カラオケで人が歌っていて楽しいと思うのは「なつかしい、思い出の歌」

カラオケで人が歌っていて楽しいと思うのは「なつかしい、思い出の歌」

カラオケで人が歌っていて楽しいと思うのは「なつかしい、思い出の歌」

総計で見ると、「特にない」の35%を除き、1位は「なつかしい、思い出の歌」で33%、2位は「みんなが知っている歌」で27%、3位は同率で「みんなで歌える歌」と「うまい歌ならどんな歌でもいい」で18%でした。

■上の世代ほど「なつかしい、思い出の歌」を聴くと楽しめるよう
年代で比較すると、「なつかしい、思い出の歌」は30代以下が22%に対し60代以上が39%と大きく差が。上の世代ほど「なつかしい、思い出の歌」を聴くと楽しめるようです。逆に「流行りの歌」や「プロモーションビデオがついている歌」などは若い世代のほうが高い回答率となっていました。

「なつかしい、思い出の歌」はいいですねー! 特に同世代の子と一緒に行ったときに昔はやった歌を歌っているのを聴くとあのときあんなことあったよね! って思い出して盛り上がれたりします≧▽≦

アンケート実施日時:2014年12月19日〜2014年12月25日/有効回答数:3,508

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

50年あまりの人生の中で、カラオケに行ったのは2回ほどです。しかし、数が少ないだけに、よく覚えています。1つは、会社に入社したときの泊まり込みの新人研修の時。学校時代の音楽の成績は悪い方ではなかったので、歌には少し自信があったのですが、私が歌い終わったとき、死ぬほど笑い転げていた先輩が一言。「おまえは歌は下手ではない。むしろうまい方だ。しかし、めちゃくちゃわがままで強情だ」。後で同僚に聞いたら、演奏のキーと全く違う自分のキーで最初から最後まで釣られることなくはずすことなく完璧に歌ったと言われました。(意味わかりますよね?)これも才能の一つだとまで言われました。二つ目は、生まれて初めて行った合コンで、私と話が盛り上がった女性がいまして、チャンスと見た幹事が私とその女性を強引に二次会のカラオケに引っ張り出しました。その女性とデュエットを二曲くらい歌った後、電話番号を交換して帰りました。2年後、その女性と結婚しました。幹事に感謝しています。
52才 千葉県 既婚 男性

演奏のキーに全然つられずに歌い続けるってすごいと思いますw そしてまさか2回中1回のカラオケでそ、そんな…う、うらやましい(T//T)
調査団編集部: カワンヌ副団長

今の彼と付き合い始めて間もなく、一緒に歌ってほしい歌があると言われ、プリントした歌詞カードを渡されました。とても難しい歌で彼もろくに歌えない状態。そこでお互いにユーチューブで練習を重ね、3カ月後ぐらいにカラオケに。二人とも完璧にに歌うことができて大満足。先日、2年ぶりくらいに一緒にカラオケに行ったのですが、同年代なので懐かしのメロディーを歌いまくり、最後に、例の歌で締めました。一生の思い出になる歌との出会いでした。
59才 東京都 未婚 女性

一緒に歌えるようになるまで練習した一生の思い出になる歌…いいですね〜いいなぁ…(*´///`*) 歌えなくてそのまま、ではなくて3カ月もかけて練習したからこそですよね、ステキです。
調査団編集部: マリカナ団長

とっても歌の上手な上司がいて、北島三郎の祭りを歌うと、本当にウットリする位上手くて、必ず眼を閉じて聴いていましたが、他の女性も皆眼を閉じています。何故なら眼を開けるとギャップがあったので。40年もの昔の話です。今では笑い話です。
69才 大阪府 既婚 女性

アハハ、ウットリ…だけで目を閉じてたわけじゃなかったんですねw 他の女性もみんな正直者だなー。笑 たぶん私がその場にいても同じことをしますがw^▽^
調査団編集部: カワンヌ副団長

