圧倒的に、写真は撮られるよりも撮るほうが好きな人が多い

圧倒的に、写真は撮られるよりも撮るほうが好きな人が多い

圧倒的に、写真は撮られるよりも撮るほうが好きな人が多い

総計で見ると、最も多かったのは「どちらかと言えば撮るほうが好き」で48%、次いで「断然撮るほうが好き」で41%でした。
ちなみに男女別で見ると、女性のほうが4%ほど「どちらかと言えば撮られるほうが好き」が多くなっていました。

■圧倒的に、撮られるよりも撮るほうが好きな人が多い
「断然撮るほうが好き」と「どちらかと言えば撮るほうが好き」をあわせた【撮るほうが好き派】が89%、「どちらかと言えば撮られるほうが好き」と「断然撮られるほうが好き」をあわせた【撮られるほうが好き派】は11%と、圧倒的に撮るほうが好きな人が多いようです。

え〜【撮られるほうが好き派】は1割程度なんですか? 需要と供給があっていませんね(笑)かくいう私も、「どちらかといえば撮るほうが好き」なタイプ…撮るのが好きというよりは、撮られるのが大嫌い…という感じですが('>ω<`)

アンケート実施日時:2014年9月5日〜2014年9月11日/有効回答数:4,483

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】機械いじりは不得手ではないのですが、写真を撮る腕はどうにも中の下。加えて周りの友人に写真(を撮るのが)好きな子が多く、いつも私は被写体側です。そのお陰で自分が細く映る角度や、目が大きく見える顎の引き方とか、色々研究しました。今では体型など気にせず開き直って素のまま写ってます!(成果なし!)
24才 神奈川県 既婚 女性

私もまわりの女の子に触発されて、かわいく写る角度を研究したなぁ〜。でも、どの角度から撮っても奇跡の1枚には出会えず…すぐに諦めました(笑)ありのままが…一番ですよね!TωT
調査団編集部: カワンヌ副団長

【どちらかと言えば撮るほうが好き】写真写りが悪すぎて傷つきながら育ったトラウマ。たとえば中学校の卒業アルバムでクラスで一人だけ、写真の面積に対してしめる顔面の割合が私だけ飛びぬけて大きい、みんな微笑程度の笑顔なのに私だけ自分でも見たことのないようなニヤついた子どもらしくもない顔で写った写真を使われていて、卒業式の日別の意味で泣きそうになった。
45才 東京都 既婚 女性

写真うつりの悪さ…わかります…。私もいつも自分だけ肌が白びかりしてお化けみたいだと悲しくなっています(´;▽;`) なので私も撮られるのは好きじゃないです。
調査団編集部: マリカナ団長

【断然撮るほうが好き】ある趣味のサークルに属しています。20年も続けて、12月には全員参加の忘年会を行います。このときいつも全員の集合写真を撮ります。カメラ持参者は2、3人いるのですが、いつごろからか私が撮影者になっています。私の撮る集合写真は、全員が柔和な表情で写るのだそうです。シャッターを押す瞬間、全員に見詰められる私のどこかがおかしいのかな? もしや、顔かな?だとしたら、絶望!!写真は人物写真が、それも男性被写体の時いい写真が撮れる、と人が言います。上手か下手かは分かりません。写真は断然、撮る方が好きです。
77才 東京都 既婚 女性

集合写真撮るのうまい人って、尊敬しちゃいます! 写真をとってくれる人が、いい空気をつくってくれると思わず笑顔になりますよね>▽< 素敵です!
調査団編集部: カワンヌ副団長

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】ずっと病気の治療をしていたので、身体の内部まで写真撮られっぱなしですよ。肺の粘膜とか。胃カメラとか。眼底とか。ちょっと話題とずれるかな?
50才 東京都 既婚 女性

【断然撮るほうが好き】元写真部員だから。仲間同士の撮影も当然あるので、レンズを向けられる側の心理ももちろんよく知っている。だからこそ、写真を撮る前後のちょっとした会話が楽しい。レンズを向けられることに頑なな人ならなおさら、写真を撮らせてもらうようになるまで関係を深めることに重きを置く。ファインダーを通して、被写体の表情が変化していくことを感じる醍醐味は、撮る人間にしか味わえない。そして、撮った写真を本人に見て喜んでもらう楽しみも、撮る人だけの特権だと思う。
44才 北海道 未婚 男性

【断然撮られるほうが好き】10年前に家族でハワイ旅行に行った時、新婚さんに写真を撮ってほしいと頼まれた。当時は付き合っている人がいなかったのでラブラブな姿を見てねたましく思ってしまった。それ以来、撮られるほうが好きになりました。
32才 神奈川県 既婚 女性

