冬から春にかけてが多い? 体調を崩しやすい月 1位は「3月」で23%

冬から春にかけてが多い? 体調を崩しやすい月 1位は「3月」で23%

冬から春にかけてが多い? 体調を崩しやすい月 1位は「3月」で23%

「特にない」の42%を除くと、1位は「3月」で23%、2位は「4月」で18%、3位は「2月」で17%、4位は「12月」で16%、5位は「1月」で14%でした。12月〜4月の冬から春にかけて体調を崩す人が多いようです。

■花粉症シーズンが終わってから夏前までは、体調を崩しにくい季節のよう
逆に最も少なかったのは「7月」で6%、次いで「5月」「6月」がぞれぞれ8%。花粉症シーズンが終わってから夏前までは、比較的元気に過ごす人が多い傾向が見られました。

確かに花粉症の時期はつらいですよね…風邪なのか花粉症なのかわからなくて具合が悪くなります。。。それ以外だと私は「8月」かな。冷房に弱くて、効きすぎているところにいると体が冷えて風邪ひいちゃいます(> <)

アンケート実施日時:2014年4月11日〜2014年4月17日/有効回答数:4,784

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

過去の経験から、12月は年末を迎え、仕事も負荷がかかり、忘年会等で食生活、睡眠も乱れていました。3年間連続で12月30日に熱が出て、年末年始寝込みました。12月29日仕事納めで緊張感がきれた時、一気にそうなるのがわかりましたね。4月も転勤やら、職場変更で環境が変わり少々慣れた時に、体調異変が多いですね。
62才 北海道 既婚 男性

うんうん、緊張感が切れると一気に体調を崩すっていうの、共感です! 私も今年、大晦日〜お正月にかけて風邪でダウンしてしまいました…。。。
調査団編集部: カワンヌ副団長

桜の花が咲く頃はちょっと不調を感じます。暑さ・寒さといった気候の不安定さが原因だとは思うのですが、亡くなった母が最後の入院をしたのがちょうど桜が満開の頃で、その入院の準備のための買い物に行ったのが母との最後の外出となりました。満開の桜の下を並んで歩いたことを思い出して毎年ちょっと寂しい気持ちになるのです。そういった精神的なものもちょっとした不調につながるのかなと思います。
47才 東京都 未婚 女性

気持ちの変化と体調は影響しますもんね…落ち込むことがあると体調まで悪くなったり、逆に楽しいことがあると元気になったり。少しでも楽しいことを見つけて、元気に毎日過ごしたいなぁって思います><
調査団編集部: マリカナ団長

毎年決まって2回、同じ頃風邪を引き、体が不調になる。ある日、お医者さんのカルテを覗き込んで驚いた、かかった日付が全く同じだったのだ。本格的な雪の季節になる1月15日、夏が終わり秋風が吹き始める9月5日だった。その頃決まって身体に細かい変化が感じられるのだ。それ以来、その日が近づくと、ウガイをし食べ物を気をつけ、必要なら薬を飲む。これでかなり症状が出るのを抑えることが出来た。こうした季節の変化による身体の変化は誰にもあるもの。皆さんもぜひ健康手帖などでチェックしてみてはいかがでしょう。
70才 東京都 既婚 男性

へー! 日付まで一緒とは! 確かに似たような時期に体調崩すってわかってるなら、そこを意識的に対策すればいいんですよね! よし、今年は気を付けてみます!
調査団編集部: カワンヌ副団長

1月はおいしいものをいっぱい食べて動かないから太るんですよねぇ。すると便秘がひどくなってからだから肌にかけてすごく不安定になります。食べ物がてきめんに体に出ます。アレルギーなので春だけではなく、秋の稲花粉も大変です。とにかく冷え性なので、冬全般の月に指がさけたりあかぎれになったり、体の動きもスピードも半分以下になります。最悪〜!
39才 東京都 未婚 女性

3月から4月にかけて、寒暖の差が激しく、毎年この時期の対応に苦労します。突然の暖かさについ薄着になり、季節を先取りしたつもりで、風邪を引いたりします。現に、今年も同じパターンで目下、鼻水啜りながら、このアンケートを書いています。春先の気まぐれ陽気が苦手です。 
76才 東京都 既婚 女性