趣味のスクールで仲良くなった人達とスクール終了後もたまに集まっていました。5年ほど前ですが、新年会があり、そのあとカラオケに行きました。パーティグッズというのか扮装グッズというのか、ちょんまげや町娘のカツラ(プラ素材?)鼻眼鏡や目を描いてある面白眼鏡等々を多数持ち込んだ人がいました。「みんな、これ着けて歌うんやで」。持ち主以外は全員初体験で大喜び。自撮りをしたりお互い撮りあったり。もちろん歌も忘れません(笑)。最後にその扮装のまま全員で記念写真を撮ってお開きになりました。その写真はフレームに入れて飾っています。ちなみに出席者8名の平均年齢は当時で60歳くらい。アラサーの倍、あらうんど60のおじさんおばさん大はしゃぎの巻でした。とても楽しい想い出です。
66才 大阪府 未婚 女性

ジャニーズの曲しか歌ってはいけない会とか、90年代の曲しか歌ってはいけない会など、参加するメンバーの年代や趣味に合っているカラオケは楽しかったです。特にジャニーズの曲しか歌ってはいけない会の時は、参加するメンバーの年代は幅広かったですが、40代の人は郷ひろみさんとか近藤真彦さん等の曲、30代は光GENJI・SMAP・KinKi等の曲、20代はキスマイらの曲を歌い、年代が違っても楽しめる会だったので、良かったと思います。
36才 静岡県 未婚 女性

もう35年位前のことになるが、当時勤めていた会社でクリスマス会のカラオケ大会をする事になった。当時カラオケをするには、今の様なカラオケボックスはなく、スナックに行って歌うしかなかった。そんな時よくスナックに行くから、ということでカラオケ大会の8人の選手のひとりに私が選ばれた。その日から、恥をかいてはいけないから、ということで行きつけのスナックに行ってはマスターに歌を聞いてもらい、ここがいけないからこう直すというふうなことを何回か続けた。その甲斐があったのか大会で優勝することが出来、社内でもちょっと有名になったかな、という気がした。最近でも、カラオケに行ってその時に歌った「宗右衛門ブルスース」を歌うときは当時の事を思い出して楽しくなる、と同時に1回5,000円近くのお金がかかったはずなので、一体いくら使ったのかちょっと気になる。
73才 愛知県 既婚 男性

普通のカラオケにはほとんど入っていないアーティストのカラオケに、ファンの仲間と行く。最初は、一番たくさん入っているところでも、他の歌手への提供曲も含めて最高5曲で、それを2時間延々と何度も繰り返しみんなで歌い続けていた。それが、JOYSOUNDにリクエスト投票で入れてもらえる制度ができてから、朝11時から夕方7時まで歌い続けても歌いきれない曲数になった。カラオケでこんなに満ち足りて帰れるようになったのは初めて。同じ曲をエンドレスで歌い続けていたあの頃から、遠くまで来たねえ、と仲間と話している。
48才 愛知県 既婚 女性

娘の旦那とその子供(孫)と旅行をしてその宿泊所のカラオケ施設に行った時です。娘の歌を初めて聞きました。上手い下手はともかくあんなに大きな声を出して歌えるんだと親ながら初めて知りました。また旦那もそこそこ歌っており、孫もはしゃいでいましたので、結婚・出産すれば色んな事が変わっていくんだなと一安心した次第です。また私の妻も同様で、カラオケって一緒に歌うメンバー等々でこんなに楽しいものなのかと改めて良さを知りました。
64才 奈良県 既婚 男性

加山雄三の「君といつまでも」を歌う人がセリフの部分を自分の故郷の訛り言葉でしゃべり、交替したメンバーもまた違う方言でしゃべるというのが続く…いろんな地方の方言をことさらに強調しながら歌ったのがおもしろかった。
74才 大阪府 既婚 女性

普段、職場ではおとなしい女子の同僚が、課内の忘年会の二次会でカラオケに行った時、上司に面と向かってクレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」を朗朗と歌い上げ、聴いてるこちらは笑いをこらえるのに必死でした。
27才 東京都 未婚 女性

親族での親睦旅行で宴会後のカラオケは普段カラオケに行かない自分でも楽しめる。スタートとラストはいつも本格派の夫婦の歌。後は懐かしい歌あり、今の歌ありと…最後は皆で合唱してお開き。毎回楽しみなプログラムの一つになっている。
68才 東京都 既婚 女性

