「肉」 VS 「魚」 好きなのはどっち!? 6%差で「肉」が勝利

「肉」 VS 「魚」 好きなのはどっち!? 6%差で「肉」が勝利

「肉」 VS 「魚」 好きなのはどっち!? 6%差で「肉」が勝利

総計の1位は「どちらも同じくらい好き」で44%、2位は「肉」で31%、3位は「魚」で25%。魚派よりも、肉派が6%多いという結果になりました。

■男性よりも女性の方が肉派が多い?
男女別で見ると、「肉」と答えた人の割合は男性よりも女性の方が若干高く、逆に「魚」は女性の方が若干低くなっていました。フリーアンサーを見ると、魚は調理が面倒なため、そこをマイナスポイントとしている女性がいるようでした。

若い世代は肉派、60代以上は魚派が多いんですね。私は昔は迷わず肉派だったんですが、今は「どちらも同じくらい好き」になりました! レストランや機内食で肉か魚か選べるときは本当に迷ってしまいます…(´・ω・`)笑

アンケート実施日時:2013年8月30日〜2013年9月5日/有効回答数:4,281

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

【肉派】肉が続いても悲しくないけど、魚が続くと嫌になってくるから、やっぱり肉が好きかなぁ
57才 愛知県 既婚 女性

私もごはんが何日続いても平気ですが、パンが続くと悲しくなるので根っからのごはん派だって思ってますw 続けてでも食べたいと思うというのは、好きということですよね(*´▽`*)
調査団編集部: マリカナ団長

【肉派】本当は魚のほうが体にいいのかなと思うが、正直やっぱ肉。みんなで食べよう、って献立が好きなんだけど、そういうのって、焼き肉、すき焼、しゃぶしゃぶ、って感じで、大抵「肉」だしね。まあよせ鍋に魚が入るけど、肉も入れるしな。あと、食べた後のゴミが少ないのも良い。魚はゴミの日の前日メニューに限定される。
41才 香川県 未婚 女性

確かにワイワイ囲むメニューってお肉が多いかもです! ゴミはなるほどと思いました…魚って結構臭いもあるんですよねぇ。。(´-ω-`)
調査団編集部: カワンヌ副団長

【魚派】好きとか嫌いとかの問題ではなく、食べられないのです。小さいころから全くだめで、給食の時間が本当に苦痛でした。私にとって肉類は食べ物ではないのです。特に鶏肉は絶対にダメで、市販の加工食品やお惣菜を買うときも、必ず材料を確認してから買います。こんなおいしいものが食べられないなんてかわいそうに…と言う人もいますが、食べたいのに食べられないというわけではないので、全くかわいそうではありません。ただ、不便ではあります。よくしたもので魚は大好き。しかも青魚が特に好きなので健康にはいいかなと思っています。
62才 愛知県 既婚 女性

私も好き嫌いが多かった時はこんなにおいしいものが食べられないなんて…と何度も言われましたが別に平気でしたね〜。でも給食や旅行にいった時は不便だったので、食べられないのはかわいそう、じゃなくて不便、という表現にとても共感しました><
調査団編集部: マリカナ団長

【どちらも同じくらい好き派】若かった頃は魚が苦手でした。そのため身の部分だけをほじくるような食べ方になってしまい食べ終わった食器の上が情けないような恥ずかしいような。。そんな訳で外食でも肉セットのランチが多かったです。しかし歳を取ってからはメタボとの関わりもあって少しずつ変わりと言うか変えると言うか鮭を食べる時など皮も残さず食べられるようになりました。その他の魚も危ない骨を除きながらきれいに食べるようにチャレンジしています。肉料理は各種焼き肉、フライ、丼物も含めて今までの様に食べた〜い!という思いはありますがやっとメタボグループから抜け出せた自分自身として適度にブレーキをかけながら食べるようにしています。
63才 東京都 既婚 男性

【肉派】魚は骨があるので…。子どもの頃、魚の骨が口の中でぐちゃぐちゃになって苦労した事があって、それから魚は好きだけど、食べる事が嫌いになりました。骨の無い魚は好きです。(ぶりの炊いたのとか)でも、鮎とかの骨の柔らかいものは、そのまんま食べられるようになりました。子どもの頃でも、滋賀県の琵琶湖の近くで食べた「鯉のあらい」は、骨があっても、とっても美味しく食べられたことを覚えています。肉でも、骨付きはあまり好きじゃないです。でも、本場で食べた手羽先は、絶品でした!
57才 兵庫県 既婚 女性