12月。仕事が忙しい時期の上に、家でも年末の忙しさが重なり、さらに帰省や出張、忘年会と人混みに出ることが多くなり、風邪の流行が追い打ちをかける。そして、寒さと乾燥にとどめを刺される。日暮れが早いのも精神的にかなり応える。早く冬至が過ぎてくれと思う。
47才 愛知県 既婚 女性

3月は免疫機能が低下している時であるので花粉症のほかに、今年は帯状疱疹にかかった。帯状疱疹は15年前にも3月にかかったのでもうならないだろうと思っていたが2度目の発生である。皆さんも2度かかると思ったほうが良いよ。
71才 兵庫県 既婚 男性

9〜10月:夏バテによる(近年、9月まで真夏なので10月ごろに夏バテシフト)。何故か、5月、10月と好きな季節に体調崩しやすいのが人生最大Wの悩み。12〜1月:いつの間にか年に一度風邪を引くのが慣例化。
74才 神奈川県 既婚 男性

【10月】喘息もちなので、ダニが死にゆく10月あたりはものすごい発作が起きる。ブタクサの花粉症も出て喉が地獄。一昨年は喘息、花粉症に併せて一年おきにかかる(なぜだ)インフルエンザに10月末かかるという奇跡的な3コンボで本当に死ぬかと思った。
24才 神奈川県 既婚 女性

【5月】自分的に一番いい季節?で つい 過剰に動いてしまうのか ぎっくり腰になったり、ひざを痛めたり 原因不明の不調を起こしたことが多かったので。そうそう 食べ物もおいしいので 普段食べないものをつい冒険したり!もあるのかも:
66才 宮城県 既婚 女性

花粉症の時期は、他のアレルギーの持病の薬(一年中飲んでいます)に多種類のアレルギー薬が加わって薬漬け状態。「もうこれ以上病気できない、風邪だって絶対に引けない!」と軽い緊張状態で過ごしますが、すでに持病と花粉症と副作用で頭がちゃんと働かなくなっているため、結構ミスをしてしまうのが実情。
44才 東京都 既婚 女性

骨格系で脊柱管狭窄症等で下半身への血流障害になっているらしい。いわゆる座骨神経痛の症状になるが、月と云うよりも、湿度や気圧の天候変化の影響が大きい感じ。でもあえていえば、この影響は、暑さから寒さに方向転換が始まる9月頃からで、それはやっぱり夏場の冷房が体に良くない結果に体が悲鳴を上げているのと重なるからなんでしょうね。でも、真夏の冷房なしの暮らしもつらいところで、わかっちゃいるけどやめられない。どっちの感覚を優先すべきか悩ましく、スルズルしている。
63才 群馬県 未婚 男性

体がラクだと思えた日が、ここ十数年ないです。ここ数年、胃腸炎やインフルエンザなど、毎年何かしらもらっています。
39才 福島県 未婚 女性

薬を飲むと体が薬を頼ってしまい自分の免疫力が弱くなってしまうのでは、っと思っています。自分は仕事が他の人に預けられなかったので医者にも行けず、薬も飲まずでやってきました。今ではほとんど風邪もひかず、ひいても一晩寝たら次の日は治っています。女房、子供が風邪やインフルエンザになって隣で寝ていても自分にはうつりません。おそらくインフルエンザも薬を飲まずに治し強い免疫力があるのだと思いまず。至って健康です。悪いのは頭だけ、、、
46才 千葉県 未婚 男性

3月は指先が割れてしまう事が多くなり、何をするにも(字を書く事、PCでキーボードを打つことを含めて)億劫になってしまう。これはハンドクリームを頻繁に使用することで軽減できるが油断すると確実に割れてしまう。原因は1〜2月水仕事をするから?
75才 埼玉県 既婚 男性

1月は12月の師走の忙しさから解放されどっと疲れが出るらしく正月休みがあるにもかかわらず、毎年のように新年は調子が悪い。。そして年度末のすさまじい業務の山を乗り越えた後の新年度スタートの更なる忙しさと人事異動と職場移動等でやっぱり4月も今度はストレスで体調を崩す。毎年の恒例行事(体の)。。
42才 神奈川県 未婚 女性

