初めてニュースを目にした時の信頼度はネットよりテレビの方が高い

初めてニュースを目にした時の信頼度はネットよりテレビの方が高い

初めてニュースを目にした時の信頼度はネットよりテレビの方が高い

それぞれを比べると、初めてそのニュースを目にした時点で70%以上信じている人の割合は、「テレビ」が76%、「インターネット」が59%とやはり「テレビ」の方が信頼度が高いようでした。

■若い世代は初めてニュースを目にした時点での信頼度が低い
年代別で見ると、「テレビ」も「インターネット」も若い世代の方が初めて目にした時点での信頼度は低く、30代以下で、初めてそのニュースを目にした時点で70%以上信じている人の割合は、50%を切っていました。
ネットよりテレビのニュースの方が信頼度が高い、という結果になりました。
新聞系のページやポータルサイトはともかく、TwitterなどのSNSで拡散されているニュースなどでは誤情報なこともたまにあり…私も疑い半分で見てますね(・ω・`;)
アンケート実施日時:2014年1月10日〜2014年1月16日/有効回答数:5,532