【魚派】肉を食べると消化できなくて苦しくなり、次の日お腹を壊すことが多いから。魚と比べると食べた後の身体の負担がまったく違います。
53才 北海道 未婚 女性

【どちらも同じくらい好き派】糖尿病になってから肉料理は食卓に上らなくなりました。専ら魚です。食べられないと思うほど肉料理が恋しくなります。でも、肉ばかりだと飽きが来ますね。魚と肉、半々ぐらいに出てくれば嬉しいのですが…子供の頃、貧しかった我が家は大晦日にだけすき焼きがでました。父は本当に好きだったのでしょうね、最後の汁までご飯にかけて食べていました。子供の私達は羨ましくも憧れでした。今でもすき焼きは年2〜3度ですがとても贅沢で幸せな気分になります。もちろん父の真似をしてすき焼きの汁まできれいに片付けています。
71才 千葉県 既婚 男性

【魚派】何故好きかと考えたことなかった。日本人のDNAに組み込まれているのかな、、、、、。
56才 長崎県 既婚 男性

【肉派】これは、多分、子供の頃の食事の影響だと思いますが…。私の出身地は、香川で、今はどうかわかりませんが、私の子供の頃は、お肉より、お魚のほうが安かったんです。家も経済的に豊かじゃなかったし、両親も苦労して育ったこともあって、「肉は、高いから、特別な時に食べるもの」という習慣ができていたのです。だから、お肉は、ことさら美味しく感じられたし、実際美味しかった。関東に住むようになって、魚より肉のほうが豊富で安いことに驚きました。それで、自然に、肉料理は増えるんですが、美味しいし、大好きだから、食べると元気が出ます!
47才 千葉県 未婚 女性

【魚派】煮て良し、焼いて良し、刺身も良し。魚大好き人間デス(^^) 最近は高速道路が整備されたりチルド技術が発達したりで、内陸でも新鮮な魚を食べられる機会が増えました(山奥の旅館でマグロの刺身が出たときはビックリしたぁ//)でも、本当においしいサカナって新鮮さだけじゃない。和洋中で魚料理は多彩、素材の良さを引き出した料理人の逸品に思わず下鼓!地元でしか味わえない幻の魚なんてのもあったりする…たかがサカナ、でも結構奥深い。これはウマイ!というサカナにもっと出逢いたい。目指せ!サカナグルメ!です!!
48才 東京都 既婚 男性

【肉派】魚も好きですが、生に近い肉が大好きです。霜降りも好きだが、本当に良い肉は赤身が美味いと思う。生に近い焼き加減は大トロの刺身に勝る。
54才 秋田県 既婚 男性

【魚派】育った環境にもよる。故郷は太平洋岸に長い海岸線をもつ県の海よりの町で新鮮な魚が豊富なうえに、湖には天然のウナギ、ワカサギも。食卓は常に魚中心。その後東京暮らしが半世紀以上に。夫と男二人の子供は肉が好き、30年は肉中心の食卓になり、台所で奮闘したものです。その後一人の食卓は自然に魚にもどり、昨今は小食にもなりました。撫で肩、柳腰にはほど遠く、骨ぶと、肩腰しっかりの76歳は骨折もなく元気な日々。乗り物でもなかなか席を譲ってはもらえません。これ偏に魚のお陰?かしら。
76才 東京都 既婚 女性

【肉派】好きなのは野菜。肉よりも魚よりも野菜。ですが、肉か魚かと聞かれれば、調理しやすく、味も単純な肉がいいです。魚は美味しいですが、特定の魚以外は調理がわりと難しいからです。
40才 埼玉県 既婚 男性

【魚派】明石市に住んでいますが、ここには”昼網”という漁船が昼にとれた魚を売る習慣があり、おいしい新鮮な魚が手に入りやすいこともあまして個人的には魚が好きです。でも加古川や三田の牛肉は神戸ビーフというおいしいお肉で有名です。高価なので滅多に口にできませんけれども。
53才 兵庫県 未婚 男性

【肉派】小骨のある魚は見ただけで顔を背けたくなる。それを食べている人を見るのも嫌なんです。(^_^;)

