【魚は好きですか?】魚が好きな人の割合は73%! 嫌いな人は8%

【魚は好きですか?】魚が好きな人の割合は73%! 嫌いな人は8%

【魚は好きですか?】魚が好きな人の割合は73%! 嫌いな人は8%

最も多かったのは「まあ好きかな」で38%、次いで「大好き!」で33%、「ふつう」で19%でした。
「死ぬほど好き!」「大好き!」「まぁ好きかな」の【好き派】は73%、「死ぬほど嫌い!」「嫌い!」「そんなに好きでもない」の【嫌い派】は8%という結果になりました。

■男性の方が魚が好き
男女別で見ると、【好き派】の男性は73%、女性は69%と、女性に比べ男性の方が魚好きの方が多いようでした。
また、地域別で見ると、【好き派】の割合が最も高いのは北海道でした。

前に行った「肉」についてのアンケートと比べると、魚は【好き派】が1%少なく、【嫌い派】が1%多いという結果になりました。差が出るかな…と思ったのですが、あまり変わらず…みなさん肉も魚も好きなんですね♪(´∀`*)

アンケート実施日時:2013年10月11日〜2013年10月17日/有効回答数:4,969

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

【大好き!】若いころは肉、肉、肉の毎日でしたが、30歳代後半のある日、それまで行ったことのないような高級なお店で魚を食べさせてもらったたところ、その美味さにビックリ!!!年齢的に肉からの卒業時期がきていたのと、本当にうまい魚料理に出会ったのとがタイミング的に一致したのでしょう。それ以来、魚中心になりました。
64才 宮崎県 既婚 男性

本当においしいと思うものを食べると目覚めますよね! 私も昔はお寿司が食べられなかったのですが20歳を超えた頃に北海道でお寿司を食べて目覚めました(*´H`*)
調査団編集部: マリカナ団長

【まあ好きかな】結婚していた当時、美味しく焼けた魚を食卓に載せ、その向こうの旦那の笑顔を見るのが好きでした♪時折生臭さの残る料理をしてしまう時もあるのですが、お肉よりもあっさりしていながら「ザ・蛋白質」という健康な感じが捨て難いです。
53才 福岡県 未婚 女性

おいしい魚と旦那さまの笑顔…きゃ〜>▽< 魚って、食べすぎてもお肉ほど罪悪感がないというか、健康的になれるイメージがしますよね!笑
調査団編集部: カワンヌ副団長

【ふつう】顔が嫌い。金魚も鯉も鑑賞するなんてありえないくらい「見た目」が嫌い。でも、食材としての魚のはそれほど拒絶反応ありません。切り身や刺身、開きになっていてくれた方が有難いのですが、富山に移り住んで以来「今朝釣ってきた魚」をご好意で頂くことが増え、頭取りや三枚おろしくらいまでなら自分でできるようになりました。はじめは「これはちょっとしたイジメかも?」と思いましたが…。笑
48才 富山県 既婚 女性

( つ;▽;)つ同士が! 私も魚の見た目が苦手で頭がついている魚が食べられず…おっしゃる通り開きや切り身は大丈夫なんです。毎日三枚におろし続けたら私も慣れてくるのでしょうか…その前に倒れそうですが(涙)。
調査団編集部: マリカナ団長

【死ぬほど好き!】私の先祖どこかにネコがいるんじゃないかと思うほど魚が大好きです。
61才 千葉県 既婚 男性

【そんなに好きでもない】骨が邪魔!(笑)。魚食べる、ご飯入れる…骨があたる、骨を出す時ご飯が邪魔! 違う!!! 骨が邪魔なんじゃ〜!(怒)
49才 埼玉県 既婚 女性

【まあ好きかな】もちろん、魚肉は好きですよ!ツナとか、寿司とか、刺身とか。ただ、そのまま焼いた時の小骨を抜かねばならないのが、食べるのに面倒だから…。メザシとかシシャモとかの小魚だったら、骨ごと食べれますけどね!

