花粉症対策にしていること1位は「手洗い・うがい」と「マスクをする」

花粉症対策にしていること1位は「手洗い・うがい」と「マスクをする」

花粉症対策にしていること1位は「手洗い・うがい」と「マスクをする」

総計の1位は「手洗い・うがい」「マスクをする(鼻用のマスク、塗るタイプも含む)」が同率で37%、次いで「目薬をさす」で32%とココまでが30%超えと3人に1人がしている対策のようです。

■女性はマスクや薬以外の対策もいろいろ行っている
男女別で比較すると、ほぼすべての選択肢について女性の方が高いという特徴が出ており、特に差が出たのは「洗濯物を外に干さない」で女性が25%に対して男性が9%と16%差。また「ヨーグルト・甜茶など効果のあるといわれる食べ物・飲み物を摂取する」も15%差で、女性はマスクや薬以外の対策もいろいろ行っていることがわかりました。

私は「鼻うがい・鼻洗浄をする」「飲み薬(市販薬)を飲む」以外は全て実践しています…! それでも症状が出るので…全部やめたら私は一体どうなってしまうんでしょうか…(TωT)

アンケート実施日時:2014年4月11日〜2014年4月17日/有効回答数:4,784

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

毎朝ヨーグルトを食べているが、その効果が分からないが、食べないよりいいだろうと思っている。帰宅後の手洗いうがいは年中実践。外でも、トイレに行った時に手洗いのついでにうがいもしておく。寝る前、歯磨きのついでのうがいは効果があるように思う。
65才 神奈川県 既婚 女性

食べないよりいい、これ本当に思います。効くかもっていうのなら何でもすがりたい気持ちです(´・ω・`) そして、外と歯磨き後のうがいですか! 外から帰ってきた時しかしてなかったですが、なるほど〜!
調査団編集部: マリカナ団長

オンシーズンは、医師会などが提供している花粉情報をチェックし、日々の防衛策に活用。ひたすら、原因物質を吸い込ま無いことと体に付けて部屋に持ち込まないよう心掛け、この時期が通り過ぎるのを待つ。外出時のマスクと帽子の着用は当たり前、帰宅時はシャワーか、最低でも手洗いと洗顔して、清潔な部屋着へ着替える。今年の戦いもほぼ終了。毎年、同じ事を繰り返してもと思い続けていたが、この6月頃より来シーズンへの対策をスタートする。減感作療法を始めるため、通える病院を見つけた。
59才 福岡県 既婚 男性

「減感作療法」、コレ私知らなかったんですが「効果あった!」と言ってる方結構いらっしゃいました! 今は注射じゃなくて、花粉エキスを舌の上に垂らして、身体に少しずつ慣らしていくやり方もあるみたいで、やってみたくなりました(>ω<)
調査団編集部: カワンヌ副団長

薬を飲みたくないので、花粉をできるだけ浴びない、持ち込まない、取り除くようにする。例えば花粉のひどい時期は外出を減らすが、鼻に塗るタイプのクリームをつけた上でマスクをし、めがねをかけると、全然体感が違う。マスクのみよりも効果がある。
40才 千葉県 既婚 女性

花粉を浴びない、持ち込まない、取り除く、って大事ですよね。私も鼻に塗るタイプのクリーム&メガネは必須です! でもマスクはすごく苦手で、していると逆にすごい鼻水出ちゃうんですよね(´;ω;`)
調査団編集部: マリカナ団長

スギのアレルギー値は「検出限界オーバー」でした。もう一素人の個人で出来るレベルではなく、スギのアレルゲンを少しずついれる「減感作療法」をしています。薬なんて全く効かない私でしたが、この治療をはじめてから、軽い年は薬いらず!(症状が全くでないわけではないですが、我慢できるレベル)お金はかかるけど、ずっと市販薬を買って飲むより確実!