【どちらも同じくらい好き派】若き日は肉類が好きなのは本能的だったが、魚類は刺身以外の魚、特に煮魚はあまり好きじゃなかった。但し缶詰は別格、汁までご飯にかけて完食。焼き魚は生サンマとアジの干物は好きだった。イカ・タコや二枚貝類には目がないほど。が、齢を重ねると健康面の気遣いもあり、あまり好まなかったサバの味噌煮なんかも食べてみたら意外!これでEPAやDHAが摂れるなんて、好きにならざるを得ないじゃん。家庭での夕食は1日おきに肉と魚が交代。
74才 神奈川県 既婚 男性

【魚派】瀬戸内海の新鮮なお魚を食べて育っているので、鯛やハマチ、鰯に鯵に鯖などの青魚、ホゴの煮魚、蛸、車海老など、大好きだ。たまに帰省した時は、旬の魚をいっぱい食べる。雑魚も美味しい。ちりめんじゃこでもいいから、切り身ではなく、お頭付きが食べたい。今治では、早朝の魚市場に行けばピチピチ活きたお魚が手に入る。町の魚屋もスーパーの魚売り場も、新鮮な魚以外は置いていない。
65才 神奈川県 既婚 女性

【どちらも同じくらい好き派】どっちも美味い!体のためにも両方必要だというのもある。明確な理由は考えたことがないけれど、美味しいからどっちが?というのはない。ただ、牛肉は子供のころは高級品だった。ボーナス出た時にしか食べられなかったから、そういう意味では伝説的なものなのかもしれない。今は普通に食べることができるようになって本当によかったと思う。魚は父のふるさとが東北で海が近かったということもあって、美味しい魚をたくさん食べたということもあると思う。子供時代に得た経験は大人になってからも影響を受ける。そういう意味では両方好きであるということはとても幸せなことだと思う。親には感謝感謝!
47才 埼玉県 既婚 女性

【肉派】例えば骨付き魚をきれいに食べようと思うと、身の付き方を見て骨から外す方向を見てかからねばならない。肉は、せいぜいフォークとナイフとで切り取って口に運べる。いや、新鮮な刺身なら肉と肩を並べるぐらい美味しいと思いますが、京都市のような内陸部に住んでスーパーの安売り刺身を食うぐらいなら、切り落とし肉を使った肉じゃがの方がマシですな。
74才 京都府 既婚 男性

【魚派】子供の頃からおかずには肉より魚の方が多かったような気がします。昔ながらの家庭の味が一番です。タラの切り身の甘辛く煮つけたおかず。作り方が上手だった母は、もう3年前に亡くなりましたが、忘れられない味です。
56才 埼玉県 未婚 女性

【肉派】元来こってりしたものが好きなので、今後70歳に向けても一向に牛肉嫌いになりそうな傾向が全く無い。
65才 大阪府 既婚 男性

【魚派】四十代の後半になり、魚をもっと食べたいと思うようになりました。しかし、手軽で安いのは肉のほうだったりします。肉の食べ放題はあるのに、なぜ魚の食べ放題は無いのでしょうか。いや、あるんでしょうけど、私の周囲には無いのです。魚、もっと食べたいなあ。
47才 北海道 既婚 男性

【魚派】考えるに…素材をそのまま全部食べたいのだと思います。肉の場合ある部位ですよね。魚は骨の周りから皮まで含めて調理します。もちろん鳥も骨から皮まで一気に食べられますし、マグロはでかいので食べるのはある部位になります。なので鳥肉も好きですが、魚でもマグロはあまり好きではありません。
52才 埼玉県 既婚 男性

【どちらも同じくらい好き派】高齢になると「好き」と「食べる」は別になってきました。とにかく世間が(お医者さんも)魚を食べろ食べろの大合唱ですので、やむなく肉を抑え魚を「好きになって」食べています。特に赤身の魚(鮭)や青身の魚(サンマ、イワシ)を健康食と思って食べています。
82才 北海道 既婚 男性

【肉派】この歳なら魚を選ぶべきなのでしょうが、私は肉が大好きです。理由ですが、私の育った環境にあると思います。兎に角、肉は「高級」という環境で育ちました。もし、肉と魚が食卓に並んでいたら、理性は「魚」でしょうが、本能は「肉」になってしまいます。育ちって怖いですね。
51才 愛知県 既婚 男性

