【西日本】行ってみたい花火大会ランキング びわ湖大花火大会が1位!

【西日本】行ってみたい花火大会ランキング びわ湖大花火大会が1位!

【西日本】行ってみたい花火大会ランキング びわ湖大花火大会が1位!

総計の1位は「びわ湖大花火大会(滋賀県)」で23%と断トツ。2位は「みなとこうべ海上花火大会(兵庫県)」で12%、3位は「伊勢神宮奉納全国花火大会(三重県)」で11%でした。

■11位以下は「名古屋みなと祭花火大会(愛知県)」「西日本大濠花火大会(福岡県)」
11位は、「名古屋みなと祭花火大会(愛知県)」で5%、12位は「西日本大濠花火大会(福岡県)」「松江水郷祭湖上花火大会(島根県)」「筑後川花火大会(福岡県)」が同率で3%でした。

西は「びわ湖大花火大会」が人気なんですね。行ったことはないですが、1位ということでとても興味が湧きました(*´∀`*) 私は「伊勢神宮奉納全国花火大会」に行ってみたいです。今年は式年遷宮ということで、伊勢神宮が気になって気になって><

アンケート実施日時:2013年7月5日〜2013年7月11日/有効回答数:4,197

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

全国選抜長良川中日花火大会なんですが…旦那にプロポーズされた思い出の花火大会ですね。ちょうど誕生日が近かったのでプレゼントをもらえるかなとは思いましたが(遠距離なので当日は厳しいので)まさか婚約指輪をもらえるとは思いませんでした。感極まって泣いてしまったのも今となってはいい思い出です。
40才 愛知県 既婚 女性

わお! 花火大会でプロポーズなんて…素敵ですね〜(^///^) 花火のキレイな景色とともに、最高の思い出になりそうです!
調査団編集部: カワンヌ副団長

花火を見ながら食事ができる高層ビルのレストランを予約したことがありますが、ちょうど風下になってしまったため、花火とレストランの窓との間に煙が立ち込め、開始から30分ほどはまったく花火が見えませんでした。途中から風向きが変わって煙が流れたためによく見えるようになったのですが、最初のうちはこのまま見えなかったらどうする!?とやきもきしました。こういう場所では「よっしゃ花火見るぜー!」というテンションではなく、お酒や食事を頂きながら、「あら、花火があがってるわ」と、大人な楽しみ方をするもんなんだろうな、とあとから思いました。
45才 大阪府 未婚 女性

確かに、花火のように天候に左右されるものだけをその時の楽しみにしていると、ダメだった時にがっかりしちゃいますよね><、 私も大人な花火の楽しみ方ができるようになりたいです〜。
調査団編集部: マリカナ団長

独身時代、友人に紹介された、ある人と地元で開催された花火大会に行ったのですが、近くで見る花火に感動してしまった私は、花火に夢中。彼女の事は忘れていました。その後の結果はご想像の通り。初めて会う相手と花火大会に行かない事。私はお勧めします。
51才 愛知県 既婚 男性

近くで見る花火って、大迫力でホントにキレイなんですよねぇ…音が体に響くのにも興奮して…わかる、わかります! でも、彼女のことは忘れちゃだめですー!(笑)
調査団編集部: カワンヌ副団長

我が家の愛犬のシーズがまだ小さい子犬の時に、花火大会をやっている場所の近くを車で走っていました。ドーンと花火の巨大な音が鳴ったその瞬間、助手席の家内の腕の中からそのシーズが驚いて飛び出し。私の足元のブレーキペダルの裏側にもぐりこんでしまいました。走っている途中でしたのブレーキを踏めなくなりかなり焦ったのですが、しょうがないので足でブレーキをふまず左に車をよせてサイドブレーキをひっぱりむりやりやっと車を止めたのですが、あの車中の大騒ぎは大変でした、家内も私も優しく大声をだして愛犬を呼んでも花火の音や光を怖がって出て来ない。車の運転を始めて40年、ブレーキを踏めない!などいう事は初めてで本当に焦りました。今となっては懐かしい思い出で花火を見る度にあの時の車中の騒ぎを思いだし家内と二人で笑います。
50才 東京都 未婚 男性

夜、実験で学校に残っていると、外から花火の「ドーン、ドーン」の音が聞こえました。急いで、同じく別の研究室で実験中の友達に連絡し、外に出て観に行きました。あのとき、友達と見える場所まで走っていきながら、青春というか、かけがえのない瞬間を感じたのを覚えています。
25才 長野県 未婚 女性

