お土産に買う食べ物 トップ3は「和菓子」「洋菓子」「海産物」

お土産に買う食べ物 トップ3は「和菓子」「洋菓子」「海産物」

お土産に買う食べ物 トップ3は「和菓子」「洋菓子」「海産物」

総計の1位は「和菓子」で65%、2位は「洋菓子」で55%、3位は「海産物」で39%、4位は「煎餅など、甘くない菓子」で29%、5位は「漬物」で28%でした。

■60代以上はお土産といえば「洋菓子」よりも「海産物」?
年代別で見ると、50代以下は6割以上が「洋菓子」と回答していたのに対し、60代以上のみ35%となっており、「洋菓子」をお土産に選ぶ人は少数派のようでした。かわりに60代以上は「海産物」の回答率が伸びており、半数以上の人が回答していました。

「海産物」は既婚者も未婚者より17%高いですね! やっぱり高いけど1人だと食べきれないし、調理も大変なイメージだからでしょうか。
私はラーメンやカレーなど、お夕飯になるものをよく買って帰って食べてます♪>ω<

アンケート実施日時:2014年2月7日〜2014年2月13日/有効回答数:5,124

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

人へのお土産は、贈りやすさや好みの関係でお菓子類が多いですが、自分(家)には必ず漬け物やしぐれ煮などを買います。日持ちするものが多いですし、ごはんのお供的なものが好きと言うのもありますが、その土地土地で特徴ある素材や味付けが、意外によくわかる食品だと思います。
44才 東京都 未婚 女性

私もご飯のお供系のお土産、大好きです! 結構長く楽しめるので、旅行の余韻にいつまでも浸れるのがいいです>▽<
調査団編集部: カワンヌ副団長

最近は大抵の名産品は都内に売っているし、インターネットでお取り寄せもできます。非常に悩みますが、その地方の特産品で普通は敢えて買おうとしないものを選んでいます。たとえば先日鹿児島に行ったのですが、空港で捜して灰汁巻といこ餅を買ってきました。名物なのですが知っていますか?
52才 埼玉県 既婚 男性

大抵の名産品は都内に売っている…本当にこれが悩みの種ですね>< そして灰汁巻といこ餅、すみません、どちらも知らなかったので検索してしまいました。どちらもお菓子なのですね!鹿児島に行ったことがないのですが、食べてみたいです〜♪
調査団編集部: マリカナ団長

日本酒の酒蔵に行くと、よその土地では販売されていなかったり入手困難なお酒があって楽しいです。手荷物にしても輸送に耐えられないような新鮮なものもあるので、ホテルで飲んでしまったりするので、いつも「お土産」というわけではないですが。
43才 東京都 既婚 女性

お酒好きな方って、旅行の楽しみの1つに「その土地のお酒を楽しむ」っていうのがあっていいですよね!私はお酒ダメなので羨ましい…(TωT)
調査団編集部: カワンヌ副団長

東京大学グッズ。饅頭、ラーメンスープ、ゴーフル、ワインなどの食べ物、ロゴ入り文房具、バッグ、Tシャツ、絵葉書etc.など、かなりの品揃え。最初はシャレのつもりで数種類買っていたのですが、空き箱までものすごく大切にされているとか兄弟で取り合いになったとかの後日談を聞いたり、「まとめて買って送って欲しい」という連絡をもらったりするようになり、何だか分からないけどハズレなしの東京土産だと思うようになりました。
44才 東京都 既婚 女性

強いて言うと、消費期限まで相当時間がある菓子類や調味料やレトルトパウチ食品で他所に売っていなさそうなもの、が結果的に多い。
50才 東京都 既婚 男性

デパートなどにも出店してないお店がいいです。和菓子や漬物で美味しいものに出会えたとき、とてもうれしくて自宅に帰ってから思い出話しをしながら食べるのが楽しいです。たまには試食したときほど美味しくなかったりしますが これも話のタネに楽しいからです。
71才 埼玉県 既婚 女性

ご当地キャラクターグッズ。ついコレクションしてしまう……。自分と友人2人でそれぞれ違うキャラをコレクションしていて、誰かが旅行に行くと3キャラを買ってきて飲み会などで交換。それがどんどん溜まっていって今では100種類以上に。
24才 神奈川県 既婚 女性

毎年夏休みを札幌で過ごしております。近所の方のリクエストで「白い恋人」、「ガゴメ昆布」、「ポテト」などを買います。札幌以外でも似たようなものを買います。どれもネットで取り寄せ可能なものばかりですが やはり重いみやげもの袋をごろごろ引っ張るのが旅行かなと思います。
72才 広島県 既婚 男性

持って帰るのにちょうど良いサイズのものが多いし、日持ちがするので、どうしても菓子系になってしまう。自分用によく買うのは、ご当地の産物で生ではない真空パックの食べ物を買って、ご当地の味を再現して旅の余韻に浸るのが楽しみです。

陶器などの食器や手ぬぐいなどの日用雑貨や瓶入りの調味料。飾ったり使ったりして、旅行した土地の文化や情景を日常生活に取り入れて楽しんでいる。
44才 東京都 既婚 男性

長野県に行った時は、必ず買うのが「がんこ親父印のわさびふりかけ」!ぴりっと辛くて、非常に美味しい。他のわさびふりかけとは、ぜんぜん違う。逆にいえば、普段でも、これ以外のわさびふりかけを食べる事は無い。
49才 栃木県 既婚 女性

行く先はいつもほぼ決まっている。海外なら日本では買えないお酒、調味料、食品。もはやお土産ではなく買出し。
46才 東京都 未婚 男性

漬物類が多いです。バックにどうに詰めても問題ないし、日持ちも割合と緩やかだし、手頃だし。でも一番は、地域の店で買えば、ローカル色(お土産たる所以と思ってます。)があるし、もらった人もご飯のお供で無駄になることが少ないからです。
63才 群馬県 未婚 男性

パンを良く焼いたり僕がするので、イチゴジャム辺りをおみあげにします。
55才 大阪府 未婚 男性

珍しい野菜や牧場生産のチーズ、ソーセージ、ヨーグルトなどには目がない。素通りできなくて ついつい買ってしまう。
55才 富山県 未婚 女性

その土地のスイーツ類を主とした、食べてなくなるもの。海外旅行に行ったときに買い集めた塩を家で食べ比べたり、調理ごとに使い分けたりする。
53才 兵庫県 既婚 女性

形として残るものは好き嫌いが多いので買わないようにしている。食べ物だと日持ちし、誰もが食べれるものに注意している。
68才 兵庫県 既婚 男性

山梨のぶどうジュース。なかなか、手に入らなくて見つけると買っています。
45才 神奈川県 未婚 男性

やはり和菓子が圧倒的に多いです。家族とお茶の一時を過ごす時に食べます。
82才 神奈川県 既婚 男性

公的?には箱詰めの洋菓子類かな。職場に持っていって配る用です。個人的には果物類が多いです。旅行の半分は「ナンとか狩り」が多いので苺から始まり、晩秋の林檎(サンふじなど)まで、四季の果物三昧です。
59才 東京都 既婚 男性

神戸の皇蘭の肉まんです。皇蘭の商品はあちこちの土産物売り場で販売されていて、どの種類の商品も割と美味しいのですが、その中でも金色のフィルムで包装されたちょっと値段が高めの肉まんは、とっても美味しいのです。ただし、置いている店舗があまりないので、わざわざ遠回りをして買って帰ります。
54才 福岡県 既婚 女性

「日本酒」の類と「そのつまみになりそうな食品」。日本酒の類は「梅酒」「果実酒」といったものも含めて、自分の周囲にそれらが好きな人が多いため自然と。「つまみに〜」は、「酒のつまみになる食品」は基本的に「ご飯に合う」ので(米との相性?)呑めない人でも喜ばれることが多いから。
49才 岩手県 未婚 男性

実家が長崎県対馬市(辺境の離島)なので、里帰りが旅のようなもの。日持ちするような海産物は結構買いますね。自分でというよりは配るように。あまり見かけないものや、結構な値段のものも安く手に入ったり(乾燥わかめなどは特に)ので、意外と好評です。
41才 福岡県 未婚 男性

季節的なタイミングにもよりますが、北海道に初夏に行くと「ホワイトアスパラガス」と「紫アスパラガス(生食用)」を買います。以前はホワイトコーン(生食用)」も買っていたのですが、最近はネットでも買えるようになってレア感がなくなったので…。
50才 埼玉県 既婚 男性

