メールでのあるある! 1位は「送った後で誤字に気付く」で60%

メールでのあるある! 1位は「送った後で誤字に気付く」で60%

メールでのあるある! 1位は「送った後で誤字に気付く」で60%

総計の1位は「送った後で誤字に気付く」で60%と断トツ。2位は「相手によって顔文字や絵文字を使い分けている」で25%、3位は「送ったつもりが未送信になっていた」で20%でした。

■女性の4割以上が「相手によって顔文字や絵文字を使い分けている」
男女別で見ると、「相手によって顔文字や絵文字を使い分けている」は男性が20%に対し女性が43%と2倍以上。「返信をいつやめていいのかわからず、だらだら続いてしまう」も男性が8%に対し女性が20%と大きく差が開きました。

「返信が面倒でつい1日以上放置した結果、返信を忘れてしまう」も女性の方が10%高かったですが、わかるなー。どう返そうか悩んで下書きに入れて忘れちゃったりとか…(^▽^;) もちろん1位の誤字もよくやります。汗

アンケート実施日時:2014年6月13日〜2014年6月19日/有効回答数:4,507

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

眠いのを我慢しながらパソでメールを打っていて、文字キーを押したままウトウトしてしまい気付いたら「zzzzzzzzzzzz」となっていて、慌てて消そうとしたら何故か送信ボタンをクリックしてしまい、そのまま送信された。よりによって、「z」の文字の繰り返しで、いかにも「寝てました」と言っているようだった。
56才 埼玉県 未婚 男性

ぷぷっ よりにもよって「z」…(笑)メール受け取った人もびっくりですね〜! マンガみたいな状況で笑っちゃいました!(≧▽≦)
調査団編集部: カワンヌ副団長

海外の息子から住所変更の知らせメール、こちらの近況も知らせて返信!友人全員メールだったので、返信メールも友人全員に送信されてしまった。息子から、ほとんどの人は日本語わからないから心配しなくていいよと慰められた。勉強になった!
69才 愛知県 既婚 女性

同報されていた人がいると知らずに全返信、あるあるですね〜! 私も何度もあります> < 逆に全返信しないといけなかったのに個人にだけ宛ててしまって、転送するね、って面倒をかけたことも…メールって難しいです(´・ω・`)
調査団編集部: マリカナ団長

仕事の上司がアドレスを間違え不倫相手ではなく奥さんにメールを送信。それで不倫が発覚し、次の日に丸坊主と徒歩で会社に出勤してきた事で事の真相が我々にも…。それからは車は取り上げられ一年数ヶ月経った今でも職場から25キロの通勤を未だに自転車通勤を余儀なくされています。女性は怖いものです、怒らせてはいけませんよ
25才 高知県 未婚 男性

ギャー! これはやってしまった大事件! いったいどんなメールを送ってしまったのでしょうか…。宛先間違い…最も怖いミスです(((TωT)))
調査団編集部: カワンヌ副団長

上司あてに仕事の悩みとか職場の人間関係の不満を書いて送ったら、理解を示す返信が来たのはよかったが、その不満の関係者がCCに入っていて、ショックのあまり会社に行きたくなくなった。だって、私のメールがちゃんと返信に残されているんですから。上司へ文句を言うと、真実なんだから知っておいてもらうべきだ、とか言われたけど、あまりの配慮のなさに、その時は上司を恨んだが、今後は、不満や悪口は絶対メールにしないと心に誓った。便利だけど、場合によっては悪用されることもあるし、自分の思いもよらない形で他人を傷つけることもあります。
52才 京都府 未婚 女性

パソコン操作は極々基本の段階止まりです。メール作成中に急用が出来て下書きに保存しました。しばらくして、下書きを読み直して送信をクリック、何がどうなったのか「このメールは削除できませんでした」の表示が。何とか送信しなくては、と送信をクリック、同じ表示が。5、6回繰り返して、ふと送信済みのフォルダを開くと、何と同じメールが繰り返した数だけ送信済みになっています。早速相手にお詫びのメール。先方はボランティアで地域高齢者にパソコン指導をする同年齢男性友人。「よくあること……心配ご無用」と寛大、却って恥ずかしくなりました。76歳でのパソコンは、いつになっても自由自在にはなりません。
76才 東京都 既婚 女性

アメリカの友人とパソコンでメール交換しています。よくあるのはスペルを間違えること。友人が寛大なんで、助かります。あと、「こういう言い方が良いかも」と、教えてくれたり。余談ですが、その友人とは一度もあってませんが、もう10年メール交換続いています。
48才 千葉県 既婚 女性

メール創世記のころ、会社の部下から深夜2時ごろに送られてきたメールに「遭いたい」と書かれていたのでカラカイ半分ですぐに「ボクも」と返信しました。即彼から電話がかかってきて彼女の宛先と間違えたとのことでした。しばらく飲み会のネタにさせてもらいました。
53才 愛知県 既婚 男性

