高級な寿司屋で注意することランキング 1位は「時価に注意する」

高級な寿司屋で注意することランキング 1位は「時価に注意する」

高級な寿司屋で注意することランキング 1位は「時価に注意する」

総計で見ると、1位は「時価に注意する」で43%、2位は「現金を持っていく(カード払いできない可能性を考えて)」で34%、3位は「所持金を考えて食べる」で33%でした。

■60代以上の半数が「時価に注意する」と回答
年代別で見ると、全体的に上の世代のほうが各選択肢において回答率が高いのが特徴的。特に「時価に注意する」は30代以下では33%なのに対し、60代以上の50%、半数が回答していました。

上位3つはすべてお金関連のことでしたね! 時価は本当に怖いから、納得の結果です^▽^

アンケート実施日時:2015年2月13日〜2015年2月19日/有効回答数:3,748

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

子供の時、初めてお寿司屋さんに連れて行ってもらった時のこと、カウンターに座ってちょっと緊張、最初にガリを置かれまして、何も知らない私は出されたもの全部食べなきゃいけないと思って、盛られたガリ全部口に突っ込んだんです!そりゃ甘辛かったのなんの、大涙に親も大将も客もビックリ「先に教えてよー」と泣きながら訴える私に、大将が一言「物事そうやって覚えていくんだ…」それ違うだろーって思いつつ、今寿司屋で話すると、大将必ず「そういう子供、今もいるよ」だって!子供は昔も今も一緒だなぁ…と妙にうれしくなってしまう私なのでした。
49才 東京都 既婚 男性

盛られたガリ全部はつらいw > < でも初めて寿司屋のカウンターに座ったら緊張しますよね! すごいところに迷い込んでしまった感で背筋がピシッと伸びた記憶がありますw
調査団編集部: カワンヌ副団長

一人でカウンターに座って、お任せ握りを頼んだとき、出されたら食べる。口に入れたら次が出るの繰り返しで、もの凄い勢いで食べ、「以上です。」と言われたとき、なんかほっとしたような寂しいような複雑な気持ちになりました。
49才 鹿児島県 未婚 女性

ふふっ、お寿司がわんこそばみたいですねw 思わずクスッとなりました(*´▽`*)
調査団編集部: マリカナ団長

私の快気祝いとして、見舞いに来てくれた友人3人を寿司屋に誘い、「好きな物何でも注文して」と言ったけれど、全員女性だし、食べる量は多くないと思っていたら、高いネタばかり、3人ともびっくりするほど大量に注文し、財布の中身が心配になってしまった。私は、病み上がりだから、そんなに食べられないと言って、食べるのをがまんした。なんとか支払いができたが、あの時、ヒヤヒヤしたことは忘れられない。
67才 東京都 既婚 女性

女性の食欲を甘くみちゃだめですよ。笑^▽^ 好きなものはけっこう入っちゃうんですよね、別腹というヤツですねw
調査団編集部: カワンヌ副団長

子供が小さい時、甥っ子も入れて妻と子供4人とで近所の寿司屋へ行った事がある。私と妻は松竹梅の梅、子供たちは「お子様ずし」を注文した。お子様ずしは、新幹線の形をした小鉢にわさび抜きの小振りな寿司が並べられていた。食べ終わって帰るとき、甥の一人が新幹線の容器を持って帰ると言い出した。どんなに説得しても聞かない。困っていると店の大将が、「商売物なので差し上げる訳には行きませんが、子供の事ですからすぐに飽きるでしょう。お宅も分かっていますから、持って帰って、子供さんが飽きたらお返しください」と言ってくれた。ところが甥は新幹線が余程気に入ったらしく、しばらくして弟(甥の父)に聞いたら「毎晩枕元に置いて寝ている」とのことだった。その内にどんな事情があったのか、お寿司屋さんが廃業してしまった。弟も転宅し、甥も結婚して、もう50歳近くになるだろう。あの新幹線はどうなっただろうか。
84才 京都府 既婚 男性