もう、随分昔の話になりますが、まだ私が帰省して、地元の友人たちと会っていたころ(20年以上前ですね)。集まった友人たちと、車に分乗して、カラオケに行きました。いろいろ歌っているうちに、ある人から「ねぇ、“さそり座の女”歌って♪」とリクエストされました。それまで、一緒にカラオケに行ってもそんな曲、歌ったことがなかったので、びっくりしましたが、機械に曲をセットされてしまったので、歌いました。そうしたら、まぁ、予想外の大受け! リクエストした友人は、「前から、この曲は、あんたに歌ってほしかった。絶対、うまいとおもっていた」と。まぁ、わたしゃ執念深いですから、そういうところ、人って観てるもんなんですねぇ。もう、この友人とはお付き合いがなくなりましたが、カラオケの思い出と言われて、思いだしました。
48才 千葉県 未婚 女性

会社の人たちと行ったカラオケで、普段はものすごくおとなしい専門職の男性が、実はものすごいT.M.レボリューションのファンで、楽曲を熱唱し始め(しかも上手い)、はじめは皆びっくりしてポカーンとしていたものの、知っている楽曲も多いためかものすごく盛り上がりました。同僚の男性がメイド姿で歌ってみたり、最後に遅れて飛び入り参加してきた先輩がBUMPの「天体観測」を歌ってくれましたが、またこれがすごく上手(惚れるレベル)だったり、意外性のカタマリみたいな時間で楽しかったです。
24才 神奈川県 既婚 女性

今年の3月に、趣味で知り合った私よりひと世代上の女性に誘われて2人で近所のカラオケ店へ行きました。その方は、3代目JSB(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)の登坂さんの大ファンでご自身の好きなJSBのバラードをプロモ(御本人方達が歌っている)を見ながらCDを聴いて一緒に歌っているのと同じ様な感覚で、気持ちよさそうに歌っていたお顔や姿がとても印象的でした。その後私にも歌う順番が回ってきたので音痴ながらも1曲歌ったのですが、最終的にはお互いの時間の許すギリギリの時間まで歌う事よりもお喋りに華が咲いて気づいたらほぼ半日(5時間)もお店にいました!(笑)…やはり女性同士、日ごろのストレスなどをお喋りで発散したのかな〜?…と思いつつとても楽しい時間を過ごしました。
45才 静岡県 既婚 女性

義妹さんのお話、カラオケ苦手なのに会社のカラオケ大会に参加させられ、迷いに迷って、半ばヤケっぱちに杉良太郎の「すきま風」を熱唱、それが彼女の性格からして意外だったらしく、並居る強豪を押しのけ、なんと「社長賞・金一封ウン万円!」をもらったそうです。それ以来会社の行事があると必ずこれを「ヤケっぱちに」歌わされるので、その度「いい加減、別の歌を歌わせてくれぇ」と涙ながらに訴えてるそうです。
49才 東京都 既婚 男性

学生時代、そして、今でも、輝いていて、ずっとみんなのアイドルであり続けてくれている人が、隣に座ってくれて、かつ、たまたま、みんなで肩を組んで歌うこととなったのである。おもむろに手をやったその人の肩は、岩のように硬く、か弱い私の手が傷むほどだった。毎週末にテニスをしているらしく、伊達公子のようなガチムチの肩になったようである。笑うしかないぜ!
56才 愛知県 既婚 男性

同窓会の2次会でカラオケに行ったとき、歌わず飲んで喋るばかりの友人がいた。次の同窓会の2次会でも同様だったので、今回こそはと、歌わざるを得ない状況にしてマイクを持たせた。それが間違いの元。その友人、マイクを離さず一人歌い続けた。あとから聞くと、マイク離さなくなるので、皆に迷惑掛ると思い歌わないようにしていたんだということだった。
49才 広島県 既婚 男性

カラオケ店ではなく、カラオケの置いてあったスナックでしたけど、知り合いと飲みに行ったら、たまたま子どもの保育園が一緒のお母さんが地域の人たちと一緒に来ていて、たまたま私が歌ったナツメロが、みんなよく知っていて店中の客の大合唱になったことがありました。あのときは本当にびっくりしたけど、みんなで歌うって楽しいなと思いました
58才 東京都 既婚 女性

オランダからの留学生(大柄な男の子)と一緒に個室カラオケに行ったとき、部屋を間違えたらしい見知らぬ若い男性が扉を開けて「しまった」という顔をしたのですが、留学生の彼は「Hey!」と彼をロックしてマイクを渡し、自分と一緒に「1億年と2千年前からあいしてる?」と歌わせ、二人は最後に握手して別れました。
45才 東京都 既婚 女性