当日の天候がもっとも気になる。中止か実施か悩む。前日が雨だと足元がグチャグチャ。便所の準備、警察や消防、鉄道会社との調整、打ち上げには前日役所の担当者が点検に来る。当日は風が強く吹かぬよう祈る。打ち上げ花火の残り火が地上に落ちないかドキドキ。打ち上げ翌日は黒玉(不発花火)がないか会場を点検。打ち上げ業者の能力が高く、これまでゼロだったが。早朝は落し物拾い?のヒトらしい姿もある。まあ誰かが進めてくれる花火大会を「客」としてノンビリ観るのが最高だね。
64才 千葉県 既婚 男性

育った街がド田舎で、花火大会もショボいものだったけど、それでも家のベランダが一等席でした。距離も比較的近かったため、音と花火のタイムラグもあまりなく、また、火薬の匂いさえ漂ってきました。でも、今住んでいる場所では、まともに花火大会を見たことがありません。理由として、夜に働いていたこと、そして、花火が見える場所はひどく混んでいそうで、人に酔ってしまうそうになるんじゃないかと、不安さえあります。
42才 北海道 未婚 男性

母が亡くなる前、たぶんその年が最後になると思ったので、いつも見ていた地元の花火を見せたくて、病院で外出許可を取り、家族みんなで見たこと。当初セッティングしていたベッドでは、ちょうど花火が隠れてしまうことが始まってからわかり、急遽ソファベッドを移動したりした。母は、「また来年も見られるんだから、いいわよ。」といっていたが、それが最後の花火になった。
56才 東京都 未婚 女性

花火大会のある日に曇りであるかどうか微妙だったときに、行くなら浴衣を着ていこうと思っていたら、当時の彼氏が無いって聞いたというので、じゃあしょうがないかって普通の格好で買い物に出かけたらやっぱりあるみたいで。一緒に行こうって行ってるのに何で調べてくれたりしないのかと思ってがっかりしてけんかになって大泣きし、結局見れなかった。お互い子供だった。
32才 岐阜県 未婚 女性

地元の湖上花火大会。凄い人でもう大変。ある年、父の知り合いが漁師で船を出してくれました。涼しい風が吹く湖面、さえぎるものもなく目の前は花火のみという絶好のロケーションでした。ただ、船にはおじさん、おばさんばかりで、わんやわんやの大騒ぎ。ロマンチックのかけらもなかったですけどね…

海水浴の帰り、一定の方向に進む車の列に遭遇した。次の目的も特になかったので、何気なくその列に入った。そして駐車場にも無事入れた。そこは 「長岡まつり 大花火大会」だった。小学生の四人の娘と妻、家族全員で初めの花火大会だった。夜空に咲く大輪の花、家族全員で感動を新たにした。20年後の今、四姉妹の孫たちと一緒に夜空を観てみたい。
61才 東京都 既婚 男性

花火はキレイだし観たいと思わなくはないのですが花火大会の人混みから起きた痛ましい事故を思うと。。。。。それと、友達や家族とする花火は夏の風物詩として楽しむだけではなく、する時間や場所、後片づけなど近隣の人たちに煙や騒音、ゴミなどで迷惑を掛けずに秩序を厳守し楽しんで欲しいと毎夏思います。
52才 神奈川県 既婚 女性

久々の実家での親類一同集合しての花火大会観覧。終盤にさしかかった頃、急に風が吹いてきて、打ち上げ花火が、すごい勢いで横に流れるような状況に。ヤバい!とおもった直後、物凄い夕立。観客は軽いパニック状態。ござなんか敷いてのんきに見ていたのですが、大慌てで撤収。ふと気が付くと、我が子が見当たらない…。ズブズブになりながら、必死で探し回るも見当たらない。えらいことになった…。取りあえず、一緒に観覧してた親類に家を見てきてもらうことに。幼稚園の年長さんだった我が子。良く道も覚えてないと思っていたのに、しっかり、ひとりで実家に帰っていました。いつの間にか賢くなってたんだな〜。と。
37才 北海道 既婚 男性

息子が小さい時、高台から花火大会を観ていて初めてだったもんだから息子は大興奮!終わったあとも帰ろうとしないし、なだめてやっと自宅に帰っても「ヒュ〜〜〜ドーーーーン」と言い続け、二度と見せるもんか!と心に誓ったけど、翌週もその次の週も見せてしまい、同じことをその年は繰り返していました。
47才 神奈川県 既婚 女性

幼いころ、人込みを嫌う父親が自宅の近くで、地平線スレスレに見える程遠い天神祭りの花火を見せて「花火大会をみた」と教え込まれていました。泣ける!!当時に戻れたら父親にドロップキックしてぇ!!
38才 東京都 未婚 男性

