84%が「お金」の方が「時間」を使うより贅沢だと感じる

84%が「お金」の方が「時間」を使うより贅沢だと感じる

84%が「お金」の方が「時間」を使うより贅沢だと感じる

総計で見ると、「お金」が84%に対し「時間」が16%と、「お金」の圧勝という結果になりました。

■50代はお金よりも時間が足りないと感じている?
年代別で見ると、30代以下、40代、50代に比べて60代以上の方が「お金」と答えた割合が高くなっていたのが特徴的。ちなみに、最も「時間」の回答が高かったのは50代で、50代が最もお金よりも時間が足りない、と思っているのかもしれません。

「お金」が84%で「時間」が16%かー、予想以上に差が出たなー。でも私も「お金」です(^▽^)ホテルでゆっくりディナーとか、すごく贅沢だなーと思うんですけど、時間よりお金がないとできないですし。

アンケート実施日時:2014年10月10日〜2014年10月16日/有効回答数:4,542

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

【お金】普段はスーパーなどで1円、10円安いものを探しているのに、それを全て忘れて使い切る気持ちよさですね。いわゆる大人買いもそれに近いと思います。気持ちいいですよね。
53才 埼玉県 既婚 男性

わかりますー! これは気持ちいいですよね!>▽< 普段1円でも安いものを探しているのはこの贅沢のためだ、って思うので同感です★
調査団編集部: カワンヌ副団長

【時間】坂本九さんの『金の有る時きゃ 暇がない。暇の有る時きゃ 金がない。』という歌があってね。 その歌が流行った時、或るお年寄りが『両方有る時きゃ 寿命がない。』から若い時を大切にねと話してくれました。というわけで 時間が一番大切だと思います。
72才 埼玉県 既婚 女性

あぁあ…しみますね> < 若いうちの時間の使い方、無駄がないようにちゃんと考えたいです。
調査団編集部: マリカナ団長

【時間】タイム イズ マネーを叩き込まれたのが30年位前。でも20代前半です、ピンと来ない。明日働けば3万円。時間の価値なんて考えもしませんでした。でも、病気になって毎週病院通いになるとは、ね。こんな生活が6年続いています。週に6日で生活している勘定です。アッという間に一週間が過ぎて行きます。
54才 埼玉県 既婚 男性

アァッ、これは時間というか健康第一、というやつです(;ω;)少しでも早くよくなりますように!
調査団編集部: カワンヌ副団長

【お金】これを言っちゃ元も子もないかもしれないけど、優雅な時間の確保はお金あってのものなので、まずそこを押さえないと、ただのヒマは自営にとって苦痛なのです。貧乏性なのです。毎月きまった収入があればまた考えは変わるんだろうと思います。
50才 東京都 未婚 女性

【時間】結婚して「貧乏暇なし」の生活が続いたが、子供も独立して連れ合いも定年退職。残り少ない人生、元気なうちに一つだけでも好きなことをする時間を確保したい。お金の贅沢はできないので、せめて時間の贅沢、自分の時間を大切にしたい。
66才 神奈川県 既婚 女性

【お金】時間を使う=満足感(たっぷり時間をかけました。。みたいな)、お金を使う=後ろめたさ(「贅沢しちゃった」感)時間を使った「贅沢」は、たいてい後悔はしないが、お金を使った「贅沢」は必ず後で「遣わなかった方がよかったかな??」と自問自答することになる。
49才 神奈川県 未婚 女性

【時間】年金生活者は、時間を如何に有効に使用するかだけです。お金を出せば、何でも買えるとは、若い世代の言葉です。金で買えない時間も有ります。終活の時間を如何に活用するか高年者で無ければ理解できないと思います。
79才 愛知県 既婚 男性

【お金】お金がない人は何かを得るのに時間を多く使う。お金のある人は何かを得るのに多額のお金を払って短時間で済ます。時間をお金で買うのが最も贅沢。時間がかかるのが贅沢ではなく、時間がかかるところをお金で時短にするのが贅沢なのでは?
43才 神奈川県 既婚 女性

