代、レコードからCDに変わり始めのころ、CDコンポを当てたのが人生最大の当たり。最近では商品券50000円分が当たって嬉しかった。
47才 大阪府 未婚 女性

雑誌の検証企画で立派な地球儀が当たったことがある。その時は、編集部に一言、という欄に次に特集してほしいことや、雑誌の内容に関する感想など、きちんと書いた。自由記述欄があったらみる人の目にとまるようなことを書くのがコツだと思う。見る側の立場になればいろいろ書いているものと白紙ではいろいろ書いているほうを見るのが人情なので。
36才 埼玉県 既婚 男性

コツはないけどあたるんです!!王道のハワイ旅行、さらに北海道寝台特急の旅、ビール1ダースに美容飲料12本セット、海産物味覚セット、某ティーバッグ、某化粧品、空気清浄機、映画プレミア上映会、映画チケット、美術館鑑賞券…しょっちゅうあたるのはビールとかカクテルの数本セットですね。ありがたいことです。そんなによく出すと言うほどでもないのに、応募するとあたることが多いです。名前の字画かしら??
41才 神奈川県 未婚 女性

新聞屋さんのプレゼントですけど早い者勝ちで日高屋の餃子無料券2枚(ラーメンの卵のトッピングやライスの大盛り無料付き)、ぎょうざの王将の餃子無料券5枚、近隣のスーパー銭湯の無料招待券2枚。 インターネットの懸賞サイトでロゴマーク入りテレフォンカード、ミニバック。 今は無きゲーム情報雑誌の懸賞でゲームキャラクターのイラスト入りテレフォンカード(現在も未使用)。 コンビニL社のキリンチャレンジカップのプレゼントキャンペーンでサッカーのスポーツバック。 ライバル会社の缶コーヒーのプレゼントキャンペーンでロゴ入りキャップ。 業界トップの製パンメーカーが必ず秋に実施するプレゼントキャンペーンで、グループ会社の お菓子の詰め合わせ(2年連続当選!!) 当てるコツは無名に近い雑誌と新聞やエリア限定などマイナーな応募方法のプレゼントに応募するコト。 とくに小規模な食品スーパーほど当てやすい。
43才 東京都 未婚 男性

いっぱいありすぎて、覚えていないぐらい当たりました。そんなに大きい賞品ではなく、小さいのをこまごまと…。高そうな物だとポータブルCDプレーヤーとか、ティファニーのキーホルダーとか。コツは、マメに応募することと、応募したら忘れるぐらいの気持ちでいること(控えなどが必要な場合は、きちんと保管しておきますが)。「絶対に欲しい!」と思うと当たらないです(笑)

一番嬉しかったのは、北海道の食材が毎月届いて毎月ワクワクして待ってました。それと、今までで一番ビックリしたのは、オガクズの中に生きた海老がたくさん入って箱の中で蠢いて一時箱を開けるのを躊躇したことがあります。本当に驚きましたよ。懸賞を当てるコツ‥というか、過去当たっていたのはバリバリ働いていた時でした。その頃の睡眠時間と言えば確か1〜2時間あるかないかでしたね。
42才 大分県 未婚 女性