ストレスがたまってくると、金曜日夜に職場の気のおけない仲間で、会社近くの格安料金で宿泊できるホテルを予約しておいて、帰りの時間を気にせずにカラオケで歌いまくりました。夜中にホテルに戻り、土曜日の昼近くまで眠り、朝昼兼用のブランチを食べて解散するという「カラオケツアー」をよくしていました。またやってみたいです。
58才 大阪府 未婚 女性

仕事のパートナーである英国人が日本に出張で来た際に、休日一緒に遊びまわって、シメでカラオケに。異様に盛り上がって、しまいにはボックスの外でも歌い出す始末。終電ギリギリまで騒いでン万円飛んでいきましたが、今までで最も楽しかったカラオケでした。彼は自国では「カラオケなんか嫌いだよ!」と嘯いていますが。
48才 岐阜県 既婚 男性

もう20年くらい前に家族でカラオケに行きました。まだ両親が元気で、歌えないという父母に父は北島三郎の「函館の女」を、母は童謡を歌ったように思います。気持ちよさそうに歌う両親がとてもかわいく思えました。今は母は他界し、父は老人ホームで元気にしています。両親にとって最初で最後のカラオケでした。
59才 広島県 既婚 女性

友達の十八番を片っ端から入れて、本人よりも先に歌ってしまうというイタズラを皆で示し合わせてやったこと。もう一度同じ歌を歌うのもアレなので、本人のフラストレーションが溜まるたまる。で、最後にハッピーバースデーを合唱して彼の三十ン歳の誕生日を祝いプレゼント贈呈式をやったというサプライズでした。
49才 神奈川県 既婚 男性

振り付きで少年隊の曲を歌えます。フィリピンパブで「一人少年隊」として踊りながら歌ったら大ウケ。ただでさえ賑やかな人達ですから。何日後かにまた行ったら覚えていて、頼んでもいないのに同じ曲を入れられて歌わされました。でもやっぱり大ウケで楽しかった思い出です。
53才 埼玉県 既婚 男性

音大声楽科卒の男性が、朗々とした声でピンクレディーの「UFO」を歌ってくれた。真面目な方で、歌い方もそれを頑として崩さないものの、振付まで再現しながらの熱唱で、ジャンルは違うものの歌唱力は抜群なのと、コミカルなので、みんな大爆笑だった。
43才 香川県 未婚 女性

会員制クラブ(一寸小さいですが)で、一緒に居た店の常連さんが’領収書’という歌をとてもユーモアたっぷりに歌ったので、お連れした関西の方達が大喜び。最後にマスターに高額な領収書を書いて!と大合奏。マスターも苦笑いで楽しそうでした。
57才 東京都 既婚 女性

10年前、ある支店からの転勤時、かわいい部下が送別会として某カラオケ店の大ホールを貸切にして、私のワンマンショーを開いてくれました。熱唱20曲!こんな楽しかったカラオケの、否、人生のひと時は他にありません。
63才 東京都 既婚 男性

質問の回答としてはまともではありませんが。私にもカラオケとの関わりができたことがあります。65歳で好奇心からフルートを習い始めて、レッスンは週に一度。次回までの復習が大事です。いつでも時間が出来たときに思う存分の音を出して練習できる場所が欲しく、ふと、車で7〜8分のところにあるカラオケボックスが浮かびました。フルートの練習のために個室を借りられないか?と、ダメモトで交渉しました。「歌わないんですね。なら、丁度いいわ。機械が壊れて客には使えない部屋があるから、そこで良ければいつでもどうぞ」と。ソファはあるし、譜面台だけ持ち込めば有難い「マイ スタジオ」です。、その後、少し時間ができると出かけては、音の気がね無しの練習をしていました。が、10ヶ月後、先生が留学することになり、私のフルート修行は一時、頓挫しています。スタジオ代は無しとの有難さでしたが、そうはいかず、気さくで好意的な女主人には心をこめてお礼をしました。私が持つカラオケとの接点は唯一これだけです。
77才 東京都 既婚 女性