【ふつう】子どもの頃に、鰊の骨が喉にささり、なかなかとれないので近所の病院で抜いてもらった。それでも未だ違和感があり再度病院へ行ったところ、未だ残っていた。それ以来、「骨」特に小骨の多い魚は殆ど口にしなくなった。就職して歓迎間のスピーチで「骨のある」と小声で言い「魚は苦手」とはっきり話した所、二次会ですし屋(当時ですから回転すしではありません)へ連れて行ってもらい、「好きに頼んで食べてもいい」と言われたので、それこそ右端から左端まで順に遠慮なく食べさせていただきました。それを見ていた先輩から「お前、魚は苦手だろう」と言われ「ハイ、骨のある魚は苦手です」。その後、二度と先輩からはすし屋のお声はかかりませんでした。お互いその会社は退職していますが、たまに「すし屋(回転しないすし屋)」で杯を交わしていますが、毎回この話しが口開けになります。
67才 北海道 既婚 男性

【死ぬほど好き!】箸の練習にもなるし、季節を感じる事が出来る食材でもある。
40才 東京都 既婚 男性

【そんなに好きでもない】どうしても骨や頭ごと食べられないので、身と骨を取り分けるのに面倒と感じることが多い。それでもなるべくきれいに食べられるよう、普段から気をつけているつもりでいた。そんな中、担当役員が出席されるということで、普段利用することがないような、やや敷居の高い料亭で職場の慰労を兼ねた食事会があった。出される食事に当然魚料理があったのだが、役員を前にしてという緊張もあってか、いつも以上に丁寧に食べることを心がけた。すると、その場に居合わせた面々から「食べ方が綺麗だね」と褒められた。それ以来、魚料理もいいなと多少思えるようになった、20代半ばの頃の話。
43才 北海道 未婚 男性

【ふつう】子供の頃は魚が嫌いだったが何かの漫画で美味しそうにサンマを食べるシーンを見てからサンマだけは食べられるようになり、それを足掛かりに少しづつ魚嫌いを克服できた。
50才 神奈川県 未婚 男性

【大好き!】2011年夏、80代の父親が入院して24時間70代の母親が付き添う事になった。その病院は小規模な専門病院という事もあって、売店、食堂は一切なし。自動的に私が母親の弁当、父親にもちょこちょこ食べさせるもの、を私が作って届ける事になった。自分は一人暮らしなので料理は好きだが、如何せん世代間の嗜好の違いがある。試行錯誤の結果、両親の好みの料理として行きついたのが、ブリ大根、ブリ照焼、サバ味噌煮などだ。父親が退院しても、今でも時々作って持って行っている。美味しそうに食べてくれるので魚のパワーを再認識したきっかけになった。
52才 宮城県 未婚 男性

【ふつう】和食のベースになるもので美味であり、胃腸への負担感があまりない。
62才 大阪府 既婚 男性

【まあ好きかな】塩焼きにした時の香り。煮つけにした時の醤油との絡み具合。白米によく合うと思います。今は海なし県に住んでいますが、幼いころに瀬戸内の祖母の家に行くと当たり前のように魚が食卓に並び、台所とは別に魚をさばくシンクがあったのを覚えています。今は、結婚し、しかも魚嫌いの旦那なので、(魚を焼くだけでも「魚のにおいが…」と騒ぎ立てます。)どうしても肉料理が多くなってしまうのが嫌です。子供にも魚料理を覚えてほしいですしね。なので最近は旦那が夜いないときは極力魚料理を出しています。幸い、子供たちも喜んで食べてくれています。
44才 群馬県 既婚 女性

【そんなに好きでもない】鯖やホタテ、牡蠣にアレルギーがあり、おいしく食べた後、何度も発疹や下痢などの症状が出ました。
53才 東京都 未婚 女性

【大好き!】戦前生まれの山国育ち。魚と云えば僅かな種類のほとんど干魚が乾物屋に同居していた。仲間内では「少しピリッとこないと食った気がしない」と自虐気味の会話があるくらい。その後上京するにおよび、魚は魚屋で、しかも朝から売っていて午前中には閉めてしまうことを知ってカルチャーショックを受けた。従ってさんまでも骨はもちろん頭まで全てきれいに食べる習慣がついてしまっている。一般に魚の豊富な地域の人間は極めて粗末な食い方をするのを見ると許せない。
76才 東京都 既婚 男性

【そんなに好きでもない】食べながら出すと言う習慣がないので、口に入れてから骨を出すことに違和感を感じる。歳をとって、魚の方が身体に良いと思い、なるべく食べる様にはなった。
49才 岡山県 既婚 男性

【大好き!】若い頃は肉も魚も好きでしたが、年を取るにつれ魚を食べることが多くなりました。肉類と比べ魚は種類も多く、味も食感も豊富で楽しみがあります。海の魚と川魚とでは趣が違いますし、魚介類には貝や甲殻類もありますしね。イカやタコも美味い。昔は刺身が圧倒的に好みでしたが、最近は煮魚が多くなりました。鍋物などはほとんど魚を使います。炒め物料理の際は魚の缶詰なども結構使います。
71才 東京都 未婚 男性