今のところヨーグルトは食べていますが、どのくらい効いているのかは解りません。主人は、10年位前(アルカリ水)と1年前(水素水)を飲んでいた時は花粉症なしでしたが、今現在何もしていないせいか花粉症が少々でている様です。私の場合、寝不足になると酷くなる傾向にあります。
54才 埼玉県 既婚 女性

ヨーグルト。かつては花粉症だったのですがヤクルトおばさんの勧奨に従いこれを常用していたら治ってしまいました。はい。またタクシーの運転手さんからはこう教わりました、効果には個人差があるみたいですが。曰く「あれは気にするから症状が出るのであって、自分は(花粉症なんか)関係ない、と宣言して花粉情報とか聞かなきゃいいんですよ。」と。
67才 愛知県 未婚 男性

本来、軽い蓄膿症なので、このシーズンは突然のしかも量の多い鼻汁に悩まされることがある。その際は、道で配っているティッシュに何度助けけられたことか。ただ、つらい経験から一つ学んだ事は、鼻腔を洗うことが大変効果があることだ。多くの人はツーんと来る痛みを嫌がっているが、頭を下げないように吸い込む方法でできるようになったことで、かなり助けられている。ただの水ではなく、軽い塩水を使うと風邪のよぼうにもいい。しかし。あまり繰り返すと声がガラガラになる恐れがあるので、デートの前などはお勧めしない。
70才 東京都 既婚 男性

症状が軽くなったのは、「べにふうき」を飲み始めた時です。それまでもサプリ、甜茶、漢方薬等、色々試していたのですが、私にとって、地元産のべにふうきが最も効果ありました!自分が暮らしているこの土地のべにふうきです。出会った時には涙が出ました。嬉しくて嬉しくて。
48才 静岡県 既婚 女性

かみさんがかなり以前から花粉症です。医療機関にパートで勤めているかみさんは、涙目、くしゃみ連発で受付に立たれると「あそこの医者は花粉症も治せない」という評判が立つので院長に迷惑がられるとのことで、何とか直そうと私と二人でいろいろ試行してみました。一番効くのは、効果は一時的ながらも医者からもらう薬で、最近は眠くならない抗アレルギー剤(ちと高価だけど)も出回ってまして、働いている間は花粉症を忘れることができるとのことです。あと、ヨーグルトを毎日摂取すると、2〜3年後くらいに花粉症が軽減する効果を体験しました。周りの人の話を聞くと、それこそヨーグルトを何年も毎日摂取しないと効果がないようです。プーアル茶などお茶系は効果が出ませんでした。あと、職場が限定されますが、(考えれば当たり前ですが)クリーンルームに入ると花粉症の症状がぴたりととまります。うちの会社では、クリーンルームの中で働く仕事があって、花粉症の時期になるとクリーンルームに回してくれという希望が職長にいくつも来るそうです。職長は優しい人なので、なるべく希望はかなえるそうです。
51才 千葉県 既婚 男性

20年来の花粉症ですので、毎年花粉が飛び始める少し前から処方薬を服用、季節が進んだら点鼻・点眼薬も追加。いずれの薬も症状がひどくなる前に使えばかなりの予防になるので、実際に生活に支障が出るほど辛い思いはしていません。『気合い』で治す!とか、食べ物で…という方もいますが、わたしには薬が一番効果的と思えるので、意地を張ることはせずに(笑)薬に頼っています。
47才 神奈川県 未婚 女性

25年前からヒドイ花粉症になり、夜中もテッシュペーパーが手放せず、良く効くハズの薬も少し良いかな…程度でした。大学病院で減感作療法(まだ注射の頃)を数年うけて、現在はヒドイ時のみ市販薬を飲めば全く症状はなくなりました。
50才 埼玉県 既婚 女性