20数年昔のことですが、忘年会の二次会でカラオケに行きました。少し中年の男性が連れていた女性が「天城越え」を歌いだしたんですが、その上手いこと! 大きなホールのあるスナックのカラオケだったんですが、訪れていたお客さんが皆聞きほれて、またそれを見ていた連れの男性が「勝ち誇ったような顔」で女性を見ていたのが忘れられません。歌の上手さは歌手なみ、いえ、それ以上だったかもしれません。歌の上手い人って羨ましいと感じた時間でした。
50才 長野県 既婚 男性

最近はカラオケには全く行かないのですが、昔、ある職場にいた頃は、カラオケの盛り上げ役でした。自分から進んで歌うことはなかったのですが、ここぞというときに「○○さん、歌って〜」とお声がかかり、「え〜、しょうがないですねぇ」みたいな感じで出て行ったわりに、ド派手でノリのいい曲を熱唱してました(笑) 自分が歌うことより、みんなが盛り上がって楽しそうにしてくれるのがうれしくて、なんか頑張ってましたねぇ。

自分が良く通っていたスナックのママさんや従業員から、一緒に歌ってほしいと誘われたり歌をリクエストされたときは、営業業務のうちとはいえ、悪い気はせず嬉しかった。ただ、そのお店は、ボヤに巻き込まれお店を閉めることになり、それからは他のスナックに行く気もなくなり、カラオケは家族で行くだけの楽しみとなった。ママさんも従業員の子も好きだったのだけれど…。彼女に振られたときと同じく、切なかった。
72才 東京都 既婚 男性

country music が大好きで30年近く聞き続けています。南阿蘇の野外ステージで開催されるcountry musicの祭典country gold の終演後 会場で知り合った人達数人でカラオケハウスへ繰り出し、今度は自分たちが主役でcountry music を歌い盛り上りました。一つ残念だったのはマイナーなジャンル??で収録曲数が少なかったのが残念でした。
66才 熊本県 既婚 男性

子どもが幼稚園の時、役員仲間でスナックを貸し切りにして、カラオケで盛り上がった時、中学の音楽の先生だった人が歌った『百万本のバラ』がとても素敵でした。彼女の声量に圧倒され、その歌が大好きになりました。だいぶ経ってから、初めて加藤登紀子さんが歌っているのを見て、サラッとした歌い方だったので、拍子抜けしてしまいました。
57才 千葉県 既婚 女性

バンド、ミュージシャンの友人、知人とライブから打ち上げ後に行ったカラオケ。カラオケ大嫌い、会社の飲み会後カラオケなど長年苦痛で仕方なかったが、このミュージシャンとのカラオケは、60年代〜70年代ロックしばりのルールで皆が歌い踊れる選曲ばかり、自分が歌えば皆さん完璧にハモりを入れてくれる。カラオケが楽しいと思ったのは初めてだったし、あれが最後だったかな〜。
49才 東京都 未婚 女性

ミュージカル観劇したあとのオフ会で、カラオケパーティルームに行った。カラオケに入っていないそのミュージカルの歌をCDラジカセで音量小さく流し、ファン20人くらいで合唱した。テンポを速く歌う人が多くて、しかたなくその速度に合わせたら、みんなが歌い終わった後にまだCDの曲が終わっていなくておかしかった。
51才 大阪府 未婚 女性

結構前のことですが、あるマンガのイベントに行ったら、その参加者とコスプレーヤーさんなど、合わせて50人以上でカラオケに行くことになり、そのお店で一番広い部屋でも、人で溢れてぎゅうぎゅうだったのをよく憶えています。そのマンガ(当時アニメ化されていた)の歌をみんなで歌ったり、楽しかったです。
45才 東京都 未婚 女性

子供が中学生の頃、ちょうど人前で歌うのが恥ずかしい年頃なのか、カラオケに誘ってもNGでした。ある日、無理やり連れて行くと、最初の1曲を歌った途端、マイクを離さなくなり、私達に順番が回ることなく、ワンマンオンステージで終わりました。あの日が、彼のカラオケデビューです。(笑)
50才 奈良県 既婚 男性

とてもとても音痴なのだが、いつもみんなにリクエストされて「メリージェーン」歌う人がいる。棒読み状態で歌うので、失礼な事ではあるがみんな大爆笑。本人もそれが自分の役まわりだと思ってくれているので、とても盛り上がる。
51才 福島県 既婚 女性