【まあ好きかな】日本食には欠かせないでしょう。何と言っても寿司ネタは魚です。お刺身のない会食は考えられませんし、プロが調理した塩を一振りした大ぶりのまがれいの塩焼き:これを食べたさに車で1時間の海沿いのレストランへも行きますし、おまつりのいかぽっぽもコレステロールの塊と聞いてもたまには食べます。ただ、小骨のうるさい魚は苦手なので、さば、いわし、あじはあまりたべません
65才 宮城県 既婚 女性

【ふつう】朝食によく鮭の切り身を食べるんですが、皮の部分を食べる食べないで何故か、毎回旦那と娘が言い合いになる。好き嫌いのある二人のな擦り付けあいみたいなもんですね。でもこの鮭の皮だけ毎回同じ会話を繰り返している我が家。魚は、いろんな種類が楽しめるので、食事の会話のタネにもなるし日本人本来が食してきたものですので、やっぱ好きです。
46才 神奈川県 既婚 女性

【大好き!】お刺身でよし、焼いてよし、煮てよし、揚げてよしで何にでも調理できるし、体によいことが一番の理由!私は大学で海の近くに住んでいたのですが、それまでお刺身が好きじゃなくておすし屋さんへ行っても玉子とか火の通ったものしか食べませんでした。海の近くに住んで、新鮮なお魚を食べることで刺身から何からお魚が好きになりました。
32才 岐阜県 未婚 女性

【そんなに好きでもない】兎に角生臭いのがダメ。二十歳頃までスーパーの魚売り場や魚屋の前を通る時は息を止めて素早く通っていました。必要に迫られて行くようになり慣れましたが食べるのは苦手。特にサバは食べるのも調理中の匂いも(缶詰も含め)ダメなので我が家ではでません。ウナギ・アナゴ・イクラ・ウニもダメ。食べられるのはごく限られたものだけです。
48才 群馬県 既婚 女性

【大好き!】おいしい魚ってすごくおいしい! おいしい肉がおいしいよりもその程度差がぜったいに大きいと思います。九州の親戚が送ってくれるあじの開きが絶品なんです。その辺のスーパーで売っている開きの10倍はおいしい。たぶん神戸牛のおいしさはその辺で売っている牛肉の3倍くらいだと思う。(あまり食べたことがないのでわからないが。)
52才 東京都 既婚 女性

【嫌い!】頭がついた魚で食べるのは「めざし」まで。それ以上大きな魚は、切り身以外は食べない。刺身の盛り合わせで頭をのせて持ってくる。新鮮さ示すためかもしれないが、最悪だ。こんなの目の前に来たら、気分が悪くなってほかの料理が食べられなくなる。宴会の時は、刺身の盛り合わせから。一番遠い席に座ることにしている。
74才 東京都 既婚 男性

【大好き!】四国へ行ったとき、鰹のハラモの塩焼きを食べました。おいしかった。本マグロでいえば大トロになるお腹の部位です。鰹節を作るときに切り捨てる部位なので、安くよく売られているようです。しかし、関東では出回っていない。それではしようがない、自分でするしかないと魚用の大出刃、柳刃の包丁を買いそろえ、鰹(時には小さめのハマチ)を一本買い。お刺身を作るから食べてと全員集合(大人数を集めないと食べきれない)をかけても、大きなお頭付きの大皿料理になるので、甥姪まで子供たちは大喜びです。でも、私は刺身はどうでもよかった。ハラモが食べたかっただけなんです。右手に包丁、左手にコップ酒で魚に対峙し、ハラモを切ると、塩をパラッとふって、ガスレンジの魚焼きへ。つまみに最高なんですよね。でも、あるとき「一番おいしいところを一人で食べてずるい」とばれてしまい、焼けた頃に臭いで子供の台所うろちょろが始まり、私はトンビに油揚げをさらわれた状態に。指を咥えるのはわたしになって、それ以来、大出刃の登場回数は激減です。
62才 群馬県 未婚 男性

【ふつう】魚は火が入っていれば食べれます。が、お刺身は食べれません。よく「なぜ?」と聞かれますが匂いがダメです。社員旅行などは、一人鍋みたいなのが付いてくる場合はその中で煮てました(火が足りなくなるので余分に固形燃料をもらってました…)
47才 愛知県 既婚 女性

【大好き!】以前TVで放送された魚専門店のチェーンストアが通勤途中の駅にあることがわかり、ここ半年近く毎週通っている。一部対面販売という手法で全国から直送した魚をさばいてくれる。おかげで、「鯛、目鯛、花鯛、平目、鱸、いなだ、八角、鯵、鰯、烏賊」など多くの刺身をいただいている。とにかく鮮度がいいので鯵や鰯も刺身で楽しめる。しかも、アラも無料でいただけるので、もう一食煮つけを作って楽しんでいる。ただ、店の性格上、午後3時までには、さばいてくれるいい魚は売り切れるため、いつでもあるというわけではない。昨日も、平目とするめいかの刺身とアラをいただいた。刺身は昨日食べ、今日はアラの煮込みを作る予定だ。DHAやDPAも効いているようで、中性脂肪が激減し、改善された。うまくて健康にもいい。嬉しい限りである。
54才 千葉県 未婚 男性

