紙のカレンダーを選ぶとき重視していること 1位は「余白がある」

紙のカレンダーを選ぶとき重視していること 1位は「余白がある」

紙のカレンダーを選ぶとき重視していること 1位は「余白がある」

総計で見ると、1位は「書き込みできる余白がある」で62%、2位は「サイズ(A4サイズ、など)」で42%、3位は「卓上か壁掛けか」で35%、4位は「前後の月も書いてある」で32%、5位は「好きな人物・風景・イラストが入っている」で31%、ココまでがすべて3割超えでした。

■女性の方がいろいろな点を重視してカレンダーを選んでいる
男女別で見ると、ほぼすべての選択肢について女性の方が高い回答率となっており、女性がいろいろな点を重視して選んでいることがわかります。特に差が出たのは「好きな人物・風景・イラストが入っている」で男性が28%に対し女性が39%と11%の差がありました。

1位は「書き込みできる余白がある」、わかります〜! 私も紙のカレンダーを使うならいろいろ書き込みたいので余白はほしいですし、書きやすい素材だといいなと思ってます(*´▽`*)

アンケート実施日時:2014年11月7日〜2014年11月13日/有効回答数:4,301

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

海外在住の友人へのプレゼントとして、毎年日本語の言葉遊び(ダジャレや川柳など)の入ったものを選んでいます。オフィスに飾って一人ほくそえんだり同僚とのコミュニケーションツールにしてもらったりということでお役に立っているみたいです。
45才 東京都 既婚 女性

海外在住の友達へのプレゼント、日本語Tシャツとかはよく聞きますが、カレンダーいいですね! 今度誰かにあげたいφ(・ω´・+)メモメモ
調査団編集部: カワンヌ副団長

月が変わるたびに破り取るタイプでは無いタイプのカレンダーを使用。子供が生まれてからのをずっととっており、時々見返してみると、その時の状況が思い出される。家族の歴史を振り返る1つになっています。
50才 山形県 既婚 女性

子供が生まれてからずっと、というのがまるでアルバムのようでとてもステキだなと思いました(*´▽`*) 成長したお子さんとそれを見返しながらいろいろな話をされているのが目に浮かびます〜。
調査団編集部: マリカナ団長

周りの雰囲気に溶け込む物が良いですね。でも個人の好みはほどほどにしておく必要も感じます。例えば私はすっかりいい年をしたおっちゃんですけれど、心密かにリラックマのカレンダーなんかを見ていると、本当に可愛いと思ったりして買いたくなったりします。(笑)ですが、どう考えてみても、自分には似合わないし、自宅にあっても違和感が強烈。職場の雰囲気にもそぐわない。結局、自分で使う物としては選べないのがちょっと残念です。
49才 大阪府 未婚 男性

男性がかわいいカレンダーを使っててもギャップがあってかわいいなーと思いますが^▽^ でも置いていて違和感があるのは自分が落ち着かないですかねw
調査団編集部: カワンヌ副団長

我が家は昔から日めくりを飾っています。去年から、あらたに見つけた四字熟語入りの日めくりカレンダーを毎日めくり、毎日四字熟語を見ながらすごします。いろいろ勉強になりますね。ん〜、でも自分の部屋は写真がきれいなもの。今はJALの飛行機です。
40才 東京都 未婚 女性

食卓の側には電話をしながら書き込めるよう、毎月の小さいカレンダー。このカレンダーのサイズが欲しくて学術的な特殊な本を売る店で本を注文するので高いカレンダーです。一度ネットで調べたら100部単位でしか売らないので単価210円のカレンダーのために主人は数千円の本を買っています。
57才 東京都 既婚 女性

鉄道雑誌の付録で手に入る壁掛けカレンダーを居間に飾っています。50年来のテツなので見るとなごみますね。ただ、視力が弱いので日にちとか読めません。鉄道写真見るだけです。2冊手に入った年にはトイレにも飾ります。普段は広告入りのデカいものを目の前に張って有ります。
54才 埼玉県 既婚 男性

今、家にある紙のカレンダーのほとんどが、自分や家族が撮影した写真を自宅のプリンターで印刷したもの。その年に撮りためた写真をまとめて好きな写真を選び、翌年のカレンダーを印刷します。日付(玉というそうですね)はネットで書体の美しいものをダウンロードして使います。
53才 東京都 既婚 女性

