他人がやっていると気になるお箸のマナー 1位は「指し箸」で61%

他人がやっていると気になるお箸のマナー 1位は「指し箸」で61%

他人がやっていると気になるお箸のマナー 1位は「指し箸」で61%

総計の1位は「指し箸(食事中に箸で人やものを指し示す)」で61%、2位は「寄せ箸(箸で食器を引き寄せる)」で51%、3位は「合わせ箸(箸から箸へ料理を渡す)」で52%、4位は「ねぶり箸(箸についたものを口でなめる)」で51%とココまでが半数超えでした。

■女性が最も気になる「嫌い箸」は「寄せ箸」
男女別で見ると、ほぼすべての回答について女性の方が高く、特に差が出たのは「寄せ箸」で女性が67%に対し男性は50%、女性はこの回答が総計1位の「指し箸」を超えて1位でした。
年代別だと、60代以上の方は他の年代の方に比べて「嫌い箸」に敏感なようでした。特に「指し箸」「ねぶり箸」「迷い箸」「直箸」の回答率が他の世代に比べて高くなっていました。上の世代の方と食事をする際は、このあたりを特に気を付けた方が良いかもしれませんね。(´∀`●)
アンケート実施日時:2014年2月21日〜2014年2月27日/有効回答数:4,857