8割以上が情報・ニュースを仕入れるのに使っているのは「テレビ」

8割以上が情報・ニュースを仕入れるのに使っているのは「テレビ」

8割以上が情報・ニュースを仕入れるのに使っているのは「テレビ」

総計の1位は「テレビ」で81%、2位は「インターネット(@niftyのサイトから)」で64%、3位は「新聞」で56%、4位は「インターネット(Yahoo!やMSNなど、@nifty以外のポータルサイトから)」で45%とココまでが高く、以下の選択肢はすべて20%未満となっていました。

■年代が上がるほど「テレビ」「新聞」、若い世代ほど「インターネット」が情報源
年代別で見ると「テレビ」「新聞」は年代が上がるほど高く、「インターネット」系の選択肢は若い世代の方が高い傾向があります。特に「新聞」は30代以下が36%に対して60代以上が75%と大きく差が出ていました。ちなみに「新聞」は未婚者が40%に対し既婚者が63%と、未婚者と既婚者の間でも大きく差が出た選択肢でした。
若い世代のSNSも伸びてますね!私もテレビと@niftyのサイト以外だとSNSだな〜!
あとは、女性が「家族・友人・知人など人から」が男性より10%高いのも特徴的ですね! マリカナ団長も、情報を母親から仕入れることが多いそうですw
アンケート実施日時:2014年1月10日〜2014年1月16日/有効回答数:5,532