卓上では、日めくりを2点使用。ひとつは、置き物(ダックスフンドの背中部分にサイコロ仕様で月・日・曜日を置く)も兼ねている、金属でできたもの。毎朝、犬の散歩に出る前にめくって、一日のスタートを切る気持ちで使用。もうひとつは、ブック型。相田みつを美術館で購入した、その日ごとの言葉が出てくる1ヶ月循環型。何回もめくることで、言葉をかみしめています。さらに、壁掛け用では、予定を書き込める1ヶ月でめくる風景・お花等の絵や写真が楽しめるものを使います。
59才 東京都 既婚 女性

カレンダーは家の中8か所の決まった場所に掛けています。大きさ、意匠は決めてあり、10月ごろから始まる新年度カレンダー展を待って、其のシリーズのものを買い求めて準備します。カレンダーは毎日目にして一年間続くもの、突飛なデザインや奇抜な絵柄は避けます。インテリアとしてその場の雰囲気にしっくりするものを、かなりこだわって選びます。花好きですので、結果は花の絵柄が多くなります。
77才 東京都 既婚 女性

トイレには画家の描いたもの、自分の部屋は有名人のイラスト画、リビングは予定が書ける程度のあまり大きくないものを貼り付けます。トイレと自分の部屋のは、毎年行き付けのガソリンスタンドとタイヤ販売店がくれたものを使います。トイレは毎朝の気分を落ち着かせるため絵の模様が一番です。自分の部屋用は、小島功さんのイラストなど、遊び心のある明るいものが好きなんです。
72才 東京都 既婚 男性

壁掛けカレンダーは実用本位、部屋の端からでも日付と曜日が判るものでなければNG。卓上は多少写真やイラストがあってもいいけど、アイドルや芸能人のカレンダーは見るもの使うものではなく眺めるものなので主旨から外れる。カレンダーは年末に捨てるのが我が家のルールなので、下手にひいきのタレントだと未練が残るのであえて選ばない。
49才 神奈川県 既婚 男性

1年間の1枚モノと月めくりとを並べて使用する。カレンダーのスタイルはずっと同じものを維持する(年が変わったところで仕事が途切れるわけではないから)。そのために毎年同じモノ(伊東屋製)を買う。同じようなスタイルのカレンダーをもらえることを期待するより、買ったほうが確かだから。
66才 兵庫県 既婚 男性

PCや電子端末のカレンダー機能が普及したが、気になったときに一瞥で把握できる紙のカレンダーはやっぱり必要。電源を入れたり、端末を手に取ったりする必要もない。だからこそ、一目で曜日と日にち、予定日までの間隔が把握しやすい見易さと、いつも目に入る動線を意識した場所に置いておくことがとても重要。
44才 北海道 未婚 男性

カレンダーとしての機能は紙媒体には不要なので、空間に置きたい芸術性やジャーナリズムとしての卓越性をもったものがあれば使います。カレンダーは機能としてではなく、その芸術性の一部として、また、こんなに美しいのに1か月で捨ててくださいという潔さとして評価されるもの
34才 東京都 未婚 男性

部屋に掛けるものは、例年決まって好きなグループのライブグッズのあるカレンダーと決めています。その他の部屋にはいただいたものの中から素敵な風景であったり、かわいいイラストであったり、書き込める欄があるものであったりと、日付だけ以外のものから選んで掛けます。
54才 兵庫県 未婚 女性

ある企業(鉄道会社)が毎年売り出すカレンダーは自分の居住地に近い場所(九州管内)の名所や美しい自然風景を「行ってみたい」と思わせる、いい写真で提示している。壁に飾る写真としても上々。実際に、写真の風景を見に日帰りドライブを楽しんだことが数度ある。
74才 福岡県 既婚 男性

台所のカレンダーは書き込みのできるもの。100均で買います。リビングにはお気に入りを掛けます。これは毎年岩合光昭さんの猫の写真のカレンダーと決めています。迷うのは「日本の猫」にするか「世界の猫」にするか「のら」にするか。それだけ。
53才 東京都 既婚 女性

毎年発売日が待ち遠しいカレンダーがあります。和紙で丁寧に作られ、四季の水彩画が優しい画風で描かれている。しばし鑑賞していると、心が安らぎます。ちょっと値ははりますが、お気に入りのカレンダーです。
49才 東京都 既婚 男性

若い頃はインテリアとして綺麗な高価なカレンダーを購入していたが、子供が中高生になると部活、学校行事、主人飲み会(食事いりません)等、書き込み部分が多いカレンダーになりました。
49才 福岡県 既婚 女性

自分用のカレンダーは買わない。新聞屋さんが毎年くれるカレンダーをメインに使っている。海外の友達に毎年日本のカレンダーをプレゼントしているので、先方からも美しいカレンダーが送られてくる。
47才 東京都 未婚 女性