実は花粉症でした。花粉症は治らないのが定説だと思っていたのですが、10年以上前に目のかゆみやくしゃみや肌のかゆみが数年続いて抗体検査を受けたら杉花粉症だったのにこの数年、どうも全く症状が出ないのでまた病院で検査を受けました。すると、なんと抗体値が下がって花粉症じゃなくなっていたのです!!ひどく体を酷使していた10年前までと違い年齢的か無理がきかなくなって数年前から生活全般を少しずつ変えたのですが、今は早寝早起き、十分な睡眠、菓子類の間食を減らし野菜類を多めに取るように心がけています。暴走していた免疫活性が正常化した、ということでしょうか。理系女としては学んできた反応とは違う自分の体の抗原抗体反応に疑問も感じますが自分で証明してしまっているので信じるしかない。健康的な生活はもしかしたらヒトの体から驚くべき力を引き出すのかもしれません。
42才 神奈川県 未婚 女性

高濃度の乳酸菌(1か月で8,000円近い出費だが)を毎朝空腹時に摂取している。また腸内の善玉菌が増えるようにビートオリゴ糖(市販のシロップのように内容が薄くない粉末タイプ)をコーヒーや紅茶に適量混ぜて摂取している。昨年の秋から実行しているがけっこう調子が良い。
52才 神奈川県 既婚 男性

出来るだけ異種タンパクを摂取しない。数ヶ月前から施行すると、抗原抗体反応が少なく、比較的楽です。チョコレート等の刺激物を避ける。これと、コーヒー。冬場から兎に角チョコレートやバニラアイスは摂取をやめます。この二つはかなり効きます。
54才 大分県 既婚 男性

アイボンなどの目を洗浄する医薬品を使う。クールタイプなどはその時すーっとした感じでかゆみが軽減されるような気になるが、できるだけ刺激の少ないタイプの方がしっかり洗えてさっぱりした感じが持続するような気がする。一日に使う回数は特に決めていないが、就寝前にしておくと起床時に目やにが少なくて済むような感じがする。
44才 京都府 既婚 女性

漢方薬系のサプリメントを日常的に使用していますので花粉症の心配はしていません。周囲の人が私と同じ使い方を始めると1年後に気が付きます。あれ?花粉症はどこ行った?信じない人が多くて可哀そうです。免疫力に関する都市伝説も非科学的ですから、ね。私も春先に鼻がムズムズする事はありますが、古い文学小説にもその記述が有ります。気のせいで病気になる人って結構いるんです。製薬会社の実に巧妙なCMに惑わされて市販薬に手を出したら最後です。ご愁傷様、としか言えませんね。ただし、遺伝的に弱い人の存在を否定している訳ではありません。何故なら、私の祖母からの血縁者100人以上に花粉症で悩む者ゼロ。10年位で日本人は遺伝子治療のおかげで花粉症から解放されると思います。製薬会社の妨害を振り切ったら、の話ですけどね。
54才 埼玉県 既婚 男性

毎日ヨーグルトを食べて約3年が経過しました。そして昨年まで杉花粉と檜花粉症でしたが、今年は奇跡の花粉症無し。テレビでもヨーグルトの効能を報じていましたが、私はそのケースにピッタシです。個人差があるとは思いますが、お試し有れ。
65才 福岡県 既婚 男性

発症して20年ほどたちました。年を取るにつれて症状が軽くなり、今では目のかゆみ、鼻水はほとんどありません。たまにクシャミが止まらなくなるぐらいです。これといった対策を講じたわけでなく、自分ながら不思議です。ヨーグルトは、花粉症以前から続けていますから、この効果とは思えません。
57才 東京都 既婚 女性

脂肪細胞が影響していることと、腸内環境も影響しているらしいので、食生活を気をつけるようにしたら3月4月以外はあまり症状がでなくなったような気がします。とにかく寝不足だと症状がひどくなるのでちゃんと睡眠はとるようにしています。
61才 埼玉県 未婚 女性

20年ほど前に、始まったと記憶していますが、その頃は、目がかゆくなって、「目玉を取り出して洗いたいくらい…」という説明がぴったりするほど、かゆかったことを覚えています。最近は、レンコン・甜茶・ヨーグルト…と、よいといわれるものを食べています。目のかゆみは、あまりありません。
55才 長野県 既婚 女性

