印象に残っているW杯 1位は「1994年」で30%という結果

印象に残っているW杯 1位は「1994年」で30%という結果

印象に残っているW杯 1位は「1994年」で30%という結果

「どの試合も特に記憶に残っていない」を除くと、総計の1位は「1994年(アメリカ開催/ドーハの悲劇により予選敗退、W杯初出場を逃す)」で30%、次いで「2002年(日韓共同開催/トルシエ監督/決勝トーナメント初戦でトルコに負け、敗退)」で24%、3位は「2010年(南アフリカ共和国開催/岡田監督/決勝トーナメント初戦 PKでパラグアイに負け、敗退)」で21%でした。

■40代、50代はドーハの悲劇がとても印象に残っている?
年代別で見ると、30代以下の1位は「1994年」ではなく「2002年」、一方60代以上は2位が「2002年」ではなく「2010年」と年代によって差が見えました。また、40代、50代は「1994年」を30%以上が選択しており、ドーハの悲劇がとても印象に残っているようです。
私は「2002年」だなー。学校の最寄駅が青いユニフォームの人であふれかえって、通学がすごく大変だったのを覚えてます(´Д`;)
アンケート実施日時:2014年5月30日〜2014年6月5日/有効回答数:4,694