【断然撮るほうが好き】フラッシュが苦手。集合写真など写らざるを得ない写真などをみると大概、半目になっているか、フラッシュに耐えるため口を一文字にして写っている。
39才 滋賀県 既婚 女性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】今より10キロ近く体重があったときは、撮られた写真(自分の体形)をあまり見たく(認めたく)なかったのですが、努力もせずに体重が減って10年以上たった今は写真の中の自分が気にならなくなりました。
58才 大阪府 未婚 女性

【断然撮るほうが好き】私は、非日常の出来事をできるだけ記録に残したいと思っています。例えば、旅の課程も、通り過ぎた町並みや、つまらなかった場所も記録に残したい。誰も撮影しない場所でも、あとで写真を見て、こんな場所を通ったんだ、ここはつまらなかったなぁ。等と思い出したい。時間が経ってから再訪やテレビなどでそういった場所を見ますと、感慨深い物になったりします。ですので、自分で撮影するしか無いのですよね。
49才 大阪府 未婚 男性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】私は写真を撮る暇があるのなら五感で体感し心に刻む事を優先します。しかし主人は私の写真を撮りたがり、全て拒んでいたら一度人物写真が一枚もない事がありました。その際「今後撮られる事を拒みません」と念書を書かされた事があります
47才 兵庫県 既婚 女性

【断然撮るほうが好き】人物でも花でも自然でも個性豊かな表情を撮るのが好きです。愛情を込めればいっそう素敵に撮れます。妻や娘の表情が素敵に撮れていると何度も褒められ、頼まれて他人を撮ったらつまらない写真になってしまった。また、マクロレンズで初めて花を撮ったら人の目では見れない表情に感動して病み付きになりました。
65才 東京都 既婚 男性

【断然撮るほうが好き】元々の素材が粗悪なので、撮られるのは苦手でして、もっぱら撮る方です。何年か昔、慰安旅行で幹事を仰せつかりまして、写真係としてデジカメとたくさんのメモリを持って出かけて、メモリをすべて使い切る勢いで写真を撮りまくりました。家に帰ってから写真を取捨選択し、75%程度捨ててから残りを会社に持っていって幹事長に見せたら、一言。「こんなに打率の良いカメラマンは見たことが無い。おまえはプロ並みの腕を持っているのか?」ですと。のんきな幹事長殿、これは上手に撮れている写真だけを持ってきたのですが。当時はまだ銀塩写真の影響が残っていて、デジカメでは、いらない写真はすぐに消せるという事実をなかなか飲み込めない人も結構いた時代でした。
52才 千葉県 既婚 男性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】撮られることも別に嫌ではないですが、撮る方が面白いです。特にカメラに凝っている訳じゃなくても、写真を撮ろうとすると、必然的に被写体をよく観察するので、当たり前に見ていた世界に新たな発見が生まれるからです。また、自分で撮った写真は時が経ってから見返すと、不思議とその時の気持ちも思い出したり、写真の楽しみはただの思い出と言う以上の、色んな事が含まれていると思います。
45才 東京都 未婚 女性

【断然撮るほうが好き】小学4年生の時から写真を撮っていて、写真は撮る方が好き。権利がうるさく主張されるようになってスナップが成立しなくなったので、風景写真を撮るようになった。写真を撮らせてもらっていいですか、と ときどき言われる。メールで送ってくださいというと快くOKしてくれるが、ほとんどのひとは送ってくれない。やはり、写真は撮る方がいい。
67才 兵庫県 未婚 男性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】多分撮られる方が好きなのですが…(人から大切に思われていると感じるから、でしょうか?)実際には一人旅の時の風景写真を撮ったり、好きな人と一緒にいる際に相手の了承を得てお店の人に頼んで一緒に自分のカメラで写してもらうことが主となっています…(^^ゞ
54才 福岡県 未婚 女性

【断然撮るほうが好き】自分用のデジカメを買って以来、撮るのが楽しくなりました。データで残せるので、何枚撮ってもかさばらないし、失敗しても何度でも撮り直せるので気楽に撮影できます。花や風景がほとんどですが、たまに葉っぱにとまってる虫をアップで撮ってたりするので、人に見せるときはちょっと気をつけないと引かれるかも…。
47才 大阪府 未婚 女性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】とにかく撮るのが下手。今はオートフォーカスだからいいが、昔のカメラで撮影したときなど、ピンボケがひどくて人物はまるで幽霊。今はデジタルだし、すぐにちゃんと撮れてるか確認できるからいいが、昔はフィルムの無駄遣いになるので撮らなくなった。
45才 東京都 未婚 女性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】撮ってもらうときって、自然な表情をするのが、なかなか難しい。撮ってもらった写真で、満足できる写真も少ないです。「私って、こんな顔してんの」ってがっかりすることもしばしば。鏡に映る自分と写真の自分はなんか違うと、いつも思います。
58才 東京都 未婚 女性