【そんなに好きでもない】小骨が恐くて食べれない。耳鼻科医の友人が魚の骨で救急に来られるとダルイと愚痴られてから病院行けないと思った(笑)。3日間、骨が喉にささったまま共存後、指を突っ込んで吐きながら自力で抜いたけど、血が出た…それ以来魚は恐怖
42才 福井県 未婚 女性

【嫌い!】子供のころ、隣の家に遊びに行って、魚の缶詰を食べて、のどに骨が刺さって、泣いて帰った事を覚えてます。それ以降、魚を食べれなくなった。白身魚の刺身は、食べれるようになりましたが、煮魚などは、臭いをかいだだけでも駄目
53才 大分県 未婚 男性

【大好き!】昔から好きだったけど、自分で釣りをするようになってから更に好きになりました。フライフィッシングなので川の魚がメインですが、やはり自分で釣った魚は特に美味い!自分で釣らなくても海の魚も大好きです。ただ調理が面倒なのか、肉好きのせいなのか、ウチの嫁さんはなかなか食卓に出してくれません。でも、同年代の他の家庭に比べるとかなり多い方だと思いますよ。
61才 愛知県 既婚 男性

【そんなに好きでもない】食べ方が下手で人前で食べたとき嫌な感じだったので、なるべく家族以外の前では食べない。魚の皮や皮と身の間のぬるっとしたところ、内臓など無理。私が食べると魚に悪い気がする。
48才 京都府 未婚 女性

【大好き!】魚料理がない日は食事が物足りない感じがするほど我が家の必需品です
66才 茨城県 既婚 女性

【まあ好きかな】好きな点…(管理栄養士なので)肉に比べて脂肪酸組成に惹かれます(笑)。 嫌いな点…生魚でも、塩味が濃いことがあり、買ってみないとわからない。調理後の後始末が面倒。
47才 埼玉県 既婚 女性

【嫌い!】とにかく、食べず嫌いです。焼いたとき塩で白くなる位の、塩鮭と塩鯖しか食べられません。随分、もったいない人生を送っていると思いますが…
58才 大阪府 既婚 女性

【大好き!】沢山の種類があって、死ぬまでに全種類食べつくせるのか心配になる。それくらい好き。でも、死ぬほどではないかな。獣の肉も好きだし。
53才 大分県 既婚 男性

【ふつう】子供のころ親が骨をていねいにとって食べさせてくれたことが思い出されて感慨にふけってます
76才 愛知県 既婚 女性

【大好き!】美味しいしいつたべてもあきない。小学生の頃父親の食べ方をまねしようとしてもうまくいかない、それほど父親が身を残さずきれいにたべていました。それで食べ方をかえたところこの頃たべるのが上手になったな、とほめられるようになり現在まで続いています。それは、食べ終わった皿の上にはなにもない、そう!骨と身を離すのが下手くそなので頭から尻尾まで骨ごと食べるようにしたのです。
67才 兵庫県 既婚 男性

【嫌い!】皮膚のの金属的な輝きが嫌い。大根の煮物は好きだが、その表面に一緒に煮た魚の皮の細かな破片が光っていたりしたら…あー、書いてても気持ちが悪い。
56才 埼玉県 既婚 男性

【ふつう】魚の味は好きです。嫌いってことはないです。でも、魚には小骨があります。子どもの時から、何度のどに刺さったことか。ウナギの骨まで刺さる始末です。相性が悪いとしか言いようがないです。大人になった今でも時々刺さります。のどに刺さった小骨のあの不快感。だから骨のある魚はめったに食べません。でも、刺身は食べますよ。骨が無いから。
55才 岐阜県 既婚 女性

【死ぬほど好き!】海辺でそっだった私にとっては魚がなくては生きてゆけないほど好きです。
73才 福岡県 既婚 男性

【大好き!】生で食えるのがいい。刺身、活魚、最高!小さいころは魚の食べ方が下手で親父にしょっちゅう叱られていた。で、ごはんのおかずを魚にするときは、頭から食える目刺しとかにしてくれるようおふくろに頼んでいた。そんな私も、今では魚を食べるときの箸使いはだれにも負けないと自負しております。そして、妻や娘にとってはウルサイ親父となってしまいました。
71才 東京都 既婚 男性