実際にしている防犯対策 1位は「郵便をためないようにしている」

実際にしている防犯対策 1位は「郵便をためないようにしている」

実際にしている防犯対策 1位は「郵便をためないようにしている」

総計の1位は「郵便受けに郵便をためないようにしている」で44%、2位は「手紙や郵便物の個人情報を消して捨てるようにしている」で42%、3位は「ドアに補助錠をつけている」で32%、4位は「ドア錠を防犯に効くものものにしている(ピッキングに強いなど)」で31%、5位は「近所づきあいを心がけている」で28%でした。

■50代、60代以上は「ご近所づきあい」を大切にしている?
年代別で見ると、年代が上がるほどいろいろな対策をしているよう。特に「ドア」や「窓」の補助錠については60代以上を筆頭に50代、40代も多くの人が対策しているよう。
ただし「近所づきあいを心がけている」については40代は30代以下と近い回答率まで下がり、50代、60代以上が突出する結果になっていたのが特徴的でした。

男女別で見ると、女性の方がいろいろやってますね! 総計の1位、2位は50%超えですよ。あとは、「洗濯物や表札などで、性別や人数などがわからないようにしている」が男性より14%も高くて、わかるわかる!って思いました。女性1人で住んでいるって思われると危ないっていいますもんね><

アンケート実施日時:2014年2月14日〜2014年2月20日/有効回答数:4,833

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

防犯ステッカーは意外と効果があるようである。ベランダの目立たない場所にわかりにくいように干していた下着を盗まれてから、「防犯センサー設定」、「防犯カメラ設定」、「アラーム設定」等々と書かれたステッカーをドアや窓に貼っているのだが、現在のところ、それ以来被害に遭ったことがない。
46才 東京都 既婚 女性

防犯ステッカーですか、なるほど〜! 警備会社のシールとかもはってあること自体に意味があるっていいますもんね。
調査団編集部: マリカナ団長

入口のカギを複数つける。ガラスはヒビがいっても外から手を伸ばして開けられないようにするなど、とにかく侵入に時間がかかるようにすること。それと高齢であれば、若い人が一緒に住むか、または住んでいるように見せかける。多分、皆さん、いろいろあると思いますが犯罪者がこの調査を見ていないことを祈ります。

ふむふむ、女性の1人暮らしは男の人がいるように見せた方がいい〜っていうのはよく聞きますが、高齢の方は若い人と住んでるように見せるっていうテクニックもあるんですね!>▽<
調査団編集部: カワンヌ副団長

やっぱりご近所付き合いだと思います。普通にご挨拶を交わす、立ち話をする、くらいのことですが、お互いを知っているのと全く知らないのとでは違うと思います。海外で生活していた時、徹夜明けでまだ薄暗い朝方ににコンビニエンスストアに行こうと歩いていたら、近所のおじいちゃんが追いかけてきて「こんな時間に女の子が独り歩きしちゃいかん!」とコンビニまで一緒に行ってくれました。その間ずっとお説教される羽目になったのですが、顔見知りだからこそ心配してくれたんだなぁ、ご近所付き合いって大事だなぁと感じました。
46才 東京都 未婚 女性

ずっとお説教はつらいですが心配ゆえだと思えば、やさしいご近所さんですね(*´▽`*) 女性が夜道に一人歩きは危ないですもん。
調査団編集部: マリカナ団長

以前、庭で犬を飼っていたのが効果的だった。狭い庭だが、玄関の前に鎖でつないでいた。向こう三軒両隣リの住人はよく覚えていたが、見知らぬ人が来たらワンワン吠えたてるので、近所の番犬にもなっていた。身びいきだが、無駄吠えせず顔見知りの方には尻尾を振って愛想がいいので、近所から鳴き声がうるさいとの苦情は一度もなかった。「無駄吠えしない賢い犬を庭で飼う」のが、防犯対策に効果抜群だ。
65才 神奈川県 既婚 女性

声かけです。「こんにちは」「どうも」など、お互いに声を掛け合っている町内は被害に合いにくいそうです。うちのマンションも、どの階の誰だかよくわからず、だから挨拶もない…という感じですが、私は積極的に声かけをします。特にエレベータに乗る際はボタンを押してあげる代わりに「何階ですか」と聞くようにして、その人が何階の人かなど、なるべくマンションの住人の顔を事を覚えるようにしています。
48才 東京都 既婚 男性

「この家は防犯対策をしている」ことがあからさまにわかるように、対策をする。例えば「警報がついてます」ステッカーを窓や扉に貼る。とか、センサーライトは1カ所につき2個つけて、遠くからでも至近距離でも点灯するように設置する。あと、1階の窓の下にはバラやサボテンの鉢を置いています。近づくと痛いですよ、とアピール!
36才 愛媛県 未婚 女性