【断然撮られるほうが好き】自分から進んで写真を撮ろうとは思いません。いまはSNSに載せるためか、何でもかんでも写真を撮る方が多いと思いますが、写真を撮ることに気を取られて「いま」「そこにある感動」を感じることをないがしろにしていませんか?
41才 長野県 既婚 女性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】海外旅行が大好きな夫婦ですのでアチコチ取りましたが。当時は安い、調節も効かないカメラで撮った写真を、現像の上手な人が引き伸ばしてくれました。主人の同窓会の会場に掲載してくれたのですが、通りかかったプロのカメラマン達が、「これ面白い」と褒めてくれました。もちろんピントは甘いのですが、構図が良かったそうです。因みにガンジス河をボートで行った時、揺れるボートから女性達をとりました。インド女性の大きな御尻が並んでいて壮観!しかも水にぬれているのでぴったりスカートがお尻に張り付いている。隅には河に沈んで祈っている御婆さんがいます。本当に一瞬のシャッターでした。
57才 東京都 既婚 女性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】撮るのも撮られるのも好きなのですが・・。撮るのは人物以外を撮るのが好きです。撮られるのも好きですが、下手な人に撮られるとガッカリします(笑)。
44才 東京都 未婚 女性

【断然撮るほうが好き】モデルじゃあるまいし、写真撮られるのにいちいちポーズなんか作るのは面倒くさい。かといって、知らないうちに撮られるのもイヤだ。とは云うけれど、実は相手が気がつかないうちに、ごく自然な動きを切り取っていくのが好きなんです。だってその方が素直でおもしろい写真、話題のある写真が取れますから。けれど勝手なことに、自分の姿を残されるのは好きではない。ですから、まわりからヘンに思われても勝手といわれても撮る専門です。
63才 群馬県 未婚 男性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】私には写真撮影の才能が無い様で、妻に、下手くそはシャッター切るな、と厳命されております。新婚の頃のタイマー写真なんて、心霊写真かよ?の世界。映像の現場では撮られる事が多くてアルバムの整理が追いつきません。プロの写真は凄い。だからと言って舞台を踏むたびに撮影してくれなくても良いの!客演は記録しなくて良い世界だから、ね。舞台人としての本番の時には頼むけど。
54才 埼玉県 既婚 男性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】撮られるときに無理やり作る笑顔やピース(ピースはみんながやるので自分はよく親指を立てます)、はしゃいでるふりなどからシャッターが押されるまでの間に時空を止めるようなあの間合いが苦手、、、笑顔なのにやたら顔にシワがよってしまう、、、
46才 千葉県 未婚 男性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】撮ること自体は好きなのだが、風景などは自己満足なので自分の好きでいいけれど、人物を撮る、特に撮ってくれと頼まれた場合は、失敗してはならない、ナイスショットでなければならないと思ってしまい、プレッシャーなので好きじゃない。
50才 東京都 未婚 女性

【断然撮られるほうが好き】思い出になるし、あの時どんな服装だったか確かめたい、今年も同じ服と思われるのがいやなので、しっかり覚えてる人がいるんですよね。
64才 新潟県 既婚 女性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】食べているところを写されるのが嫌いです。もともと食事は欲求を満たす行為なので、他人が食べているところを写すのはひかえるべきなのですが。中学生のとき、先生がたまたま私を撮ったところが大口をあけて食べている姿でした。廊下に先生が撮った写真に番号がつけてあって欲しい写真は番号をメモして渡して写真をもらう仕組みになっていたのですが、わかりますよね?この後の私。結構深刻な状況になりましたね。学校に行けないくらい。今でも、めでたい席で食事している時など常に警戒心を持ったままです。こんなこともあって、写真を撮られるのは好きではありません。写真を撮りあっている中へ入っていくこともしません。