梅雨に入り湿度の高い日など、湿気でムシムシとした状態が続いたり、梅雨が明けて夏の暑さが急に来ると、体がだるくなり寝不足などで体調不良になりやすい。
65才 愛知県 既婚 男性

夏はもともと苦手なのですが暑さに弱いというよりも、冷房の効かせすぎや思いがけない低温な日などという、「本来暑いはずなのに寒い」という状況に弱いように思います。逆(冬のさなかの温暖な状況)はなんともないのですが。
50才 東京都 未婚 女性

この3年ほど仕事が以前と大きく変わって3月が超多忙、4月が暇となる。そのために4月は毎年のように体調を崩す。(多少、気の緩みもあるが。)でも、いつもは毎日4時間半睡眠で元気にやっている。食事もむしろ減らしているし、もう50代の半ばだが、元気いっぱいだ。
55才 千葉県 未婚 男性

【7月】梅雨の気候と土用のあたりの猛暑で食欲が落ちてバテてしまう。梅雨時でも瀬戸内海式気候でめったに雨がふらなくて夏は暑いばかり。大人になってから住んでいるので、いまだに体が順応しない。クーラー病もしんどい。
50才 広島県 既婚 女性

季節替わりの4月、11月。特に寒くなっていく11月は風邪をひきやすい。この年齢(40代)になっても外出時の洋服での体温調節がうまくできないです。病院に行くにも決まってこの季節です。
47才 神奈川県 既婚 女性

8月と2月ですが、暑さにも寒さにも弱いからです。特に高齢になってくると、体が冷えるようになって、今年の冬は寒さ対策をたくさん着込み、その上ホッカロンを使い、夜は湯たんぽでふくらはぎを温めて寝るなどして、なんとか無事乗り越えました。この夏をどうするか今から頭を痛めています。
72才 東京都 既婚 男性

私、一年中体調を崩しやすい体質なのです(涙)…以下具体例…<春:花粉症>去年ついに重症化、初めて“花粉症”で会社を休んだ (-_-;) <夏:汗かき>友人と海水浴に行き、次の日夏カゼをひいて会社を休んだ (-_-;) <秋:頭痛もち>あまりの痛さに別の病気を疑い通院、会社を休んだ (-_-;) <冬:乾燥肌>あまりの痒さに眠れず寝坊、会社に遅刻した (T_T)。。。こんな恥ずかしいオトナにならないよう、皆さんも体調管理には十分気をつけましょう
48才 東京都 既婚 男性

杉花粉→時々NHKのニュースでも杉花粉かヒノキ花粉か天気コーナーで紹介されますが…自分は杉アレルギーです。例年3〜4月ピークです。あと恥ずかしいけどハウスダストもアレルギー持っているので大掃除の時は要注意です(^_^;)12月ぐらい?
43才 大分県 未婚 女性

8月と1月。8月はエアコンを利かせた部屋で1日過ごすことが多いので、体調不良になりがち。1月はインフルエンザの予注、肺炎の予注が効いて入るのだろうが、高齢で体力低下の故か、下旬から2月に掛けて、咳、痰など風邪に近い症状が続く。
82才 千葉県 既婚 男性

インフルエンザは、ここ4年程ワクチン接種を受けているせいか罹っていません。が、毎年12月ごろには重症の風邪にかかっています。9月は、汗をかいた後、なかなか着替えることができずに、体を冷やして、よく風邪をひいています。夏風邪は治るのが遅いので困っています。
53才 鹿児島県 既婚 男性

【9月】花粉症程度のことを除くと、9月は毎年胃腸が悪くなったり、風邪を引いたりで体調を崩します。温度差に反応する鼻炎を持っているので、体全体が季節の変わり目に適応しにくい体質なのかもしれません。真夏・真冬のように気温が安定して暑い・寒い時はあまり問題なく、温度変化が大きい時ほど不調が出ます。
44才 東京都 未婚 女性