【魚派】30歳半ばまでは、現場に出ていました。 特に出張組であり、地元の漁師さんと仲良くなるまでは時間がかかりますが、とにかく、挨拶をしていると、漁師さんから「今日は現場、うまくいったか? 今日は俺たちも漁から帰ってきたところだ。 これは商品価値はないが、こうやって調理すると美味いぞ。」と言って、おすそ分けがあたり、それを現場で、海水(もちろん、きれいでしたよ。)をバケツに組み入れて、鍋で湯がいて、現場で職人さんたちと一緒に食べました。 おいしかった。 魚やエビなどは、地元に民宿の方に頼んで調理をしてもらい、それを みんなで食べる。 実に美味しかったですよ。 これは、出張組の特権かな? 最近は、家内も魚の調理に手を入れてくれています。 これも、実においしいです。(書いておかないと、怖い) その経験から魚が好きになりました。
51才 千葉県 既婚 男性

【どちらも同じくらい好き派】肉は手軽に食べられる(基本的にさばいてあるものを買えることが多い)一方、魚は自分で釣ったり頂いたりしたものを、自らさばいて、自分で食べられる。命をいただくという意味では、魚の勝ちですが、滴る肉汁という面では、肉が買っていますね。あ、よだれが…
53才 鹿児島県 既婚 男性

【魚派】鳥インフルエンザや狂牛病がTVで放送されている頃、たまたま人肉を料理する小説を読んでしまい、それ以来、肉が食べられなくなりました。それまでは普通に食べてたのに、自分でもビックリするくらい肉が欲しくなくなりました。
53才 東京都 既婚 女性

【どちらも同じくらい好き派】肉には肉の良さ、うまさ。魚は刺身や煮つけ、焼き物に寿司ネタ。ガッツリ行きたい時は肉!さっぱり!でも程よい脂と旨みを堪能したい時は魚!どちらもおいしくて、選べないです。やっぱり!!
49才 神奈川県 既婚 男性

【どちらも同じくらい好き派】肉も魚も好きです。焼肉屋も寿司屋もいきますし、定食屋ではしょうが焼きも焼き魚も食べますね。なので、フレンチとかでハーフコースは決められず、フルコースを選びたくなるんですが、お金が…。
40才 大阪府 未婚 男性

【肉派】子供のころは、刺身以外の魚は苦手だった。年齢を経るにつれ、魚の美味しさが解ってきたが、まだ肉のレベルには達していない。でも健康のため魚を食べる機会が増えたので、イーブンになる日も近いかも
48才 広島県 既婚 男性

【魚派】小さい頃に焼肉屋に行った記憶が無い。そのくらい子供も時代には遠い存在だった。また逆に魚と野菜はほぼ毎日食べていた記憶がある。これが原因ではないか?
48才 大阪府 未婚 男性

【どちらも同じくらい好き派】どちらも大切な栄養価です。歳を取ったら肉食は避けて魚中心で、との文言を良く見かけますが、肉から摂取できる栄養、エネルギーも元気な毎日を送るには欠かせません。とは言え、肉食に偏ってもいけないので、我が家の主食献立は、昨日は魚だったから今日は肉にしようという具合に、魚と肉が交互と決まっています。どちらも、同じように好きでないと、こうは出来ないでしょう。
67才 埼玉県 既婚 男性

【肉派】お魚も好きですが、自分でさばいたり、料理するのが難しいから、どうしても動物性たんぱく質はお肉からとろうと思い、必然的にお肉が多くなってしまう、よく食べるから好きになるのだと思います。
56才 東京都 未婚 女性

【魚派】年齢とともに魚派に変わりました。50歳境に魚中心になり、肉も脂身の少ないぶしょの肉が好きになりました。鶏肉が一番になったのは55歳くらいからですかね。
62才 北海道 既婚 男性

【肉派】家族全部が基本的に肉食。そして旦那が北海道オホーツク海のそばで育った人なので、魚の味にとてもうるさいので「美味しい魚は外で食べてこい」と言ってあるので。
48才 北海道 既婚 女性

【魚派】生き物を食べてる感が、魚のほうが少ないというのが最大の理由。あと、動物性脂肪の摂取を避けているので。
63才 東京都 既婚 女性

【どちらも同じくらい好き派】TVのCMで草食恐竜が肉食の連中に言っていたセリフ「肉ばっかり食ってんじゃねえよ」に全面的に賛成だから。食生活にはバランスが大切で、肉や魚、野菜に至るまで様々な旬の食材を食べるのが健康な生活を行うための基本です。
36才 東京都 未婚 男性