【断然撮られるほうが好き】もともと記憶力が強すぎて忘れる事ができないタイプなので必要がないのと、自分と真逆のタイプが友達にいてそいつは撮影などが趣味なので皆そいつにまかせっきりで。たまに届くメールに付属品として何年か前の写真が付いていたり、またそれが楽しみなヤツがいたり。そんな感じでまた行ってみようよと同じ場所で写真取ったり、社会人になってからはそれぞれ他県に分かれたりしているので写真で「その場所に」集まるのも楽しみになっています。まあ、そいつの人柄や写真のイマイチさが決め手ですね。
25才 高知県 未婚 男性

【断然撮るほうが好き】撮るにしても撮られるにしても、記録とか記念用のを別にして、自然な表情やしぐさをとらえたいと思います。だから、いいな、と思ってカメラを向けたとたんにニッコリピースされたり、撮ってあげるからそこに立って、とか言われるとつまらないなーと思ってしまいます。以前に、旅行先で、いつも写真を撮ってくださる方の自然ないい表情が撮れて、それをさしあげたとき、ご自身の写真があまりないこともあり、とても喜んでいただけて、自分もうれしかったことを記憶しています。
57才 東京都 未婚 女性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】撮られて、他の人が見て「楽しい」と思うような(要するに「美女でない」ということ)容姿の持ち主でもないし、あまり「身なり」にこだわる人間でもないので、撮られて「写真」として残されても、という思いがあるため。他人や景色を撮るほうが好きだし、他人が撮った写真を見るのが好き。ついでに見て「楽しい」(「美女」や「ハンサム」)人物の写真であるとうれしい。
42才 静岡県 未婚 女性

【断然撮るほうが好き】写真って、撮り手の技量とセンスで、実に仕上がりが違うのですね。(プロと仕事をしており、今もしている)構図がすっと決められるのは、門前の小僧で、少しは感覚がみがけたためかと思いますが、一方、写真の勉強をしたわけでもないのに、フェースブックにすてきな写真をアップする人もいます。
64才 東京都 既婚 女性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】昔は撮られる時どんな表情すればよいか分からなかったけど、最近は笑顔を作るのが上手くなったので(笑)、撮られるほうが好きになった。撮るのはいつもいい加減だから、嫌いではないけどそんなに上手くないので、やはりどちらかと言えば撮られるほうが好き。
46才 埼玉県 未婚 男性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】家族旅行でも、私の写真は一枚もありません。私を除く家族全員の写真は何時も私が撮るので必然的に写っていませんが、それで、良いんです。ファインダーを覗いた風景・表情は、私が記録する。その一瞬を一番早く私がとらえる。それだけで満足。
54才 東京都 既婚 男性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】高校生の時は撮ることが好きで撮ってばかり…振り返ると自分の映った写真の少ないこと!!今は自分から撮るみたいなことはかなり少なくなりました。
48才 静岡県 既婚 男性

【断然撮るほうが好き】カメラが好きで、写真クラブに入ってコンテストに応募したりしています。人に感動を与えられる写真を目指して撮りまくっています。でもイベントなどで撮って頂けます?と声をかけられスマホなどを預けられると困惑してしまいます。スマホ持っていないし撮りかたわからない。
72才 千葉県 既婚 男性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】カメラは好きで写真を撮る方が圧倒的に多いが、実は自分を撮ってほしい。とにかく自分らしい良い表情の写真に早くめぐり合いたい。
68才 東京都 既婚 男性

【断然撮られるほうが好き】モデルをやっていたし、子供のころから撮られなれている
58才 東京都 既婚 女性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】昔、雑誌社で働いていたときなどは人が足りないと被写体として頻繁に写ることが多く、なんとなく違和感を感じていた。逆にカメラマンの仕事を手伝ったりしているうちに、写真の撮り方などを教えてもらってそれなりに関心をもつようになったので、やはり撮るほうが楽しい。
49才 埼玉県 未婚 男性

【どちらかと言えば撮られるほうが好き】その時その時の表情が違うので。またどの様にすれば私の一番良い姿形が残るのか、を試せるので。しかしそれに対しては、夫と2人の時だけです。
69才 大阪府 既婚 女性

【断然撮られるほうが好き】どうも綺麗に撮れる!って自信がないので、ついつい楽な方にまわってしまいますねー。
49才 大阪府 既婚 女性

【どちらかと言えば撮るほうが好き】撮られるのは気恥ずかしいので、あえて言うなら撮る方。と言いつつも、先日、彼氏にシャッター音のしないスマホで写メを撮られてしまいましたが(笑)
28才 静岡県 既婚 女性

【断然撮られるほうが好き】プリントアウトするのが費用が掛かりかつ面倒である。だからあまり写真を撮らなくなった。
79才 東京都 既婚 男性