【時間】伊東四朗氏が山藤章二との対談で「朝起きて今日は何しようかなーといいながら何もしないのが一番楽しい」という大意のことを話していて、これだ!と。
49才 神奈川県 既婚 男性

【お金】ストレスは、主に国内旅行で発散してきました。特に連休などを利用して、飛行機や新幹線で九州や広島など、移動時間を短縮しようとすると、どうしても交通費がかさむ結果になります。よって、時間も大事ですが、そのためにお金を使う事が贅沢だと思います。
54才 北海道 未婚 男性

【時間】時は金なり。若い頃、年間の残業時間が4桁の時が何度かあった。寝る時間さえ足りない。そう感じた時、時間が最も大切であることに気付いた。今は、時間がかかるなら、バスやタクシーを使うのは合理的と考えるようになった。(ところでこんな無理して良く生きてるなあ、俺。)
55才 千葉県 未婚 男性

【お金】根がせっかちなので時間をゆっくり使うことがあまりないし、ゆっくりしてても「贅沢」感より「もったいない」感の方が強くなってしまって、最後には罪悪感が残ってしまいます。その点、お金はどんだけ使っても後腐れなく、「あー贅沢した」で終われます。
48才 東京都 既婚 男性

【時間】好きな音源を学生時代に夢だった機器で鳴らして本を読む、その時間の流れを楽しむのが好きだからです。しかしながら時間が大事と感じられるようになったのは人生の後半に金銭的に余裕ができたからなのも事実ですが。(所詮お金?)
59才 福島県 既婚 男性

【お金】本当は、時間が心の贅沢を感じさせてくれるものだろうから大事だと思うが、今はまだそんなゆとりはない。一生懸命稼いで、あっという間に高額な物を買ったりすることの方が贅沢だと感じてしまう。「お金は欲しいと思うな、惜しいと思え!」と教わった。
63才 滋賀県 既婚 男性

【時間】若い時は高価なものにあこがれていたのですが、いまは土いじりなどの時間をたいせつと感じます。とくに、家庭菜園でてしおにかけた野菜をたべたり、自分で釣りあげた魚を調理したりするのは最高の贅沢と思います。
72才 広島県 既婚 男性

【お金】贅沢な時間はお金で買えるのだと思う。ちょっとした手術で入院することになったが、ちょっと奮発して個室にしてもらった。本当ならピンチであたふたするところだったが、初めての入院ライフを楽しもうと思えた。
54才 兵庫県 既婚 女性

【時間】自分にとっては慌ただしくない時間を過ごすことがシアワセだと自覚したから。そのための環境や時間の確保に投資が必要なこともあるため、一概にお金と時間を切り離せませんが、私にとって「お金」は手段です。
48才 岐阜県 既婚 男性

【お金】お金が無いとやりたいこともできないし欲しい物も買えない、第一 気持ちに余裕が無くなってしまいます。今はお金です。時間は退職すればいくらでも出来ますから。
58才 東京都 既婚 女性

【時間】必要以上にお金を使うことは無駄だと感じ、贅沢だとは思っていない。本当に贅沢なのは、すべてから解き放たれた自由な心で、ゆったりと流れる時間を過ごすことだと考えている。
59才 神奈川県 未婚 男性

【お金】平均年齢を超えたので、時間は「おまけ」感覚になった。年金は下がり、賦課金はは増えるばかりなので、お金は「貴重品」になっている。
84才 京都府 既婚 男性

【時間】じっくり時間をかけることは、自分自身や仕事などを熟成させるために必要不可欠である。お金では解決できない。最高の贅沢と言えないだろうか。
54才 兵庫県 既婚 男性

【時間】現在朝4時半に起きて、10時には寝る生活。たまにどこかに泊まりに行った時、夜更かししてしかも朝も6時過ぎまで寝ていられると、本当に幸せだと思うから。
55才 岩手県 既婚 女性