10年前は花粉症だったけれど、何かの拍子で治ってしまっていた。以前と違った事をしている事といえば、ドクダミ茶をよく飲むようになったこと。それが効いているのかどうかは不明ですが…。
49才 青森県 未婚 女性

10年ほど前、突如鼻水が止まらなくなったことがありました。知人が花粉症だと言っていたのですが、1週間ほど水道の水で鼻の中を洗い続けたところ、治ってしまいました。どうも鼻の中の、鼻水を出して異物を排除しようとするセンサーの作動域を変えることができたようです。
51才 福岡県 未婚 男性

マスクと伊達眼鏡で完全防備。冬にエアコンをつけてくしゃみが出るときはエアコンを止めてポータブルストーブにしました。帰宅ごのうがい手洗いに加えて、眼球洗浄。かなりホコリがとれます。ん〜、あとは気合!(笑)
39才 東京都 未婚 女性

15年ほど前から自家製カスピ海ヨーグルトを毎日摂っている。おかげで花粉症になって10年経つが、ほぼ問題ない。鼻づまりがたまに起きるくらいで、外でもマスクはしなくても生活できる。困っている人にはお勧めだ。医者にもかかっていない。
55才 千葉県 未婚 男性

花粉飛散よりも早めにマスクを装着し、洗濯物は浴室乾燥。窓は開けていません。これで、かなり鼻は楽ですが、どうしてもつらい時は点鼻薬を使います。目に関してはコンタクトを装着しているので1日が終われば「アイボン」「ビタフラッシュ」などを使って洗眼しています。これで痒さは激減です。
38才 富山県 既婚 男性

30年位前はニセアカシアの花粉症で毎年目が痒い、鼻水・くしゃみで悩まされましたが、人から花粉症に良く効く内科医を紹介されその医院で注射を1本打ったところ、以降花粉症知らずになりました。
66才 長野県 既婚 男性

生まれ育った地方の小都市は杉も檜も豊富にある山を背負っています。盆地になった街中には、今にして思えば、花粉をたっぷり巻き上げて黄色い風が吹き下ろしていました。そんな中で、当時の子供たちは外遊びに夢中でした。その結果、免疫が出来たのでしょうか。自分も当時の友人たちにも、花粉症に悩む話はありません。現代は人々が清潔、潔癖になり過ぎている気がします。元来、人は意外に自然の環境に順応出来るのではないかと信じています。
76才 東京都 既婚 女性

私自身は、花粉症ではないのですが、実は…。私と同居している友人が花粉症でして。一時期ひどかったのですが、私が、16年前、たばこをやめたら、彼女の花粉症が、劇的に改善しました。一般的な例じゃないでしょうけれどね。
47才 千葉県 未婚 女性

私の花粉症克服法を伝授します!私は毎年花粉症に悩まされています。ひどいときは、よる寝るときの枕元のティッシュが3日で一箱なくなります。くしゃみと、鼻水がひどいです。くしゃみも全身の力でするので、それが7〜8回連続であると、相当体力を使います。今年は対策として、シーズンが始まる前の1月の中頃から、医者でもらった薬を朝晩飲み始めました。例の少し眠くなるやつです。それと甜茶のサプリメントも2月になってから飲み始めました。ヨーグルト(甘くないもの)は通年通して食べています。そして外出するときは必ずマスクをしました。いま4月になりましたが、これで今年は99%発症していません。人それぞれでしょうが、みなさんのご参考になれば!
64才 愛知県 既婚 男性

自宅外はできる限りマスク・メガネ・帽子・手袋・長袖と、花粉が肌に触れないよう気をつけている。周りから怪しい人物に見られるかもしれないが辛い花粉症を発症したくないので(真顔)おかげさまで花粉症発症してません。
45才 香川県 未婚 男性

15年ほど前ですが、食事はいつも職場近くのコンビニ弁当でした。ある日コンビニの隣にスーパーができて、総菜コーナーの弁当が安くておいしいので切り替えました。すると、同僚が花粉症で涙だらけになりはじめた頃、薬に頼らなくても大丈夫な自分が居ました。症状は今でも現れますが鼻炎薬に頼ることは無くなりました。
49才 大阪府 未婚 男性