●壁掛けカレンダー:猫屋敷なので、写真はこねこのもの。日の余白に書き込みができるもの。前後の月がのっているもの。新鮮さがほしいので、1か月1枚になっているもの。●卓上カレンダー。:その日の下に予定を書き込めるもの。一目見て予定を組みやすいから。前後の月のカレンダーの並びが乗っているもの。六曜がのっているもの。ちょっとゲンを担ぐので。
36才 大阪府 既婚 女性

B5サイズの壁かけタイプ(それを机に置いて使っている)であること。メモできる余白が大きく数字と曜日だけがわかればいいこと。日曜から始まっていて、日曜と祝日の数字には色がついていること。この3つは、絶対譲れない条件です。ただし、3つの条件がそろっていれば、ほかの情報が少々掲載されていてもOK。ちなみに今年は料理のレシピ付きのものを使っています。
58才 東京都 未婚 女性

パソコンやスマホなどに美しい風景写真を壁紙に使わなかった時代は、風景画とか各種乗り物の写真、ペット写真などが載ったカレンダーを好みました。最近はより実用重視で日付がハッキリしメモが書ける数字だけのカレンダー(字レンダー)が我が家では好む様になりました。カレンダーに対する世の中の趨勢も同じ様に感じられます。
75才 埼玉県 既婚 男性

家族が気に入ったカレンダー(動物の写真のものが多いです)。お気に入りの動物園のカレンダーは毎年トイレに。企業からもらい重宝するのはトヨタのカレンダー。こちらには家族の予定を書き込みます。狭いリビングだけで3、4枚ほど飾ってます。来年分は自分の部屋のカレンダーをやめてしまいました(見ないので)
36才 北海道 未婚 女性

断然!日曜始まり。今更月曜始まりにしてしまうと、土日を間違えてしまう。あとは絵や写真のないもの。月ごとだと、飽きてしまうし書き込みをしたいので、その分のスペースが無駄になってしまうので。もうひとつ付け加えるとしたら、子沢山なので学校行事や其々の子の行事を書ききれるだけの余白容量を持ったもの
50才 東京都 既婚 女性

我が家では、電話機の前は書き込み重視、PC前は花、トイレは山、卓上は動物モノと決まっています。特に花のカレンダーは、翌年、写真の部分をダイニングテーブルの装飾に使うので、色合いや花の種類が揃っているものを選びます。
42才 神奈川県 未婚 女性

BOOK COVER に転用するので、それに相応しい判形の風景写真がメインで紙質も良いもの。でありさえすれば、ある意味では年度は気にしないとも言えます。はい。
67才 愛知県 未婚 男性

美しいながらにもセンス・オブ・ワンダーのある写真。最近のヒットは一昨年購入したウミウシの写真のカレンダー。
48才 岐阜県 既婚 男性

日にちだけのシンプルもいいけれど、忘れてはいけない予定・事項の予定表としても使用していますので、壁掛けは日付の字の見やすいこと、予定の書き込みの出来る等の実用性重視で選んでいます。加えての実用上の条件は、欄外に、卓上は付箋を貼る余裕があること、壁掛けはメモを貼れる余裕のあることです。この面では、頂くものは無料だし、大抵カレンダー下部に企業名の表示があるので、この部分を活用させて頂いています。そして、七夕や節句等新暦(太陽暦)に移されている行事もありますが、十五夜、冬至等旧暦行事もまだ生活上では生きていますので、六曜とともに陰暦(行事だけでも)が小さくてもいいから必要と思ってます。
64才 群馬県 未婚 男性

結構いろんな所からいただくので、その中で写真や絵が綺麗で大きいものは玄関、大きめで余白が多いものは居間や台所、など、用途別に選んで置き場所を決めていきます。自分好みのものを買って飾りたい気持ちはあるけれど、家中に飾ってもまだ余るくらい貰うので、わざわざ買うのは勿体なくてできません。
47才 大阪府 未婚 女性

基本的に戴くカレンダーの内、綺麗さ・使いやすさで残るものが決まる。基督教徒なので宗教行事日程が記載されているカレンダーを別途購入する。因みに春分を確定するのはローマ法王と言われている。これによりイースターが決まると言われている。イースターは年により変わる。
82才 東京都 既婚 男性

B1サイズくらいのでかい年間カレンダーが一番好きです。景気の良いころはデザインもいろいろ選べて絵画的というかポスター的にも楽しかったけど、今はハンズなどの専門店に行かないと無くて、しかもデザインも無難なものに落ち着くというか選択肢がないのが寂しいですね。
50才 東京都 未婚 女性