番犬になるような犬を飼っているが、裏庭兼駐車場にはダミーで犬小屋とその中に陶器のシェパードを置いている。かなりリアルな作りなので、初めて見た人はたいてい驚く。人感センサー付きのソーラーライトも家の周りに何か所かつけているので、多少防犯の効果はあるかと思う。
50才 福島県 既婚 女性

玄関や庭の外灯(スポットセンサーライトでなく一般の装飾外灯)を明暗センサーのほかに、人感センサー付きにしてます。夕方になると薄暗く点き、人が近づけばパッと明るくなります。この人感センサーは、感応エリアを敷地内だけになるように調整し、外の道路を通っただけでは反応しないようにセットしています。先日、薄暗い照明とバカにしてか庭の植木鉢のミカンの実を盗ろうとされましたが、外壁灯が全照度に切り替わって突然明るくなったので、手にしたミカンも放り出して逃げたようです。悪さをする瞬間ぎりぎりまで引きつけてから変えるようにすると、外灯の照度変更だけでも相手も驚くのでしょう。自分では、わかっているから、通るときだけ明るいので便利です。ただ、かなり慌てさせたようで、逃げるときに他の植木鉢をいくつか倒されたのは余分な被害でした。
63才 群馬県 未婚 男性

近場の場合は、歩く習慣が身についているので、自分の車を駐車させておき、自分が留守でもいるように見せかけている。あえて窓はカーテンや雨戸を閉めないようにすれば、いると思わせるようになると思い、留守でもそうしている。
66才 宮城県 既婚 男性

方法と言うことではありませんが、基本的にお金持ちそうに振る舞わない(見栄をはらない)ことは大事だと思います。海外旅行などは特に。本当にお金のある方は、防犯にお金をかけることもできるからこそ、お金持ちだと思うので。
44才 東京都 未婚 女性

ナンバーズディスプレイを使用し、留守中にあった電話は、知らない番号の場合に、インターネットで番号を調べる。インターネット上のクチコミで、良くない情報がある電話番号は、家の者が電話に出ないように、電話機で着信音が鳴らない設定にします。
53才 北海道 未婚 男性

長く購読している新聞の配達員をよく観察し、信用できそうな人柄と分かったらコミニケーションを取って親しくしておく。留守の時などに家の様子などにいつもと違うことが無いか、観察してもらうことが出来る。
82才 千葉県 既婚 男性

お隣は、入られたことがあるのでセンサーライトをつけているので、我が家も明るい。建物の陰になる場所を作らない、陰になるところはライトをつける、足場になるものを置かないなど。一番は、普段から近所付き合いをしていて、不審な人がいたら疑問に思ったり声をかけたりできる環境にすることだと思います。
56才 千葉県 既婚 女性

これはテレビでも言われていたことですが、家が留守でも留守だと思わせない工夫が有効だそうです。そういった意味では、必ず家の前に車を置く習慣が付いています。家族が全員でかけることがあっても、必ず一台は玄関前で駐車するようにしています。
49才 長野県 既婚 男性

一番最近泥棒の被害に遭ったのが、47年前なので、効果があるかどうかは定かではありませんが、うちでやっている防犯対策を紹介します。1)玄関の鍵を最新式に買える。(ピッキング対策)2)5階建て以上の建物の2階以上、できれば、2階より上に住む。(但し、最上階には住まない)3)来客時には、玄関ドアののぞき穴から見て相手を確認。できれば、ドアチェーンは付けたまま対応する。4)家を留守にするときも、外から見える部屋の明かりを付けておく。5)電話は常時留守電セット。(但し、流すアナウンスは、「ただいま仕事で手が離せません。」とする。)必要があれば、こちらから電話する。6)ツイッターやフェイスブックに外出先で投稿しない。(今、うちを留守にしていますと全世界に宣伝しているようなもの)7)旅行する際には、その間、新聞を止める。8)持ち歩く荷物は、極力手に持つかばんやショルダーバッグでは持ち歩かない。(ひったくり対策)…思いつくところはこのくらいでしょうか。
51才 千葉県 既婚 男性

特別なことではないですが、スキを見せないことでしょうか。外出時はカバンを離さない(席を取るために放置なんてとんでもない!)、電車の中で寝ない、暗い道をイヤホンを付けて歩かない、ATMでは現金はさっさとしまう、小さい子どもから目を離さないetc、etc…・これらはほかの人の振る舞いを見て、「危ないな〜」と感じることで、当然自分は決してしません。
47才 神奈川県 未婚 女性