【お金】たいした予算はかけられないが、旅行に行きその土地、土地の観光名所やイベントいつもより少しだけ奮発した夕食…それからお土産。時間はたっぷりあっても財政的に厳しいので、少しお金をかけた、たまの旅行が我が家のかけがえのない幸せな瞬間だから。やっぱりお金が贅沢かな〜
50才 神奈川県 既婚 男性

【時間】この年齢になると、新たに欲しい物はあまりありません。一方で時間が大切になり、よい時間を過ごすことに無上の幸せを感じます。
77才 東京都 既婚 女性

【時間】時間は、有るようで無い。その無い時間を、何か好きなことにじっくり使うとすれば、それは、とても贅沢なことだと思う。
38才 北海道 既婚 男性

【お金】時間については、例え大富豪であっても何かするのに時間を浪費するわけですし、余命が判っているなら別として、無駄にしたと言う概念こそあっても贅沢に使ったと思えないです。お金は、目に見える数字としてだけでなく物質として存在し、常に残りが幾らか実感させられるので、現実的に「贅沢」を感じえます。
39才 東京都 未婚 男性

【時間】心が安らぐのが一番の贅沢だと思います。お金はそれを実現する道具です。もちろん私は生活のためにお金は必要です。でも、自由に使える時間や、お気に入りの場所、趣味、道具へのこだわり、交友関係などはお金で手に入れてきたものではありません。時間と自分の人生の歴史から自然と身についたものです。いったい何が贅沢なのかという問題になってしまいますが、「高いもの食って、似合わないけど金のかかるカッコをして、自分の身の丈に合わない立派な家に住む」ことが贅沢だとは思えません。

【お金】自分の好きなように時間をたっぷり使うことは、まさに心の贅沢。しかし、今ある物で我慢し続ける倹約を覚えた私は、お金を使うことこそが贅沢。なんだか貧乏性。
44才 北海道 未婚 男性

【時間】子供のころ、ひな人形がなかったので、大人になってから手芸の通信カタログで吊るし雛をつくるのを見つけて、時間をかけて作りました。出来上がったとき、何とも言えない嬉しさと、手作りの贅沢な気持ちで心がいっぱいになりました。
48才 愛知県 未婚 女性

【お金】一つは、今自分にとって少ないものを使うのが贅沢ということで、昔は時間がないと思っていたから時間を使うのが贅沢だったけれど、今や時間はあるから、お金が掛かるのが贅沢ということになります。もう一つは、贅沢=もったいない、ということで、そういう意味では、無駄に時間を使うことは贅沢だし、有効に使えるものをあえて使わないのも贅沢といえます。
65才 大阪府 既婚 男性

【時間】お金は全くないですが、人生の折り返し地点を曲がったんだなぁ〜と思うと残された時間はあとどれくらいあるのか?残りの時間の中でどれくらいの贅沢な時間を過ごせるのかな?と最近考えるので。
45才 静岡県 既婚 女性

【お金】少し遠いところに電車で移動する時、乗換案内などで検索してヒットしたルートの中から、いつも、時間はかかってもお金の安いルートを選ぶ傾向にあるので(笑)。
46才 埼玉県 未婚 男性

【時間】買い物をしていても時間にせかされていると、本当に納得のいく物は見つけられていない気がする。時間をかけてゆっくりと見て回れる方が、例え金額的に安くても満足でき、結果、心が豊かになれる気がする。
50才 茨城県 既婚 女性

【お金】旅行好きとしては、移動手段が重要。まず目的地まで手段を考えます。飛行機、新幹線、クルマ…これは「お金で時間を買う」ようなもの。逆に昔のようにのんびりという場合、クルーズとか、最近はやりの豪華列車なんてことになる。どっちもお金かかるし、お金をかけないとするとドン行とか高速バス。でもこっちはちょっと「キツい」。なのでお金かける方が贅沢かなぁ…って思います。
49才 東京都 既婚 男性

【時間】お金はあればあるで使ってしまい、無ければなしでそれなりに生活でき、それなりに天下の回りものだと思います。ただ、時間を有意義に使ったと実感出来るのは、なかなかないものです。
65才 愛知県 既婚 男性