高校生のとき友人2人と(合計女子3人)座って花火を見ていたらいきなり3人とも後ろから順番にげんこつで頭を殴られた。驚いて振り向いたら全く見知らぬ中年の男。人違いをしたようでかなり焦って逃げて行ってしまった。せめて謝って欲しかった。めっちゃ痛かった(涙) 
52才 神奈川県 既婚 女性

花火大会の夜はいつも我が家のテラスでバーベキューをやりながら楽しんでいた。(花火+バーベキューのダブルの楽しみなので、甥姪等子供全員集合)ちょっと大きくなったら、打ち上げ会場で見たいときかないので、やむなく連れて行ったら、ほぼ真下なので、大きな音はあるものの迫力ある展開の大きさを見るために真上の花火を見ることになるので、首が痛いのなんのかんの文句ばかり。打ち上げ花火は、ちょっと離れたところで楽しむものですね。(今は途中に家が建ってしまったので、見えないのが残念です。)
62才 群馬県 未婚 男性

火を見上げるのではなく、たまたま搭乗した飛行機の窓から見下ろした体験がある。 白い紐の様なものが地上からするすると上がって来、何だこれはと眺めていたら、フワ〜と光が丸〜く開いたので、あぁこれが花火の打ち上げでこうなるものだと思わず楽しんだ。
65才 大阪府 既婚 男性

もう10年以上も前のことですが、当時付き合っていた彼女と一緒に、自宅の近くで開催される花火大会を見に行きました。2時間にわたって思う存分花火を楽しんだのですが、最後の花火が終わって、さあ帰ろうかというタイミングで、なぜか花火大会会場の上空だけ真っ黒な雲に覆われ(遠くのほうは雲一つない晴れ!)、いきなりの激しい雨。すぐにやむだろうなどという希望的観測は外れて、ひたすら降り続けました。川の土手にいたので、周囲には雨宿りをするような場所など皆無。しかたなく傘もないまま自宅まで歩くことにしましたが、他の大勢の観客で思うように前に進めず(傘をさしている人が多かったのが悔しかった!)、自宅に帰ったころは服ごと入浴しましたと言わんばかりのずぶ練れ状態。とんでもない花火大会の一日でした。
51才 神奈川県 既婚 男性

大きな花火大会は、必ずと言っていいほど仕事が終わらず行き損ねています。そんなことで、仲間たちとの約束がしきれないことが多く、稀に行ける時間帯が出来ても仲間は何処の状態となります。(携帯が無い時代ですが…)結果、自宅でビールなどを飲みながらTV観戦となってしまいます。
64才 東京都 既婚 男性

子供の頃に裕福な家の子供に誘われて花火を見た。食堂の二階を借り切って美味しいものを食べながら。その時はこんな贅沢があったんだと子供心に思っただけだったが、今思い出すと懐かしく有難い経験だったと感じる。こうしてアンケートで答えることによって思い出させていただきました。
53才 北海道 未婚 女性

宿の裏木戸から船(屋根なし)に乗り込み、打ち上げ場所近くまで行き、食事と花火を楽しむ。ずっと上を見ていると、綺麗な仲居さんが、口まで運んでくれる。手にするのはお酒だけ。花火の燃えカスも口に入るが。手元の花火も楽しみ、鵜飼、踊りも見れる。宿にそのまま戻り、お風呂の後は、お茶漬けと冷菓子でおやすみなさい。何とも贅沢極まりなし。今でもあればやってみたい。
62才 埼玉県 既婚 男性

打ち上げ場所の下で見ていると必ずみんなの話題になるのが、花火って裏表があるの? ということです。どうなんでしょうね?そして打ち上げ場所の下にいると、あのドーンという腹に響く音がダイエットにいいという話もよく聞きます。どうなんでしょう?
61才 千葉県 既婚 男性

いきはよいよい帰りが…。近くの駅は封鎖されて、一駅分歩く羽目になるとか…交通規制のおかげでめんどくさい事が起こるとか…人ごみにまぎれて更に混雑した電車で帰るとか…余韻が薄れる。
40才 東京都 既婚 男性

たぶん…小学生だったと思うが市の夏祭りに友人のお母さんに連れて行ってもらったのですが、上を見上げて花火を見ていたら目にゴミが入ってしまい、とても痛くて花火見物しているどころではなくて病院まで連れて行ってもらった事があります。せっかく友人やそのお母さんはお祭りを楽しもうとしていたのに、私の目の事でそれどころではなくて…それ以来お祭りは遠慮することになりました。今でも本当に申し訳なったと悔やんでいます。
47才 静岡県 既婚 女性