これは、やはり、ご近所づきあいかな、と思います。人の目くらい、怖い物はありませんし、逆に心強い物もありません。上手にお付き合いできれば・・。ただし、人間関係は、難しいですがね、距離の取り方が(私は、うまくないんです)。
47才 千葉県 未婚 女性

所属のわからない、業者風の人物が、これまた内容がよくわからない書類バインダーを持って近所をくまなくチェックしていたら、お盆や正月、GWの防犯に注意します。以前の住まいで、そういう人物を見かけた後の長期連休の同じ日に、何軒もが連続で空き巣にはいられたりが実際にありました。(確証がつかめれば防げたかもと思うといまだに…。)
44才 東京都 未婚 女性

@どんなものでもいいのでサッシ窓の予備錠を必ず上に付ける。A泥棒が探す場所は居間の引出しなのでそこに少額の現金を入れてここにしかないと想わせる。預金前の現金は分散して別な個所(タンス・冷蔵庫は不可)に隠す。[こんな場所には置かないと想われる場所(ゴミ箱・机の上に置いた当日の新聞に挟む等)]
66才 千葉県 既婚 男性

誰かが来るとよく吠える犬が亡くなってしまったので、玄関前から門までが見えるようにカメラを設置しました。スマホからも画像を確認することができ、指定の範囲に何かが入るとスマホにメールが届き、なかなか優れものです。
59才 東京都 既婚 女性

家の周囲が開放的で、ご近所からいつも見張ってもらっているような気がする。当然、こちらからも。あのおたくは何時ごろ奥さんが出かけたとか、意識しているわけではないが、わりとよく目に入る。これはいいことだと思っている。
65才 千葉県 未婚 女性

自宅敷地内が隣近所から目視出来且つ敷地内に容易に入れないような工夫をする。@防犯カメラの設置(カメラ設置が容易にわかるが触れる事が出来ない位置に設置)A通りに面した塀の高さは1.8m以上。B両サイドと裏側は棘のある植物で生垣を作る(拙宅では薔薇の生垣で容易には侵入できない。なお両隣からは敷地内が視認できる事) などを実施している。
65才 熊本県 既婚 男性

周囲の目に勝るものはないですね、それが行き届かない場合に監視カメラなどで補うのは、今のご時世仕方ないんでしょう、そういう意味においてこの町は目が行き届いていることを意識させ、また住民も意識することが防犯の要だと思う
47才 東京都 未婚 男性

ゴミ出しなどちょっとした留守には、テレビや ラジオの音つけたままにする。全員留守にするときは 玄関先で 誰も居ない家のなかに向かって 行ってきます 留守番よろしくね すぐ帰ります などと 大き目の声で言ってでかける。
51才 愛知県 既婚 女性

建物周囲の敷地に砂利を敷く…足音。窓の前に奥行1M程度の植栽(トゲのある植木等)…足掛りができない。但し窓の前の植栽は高くしない…窓を隠さないことで不審者を発見しやすい。一番効果的なのは、近所とのつながり。地域住民の連携で気配り目配りが最適。
54才 岡山県 未婚 女性

勝手口や車庫、ガレージなど人が入りそうなところに、通常は人が通るとチャイムがなるようにして、夜はセンサーライトと連動すると良い。窓やドアは開くと音が出て、留守の時は衝撃や開けると大音量の警告音がするようにするのが良い。
72才 奈良県 既婚 男性

裏に回るところに、古くなって壊れたテレビを置いてあります。夜中に誰かが入ってきたときは絶対にそれに引っかかり、物音で気付くので。実際、近所の不良が入ろうとして、慌てて逃げて行ったことがありました。
49才 東京都 未婚 女性

外出時、背負っていたリュックを切られて財布を盗まれた。それ以来財布は持たず、小銭はポシェット、まとまった金額は外からはわかりにくいリュックのポケットに入れている。団地なので、いつ誰が見ているかわからないため、空き巣は入らない(飛び込みのセールスが言っていたが、本当にそう)
72才 東京都 既婚 女性

やはり近所づきあいに勝るものなしと思います。それと、悲しいことですが、「人を見たら泥棒と思え」ですね。万引きが『窃盗』ではなく『出来心』とされる最近は特にそう思います。防犯の意識が高くとも、罪を犯す意識が低すぎる昨今です。
47才 北海道 既婚 男性

やはり 門にセンサーライトを取りつけて 人が通ったらぱっと明るくなるのが効果的だと思います うちだけでなく ご近所みんなでそういう明るい街にすると良いと思う。あとは屋敷周りに歩くとおとがする防犯砂利を巻いておくと夜はじゃりじゃり音がして良いです
65才 宮城県 既婚 女性

