親子の理想の距離感、「必要な時駆けつけられる距離にいたい」が断トツ

親子の理想の距離感、「必要な時駆けつけられる距離にいたい」が断トツ

親子の理想の距離感、「必要な時駆けつけられる距離にいたい」が断トツ

【親の立場】【子どもの立場】ともに1位は「頻繁に行き来はしないが、必要な時駆けつけられる距離にいたい」で半数以上が回答。2位は「住まいは別だが、できる限り近くにいて常に助け合いたい」で21%の人が回答していました。

■親の立場でも、子の立場でも、必要なときに駆け付けられる距離にいたい
【子どもの立場】だと「正月など行事の際に顔を合わせる程度がちょうどよい」「自立したのだから基本は顔を合わせる必要はない」のあまり会わなくても良い派が【親の立場】だった場合よりも少しだけ多くなるものの、ほとんど同じ結果に。

今回、【親の立場】の場合と【子どもの立場】の場合とで分けてアンケートをとったのですが、なんとほとんど同じ結果に…! というわけで、1つのレポートにまとめさせていただきました。(´∀`*)思うことは一緒なのですね〜ちょっと意外でした!

アンケート実施日時:2013年6月21日〜2013年6月27日/有効回答数:4,085

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

年を取るということは、できないこと(判断力も含めて)が増えていくということ。自分が何もできなかった幼いころから育ててくれた親が、できることが減って行けばお返しに面倒を見るというのが自然です。ただ、住環境や家族数の問題があるから、同居できなくてもそのような意識で近くで見守るというのがいいな。
74才 京都府 既婚 男性

なるほど…できない頃やってもらったことを返す…とても納得感があります>< 同居の有無は別にしても、私ももらった以上のものを返せるといいな、と思います。
調査団編集部: マリカナ団長

親子(共に夫婦)といえども、子の配偶者は全く別の環境で育ったのだから、4・6時中(毎日)一緒に生活するのはお互いにストレスが溜まる。いずれは爆発することになるから、日々の生活の中で発散できる状況が必要である。従って、お互いの便利さを確保しつつある程度の距離感を持つのが良い。
67才 神奈川県 既婚 男性

子どもの配偶者のことを考えたご意見、なるほどです! ある程度の距離が関係を良好にしてくれる場合って、親子に限らずありますよねぇ(>_<)
調査団編集部: カワンヌ副団長

私自身は、別居したほうがいいと思っています。簡単には、行き来できない距離で…。遠く離れていることで、逆に、相手を思いやることも、自立することもできると思うので。
47才 千葉県 未婚 女性

近くにあると大切さに気付けないってよく言いますけど、親子の関係もそういうところがありますよね。当たり前のようにやってもらっていたことが、実は大変だったり…そういうのを忘れずにいたいです。
調査団編集部: マリカナ団長

長年、遠く離れて暮らしています。20代半ばまで、一緒に暮らし、転勤で家を出ました。その後、転勤から戻って、数年ほど私が30代、母が60代で一緒に住んでいましたが、普通でした。お互い相手を尊重していました。再び、転勤で離ればなれとなり、もう20年以上、お互い離れて暮らしていますが、30代で同居した時に家を建て替え、ローンを私が支払ったので、毎年3回以上帰省しています。家のローンは終了しましたが、母との関係はお互いを尊重することに変わりはありません。思い切り、金銭面は私がフォローしてますが。。。ただ、もう母も年ですので、地元にいる弟がフォローしてくれています。彼には、頭が下がります。
54才 千葉県 未婚 男性

若年夫婦の子育て問題や女性の社会進出の障害の要因のひとつとして、現在の核家族化があると感じられる。さらなる高齢化社会を迎える中で、誰がその支え手になるのかという問題もある。三世代同居がこれらの問題解決の一助になるだろうが、血縁関係のある親子皆が必ずしも良好な関係を築けているとは限らない。そこに問題の難しさがあると思う。
43才 北海道 未婚 男性