問題の趣旨とはちょっと違いますが、花粉症がポピュラーでなかった子供のころから発病していたので、最近は認知されているから生きやすくなったと思う。又、子供のころに比べると症状がずっと軽くなり、今は目薬を挿す程度。今重症の方には30年位患えばよくなりますよと言っています。
48才 京都府 既婚 女性

以前は、杉花粉入りの飴を入手できましたが、ショック状態になる人が出て、販売できなくなったようです。これは効果がありました。今年から舌下滴下法が始まりましたが、効果はあると思うので、ひどい方は一度お試しを。
67才 茨城県 既婚 男性

色々試してきましたが、どれもたいした効果はなかったかなぁ、と思います。今はれんこんの粉を毎日とっています。とり始めてから半年ほどになりますが、効果は良く分かりません。ただ、鼻のかみすぎで、鼻の内部が荒れて、鼻をかむ度に痛い思いをする…というのはほぼなくなりました。…ただ、れんこん効果かどうかなのかははっきりしません。
40才 神奈川県 未婚 女性

「トマトの力」が良いとのことで、飲み始めたが、花粉症はあまり改善しない感じがする。しかし、その副産物として、子供のころから常時足がだるかったのが直ってしまった。しばらく「トマトの力」を服用しないと、再発するのでここ数年毎日飲んでいる。
73才 千葉県 既婚 男性

あまり見かけない効能なので私も知らずにいましたが、ウーロン茶が体質を変える効果があることに気が付きました!コレステロール対策で飲み始めたのですが、私も夫も、花粉症の症状が軽減されているのです!今年は耳鼻科にかかっていません!
58才 東京都 既婚 女性

食べ物はアレルギーを起こしやすいといわれる<海の向こうの^^マンゴウ、ナッツ類>食べ物を控える。 外出時は帽子、コートをはおる 酵素の入った食べ物を取る 黒ニンニクなど 自分に合うヨーグルトを食べるです 食べ物は5〜6日意識して食べるとなんとなく 解ってきます 
66才 宮城県 既婚 女性

洗眼剤や鼻洗浄剤が出てから、随分楽になりました。他には毎日飲むヨーグルトを飲んだりマルチビタミンサプリメントを飲んだり様々な事を習慣にしています。以前に比べて現在は大分よくなったのですが、どれが効いたのかが判りません。。。
39才 東京都 未婚 男性

やはり、花粉に触れないが原則!花粉用眼鏡、マスク、花粉は頭(髪の毛)に着くので帽子は絶対かぶる。帰ったらジャケット・帽子を外ではらい、ズボンはブラシで花粉をおとし、さらに衣服に花粉用スプレーをかける。家族が帰ったら花粉用スプレーをかける。洗濯物は取り込むとき20回以上はらう。以上実践すると、家では、ほとんど快適に過ごせる。
53才 千葉県 既婚 女性

花粉が飛ぶ前の1月下旬くらいから、処方薬を毎日飲んでいます。コレのおかげで、ふつうに生活できるようになりました。ほんとにありがたいです。アレルゲンはスギ花粉ですが、ヒノキのアレルギーにならないよう、予防でマスクをしています。
46才 広島県 既婚 女性

昨年までは杉花粉のシーズンには薬を飲んでいたのに、今年は外出時のマスクだけで薬を飲まなくても支障ない。1年間毎日ヨーグルトを食べ続けた効果なのか、はたまた高齢による不感症が出てきたのか。いずれにせよ嬉しい限り。
67才 埼玉県 既婚 男性

花粉症ではありませんが、空気清浄機を寝室に置いています。効果を感じるのは、寝ていて気持ちが良く感じられるということ。なんだかんだで、ホコリや料理などのニオイを、一所懸命吸ってくれているようです。きっと花粉にも効果があるのだろうなと思っています。長期間掃除しないと、えらいこっちゃになりますけれども(^^;;
45才 東京都 未婚 男性