41.9%が米国と中国の関係は「今後は険悪になっていく」と予想

41.9%が米国と中国の関係は「今後は険悪になっていく」と予想

41.9%が米国と中国の関係は「今後は険悪になっていく」と予想

米国と中国の関係は今後どのようになっていくと思うか調査しました。「分からない」の14.7%を除くと総合で最も多かったのは「険悪になっていく」で41.9%、次いで「変わらない」で39.0%、「良好になっていく」で4.4%の順でした。

■最多は50代以下では「険悪になっていく」、60代以上では「変わらない」

年代別に最も多かったのをみてみると、50代以下では「険悪になっていく」、60代以上では「変わらない」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
「良好になっていく」 5.9%
「変わらない」 26.5%
「険悪になっていく」 41.2%
「分からない」 26.5%

【40代】
「良好になっていく」 2.9%
「変わらない」 31.2%
「険悪になっていく」 45.8%
「分からない」 20.1%

【50代】
「良好になっていく」 3.4%
「変わらない」 39.5%
「険悪になっていく」 41.2%
「分からない」 16.0%

【60代以上】
「良好になっていく」 5.6%
「変わらない」 41.7%
「険悪になっていく」 40.6%
「分からない」 12.1%


地域別にみてみると、「険悪になっていく」と予想した人が「変わらない」より多くなっていた地域は、東北、関東、北陸・甲信越、東海の4つの地域です。中でも一番割合が高かったのは東海の44.0%でした。

アンケート実施日時:2018年11月30日〜2018年12月06日/有効回答数:2,231

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing