旅行のお土産、「まったく買わない」人はわずか1%

旅行のお土産、「まったく買わない」人はわずか1%

旅行のお土産、「まったく買わない」人はわずか1%

総計で最も多かったのは「たいてい買っている」で40%、次いで「いつも買っている」で30%、「ときどき買っている」で21%と、【買っている派】が91%という結果になりました。
逆に「ほとんど買うことはない」「まったく買うことはない」という人はあわせて10%未満のようです。

■旅行に行ってもお土産を買わない女性はたった4%!?
男女別で見ると、「いつも買っている」と答えた女性は男性の約1.6倍と、女性の方がお土産を買うことが多いようです。また、「ほとんど買うことはない」「まったく買うことはない」と答えた【買わない派】は、男性が11%、女性はわずか4%でした。

圧倒的に買う派が多いのですね! うんうん、私も旅行に行くと必ずお土産は買っちゃいます。旅行先ってお財布の紐がゆるみますよねぇ…(笑)。
ちなみに、未既婚別だと、既婚者の方がよくお土産を買っているようでした。家族へのお土産でしょうか。

アンケート実施日時:2014年2月7日〜2014年2月13日/有効回答数:5,124

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

【たいてい買っている】誰にも告げずに一人で出かけたのならまだしも、家族や友人、職場の同僚などにあらかじめ告知してある場合はたいてい買うようにしている。そうでないと、「一人だけリフレッシュしたり、いい思いをしたりでズルイわぁ」と周囲に思われるようで…。無事に帰ってくることこそ旅の土産ということもあるが、ちょっとしたおすそわけがコミュニケーションを深めるきっかけにもなるので、やはり欠かせないと思う。
43才 北海道 未婚 男性

お土産渡したり、いただいたりする時って「どこ行ったんですか?」「●●へいって…」って会話ができるので、私もコミュニケーションの1つとしてもよいな〜と思います(*´▽`*) しかもそれがおいしかったら最高です♪
調査団編集部: マリカナ団長

【たいてい買っている】土産は 食べ物と決めている。品物だと好き嫌いが有り 好意で渡した物が こちらの好みと違う時は お互い気分の良いものではない。食べ物で有れば「美味しいネ」「余り美味しくなかったネ」のどちらかで終わる。だから消え物が一番良いと思う。
68才 兵庫県 既婚 男性

確かに、物のお土産って嬉しいこともあるけど、好みじゃないときが困るんですよね〜(-∀-;)せっかく貰ったから捨てるわけにもいかず…そっとしまっておいてる物がいくつかあります。。笑
調査団編集部: カワンヌ副団長

【いつも買っている】その地方でしかないおいしそうなものがあると「食べてみたい!」という欲求に勝てません。自分だけでなく友達や恋人や両親、娘、妹にも食べさせたいと思うので、つい量が多くなっちゃいます。先日、仕事で宇都宮に行ったときも、ギョーザを8箱も買って、両親と娘に送りました。もちろん自分の分も。クール宅配便だったので送料もかかり10000円以上になってしまいました。でも、お土産って相手に喜んでもらうものですものね。
58才 東京都 未婚 女性

あーん、わかります! そこでしか買えない、おいしそうなものを食べたい欲求私もすごくあるので、あれやこれや買ってしまって金額も同じくらいかかる時がよくありますし、重すぎて宅急便、なんてこともよくありますw
調査団編集部: マリカナ団長

【ときどき買っている】「旅行に行ったら必ず買う」のではなく、誰かに食べさせたい・あげたくなる・喜んでもらえそうな物があったら、それを入手して帰ります。結果、それがお土産になります。後は自分の好きなもの・興味のあるものを自分用に、です。
36才 愛媛県 未婚 女性

【ほとんど買うことはない】その旅行の内容によって決めている。自分がリフレッシュするための旅行だったら、買わない。
39才 東京都 未婚 女性

【たいてい買っている】基本的には、土産は買って帰りたい方である。 旅行先で珍しい物、良い物、美味しい物を見つければ、留守番の方々に買って帰り、渡してあげたいと思うし、自分もそこに加わって、帰った後も旅の続きを楽しみたい。 また、仕事で行ったにせよ、遊びで行ったにせよ、自分が留守の間、残っていた人にはきっと何がしかの迷惑を掛けているはずなので、そのお詫びの意味も含めて。
38才 北海道 既婚 男性

【ほとんど買うことはない】東京都心に住んでいるので、地方での有名なお土産は、ほとんど東京のデパートやアンテナショップ等でいつでも買えるため、買って帰る意味を感じないから。
43才 東京都 既婚 女性