日本全国制覇を目指して、レトルトカレーだけは旅行に行くたびに買っています。
49才 千葉県 既婚 女性

私の場合、お土産として買うことが多いのが、とにかく数が多く入っている、一個一個が小さい洋菓子です。なぜって、私の職場は、(出張も含めて)旅行に行ったら、お土産を買ってきて職場の同僚に配るのが暗黙の了解になっていますので。無駄だなと思いながらも、いつももらっているので、自分の番になったら、義務感で買ってしまいます。
51才 千葉県 既婚 男性

*その地域の新鮮な農産物・海産物を楽しんでいます。楽しんでもらいます。
62才 大阪府 既婚 男性

旅行と違い職場で出張に行く場合は、他の事業所や関係先などで地域が大体限られる。そのため、職場に買ってくるお土産も、そこに行く人に関係なくいつも同じものが多い。というより、ほとんど定番となっているものばかりなので、たまに違うものを買ってこられると、ブーイングが起こることもある。
43才 北海道 未婚 男性

北海道ならラーメン・菓子・海産物、名古屋なら味噌煮込うどん・赤福、京都なら漬物・和菓子等だいたい行き先によって買うものが決まっている。
57才 千葉県 既婚 男性

帰省するときは、お隣のお姉ちゃんがおいしかったと言ってくれたニンベンのふりかけを。それがとてもおいしくて、なくなったあとにさらにネットで探して購入したと聞いたので、必ず買います。あと、空港にある中華街の肉まんがとてもおいしいと評判なので、近所やお世話になっている人に買って帰ります。
39才 東京都 未婚 女性

ドレッシングとかカレーはオリジナルや手作りのがあるので良く買う。お酒はその地のカップ酒を買って帰りの新幹線で飲んで寝るのが恒例。乳製品等買いたいが、冷蔵物は旅行中の保存または送料が高すぎて、たぶん一番買いたいお土産だけど、そういう点を考えると買えないのがとても残念に思う。
48才 神奈川県 未婚 女性

特に拘りは無いが、土産は食べ物中心で買うことが多い。物は好みや保管に困るし、捨てるにしてもタイミングが難しいため。(頂き物を捨てるというのは…)
46才 大阪府 未婚 男性

訪れた土地で自慢の饅頭、煎餅、漬物、海藻や魚の干物。それぞれの土地の匂いがするし、旅行の土産話と併せて風景を想像するのによい。また、それぞれに自宅付近では求められない旨いものがあり、食べる楽しみも満たされる。
82才 千葉県 既婚 男性

以前は横浜に住んでいたのですが、出張で名古屋などに行く時は、東京バナナです。安っぽくなくて美味しくて関東ならではのお土産なので。でも年に一度くらいは、とらやの羊羹を買います。大好きだけど高いので、私の中では、奮発したお土産です。
53才 北海道 未婚 男性

ご当地雑貨を購入することが多い。食べ物は形が残らないし好みに合わなかったら失礼なので。
43才 北海道 既婚 女性

駄菓子。けっこう土地によってちがっておもしろいです。あとはアート系。それから土地の石とか草花を加工したもの。
52才 東京都 既婚 女性

行き先にもよるが、両親の出身地で今も親類が何人も住んでいるところへ行ったときは、自分自身子供のときから(親類からもらったり親が買ってきたりして)食べなれているお菓子やお漬け物を自家用に買います。味覚がそれになじんできたため、今もそれを食べると他地域の類似品で得られない満足感・幸福感があるので。
55才 神奈川県 未婚 女性

毎年、中学時代の友人とお伊勢参りに行くのですが、必ず「赤福もち」を買って帰ります。幼い頃か「伊勢=赤福もち」のイメージがあり、買わずにはいられません(笑)今のところ家族も喜んで食べてくれてますので問題はないと思います。本心は知りませんが…。
51才 愛知県 既婚 男性

1.近場の旅行先であれば、地元の新鮮な産直市場の野菜や果物類を購入し、その日の夕食や翌日の朝食用に食べる。2.旅行先の工芸品や雑貨類を記念として自宅に飾るため旅行に行った時の気分を自由に楽しむことが出来る。
66才 宮城県 既婚 男性

櫛入れケース、ペンケース、ポーチ、長財布型物入れ、絵ハガキ、一筆線等は趣味の会で突然車が使えなくなったとき等に送迎して戴いたときのお礼として差し上げています。あまり高価だと受け取る方が遠慮しますので、ちょうど良いのです。食糧類は、我が家用に買います。
70才 群馬県 既婚 女性