全ては嫁さん次第。嫁さんを教育するってのは、どうせ無理だから問題外。同居も別居も多少の問題は出てくるので、自分としてはどっちでもいい。自分の親なんだから自分は問題ない、それよりも四六時中一緒にいる嫁さんの事を考えると、彼女自身に決めさせるのが一番だと思う。ま、最近の若い娘はまず同居してもいいなんて言わないと思うけどね。
60才 愛知県 既婚 男性

食べ物の好みも違うし、考え方も違う者同士が同居して不仲になるより、出来る限り親子は同居しないで、時折会うとか、困ったときに助け合う程度でいい。出来るなら最後までその関係が続けるのが理想的だと思っている。

全て別の二世帯住宅が理想。だけど、親がいなくなってしまった場合や子世帯が転勤で動かなくてはならないなどを考えると全く別と言うのはかえって不経済かなと思われ、でも、親が老いていく状況で自分もいつまでも若くはなく、火の元戸締り水回り、または詐欺など考えていくと可能な限り同居しているのが一番かと最近考えが変わってきました
49才 北海道 既婚 女性

「育てる」という言葉はどちらかと言えば一方的に聞こえるが、本来は双方に通じているとおもう。育ったらはいさようならでは、生きとし生けるものの仲間には入れないのでは無いか、親子は本来同居あるべきが基本で、別居にはれっきとした理由が必要だ。
78才 北海道 既婚 男性

今の世の中、親子親戚の付き合いよりも自分達自身の権利や個を偏重する気風は、少子化を踏まえて将来に向けての課題が山積している。子の権利は、同じく義務や責任を伴って主張すべき権利でなければならない。その意味では、核家族時代につくられた親子関係は、大切とは知りつつも、見えにくい心の繋がりが希薄化しているように思える
72才 山形県 既婚 男性

子供が結婚したら、別世帯がいい。私も、仕事の関係で親とは別世帯で、県内を転勤。そろそろ地元に転機と言う時親と相談し親の敷地内に家を建てた。時々一緒に食事をしたり、美味しい食材が手にはいれば、少し多めに作り、親世帯に届けたりした。親の介護も隣同士で、やりやすかった。今、親を送り、親の家を取り壊し新たに新築、そこに私たち夫婦が、今までの家には息子の家族が住んでいる。親と、子供世帯とは生活時間、食生活も違うので同居しないほうがよい。
71才 岩手県 既婚 男性

お互いに依存しているようで気持ち悪い。干渉されたりしたりしたくない。お金もいらないし口出しもしてほしくない。親世代の人間関係にも巻き込まれたりしそうで面倒。
47才 東京都 既婚 女性

近年核家族化が進んでしまっているが、子供の情操教育や躾の点で言うなら、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に生活をする方が望ましい! 少し前に某楽器奏者で我々の師匠でもあるK講師の御宅にお邪魔して『出稽古』を付けて貰ったのだが、ご実家がお寺でお爺ちゃんお婆ちゃんも居られて子供さん等もスクスク育っていると感じた。
54才 大阪府 未婚 男性

ウチは三世代同居。主人の母、祖母を見送り、続いて自分の両親も引き取り暮らしています。自分の子供は男ばかり3人。血縁関係があっても(無ければ特に)同居していたらそれなりの気遣いが必要。自分には受け入れられない習慣などを毎日見ていたら常にストレスを感じるし、常に家族間を円滑な状態に保つのは大変で疲れます。これから先、子供がお嫁さんをもらったら。。。  できれば同居したくない。
47才 兵庫県 既婚 女性

子供、孫との同居はそれなりに張合いがあって有意義。だだ、お互いに遠慮があったり、頼りにしたり、されたり、互いに気を遣ったりと、夫婦という一単位での独立性が担保されない面が出てくることが多々ある。また、住宅面でも規模や、価格を考えると 二世帯住宅が優位ともいえないので、程々の距離にあるのが良い。
68才 神奈川県 既婚 男性