【たいてい買っている】留守を頼む人(家族・職場)に事前に尋ねて、希望されたものを買います。年齢を重ねるにつれ「不要」という返事が多くなったような。理由は「モノであふれているから気軽に増やさない」「名物にうまいものなし」「食べ物は無計画に集めたくない」「保管場所がない」などなど。そういう返事をもらったときには「よっぽどのもの」に出会ったら買って、サプライズ!と意気込みます。
44才 東京都 既婚 女性

【いつも買っている】帰省時には必ず土産を買う。地元には全国的に有名な菓子があるので、皆、喜んでくれる。ただ、いつも同じだと飽きるので、定番とその他を交互に購入している。また、地元には、こちらのデパートで凝った和菓子を買う。最近は同じ店に固定している。
55才 千葉県 未婚 男性

【まったく買うことはない】土産物屋にご当地産のものが並ばなくなってきたため。産地偽装?が甚だしい(まあ裏のラベルには他で作ってるとは書いてあるですけどね)
44才 神奈川県 未婚 男性

【その他:休みをもらっていくかどうかで違います】休みを取ったとなると迷惑を掛けているので。
53才 北海道 既婚 男性

【たいてい買っている】1:外国や、北東北、中国・四国よりも遠い国内(親戚訪問時を含む)→必ず買う 2:南東北、北陸、近畿地方→延べで3泊以上するときには買う 3:それらよりも近距離、実家帰省時→基本的に買わない 4:出張→自身の単独出張時のみ買う。以上のとおり

【いつも買っている】おみやげ屋さんを覗くのも旅行の楽しみの一つです。最近は駅構内とか結構充実してて、見てるだけでも面白い。定番モノから、その土地ならではのものまで種類もいろいろ。で、気が付くと両手いっぱいにお土産が…。最近は宅配便コーナーが設置されてるので、そこでお土産ダンボール詰めして発送、でも少しはおみやげ袋に入れ、東京戻ったら「旅行行ったぞー」って主張する。で、旅行の次の日お土産到着で旅行の楽しみがまだ続く…お土産ってイイですね♪
48才 東京都 既婚 男性

【ときどき買っている】自分が、行き先を周知した時などは、必ず買うが、それ以外は、お世話になったり、頂き物をしていて、そのお返しを込めて、あからさまでなく返礼の為に買う。
53才 京都府 未婚 女性

【ほとんど買うことはない】ラッキー出張の時は職場用に買いますが、プライベートはほとんどがひとり旅で、家族もいないのであまり買いません。
49才 東京都 未婚 女性

【たいてい買っている】自宅の家族用は多少であっても何か購入している親しい友人用も数件分は購入するようにしている旅先では、珍しい品があったり美味しそうな品も多く…試食などで美味しかったら購入してしまいがちちょっとしたお土産で、友人との話に花が咲いたりして、楽しい時間が増えると嬉しい
56才 奈良県 既婚 女性

【ほとんど買うことはない】仕事を休んで旅行に行った時は会社にお土産を買って行っている。多少は皆さんに負担をかけていると思うので。でも普通の休みの時にどこに行こうがこっちの勝手(笑)お土産は買いません
46才 新潟県 既婚 女性

【その他:その時その時で買いたくなったものがあれば買う】どこも同じようで際立ったものがなければ買わない。
62才 栃木県 既婚 男性

【まったく買うことはない】ここ数年旅行に行ってないので、そもそもお土産を買うことがない。
52才 神奈川県 未婚 男性

【ときどき買っている】なるべく買わないようにしています。退職してから同僚へのお土産が不要になりました。それでもお土産屋さんを見るのが好きなので、本当に欲しいもの(ほとんど食べ物)を買うことはあります。
64才 埼玉県 既婚 女性

【たいてい買っている】旅行に行く前は、お土産なんか買わないと思っていても、いざ行ってみるとついつい買ってしまう。一つ買うと止まらなくなり、大抵買いすぎて後悔することが多い。高速道路を使って遠方へ旅行すると、途中のサービスエリアごとに必ず買うので、「結局どこへ行って来たの?」と不思議がられたこともあります。
62才 愛知県 既婚 女性

【まったく買うことはない】おきものはいらない。食べ物は十分ある(仕事の性質上)から
63才 岐阜県 既婚 女性

【いつも買っている】いつも自分に買うお土産は私の場合、消耗しないものです(反対に他の人へは食べ物や消耗品・実用品が多いかも)。自分に買うお土産について限定して言えば、その時その時の思い出になるし、そのお土産を見れば、旅行に行ったときのことを細かく思い出せるから。
36才 東京都 既婚 女性

