招致のための最終プレゼン 印象的だったプレゼンターランキング

招致のための最終プレゼン 印象的だったプレゼンターランキング

招致のための最終プレゼン 印象的だったプレゼンターランキング

総計の1位は「滝川 クリステル(招致“Cool Tokyo”アンバサダー)」で40%、2位は「佐藤 真海選手(パラリンピアン)」で33%、3位は「高円宮妃久子さま・冒頭あいさつ」で31%とココまでが30%超えとなりました。ちなみに、「わからない、特になし」と答えた人も27%と全体の3割弱いました。

■30代以下の35%が「わからない、特になし」と回答
「滝川 クリステル」は男性の方が5%高く、「高円宮妃久子さま」は女性の方が6%高いというように、男女で差が見られました。
また、年代で見ると「わからない、特になし」が30代以下で35%に対し60代以上で20%と、若い世代はあまり最終プレゼンテーションに興味を示していないようでした。

宮城県気仙沼市出身の「佐藤 真海選手」は特に東北の方の回答率がぐんと伸びていました。私は「水野 正人」さんでしょうか。表情が豊かで、ずーっと笑顔だったのが印象的でした!

アンケート実施日時:2013年10月18日〜2013年10月24日/有効回答数:5,573

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

この5年ロードバイクに載っています。69歳の小生が一番年上で、一回り下が2名、二回り下が3名、その他に20代が3名、30代が2名のグループですが、この11人、上下左右の区別なく言いたい放題の仲間です。 それぞれの世代の特徴が良く出たグループですが非常に面白いと、2ヶ月に1回のイベントの欠席者はおりません。何が何でも参加しております。
69才 兵庫県 既婚 男性

わぁ素敵です! スポーツって年の離れた人とも仲良くなれる不思議な力をもってますよね! 心の壁を壊したかったら、一緒に身体を動かすとイイのかも!?
調査団編集部: カワンヌ副団長

学生時代、学校の球技大会で普段仲の悪かった人とテニスのペアを組む事になった。最悪だなぁと思っていたら、結局学年で準優勝までしてしまった。その間喧嘩しながらも試合をこなしていたけれど、すべて終わった瞬間からなぜか、ん?もしかして私達っていいコンビだったりして?と思いはじめ、普通に話をするようになり、そしていつの間にか一番の親友になっていた。
48才 青森県 未婚 女性

ペアを組んで準優勝できるなんて、息が合ってた証拠ですもんね! そんなにも相性のいい相手だとわからせてくれたスポーツの力…素敵です(人´▽`*)
調査団編集部: マリカナ団長

私小学3年から剣道をやっていますが(とぎれとぎれ)、25歳のとき歩行中車に撥ねられ一時重態だったが、約4ヶ月半で退院でき順調に回復した。その時主治医から「何かスポーツをしてるね。身のこなしが貴方の命を救ったと思う。」といわれ、精神面も含めスポーツの効果を確認した。
66才 千葉県 既婚 男性

スポーツが命を救ってくれたんですね(´;ω;`)ご無事で本当に良かったです…! とっさの受け身とか、ちゃんと身体が覚えてるんだろうなぁ…
調査団編集部: カワンヌ副団長

現在80歳68歳から始めた水泳でマスターズに3回出場。6年前の股関節手術以来もっぱら黙々と泳ぎで歩けない分の体力アップに勤めています。仲間が沢山出来、皆さん若いですが、楽しいです。週5回毎日1600m以上泳いでいるのが誇りです。私を目標にしているといわれると嬉しくなって益々頑張るつもりでいます。
80才 大阪府 既婚 女性

幼稚園にお迎えに来てたお母さんの車が深溝にハマって難儀してた。幼稚園の先生や、他の保護者も手伝って持ち上げるが上がらない、そこへ突然マイクロバスが停まり、屈強な男どもがドドッと降りてきてクルマを囲んだ。次の瞬間、クルマは神輿のように担ぎあげられ、持ち逃げされる勢いで運ばれ、道路の真ん中へ着地した。皆呆気にとられている中、彼らはバスにさっと乗り込むと、風の様に去って行った…。○○大学ラグビー部のみなさん!お母さん達とても感謝してましたよ。あと、そのパワーと結束力、すげぇかっけぇ!!
48才 東京都 既婚 男性