私は実の親との仲は普通ですが、友達のところは母親と娘が合わない、とか、父親と娘が合わない、とか、いろいろ聞きます。実の親子だとか義理の親子だとか以外に、自分の子供が何人いても合う子と合わない子といます。なので、実の親子の同居が比較的トラブルが無いと思ってはいましたが、そうではないようです。
33才 愛知県 未婚 女性

三世代同居で育ったが、祖父母が母にかなり譲っていたのを見て心が痛んだので、同居はしたくない。
67才 広島県 既婚 女性

うちは子供がいません。なので同居については子供の立場からしか言えませんが、介護とか(親側に)経済的理由がない限り、成人したら離れて暮らす方がよいと思います。一緒だと“親子関係”のまま。いつまでたってもお互いが自立出来ないと思うのです。自分はそれがイヤで家を飛び出したのですから…。
48才 東京都 既婚 男性

できる限り同居せずに、何かあったら駆けつけられる距離でそれぞれ自立して暮らすことが望ましいが、親が高齢になったり身体が動かなくなったりした時が難しいと思う。ケースバイケースで対処していくしかないが、それにはやはり日頃の親子関係が良好でないとうまくいかないし、普段良好であっても状況が変わったり兄弟との関係が絡んでくると問題が発生することもある。なかなかこれという答はでないが、ベストでなくてもベターであるように親も子も努力していくしかないかと思っている。
58才 千葉県 既婚 女性

基本的には別居がよい。その代り、孫などとか世話役もなくお互い自立した状況でお互いを楽しみたい
50才 東京都 未婚 女性

高齢化社会が進み、周囲の世帯は老人ばかり、さらに老人一人住まいがほとんど、食料品、日用品の買い出し(都会と違い店まで遠く交通手段は車のみ)、家屋の維持管理、冬の除雪、火災出動、環境整備、農作業等いろいろな面で若い人の力が必要、子供が同居してくれなければ地方では生活が成り立たない。
70才 青森県 既婚 男性

農家なので、仕事を覚える・教えるには時間が掛かるし、親世代の経験は自分のためにも重要。一緒に住んで、仕事もして、考え方も学べれば同居する価値がある。他人同士が一緒にいることは忘れない事。相手と自分の縄張りは、意識して守ることは要ると思う。
42才 広島県 既婚 女性

同居となるとお互いのプライバシーが問題となり、親子の生活時間がまちまちである。同居していると言うと、他の人はうらやましいと思う人がいるが、実生活においては親と子供の生活時間の違いから、お互い気を遣い、ストレスの原因ともなる。これにより親子の関係がまずくなる場合いもあることから、別居してかつ、親子の助け合いの意味から近くに生活出来れば幸いであると思います。
66才 宮城県 既婚 男性

基本的に同じ生活環境にならないこともあるけど、同じ場所で住める状況なら、同居はメリットがあると思う。でも、生活時間等が違ってくるから、完全同居よりは、各々の生活を分けれるような家にした方がいいと思う。保険料も安くなるし。
29才 東京都 未婚 男性

今、結婚していません。それ自身が親不幸と思いますが、親には頻繁に会っています。仕事上同居できないからですが、仕事上問題がなければ同居したいと考えています。それは親に顔を見せられることと、親の体調を確認できるからです。本当は結婚しても同居したいですが、私は男なのでそうはいかないでしょう。でも何かがあればすぐに助け合えるところにいたいです。
41才 京都府 未婚 男性

結婚後はふたりでの生活を意識したい(+子供との生活)ので、同居はしないで過ごしたい。子供が手を離れるくらい大きくなったら、将来的な親の介護などのことを見据えて同居するようにしたい
33才 静岡県 未婚 女性