【ほとんど買うことはない】自分あてのおみやげはパッと見て「これは」と惹かれない限りはまず買わない。職場へも通常の休みでの旅行おみやげは必要ないと考えているし、友人ともあまり頻繁に会うわけではないので買う必要性を感じていない。遠方に一人暮らしなので家族あてにも買うことはない。帰省みやげは職場あてに買っています。
33才 大阪府 未婚 男性

【まったく買うことはない】いちいちそのようなことをする必要性を感じなかったから。
55才 愛知県 既婚 男性

【たいてい買っている】会社を休んで行った時は買う。休日を利用して行く時は買わない。最近転職した職場は同じフロアに100人以上いるので人によっては近場の席の人だけでもお土産を配っているがそれでも30人位いる。大きな袋を抱えて一人ひとり配っている姿を見るとこの職場では旅行へ行く事は伏せた方がいいなと感じた。
46才 京都府 未婚 女性

【ほとんど買うことはない】旅行等が広く、簡易に、広まった現在では、「お土産」自体の意味合いが薄れている。また、流通網の発達、ネット通販等の充実のより、現地購入の意味合いも低下している。
62才 東京都 既婚 男性

【ときどき買っている】旅行が趣味で年に何回もいくので、そのたびに買ってると金銭的にも嵩むし、なによりも、旅行先でお土産を買わなければならないという義務感が旅行の面白さを阻害してしまうから本当に気に入って、この人にあげたら喜ぶだろうなと思うものを偶然にも見つけた時だけ買うことにしている。
54才 京都府 既婚 男性

【ほとんど買うことはない】以前なら毎回安いお土産を職場などに買って行ってました。が、お土産用に作られたものなんて所詮大量生産された無難なものだから。たまにある程度手間のかかった特産品をたまに買って帰ってみんなで味わうようにしてます。(※ただし食品に限ります。)
43才 愛知県 未婚 男性

【いつも買っている】旅行に限らずいつでも出かけた時には家族は何かしらお土産を購入していきます。旅行に出かけた時には家を留守にするので近所や知り合いには必ずお礼のつもりだったりやそこの土地のものを何か味わったりしてもらおうかといつもちょっとしたものでも購入していきます
54才 長野県 未婚 女性

【その他:行った先で深く根付いた土産であるのを確認して購入する】特に海外では全くその土地に関係ない国で製造されたモノが多いから
66才 埼玉県 既婚 男性

【いつも買っている】これあげたら喜ぶかな〜という人の顔が浮かんでついつい買ってしまう。。好みのものを知っているから、食べて欲しい、使って欲しい、自分では絶対買わないだろうけれど人からもらえたら嬉しいものなど理由はいろいろ。。選ぶのも楽しかったり。
41才 神奈川県 未婚 女性

【まったく買うことはない】近くても遠くても買わない名物にうまいものなし
67才 新潟県 既婚 男性

【いつも買っている】おみやげを買うのは大好きです。ほとんど食べるものを買います。それを選ぶときの楽しみ。家に持って帰り家族に渡すときの楽しみ。そしてみんなで食べるときの楽しみ。これには選んで正解だったか失敗だったかについての楽しみも含みます。
59才 東京都 既婚 男性

【まったく買うことはない】土産をやり取りするような人がいない
52才 千葉県 未婚 男性

【ときどき買っている】代わり映えのしない品物では面白くない。しかし味が良かったり超定番であれば購入する程度の節操の無さだが。もちろん掘り出し物と思えたり、ああレアと感心するときは迷わず購入する。結局自己満足なんだろうね。
64才 千葉県 既婚 男性

【ほとんど買うことはない】高くて不味いお土産を貰って本気で喜ぶ人はいない。自分が貰ったときの感情を思い出せば解る。高くて不味いお土産の授受の連鎖をまず断ち切る。
64才 愛知県 既婚 男性

【その他】そもそも誰もが必ず旅行することを前提にしているので話がおかしくなる。
44才 神奈川県 未婚 男性

【いつも買っている】会社を休んだ時は休みの間仕事をフォローしてくれたお礼として、出張の場合は出張手当のおすそ分けとして、必ずお土産は人数分買ってます。感謝の気持ちを忘れたら仕事は上手く回りません。そうそう、家にも必ずお土産は買って帰ります。感謝の気持ちを忘れたら、家庭もう上手く回らないと思うので。
47才 東京都 既婚 男性

【その他:旅行に行くことがない】旅行に行かないので、買えない
28才 静岡県 既婚 女性