銀座の行きつけの店のママがごちそうするわよと言ってくれたので、カウンターだけの寿司屋に付いて行った。たった独りの寿司職人は、若いくせに恐ろしく態度が横柄で高飛車な奴で、うまい寿司も台無しじゃないかと感じていた。旨いのでガリを追加したところで「うちは“リ”のつくのはただのもんばっかしだ、ガリ、アガリ、オシボリ」とかウケを狙ったつもりなのか、嫌みなのかわからないことを言うので、カチンときて咄嗟に「じゃ、にぎり頼むわ」と口走ってしまった。大将、それっきり黙って口をきかない。店を出てからママに「ごちそうさま、申し訳なかった」と謝ったら、「いいのよ、スッとしたわ」と笑っていた。20年余り前、若き日の話である。
59才 神奈川県 未婚 男性

失敗と言うか、申し訳ないと思った出来事で、昔ダンナさんの上司に家族でお寿司屋さんに招待されました。回転すしじゃなく時価と書いてある様な所へ、もちろん私が刺身が苦手な事を伝えた上で家族で、と。そしたら子供と私にはチラシ寿司を作ってくれていて、そこで初めてサーモンを食べて、そのサーモンが薔薇の形になってシソの葉の上に乗っていて(後で聞いたら食べれないといけないので出せる様にと)とても綺麗で美味しくて嬉しくて涙が止まらなくて、側にいた子供達も泣き出して、その場に居た上司や寿司屋の大将、ダンナさんもあたふたさせてしまいました。
49才 愛知県 既婚 女性

父が若い頃の話だそうですが、「今日は一流の鮨屋で好きなものを食べてやる」と思って友達とカウンターに座ったそうです。メニューに並んでいた文字は「時価」という文字で、そこからは不安な気持ちと戦いながらも美味しさに酔ったそうです。案の定、お勘定では高額な請求があったそうで、父は「手持ちでは払えない…」と友達に告白。友達の持ち合わせ(結局、裕福なお宅の友達だったそうで、父の何倍もの金額を支払ってくれたそうです)と合わせ、何とか支払いを済ませたそうです。それ以降の父の人生、高級な鮨屋に行くことは二度と無かったそうです。本当に鮨って、美味しいけれど高級料理って思っちゃいます。ちなみに息子の私は回転寿司派です。笑
50才 長野県 既婚 男性

わさびが苦手なので、なんでも「わさび抜きで」と付随して頼んでいたのがクセになっていたようで、普通はわさびを入れないもの(たまごやいくらなど)のネタを注文する時も「わさび抜きで」と言ってしまったことがあり、職人さんに生暖かい目で見られたことがあります。恥ずかしかった。でもそれを聞いていたらしいカウンター席の外国人の方が「ワタシハタマゴ、ワサビアリデ」と言ったのはなぜかもっと恥ずかしかった!
25才 神奈川県 既婚 女性

取引先の人が「せっかくこちらに来たのなら寿司でも行きましょうよ」と、支払いに札束をあんなにだしたのを見て失敗したと思った。たいして食べていないのにあの金額、高い高いとテレビでは言ってはいたが…寿司にそれだけ注げるのなら機械用に特殊工具を頼めば買ってくれたんじゃないのかと今でも残念でならない。
26才 高知県 未婚 男性

100円の回転寿司で育った息子!高級回転すしに入った時、「トロ、中トロ、マグロ」の三連発からスタート!しまった!皿によって値段が異なることを教えていなかった!!「いくら!」といつもの100円寿司のペースで注文する息子の横で、「こはだ、アジ…」青物好きで、小食になる両親がいました。
55才 秋田県 既婚 男性

回転寿司屋もない小学生のころ、寿司屋の看板にあった「一皿三十円」という文字にすごく魅かれて、近所の小学生数人と一緒にカウンター席に陣取り、「一皿三十円」分だけ寿司を堪能しました。思い出すだけでも顔が赤くなります。
58才 大阪府 未婚 女性

回転寿司で。「おー、今はこんなのがあるんだー」と、最初にあま〜いデザートを取ってしまいました…。だって、デコレーションたっぷりでとてもキラキラ輝いていたのです。逃したらもう出会えないかもと、思ってしまったんです…
44才 神奈川県 未婚 男性