【お金】大抵の無駄遣いは「めんどくささ」から逃げるためにあり、世の中の商品やサービスの大半は「めんどくさい、考えたくない」と思わせることを計算に入れて作られていると考えている。よって「余分なお金を使う」=「怠けた、楽をした、手を抜いた、そこにつけこまれた」という意味だと思い、多少は反省するようにしている。あくまで多少ですが。
45才 東京都 既婚 女性

【時間】年をとってきて、忙しくなり、いままでゆっくり時間を取っていられた事柄もできなくなってきました。なので、一つの事柄に時間をかけてできれば、なんか贅沢した気分になります。時間って、大事だなあって考えますねえ。
59才 広島県 既婚 女性

【お金】仕事柄、時間はわりと自由になりますがお金は自由にならない。フリーで仕事をしているとサラリーマンのように毎月給料が入ることはないから。逆に、たまにお金が入ってくるとちょっとだけ贅沢してしまう。
48才 奈良県 未婚 男性

【時間】毎日仕事漬けでプライベートでゆっくりする時間がない。仕事をするのはお金がないからなのでまずはお金を使う以前に仕事をしなくてもいい時間をとれるというのが最高の贅沢と感じる。近い将来、お金の余裕ができ、仕事漬けから解放されるといいなあ。
46才 北海道 未婚 男性

【お金】いつも節約を心掛けて予算内での生活をしていますが、たまには、お金・金額を気にせずに、欲しいものの買い物やショッピングを楽しんだり、高価な食事をした時の 優越感 は、やはり「おかね」と思います。
65才 北海道 既婚 女性

【時間】時間はどんなに努力しても戻せないから。その戻せないものを「無駄だな。もったいないな〜。」と思いながら、「今はこれで良い」と考えて過ごす「時間」が「最高」と思っています。
57才 愛知県 既婚 男性

【お金】『青春18きっぷ』で旅行をするのも素晴らしいですが、私は限られた時間で動くことが多いので、移動は新幹線がメインになります。そうなると『時間はお金で買えるなぁ』と思ってしまいます。
47才 東京都 未婚 女性

【時間】時間をぜいたくに使うためには、お金も伴うと思います。南の小さな島に1週間以上滞在して、美しい海を眺めながら好きな本を思う存分読む。そして、夜はゆっくりお酒を飲む。
43才 東京都 既婚 女性

【お金】一般的なサラリーマンの定年退職後の生活では、公的年金等で収入が増加する事がない。それよりも増税等での支出増加があるので生活が不安。その様な状況下では、お金が大事と思っています。
63才 千葉県 既婚 男性

【時間】他人からみると金銭的な贅沢はたくさんしてきたが、いずれも限られた時間の中で行っている。時間の制限がなくゆっくりできることは、お金を使うより贅沢だと思う。
59才 群馬県 既婚 男性

【お金】時間は後先考えずにいくらでも贅沢に使えるけど、お金は切実な問題として無いものは出せないし使えないので。不可能な分お金を贅沢に使うことは、よりありがたみが増します。
47才 福岡県 未婚 女性

【時間】お金がたくさんあってもなくても、自分の生活はほとんど変わらないが、時間があるのとないのとでは、生活も、こころのゆとりも全く違う
48才 東京都 未婚 女性

【お金】時間の贅沢な使い方は、いつでもできるが、お金は欲求に上限がなく、いつでも好きなだけ贅沢出来るのであれば、おそらく際限なくするであろう。お金ないけどね。
51才 神奈川県 既婚 男性

【時間】お金は沢山使うのと満足は比例しない。 時間を沢山使うのと満足も比例しない。 でも、満足した時間の方が貴重と思うから。
50才 神奈川県 未婚 男性

【お金】おそらく時間がある時には「お金」と答え、お金に余流がある時には「時間」という答えになるのでしょう。なかなか両方を同時に楽しむことはないようです。
45才 東京都 未婚 女性