中学、高校と太っていながら卓球部に所属していた私。高校に入学し、夏までに15s痩せました。「思春期で色気が出たんだ!」と多くの人は言いましたが、実は練習が厳しすぎて食欲がなくなっただけなのです。しかしそれがダイエットには良かったのでしょう。運動をして食を少なくする。これ、ダイエットの基本ですからね。知らず知らずのうちにダイエットをしていたのです。そしてこの歳までリバウンドはしていません。これぞ「スポーツの力」だと思います。
51才 愛知県 既婚 男性

40歳の時、会社の水泳部に入部させられ、泳いだことがないバタフライで50m泳げるようになるよう、宿題を課せられた。当時(38年前)、県の実業団大会で40歳以上の50mバタフライの出場者は5人しかいないので、ビリでも泳ぎ切れば1点得点できるから頑張れと。それで一念発起して、禁煙して頑張ったお陰で、3位入賞でき、またそれ以降、禁煙が続いている。
78才 千葉県 既婚 男性

先日、生まれて初めて山に登りました。と言っても高尾山ですが。体力的に大丈夫かなと不安だったのですが、仲間の大丈夫という声に励まされて、実際登ってみたら楽勝! 自分の体力に自信を持つ機会になりました。黙々とただ足を前に進めるという行為は頭がからっぽになり、とても快感を覚えましたし、日ごろ抱えている不安も忘れました。そこで、一か月後の数日前にに度は一人で登山。富士山に登るなんていう野望は抱いていませんが、心安定をはかる効果を期待して、月1は登ろうと思っています。
57才 東京都 未婚 女性

中学から高校の6年間を陸上競技を続けて今もOB会が年に数回あり、40年、50年前の先輩の前では 今も直立不動の姿勢になり、言葉も敬語になっています。そのお陰で社会に出てからも 恥をかかず、人に後ろ指を指される様な事もせずに 地元で大きな顔で過ごせています。一番多感な時に「同じ釜の飯を食った」仲間はどれだけ年をとっても助け合っています。
68才 兵庫県 既婚 男性

なでしこJAPANの活躍や、どの種目でも国内外での大きな試合で一流選手が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるだけで感動して、自分も頑張らなくちゃと勇気を貰うことがよくある。最近ではフィギュアスケートGPシリーズ、スケートアメリカでの男女ダブル優勝。色々苦しい思いをした浅田真央選手の久しぶりの笑顔に本当に感激した。
59才 大阪府 未婚 女性

昭和10年代です。亡くなった父は筑豊の事故の多い小さな炭鉱で働き、趣味で走っていました。「足の早いやつがいる」と当時は珍しく陸上部のあった財閥系の大きな炭鉱(三井)に引き抜かれたそうです。父が言っていました「芸は身を助ける、俺の場合は走っていたことかな、子供7人を一人も死なせず大きくできた。」これって、スポーツの力ですか?
63才 愛知県 既婚 男性

30年前まで遡って母校の高校でサッカーをやっていましたが、辞めようと思ったこともしばしば。でも、一緒に残った仲間のおかげで辞めずに引退することが出来ました。そして、30年後の今、母校のサッカー部を支援したり指導したりして、遥か下の後輩達と熱い時間を過ごしています。
47才 神奈川県 未婚 男性

高校の体育祭で、クラス単位でのチーム出場種目がいくつかありました。私は中学時代部活でやっていた「卓球」に選ばれたのですが、当然全ての種目が経験者で埋まるワケでもないので、初心者との混成チームがほとんどになります。で、当時思いを寄せていた同級生の子と運良く同じチームになれました!体育祭前の放課後や土日に一緒に練習に励むうちに、かなり親しい間柄になれました〜(笑)これも「スポーツの力」ですよね!?
45才 埼玉県 既婚 男性

小さい頃(6歳ごろ)栄養の偏りにより、足が不自由になりビッコを引くようになった。ギブスを約3年の治療の後、ソフトボールやバレーボールによって足を鍛え、人並み以上の運動能力を形成出来、その後は足の障害が、人生の足かせになることは一度もなかった。これはスポーツの力によるものと思っている。(現在67歳、今でも月に5〜6回の歩きによるゴルフラウンドをこなせている)
67才 埼玉県 既婚 男性

広島カープが初優勝の年、地元の県立高校生だった。授業中、小さいラジオ(大体の男子学生は、中学時代に技術の授業で作ったのを持っていた)のイアホンを学生服のそでから出して、頬杖をついて授業を受けている生徒を、先生がなんとなく見ないふりをしていたり、弟の市立中学では、職員室の前の廊下にスコアボードが書き出されたりしていた。同じ何かを応援するのは、こういうことかと思って、けっこういい思い出です。(立場を変えれば、カープファシズムと呼ばれたりするのでしょうが)
53才 埼玉県 既婚 女性