貴重品は一切置かない。転売できるものは家には置かない。持ち運びやすいお菓子やジュース類、貯金箱(1〜5円用)は置いておく。家の外に他の人や施設のカメラがあるので泥棒が荒らし飽きてジュースやお菓子・金を一つでも持ち出せば数日後、彼らの人生は破綻します。守る対策より、相手に損害を与える方が利益にもつながり得します。
25才 高知県 未婚 男性

防犯砂利を敷く。センサーライトを設置する。クルマにダミーセキュリティを付ける(規則的にLEDが点滅するタイプのヤツ)。番号非通知の電話には出ない。固定電話は基本的に常時留守番電話(相手が名乗った後で出る)。あとはご近所さんと普段から声を掛け合って仲良くしておく!これって大事でしょう!
45才 埼玉県 既婚 男性

200室を超すマンション住まいで、オートロックドアや防犯カメラでの対策はもちろんなされていますが、住民が建物内ですれ違う際には必ず「こんにちは」とか「おはようございます」とか挨拶を交わす習慣をつければ、外部からの怪しい人物の侵入を防ぐのに効果的なのではと思います。
67才 埼玉県 既婚 男性

10年くらい前だったか、外灯をセンサー式のものに変えたので、暗くなると勝手に点灯するから、留守とばれにくいのではと思います。あとは、泊まりの旅行の時にはお隣同士で前もって知らせておくので、新聞などが郵便受けに溜まらないように気にかけてもらえます。
46才 大阪府 未婚 女性

赤外線感応式の自動呼び鈴(人の体温などに反応するタイプ)を玄関に付ける。ただし、実家でそれをやったら、「夜中、人がいないはずなのに、勝手に呼び鈴が鳴る事があった」と言われて気味悪がられたことがあった。ネズミか?と思ったけど、どうもそうでもないらしい。何だったんだろう?
48才 大阪府 未婚 男性

防犯の基本は、@開口部 A侵入経路 B人の目 の順番に確認することですですから、住まいを買うとき、替えるときなどはよく注意しましょう。あと、顔が入れば体も入りますよ。大きな窓でも通りから見通しがよいと比較的安心ですし、壊さなければ入れない窓でも人の目が無ければ危険な窓になります。
45才 北海道 既婚 男性

車内に高価なものを置かない。カーナビは、取り外しができないメーカー純正のものを使う。私の車の助手席の鍵に車上荒らしをしようとした形跡があるのですが、おそらくそれが原因で何も被害にあわなかったものと思われます。
35才 静岡県 未婚 女性

自宅の場合:外からよく見える場所に防犯カメラを設置する。ダミーカメラはダメ。私でも見分ける事ができるので本物を設置する。録画しているか、してないかは外からは見分けつかない。カメラはドーム型でスモークカバーでレンズの向きが解らないほうが良い。
65才 東京都 既婚 男性

(自分的には二次的な効果だったのだが…)クルマのステアリングを外せるようにしてあり、外した後に金属製の鍵付きキャップをして、ステアリングを再装着できないようにしてある(もちろん車検対応製品)。これで安易な盗難は防げていると思う。
49才 東京都 既婚 男性

IT時代には、油断するといつの間にか犯罪にまき込まれる。ある大手通販のクレジットに入ったら、その直後からその会社のページにそっくりな形で懸賞募集が連日携帯に着信した。まさか偽物と知らないから一つ応募したら、突然、女性紹介のサイトに変わった。その後一切返信せずアドレスを変え、事なきをえた。なぜ、アドレスがわかったのか、会社は関係ないというが、そのクレジットに入ったら即、送られてきたのだからどこかで盗まれているのだろう。何と、よく似たアドレスと社名でそうした被害の報告された例が、100以上ホームページ載っているが、警告は小さくあるだけ。業績をあげるために根本的な解決策が遅れているようだ。悪徳業者も検挙されぬよう最初は真面目な懸賞の振りをして、返信があった時、徐々に住所、電話番号を聞き込み最後は脅迫的行動をとるようだ。振り込めならぬ”業者になり振り”詐欺ですね。ここまで来ると犯罪を根から断つまでに時間がかかるでしょう。しっかり確認して応募する事しかないのかなあ。
70才 東京都 既婚 男性

私が現役当時、会社と最寄駅の通勤路で周りは住宅、学校、小規模な会社などがあり一方通行のコースを通っていました。ある特定の一軒家で玄関前を夜帰りに通過すると一時的に明かりが点灯しました。もし立ち止まったら点灯したままになるのか試したことはありませんでしたが通るたびに「また点くかな?」と思いながら毎日歩いていました。
63才 東京都 既婚 男性

知らぬ番号からの電話には出ない。電話に出てもこちらから名乗らない。一見して訪問販売などと判る訪問客には居留守。例え警察だと言われても信用しない。絶対に玄関のドアを無防備に開けない。
53才 神奈川県 既婚 男性