「バカだね…」と打っていく変換途中で「バカ」までで間違って送信操作してしまい、ひどすぎと怒られましたっけ。PCよりもボタンが少ない中でボタンの多重機能(機種によってボタンの位置、機能割り当てが違うこともある)のおじさん流操作ミスだけなんですけれど。これなら最初から電話で済ませりゃよかった。いきなり要件ですむケイタイメールは簡潔でいいのだけれど。間違いもするので、これ以降はケイタイでは先に本文入力、確認後戻って宛先入力ようにしています。
63才 群馬県 未婚 男性

一緒に出掛ける予定の後輩がチョッと面倒くさい子だったので、その子を知っている別の後輩に『明日〇〇と出かけるんだけど、楽しめるかなぁ』とメールを送ったつもりが一緒に出掛ける面倒くさい子の方に送ってしまったようで『誘ってしまってすいません。嫌なら出かけなくてもいいんですけど…』と返信が来て心臓がバクバクした。慌ててフォローして事なきを得ましたがそれ以来、メールを送る時には必ず宛先を確認することを自分に義務付けました。 
47才 東京都 未婚 女性

携帯電話を使い始めた頃、妻に見られたら誤解されそうなメールは、マメに片っ端から読んだら消去していた。でも、どういうわけか、ほとんどバレていた。何故か?メールの着信送信履歴を消していなかったから。と言うよりも、そんなモノがあることすら知らなかったのである。もちろん、携帯をロックする機能も使ってなかったオジサンの悲しいお話です。
58才 京都府 既婚 男性

アノ人は性格が最悪だから嫌いという内容のメールを、友達に送ったはずが、当の本人(先生)に送ってしまいました。すぐに「こちらも嫌いです」的冷たい返信がきて顔面蒼白です。しかし向こうがそういう態度ならこちらもふっ切ろう!と、それ以来お互い顔を合わせても話すことはありません。皆さんにはどこかで大人な対応をとり関係を改善することをおすすめします…
30才 群馬県 未婚 女性

よく使っていたのが、「了解いたしました」「ご自愛ください」。了解ではなく、「承知いたしました」が正しいと知って、愕然。ご自愛くださいも目下の人に使うと知り、冷や汗。いったい今まで何度メールに書いたかと思うと、恥ずかしい限りです。
37才 茨城県 既婚 女性

目上のメル友Aさんと、同級生のBへ送るつもりで、別々に2通のメール文面を下書き保存しておいたのに、いざ送信する時点で完全に入れ間違えたコトがあります。。翌日、Bに指摘されるまで全く気付いてませんでした(大汗;)
45才 埼玉県 既婚 男性

失敗談ではないのですが、メールの返信が遅いと言われることはありますね。でも携帯電話でのメールや常時接続が主流になる前からEメールを利用している者からするとメールチェックなんて1日に数度、テレホタイム(午後11時から午前8時まで)のみだったので相手のメール送信からこちらの返信まで丸1日かかっても当たり前と言う感覚が未だにあります。
47才 大阪府 未婚 男性

グループで旅行の計画、連絡ツールはスマホの同報メール。これが予想外に大変だった。会社勤めで報連相を叩き込まれている人はすべての用件に返答することが常識でそうしない人を非難、メールをもともと好まない人は読んで納得したら「無言=異議なしのサイン」と考えて一切発言しない、メールよりLINEを好む人はメールを読んでLINEで返すので話がバラバラになってくる、返答のタイミングの価値観が違うと遅さにイライラする人が出てくる‥。こうなると直接会って仲直りする以外手立てなし。
44才 東京都 既婚 女性

特にありませんが、最初の頃は「話し言葉」と「書き言葉」をゴッチャにして送ったり、顔を見て話せばなんて事はないコメントも、顔を見ずに書くと随分キツイ言い回しになり、相手を不快にさせた事もあります。同じ事ですが、友人に出す「書き方」で、会社の同僚や先輩に送り、不快そうな顔をされた事もありました。とは言え、全部後で話し合って笑い話になりましたが、滅多に会えない遠隔地に住んでいる人とは、簡単に顔を合わせる事ができないので、大いに気を付ける必要がありますね。
61才 愛知県 既婚 男性

取引先の女性にかなりくだけた感じのメールを送信してくる人がいました。普段は必要最低限の内容のメールしかしないのですが、ある時、こちらもかなりくだけた(半分ふざけた)内容のメールを送信したら、うっかり妻へ送ってしまい、浮気と間違われ疑いが晴れるまでの長期間、家庭内での居心地が悪くなったことがある。
44才 神奈川県 既婚 男性