私を含め数人の有志で会社の仲間に声をかけて草野球チームを作った時、一緒に練習や試合をしていくうちに、上下関係が良い意味で希薄になり、仕事でもお互い意見が言い合えるようになった気がします。それはスポーツの力と言えないでしょうか。その後、草野球チームは有志達が散り散りに転勤となり、自然消滅してしまいました。ユニフォームはまだタンスに眠っていますが。
49才 岡山県 既婚 男性

子供の頃は極端な偏食で体も弱くて病気がちだった。しかし小学4年になって学校にサッカー部ができて他に部活をしてない男子はほぼ強制的に入部させられ、イヤイヤながらも仕方なく練習に励んだ。エネルギーを消費するのでやたら腹が空くせいか偏食も治り、徐々に体も丈夫になり病気とも無縁の健康体になれた。
50才 神奈川県 未婚 男性

学生時代からハンドボールをしています。現在は自分自身がシニアチームで週一で練習をして地区大会、全国大会に参加しています。地元の中学、高校の社会人コーチとして土曜日、日曜日は練習に参加しています。自分の仕事以外での関わりが広くなって色々な人との出会いを楽しんでいます。
59才 岐阜県 既婚 男性

甲子園は高校野球の集大成。それぞれの出場チームの陰には多くの学校のチームがあり、それらのチームの野球部員の一人ひとりにドラマがあると思う。暑い真夏に熱い選手達の頑張りに、見てる方も気持ちが熱くなる。選手と共に、応援団員も熱い。高校野球は、甲子園だけでなく地方大会も面白い。選手も応援団も観客も共に「優勝」を目指す心は一つ。これぞ「スポーツの力」だ。
65才 神奈川県 既婚 女性

学生野球の監督をしておりました。7回以降、7点差以上でコールドゲームというルールのもと、今まで勝利を収めたことのないチームの、しかもエースを打ち込んで7回表まで5点のリードをつけていたのですが、その裏2アウトランナー無しから連打(四死球なし)され、継投もむなしく12点を取られて逆にコールド負けをしてしまいました。野球は2アウトから!なにが起こるか分からないという教訓を今更ながら教えられました。
68才 大阪府 既婚 男性

やってみる、やり続けると、不思議と仲間が出来てくるところです。私は、運動音痴なので、グループ競技は人の足をひっぱると感じるので、学生時代から苦手意識が強かったのですが、個人種目を人と比べず、自分の成長を見るといった感じでやっていると、少しずつ楽しくなっていき、それがきっかけで手助けしてくれたり、情報共有をしてくれる仲間が出来てきたと実感します。何事も苦手で片づけたらダメだなと思います。
40才 大阪府 未婚 男性

スポーツをすると 自然と礼儀や仲間意識、競争心、向上心が身に付くし、悔しさ、頑張る気持ち、労わる気持ち、達成感などの精神的にも強くなれるので 人間に必要な物が沢山養われるな〜と思います。自分もそうだけど 幼稚園教諭をしていて 子供達にもそれが出来るんだ〜と感じ、スポーツって良いな〜と思います。
49才 埼玉県 既婚 女性

私は学生時代に剣道部、陸上部、水泳部に在籍していたことがある。どれも初心者の段階にさえ達しなかったが、今でも格闘技や陸上競技、水泳競技を見ると、トップレベルの選手がどんなに激しい訓練をしているか、いかに才能に恵まれた人達なのかを多少とも想像することが出来る。彼らに励まされ、自分も我が道では恥ずかしくないレベルになろうと思うことがある。
63才 鹿児島県 未婚 男性

趣味でバドミントンをしていますが、いつも仲間内でやっている場所で高校生がやっていたので、対戦してみた。結果は負けたが、次の対戦を約束した。その次の機会までの間、かなり必死にトレーニングし、次の対戦では勝つことができた。負けん気というのを実感し、自分の力を信じたことで、大きな自信を持つこともできた。
37才 福岡県 未婚 男性

自分はあまり運動は得意ではないし、あまりスポーツとは縁がなかったが、息子は外遊びが好きで、大学までずっと運動部で活動してきた。それで就職できたのだと思っている。あいさつや先輩との言葉遣いがうまいし、体力があり、仕事を頑張っているのはスポーツのおかげですね。
55才 千葉県 既婚 女性