宴会の席でお酒好き、面白いもの好き、下ネタ好きの人に「月光仮面の歌」や「金太の大冒険」を歌ってもらいました。アドリブで振付までつけてくれてみんな大爆笑でした。その人はすでに亡くなりました。合掌。
49才 愛知県 未婚 女性

歌はもともと好きでなかった。出先の店の責任者となり、部下や取引先の人と歌を歌うことが必要になり、ママから「その歌じゃかわいそう。教えてあげるからお客がいない早めにいらっしゃい」と言われ特訓を受けた。おかげで何とか歌えるようになった。
79才 東京都 既婚 男性

好きな子とデュエットしたくて一生懸命に覚えた曲、いつも十八番を唄ってた同僚、歌わないが場を盛り上げた先輩、あの当時のスナックの雰囲気がよかった。カラオケ店にはなかったママやマスターとのやりとりも楽しかったナー。
63才 長野県 既婚 男性

20年以上もまえのことですが、会社の仲間6〜7人で課題曲をきめて一人ずつ同じ曲をうたいました。男性は「昴」、女性は「なごりゆき」が多かったような記憶があります。みんないまごろは孫を抱きながら歌っているのでしょうか。
73才 広島県 既婚 男性

亡き父がよく野崎参りやリンゴ追分の歌を好きで歌っていたんですが、その時は聞き流して聞いていた感じだったんですけど、今カラオケに行ったら、ついその歌を歌ってみようかなー!っていつも考える自分がいてますねー。
49才 大阪府 既婚 女性

昔、河井坊茶の「かぐや姫」が歌いたくて、友人に誘われ南のバーでアコーディオンの伴奏でこの歌が歌えた時は楽しかった。越路吹雪の「国境の南」をピアノの伴奏でうたわしてくれた北新地のバーも楽しかった。
84才 大阪府 既婚 男性

20代は裏声で女性の曲を歌ってみたら、喝采を受けた。その後、ダンサブルな曲を自前の振り付けで踊りながら歌ったら、またも喝采を受け、十八番になってしまった。人から人へ話しが伝わり会社でも有名になってしまって、カラオケの度に歌うことになった。好きな曲なのでいいのだが、年齢を重ねるごとにきつくなってきて、50代になってからは歌っていない。(曲名はひみつです。:昔の知り合いに気づかれたくないので。)いい思い出だよ。
55才 千葉県 未婚 男性

カラオケが全く苦手であった現役時代、上司が私のために飲み屋を貸切り、午前3時まで同じ一曲を何度も繰り返し練習させられた思い出がある。仕事の態度が固い私のイメージを変えようとしてのこととは思うものの、上司が選んだ曲は甘く切なく、練習している自分が恥ずかしくなるような歌詞でもあった。ちなみにその曲は、あれから数十年経った今でも、まだ歌えるようにはなっていない。
73才 山形県 既婚 男性

テレビがまだブラウン管だった頃の話。大阪の出張先の皆さんと行ったカラオケ喫茶である歌手の大会をしていた所、まだ余り名の出ていない歌手本人が現われ一緒に歌いました。それから半年後、その歌手がブラウン管に現れるようになり、今では大歌手です。 テレビで見る度にその話をして家族に嫌われています。
70才 兵庫県 既婚 男性

昔営業の仕事をしていた頃カラオケが必須だったのでむりやり練習したらすっかりはまってしまい、カラオケ好きの同僚とほとんど毎日午前様になるまで歌を競った。当時はカラオケボックスなどほとんどない時代で、我々の歌を長時間聞かされたスナックのママは悲惨だったろうなぁ〜
61才 京都府 既婚 男性

若いころは高い綺麗な声が出せたので、女性のように歌うことができた。昔カラオケ店ではないが、スナックで歌っていたら女性が歌っていると間違えた客が入ってきたことがあった。男のスケベ心とカラオケは、必ずしもつながらないですね。
63才 滋賀県 既婚 男性

実家にカラオケがあって、家族、親戚で歌ったら、けっこう楽しかった。しかし、点数が出る設定にした途端、(誰よりも高得点を出すために)負けず嫌いの姉が同じ曲を何度も歌ったりして、カラオケって性格がでるなあと思った。
54才 東京都 既婚 女性