失敗談というか、メールで私の名前の漢字が同じメールの中で何回も間違えていたので、「間違えてるよ」って書いたら、「打ち間違えくらい、誰にでもあるじゃん!怒らないでよ」と逆切れされた。別に責めたつもりもないんだけど、何回も間違えるので気になって書いただけで切れられるなんて、メールって怖いと思った。それからは誤字はあまり気にしないようにしてるけど、あまり誤字の多い人は信用できないと思っている。
44才 東京都 未婚 女性

仕事上のメールで上司から軽く責められる内容のメールが着たが、謝罪の内容を考えて、書こうとしたところ間違えて何も書いていない白面のメールを送ってしまった。急いで、間違えたことと、謝罪の内容のメールを改めて送った。後に、白面のメールには驚いたと言われた。
43才 東京都 未婚 男性

タハラさんと間違えてタムラさんにメールしてしまったことがあります。さいわいあたりさわりのない内容でしたが、送った後に気付いてすぐに『間違えました。ごめんなさい』と送りました。すぐ気づいてよかった。
36才 北海道 未婚 女性

前日、一緒に飲んだ人に飲みすぎて酔っ払ったお詫びのメールをしたら、前日酔っ払って訳のわからないメールを何度も送信した履歴があった。記憶にまったくなく、追加で迷惑メールをのお詫びも送った。
49才 福岡県 既婚 男性

元旦の「あけおめ」メールは混み合うので、事前に文を作成して、元旦の昼ごろ送るかぁと用意していたら、操作を誤ったらしく大晦日に送ってしまっており「気が早いよ〜」という返信がたくさん届いた。返信が来るまで気づいていなかった。
43才 東京都 未婚 女性

修学旅行中の子供に「今日遅くなりそうだから悪いけど、お米3合といでセットしておいて。」とメールをし、子供は子供で友達と修学旅行先で「このまま返信しないでいたら、今夜の夕飯、愉快、愉快☆」と。案の定、その夜の夕飯は…《悲惨》でした。。。
53才 神奈川県 既婚 女性

その人の悪口じゃ無いけど そのようなメールが他の人から来たのに 「わかるけどさ〜…」なんて返信したら本人に送信してしまって その人から「私ってそんな風にみられているんですね…」なんて返信が来て ちよ〜焦った。だけど よく話し合って和解したから良かったけど…。
50才 埼玉県 既婚 女性

携帯で指定したアドレスからのみメール着信許可にした。迷惑メールはバッタリ止まったが、知り合いが新しいメールアドレスから変更通知をくれても拒否されて届かない。旧アドレスで届かず、「アドレス変わった?」と電話するはめに。
55才 静岡県 既婚 女性

PCのメールですが、うちの会社のメールアドレスのシステムが、アカウントの部分が(名前の頭文字)+(ローマ字の名字)(たとえば、dmarikana@××.jp)になっています。名字と名前の頭文字が同じ場合は、アカウントの先頭が名前の最初の文字二つ(たとえば、damarikana@××.jp)となります。見ればわかりますが、意外と微妙です。一度、若手社員のka○○@××.jpに送るところを間違って、上司の部長のk○○@××.jpにメールを送ってしまったことがあります。内容は、「今日は飲もう。19時にA居酒屋で!」というものでした。数分後、部長からメールが来ました。何事かとメールを開いたら、送信したメッセージを添付した返答メールにに一言、「了解」。いや、焦りました。
51才 千葉県 既婚 男性

空メールを送ってしまうこと。返信の時によくあります。何故か返信ボタンを2度押す時があって、2度目は「送信」ボタンになっているのです^^;本来の内容に空メールお詫びの言葉をいれて再送信しています。ほとんどの人が次の送信を待ってくれてますが、たまに「何も書いてませんよ」と即返って来ることがあって、いちいち言ってこなくていいから…とムッとする時もあります(笑)こちらが悪いんですけど(^^ゞ
66才 大阪府 未婚 女性

ありがちですが、「送信できませんでした」に気づかず待ち合わせに1時間遅れて子供に叱られました。仕事関係でなくてよかった…それからはちゃんと見る様にしてますが、やっぱりたまに送信できてないままになってしまいます…
48才 愛知県 既婚 女性

相手が開封したかどうかの確認機能などもあるが、特に仕事の場合、「送信=受信&相手が理解・承諾」というふうに、こちらが勝手に解釈しまいがち。その結果、思わぬところで意思疎通不足による問題が起こりやすい。メールは記録に残るし、こちらと相手の時間に左右されない便利さがあるが、重要な場面こそ相手の意思をその場で確認できる電話を使えと、新人の頃に上司から口すっぱく言われたのを覚えている。
44才 北海道 未婚 男性