やはりインテリアの一部としてデザインや写真が好みのものであることが多いです。台所には書き込みの出来るタイプ、リビングには素敵な風景写真を使ったタイプ、息子の部屋には自衛隊カレンダー、トイレには犬猫や花の写真タイプ、寝室には……余ったものですね。
48才 北海道 既婚 男性

「2か月分表示の書き込み式壁掛けカレンダー」をメインに、インテリア代わりの「風景写真画カレンダー」「名画カレンダー」「ピアノの上の置物代わり」とか、家中にいろいろな種類のカレンダーを置いているので、それぞれで一番センスの良いものを選んでいる。
75才 東京都 既婚 男性

壁掛けは、とにかく大好きなものであること。絵や写真やデザインや機能のどれかが。自分の家の中で見た瞬間に幸せになりたいから。 卓上はシンプルで機能第一、見やすくわかりやすく書きこみやすく場所をとらないこと。時間や手間の無駄はなくしたいから。
51才 大阪府 未婚 女性

基本的に、毎日見るものですから(自然に目に入りますしね)、やはり、自分が観て楽しい物、好きなものじゃないといやですね。それから、やはり、最低、ひと月に1回はめくれるものがいいです。気分が変わりますからね、なんとなく。
48才 千葉県 未婚 女性

月カレンダーの上部に前後2カ月分の暦、下部に1年分の全ての暦が印刷された紙がぶら下がっているので、先々まで見通せてとても便利!ここ数年同じものを使っています。
50才 千葉県 既婚 女性

介護している姑は認知症で白い壁を怖がるため、出来るだけ大きくて色が綺麗で花や季節のイラストが描いてあるものを選んで、最初から一枚ずつばらして貼っています。訪問看護の看護師にも通院などの説明もしやすいので。
49才 北海道 既婚 女性

月曜日はじまりであること。リング式でめくるタイプで、めくった裏側、つまりカレンダーの反対側が、メモしたり、付箋を貼るなど、活用できる余白スペースであること。
53才 大阪府 未婚 女性

毎年、同じカレンダーを購入している。シンプルで必要十分なので、とても気に入っている。カレンダーは最大一年のものなので、気に入った絵や写真だともったいない。
47才 広島県 既婚 女性

常に頂いたモノを使用しておりますので、特にこだわりはありません。ただ寝室に飾るものは、中でも落ち着いたものを選びます。
47才 埼玉県 既婚 男性

書き込みスペースがあること、大安などの表示が付記されていること、インテリアとしての一翼を担えるクオリティであること。
51才 京都府 未婚 女性

パソコンの近く目の入りやすいところに2〜3冊ないと、不安を感じる。(何でもいいがメインは書き込みが出来ること)
66才 岐阜県 既婚 男性

最近は100円ショップでも侮れない。大きくてシンプルなのがすきなのでこちらで購入。
47才 京都府 未婚 女性

各部屋に一つずつ置いています。それぞれの部屋に合わせたカレンダーを飾っています。ダイニングには、大きな数字で六曜の記されたものを置き、洋室には風景写真がメインのカレンダーを、和室には日本画で花をテーマにしたものをそれぞれ置いています。
64才 神奈川県 既婚 男性

最近は「宗教色が強い」などの理由で六曜を記載していないカレンダーが増えていますが、まだまだ日本人の生活には重要な関わりがあるものなので、必ず六曜が記載されているものを選びます。

予定を書き込めない、24節季72候歳時記カレンダーを買ってます。月の満ち欠けも描かれてて、とても気にして毎日確認して見てます。予定を書き込めるカレンダーはインテリアの一部として気持ちのいい写真と程よい書き込み部分があるのが良い。
66才 東京都 既婚 女性

電話機近くや自分の机上に置くカレンダーは予定表がわりの役目なので、日付が見やすかったり余白に書込みしやすかったりと、実用的なものを使っています。一方、リビングなどに掛けるカレンダーはインテリアとしての機能を重視しているので、見た目やデザインの良いものを選ぶようにしています。
46才 埼玉県 既婚 男性

毎日見るものなので、景色であれ、動植物であれ、イラストであれ、絵柄がきれいで上品なものがいいです。また、壁掛けであったら、日付の数字もクリアで読みやすいものがいいです。前後の月が小さく入っていれば、なおいいいです。
62才 神奈川県 既婚 女性

仕事用は、書き込みができること、六曜の記載があること、卓上に置けることなど実用性にこだわりながらも、ちょっと花などの絵があり、自分の好みであることも重要視する。家にあるものは、ほとんど毎年いただくものも含め、ここにはこれという定位置と種類が決まっている。
57才 東京都 未婚 女性