その人によって考えが違うと思う。我が家は大学に入ってから別な所に出したし、いまは完全に別、一人は海外だ。メール、写真の添付やスカイプなど、顔は見たいとき見れるし、話も自由だ。狭い家に窮屈に住むよりずっといいと思う。
69才 東京都 既婚 男性

基本的に反対。どちらかの「家に入った」とか「嫁にもらった」「婿にきた」という感覚が払しょくできない。孫が、さまざまな世代と交流することができるという点ではメリットもある。
54才 千葉県 既婚 女性

よく、母と子は“見えない臍の緒”で結ばれていると言うが、その臍の緒は本当に“目に見えない”ものなんだと思う。ならば子供がどこで暮らしていようが、親は子供のことを考えてしまうし、子供も子供でまた、親の影響を受け続けながら生きて行く。同居は近すぎて、互いの欠点ばかりが鼻に付いてしまい、つい、批判したくなるものです。“見えない臍の緒”のことなど、ついぞ忘れてもしまいます。子供もいっぱしの大人になったら、巣を離れて自立をし、子供なりの持論を展開しながら頑張ってみると良い。仕事に恋愛に結婚生活に、何とか幸せでいよう、夢を実現しようと働き考え努力して、それでも思うようにいかず、立ち往生した時に子供は親の許へ泣きついていき、親もまた、何も言わずに子供を受け入れ、子供をそっと支えてあげる。これが昔から私が思っていた理想でした。今、それを実行しているけど、どうやらわが娘も、長女の方は私と考え方が似ているようで、同居は互いにしないと暗黙の約束のようになっています。でも、幾つになっても甘えん坊の二女はダメですねえ…。

お互い良い関係でなければ、「親だから」とか「子だから」という理由だけで同居してもいい同居(生活)は出来ないと思う。(我慢して暮らしている、自分を騙して暮らしてると思う。)
38才 東京都 未婚 女性

家庭内に主婦は複数いらない。というより複数いてはならない。女は永遠に理解できない生き物だ。だから女性が複数になる同居はもってのほか。
64才 千葉県 既婚 男性

自分は未婚で外に出たが、親は、長男夫婦と同居。いろいろ難はあるが、一生懸命してるし、性格もいいほうだし、と、いろいろ立てて我慢してるようだが、家事のことで、嫁さんと価値観や家事の手順、整頓方法などが違って、とにかくやりにくい、と、何度も愚痴をこぼされている。(現在進行形)母と自分、性格はかなり違うが、家事に関しては、かなり近いらしいので(母談)、「ますおさんがいいなあ」って、よく言う。(私は未婚!)嫁姑でも気が合って本当に仲良くできればいいけど、できれば、2世帯のほうが良かったんじゃないのかなあって、たまに思います。そして、実の親子でも、あうあわないはあるから、無理に同居しないほうが安全かもしれないとも思ってます。
51才 東京都 未婚 女性

自分の親や子でも色々難しいと思う。配偶者の親や子どもの配偶者の方がかえって遠慮があって良いかもしれない。
51才 兵庫県 既婚 女性

老人を独居させておいて、判断力も老化した親がオレオレ詐欺に引っかかったのは親が悪いとは言いたくない。ただ、子は親とは”楽なのは別居”と行動し、親は”老いては子に従え”を忘れてしまっている以上、どうであれしようがない世相かも知れないが、自立とは切り捨てでもなく、離散でもない。親からの自立と親との同居は別の問題であるとともに、同時に行わなければならない問題であり、また云えることは家族の面倒は家族が見なければならない(少なくとも家族だけでは対応出来なくなるまでは)以上、同居は家族の誰かがやらなければならないことになる。考え方が古いといわれるでしょうけれど、このあたりの問題を昔は”親が隠居する”で調整していたと思います。
62才 群馬県 未婚 男性

自分が親の立場でも子の立場でも絶対反対。同居はすべきではない。したくない。
57才 神奈川県 未婚 女性