2012年と2014年で使う機器に変化は?【写真を撮る時に使う機器調査】

2012年と2014年で使う機器に変化は?【写真を撮る時に使う機器調査】

2012年と2014年で使う機器に変化は?【写真を撮る時に使う機器調査】

総計で見ると1位は「コンパクトデジタルカメラ」で69%、2位は「携帯電話(フィーチャーフォン)」で34%、3位は「スマートフォン」で32%、4位に「デジタル一眼レフカメラ」が19%で続きました。

■この2年で携帯電話からスマホへ利用者が14%移行しているよう
2012年の調査と比べると、「携帯電話(フィーチャーフォン)」の割合が14%減り、代わりに「スマートフォン」の割合が14%増えているのが特徴的。また、「コンパクトデジタルカメラ」の割合は10%ほど減っており、カメラ自体を使う人も減っている印象でした。
私も、2年前はコンデジとか一眼レフを使っていたけど最近はほぼスマホだなー。スマホでも十分きれいに撮れるようになりましたもんね。
ちなみに、男性が一眼レフを使って、女性は携帯電話やスマホで簡単にという傾向や、60代以上が一眼レフを使っているという傾向は2年前と変わっていませんでした。
アンケート実施日時:2014年9月5日〜2014年9月11日/有効回答数:4,483