子供がリトルリーグに所属していた時、父母会代表を務め妻共々忙しい思いをしました。反面、監督、コーチ、父母会の皆さんととても仲良くなりました。今現在、高校野球に進みましたが、大会等でお会いする機会もあり、「ああ、みんな頑張ってるな。」と嬉しくなります。親子共々やってよかったと思っています。
48才 茨城県 既婚 男性

多くのスポーツ大会で、競技はもちろん会場周辺で懸命に協力し支えるボランティア人々の存在を『スポーツの力」といいたい。いわゆる事件事故での協力はもちろん強力で頭が下がるが、スポーツの場合のような、準備や援助にこれほど力強くしかも長期に懸命に努めている姿は他ではそう見られない。しかも、自分がやっていた競技だけではなく、関係ない競技でも、懸命にその上楽しそうにやっている。全てが終わっても、大会で使ったジャンパーか感謝状程度もらえればいいほうだろう。それでもその大会が成功してくれる事を願って、一生懸命に働き走り回るみなさん姿は、いつもながら頭が下がる。ひょっとすれば、もう東京オリンピックへどう支援をしよう考えている人がいることだろう。どちらからかといえば、ノンビリ見る側に回る自分だが、せめてゴミを拾うくらいの協力はしようと思う。いえ明日からだ!
70才 東京都 既婚 男性

独身時代、職場の駅伝大会のメンバーでした。仕事は嫌いで職場の先輩とも上手くいってませんでしたが、他の部署から集まる駅伝特練員とは気が合い、年に一度の大会が私の癒しでした。これが無かったら仕事を辞めていたかもしれません。仕事の合間や休日に練習し、絆を深めタスキをつなぎ、優勝した時は本当に嬉しかったです。
46才 神奈川県 既婚 女性

清流国体の清流大会で救護員をしていましたが、閉会式に興奮して過喚起症状を起こした選手がいました。介護に駆けつけ介抱するうちに他の選手たちが徐々に集まりだしアスリートたちの連携で救護室までの移動が速いこと。一致団結精神は、アスリート達には日常のことみたいですね。
51才 岐阜県 既婚 男性

私の家族は体を動かすことが大好きです。スポーツするのも見るのも大好きな仲良し家族です。もし体を動かす楽しみを知らなかったらきっと家族のつながりももっと希薄になっていたのではないかと思います。 スポーツが心を健全に整えてくれてるのだと思います。多くの優秀な日本人スポーツ選手に 夢を与えてくれてありがとうと 伝えたいです。
62才 東京都 既婚 女性

マラソン37年間続けて数多くの試合に参加した人生でしたが、今は喘息を患いさらに、膝の皿を割ってしまい過去のものとなりましたが、一番の思いでは、中学時代、勉強ができない私でしたが全体朝礼で全員の前で名前と成績を称えられ恥ずかしいやら気持ちいいやら、今、思い出すと”何か一つはとりえがあるものだ”と勉強できない私にとっては楽しい中学時代を過ごさせてくれたのもスポーツでした
53才 東京都 既婚 男性

小学生時代までは病弱で運動音痴でしたが、中学校に入って体力づくりに学校内で一番厳しいと云われたバレーボールを頑張ったおかげで持久走マラソンで6位入賞するまでに体が頑丈になった。(精神的にも)最近は朝練が問題視されてますが、やった方が良いと思います。

オリンピック中継を見ていると、スポーツの力を感じるシーンが多いと思います。もちろん素晴らしい力を発揮し、競技の頂点に立った事にも感動を覚えたりしますが、マラソンのアンデルセン選手(という名前だったと思うけど…)の、力尽き気力だけでフラフラ進む彼女への声援。そして、ここまで良く頑張ったという賞賛の気持ち。スポーツの力って素晴らしいと思えるシーンで、目に焼きついています。
49才 長野県 既婚 男性

6月、勤務先の大学で綱引き大会がありました。土曜日にもかかわらずバイトの都合をつけて集まった学生たちと、試合の度に抱き合って一喜一憂しているうちに特別賞としてお米券をもらってしまいましたし、その後のゼミでも楽しくやってます。まあ、綱引き自体の成績は上の下といったところだったでしょうか。
51才 福岡県 未婚 男性

老人ホームの看護師をしていた時、運動の習慣のなかった高齢者の方が入所すると、ビーチボールのエンジントス程度の軽い運動でも、心身の働きがアップしていくので、運動を始めるのに遅すぎる年齢はないなーと思いますし、精神的にもとてもいい影響があることを実感しました。
49才 千葉県 未婚 女性