こっちは旧ニフティサーブ時代から『ネチケット』に付いては厳しく理解して来ているのだが、友達の非常に少ない奴とかネット・メールに慣れていない奴を相手に送ったメールが正しく意図が伝わらなかったり、冗談を本気で取り違えられたりして収拾に難儀した経験が有る。まあ、後で『ネチケット』を説明してやったのだが。
55才 大阪府 未婚 男性

真夜中に酔っ払ってメールを送った(らしい)こと。なぜかその夜は我慢の限界が来ていたようで当時の上司につらつらと書き送ってしまった(らしい)。翌朝、あまり記憶がないメールが送信されていて、それに対して実に丁寧な返信(真夜中だというのに!)が届いていてびっくり仰天。即ごめんなさいメールを送りました。以後、酔った時はパソコンを起動しない、と決めています。
47才 東京都 未婚 女性

すぐ返事が欲しかったメールで内容を読めば、すぐ返事が欲しいとわかってもらえると思っていた。全く返事がこないので何度も同じメールを送った。返事をくれないでも用事をすませてくれていた。それはいいのだが、同じメール何度もしつこいと逆切れされてしまった。
53才 岩手県 既婚 女性

結婚して間もない時、PCを買う余裕がなく、我が家にPC代わりの某ゲーム機でネットやメールをしていた頃の話なんですが…主人が仕事用に使っていたPCのメルアドと私の個人的なメルアドが一緒だった時に、自分宛に来たと思って開いた件名のメールが主人へのメールで 主人にめっちゃ怒られたことがあります・・。
45才 静岡県 既婚 女性

職場で、他の部署の課長から届いたメールの返事を書いた時、その人の部下の育成についても記述して返信したら、元のメールが複数の人宛で、宛先の「全員に返信」で送ってしまい、宛先の中に個別に育成について書いた部下本人が入っていました。あとで、宛先に入っていた他の人から「ちょっとマズかったのでは?」指摘されました。
53才 北海道 未婚 男性

スマホの使い始めは、タッチパネルやシュッと横にスライドさせる操作になかなか慣れられず、文章の途中で送ってしまったり、変な漢字変換のまま送ってしまったり、いろいろやってしまった覚えがある。ので、スマホを使い始めの人からそういう間違いのメールが来ると、ちょっとほほえましく思えてしまったりする。
36才 東京都 未婚 女性

主人と喧嘩していて、文句を言うつもりのメールを弟に送ってしまいました。夫婦喧嘩しているのがばれてしまいました(~_~;)。同じようなことを友達にもやってしまい、またまた夫婦喧嘩しているのがばれてしまったのですが、また〜と言われました。以前にも間違ったメールを送っていたようで、毎度のことだとあきらめられていました。なんでも話せる親友でよかった(*^。^*)。
58才 広島県 既婚 女性

当時の彼女と同じ携帯を使っていたとき、、、お互い自分のだと思って持って別々に出かけてしまって、、、。お互いに待ち合わせなどが出来ず、結局お互いの友人同士を連れだって一緒に遊ぶことに。。。しかし、それがきっかけで付き合い始めた友人同士はその後結婚。自分たちは別れたけど、その友人夫婦を介して今ではお互いの子供や家族も連れだって遊んだりする中に、、、。どっちが紹介したんだか?って笑い話。
40才 東京都 既婚 男性

やわらか文面の業務メールを、部署内の複数の人に送ったら、そのうち一人は同姓の他部署の人だった。もともとは、関連業務内容で同部署の人が送ってきたCCメールへの一斉返信だったのですが…。その同姓他人の方からはノーリアクションだったことも、気になったり…。
45才 東京都 未婚 男性

メールでは、なかなかニュアンスが伝わりにくいので、相手によって、あるいは内容によっては文章作成に結構な時間を要することがあります。これでニュアンスが伝わるかな、不快にさせないかななどと考えると面倒になった、直接話したくなっちゃいます。
58才 東京都 未婚 女性

相手のメールの内容を見ながら自分の返事をうっていたのを忘れて、自分の文と相手の文がごちゃまぜになったメールを送信してしまった。(つまり相手の内容を消さず、しかもところどころに差し込まれて意味不明な内容になってしまった。)
44才 大阪府 既婚 女性

パソコン通信の時代から会社でメールを使っていたので、大きなミスはしていないと思います。しかし、インターネットの時代になり、同僚がBCCを使わずに社外に発信して、どの会社が関わっているかわかってしまい、怒られていました。
49才 東京都 未婚 男性

小生の間違いではありませんが、以前勤務していた会社での話。 女性の仲間同士での特定の男性の悪口メールが、転送に転送を重ねるうちに、誰かがアドレスを1字間違えたためにその男性にも送ってしまった。 その男性がびっくりしていると、そのうちに、「全員に返信」のメール機能を利用して悪口サークル全員のメールが次から次に届いた。 この男性、課長さんでしたが、人事考課に影響があったのか否かは不明です。
70才 兵庫県 既婚 男性