繁忙期はとてつもなく忙しく(ウイルスにはかてない?)、その途中か、そのピークの後に必ず、風邪、インフルエンザ、胃腸炎。それから、マッサージ、整体で持ち直します。家族に花粉症、アレルギーの人がいて、お洗濯など、とても気を使います。最近、吸入器を買いました。鼻洗いを購入しようかと思い迷いましたが、鼻はネティポットのほうが気持ちいいかも。吸入器は食塩水用はこれのみだったので、いいかも?少し実感!喉が痛くてすぐに使用して、マスクをして寝ました。ナカナカ!次の日には大丈夫でした。

季節の変わり目、冬から春に変わった後の寒さの揺り戻しに服装が春型になっていると身体が冷え込みます。 秋から冬に変わる時、秋の服装のままで身体が冷え込む。両方とも風邪引きの一因ですが、少し我慢をしてそのままで居ると、明くる朝発熱ということになり易い様です。 風邪は万病の元と云いますが、年をとるとこれで寝込んでしまう人も居ます。
70才 兵庫県 既婚 男性

ジムで筋トレし、トレーニング後ジムのサウナで汗を流し、水風呂で体を引き締めるようにしていると、冬も風邪をひきにくくなったように思う。筋トレを初めて10年ほどになるが、今ではほとんど風邪も引かないし、夏も冬もエアコンなしで生活できる体になった。というわけで、体調を崩しやすい月は特に決まっていない。
45才 埼玉県 未婚 男性

7月 とにかく暑さに弱い 汗が大量に出てすぐ熱中症になってしまう 汗がどーーっと出ると血圧が下がって気持ち悪くなる 本当に夏はつらいです
53才 神奈川県 既婚 女性

1月正月明けで風邪で寝込む、年末の忘年会や正月の飲みが原因で一気に体調を崩す。。。熱が40度近くで4日くらい寝込むし、全く食事などもとれなくなるので年末&正月の増えた分は一気に解消。。。
40才 東京都 既婚 男性

特に冬の時期、体の「冷え」を感じたときに、これはあぶないなと、思う。肉体の警報だということが長年の体験でわかる。30代ぐらいまではそうではなかったが、それを越えたあたりからそれみたことか、と占い師のようにドンピシャと当たる。現在では当たる確率が非常に高いので、すぐに対処するように心がけているため大事には至らない。具体的な処置としては、まず一番は背中にホカロンを貼ること、二番目にそれをさらに首と足にも延長していく。直後から気持ち良くなる。また、はちみつ&にんにく&しょうが湯のブレンドが、花粉症の効果うんぬんという以前に心地よい安堵感を感じる。きっとストレス発散の効果で、体が自然に快方に向かわせているのだと思う。

季節の変わり目は、入学、卒業、夏休み、冬休みなど、仕事上は過度の負担がのしかかり、帰宅できないのも当たり前、会社で仮眠をとるときは”寝袋”が一番です。 冬用・夏用、最高とは言えませんが体が冷えません。風邪などひいている暇も、花粉やインフルエンザに感染したら、何をいわれるか?無責任・管理不十分でしょう。 一つ、皆さんにもできる通勤運動は、バスで通勤するかたは、一つ手前で駅まで歩きましょう、私は一駅手前から会社に歩いています。私の健康法です。
53才 東京都 既婚 男性

季節の変わり目幼少から喘息で決まって体調を崩すが風邪はあまりひきません。だって喘息の大敵ですから。予防はしっかりしてます!体調を崩す≠風邪をひく。アレルギーは年中無休で体調を崩しやすい物質です。

やはり免疫力の低下が特因でした。運動量を増やし、食事を規則正しく、睡眠を沢山摂る。そしてヨーグルトでした。整腸作用を整えると基礎代謝がアップしました。是非、お試し下さい。但し、長期的に食して下さいね。短期に改善されるものでは有りません。頑張って下さい。
65才 福岡県 既婚 男性

4月は少し暖かくなったり、また戻ったり体調が付いて行けないことがあります。8月は特に下旬頃に夏の疲れが出てだるくなることがあります。12月は寒くなる始まりで軽いですが風邪をひくことがあります。
63才 東京都 既婚 男性