行きつけの寿司屋に、付き合い始めたばかりの彼女を連れて行ったら、全く魚が食べられない子だったので、その店の大将が私の顔を立ててくれ、焼き肉を買いに行って焼いてくれました。この子が今の私の奥さんになりました。
63才 千葉県 既婚 男性

仕事で高齢者を連れて回転すしのチェーン店に行きました。失敗談という訳でもありませんが、車いすから座席に移ってもらうのに、苦労した事を覚えています。だって、テーブルとの間が狭くって、押しても動かないし、本人をまたいで奥に行き、中から引っ張りました。食べる時もネタを小さいナイフで切って食べてもらいました。噛むのが大変な人なのに、イカが好きで、普段よりたくさん食べてくれました。帰る時は、また本人をまたいで通路に出て、引っ張るようにして車椅子に移ってもらいました。お店の人は怒りもせずに待ってくれたけど、仕事でなかったらできないだろうな。
58才 兵庫県 既婚 女性

離婚したばかりの頃、気の毒に思ってくれたらしい上司が頃合いの相手を紹介してくれた。それも当人同士には知らせず、寿司屋での自然の出会いとやらをセットして。そんなことも知らぬこっちはちょっとアルコールが入って鬱憤を吐き散らし、最後は寿司ネタで猥談までやらかしたらしい。もちろん自然の出会いどころか永遠の別れになってしまったのだが、その話をあとで酔っ払った上司から愚痴られた。人間、小者が多いなぁ全く。
64才 鹿児島県 未婚 男性

40年ほど前、関西に初めて寿司屋に連れていってもらった時、東京では細巻があたりまえで、それを齧るのが好きでした。それで、’カッパを切らないでね’と注文。板さん達がくすくす笑っているのです。するとカッパの太巻きが一本ドンと置かれました。ナニコレと切ってもらいました。今は、関西も細巻で解りますが、昔、細巻はなかったようです。あの、太いのをどうやって食べるのか、笑っていた意味が解って、恥ずかしかった。
58才 東京都 既婚 女性

私が子どもの頃はまだ回転寿司が無かった時代で、代金も大人が払っていたので、お寿司のネタの値段の違いもよく分からないまま大人になりました。社会人になってから会社の諸先輩方と寿司店に行った時に、「好きな物を頼んでいいよ」と言われて、1貫目に『あわび』を注文したり、その後も好きなネタを数貫注文したのですが、後日、自分の頼んだネタが高価な物だったことを知り、ずうずうしかったなぁと反省しました。
55才 福岡県 既婚 女性

昔、20代の頃飲んだ後で飲屋街の小さな寿司屋で締めの寿司を食べてたときです。当時マグロの卸問屋へ勤めてた友人が、マグロのうんちくを語り出して、、寿司屋の大将がどんどん顔色が変わって行くのを見ながら食べた寿司は忘れられません。当然大変高い寿司代となりました、うんちくを語った奴にほとんど払わせましたが。若気の至りでした。
57才 岡山県 未婚 男性

2万円の寿司券を頂いたので家族で独身時代に行っていたお店の暖簾をくぐりました。庶民感覚では2万円分の券があれば財布からお金を出す事は無いと安易に考えてました(一応現金も持参)お酒も頼んだし家族の一人が最後にホンマグロを頼んだのです。美味しい幸せもつかの間…おあいその金額に唖然?!追加金額は1万5千円(脱力感満載)店から車に乗るまでの心中といったら…20年余り前の時代でした(笑)
58才 北海道 未婚 女性

魚の美味しい町の寿司屋で、本日おすすめの「鯖のお刺身」を頼んだ。一切れ食べてとても美味しく、二切れも美味しく頂き、連れとしゃべっていた。カウンターからの大将の視線を感じると「今朝獲れた鯖、刺身にして15分以上経つと鮮度が落ちる」とのこと。お蔭で、残り三切れも美味しかった。
66才 神奈川県 既婚 女性

高校生の時に一人で、一家なじみのすし屋に行きカウンターに座り、叱られました。10年早い、自分で稼いでからカウンターに座れと言われ、寿司の食べかた、順番を勉強してから来いと言われまして、22の年まで一人では座りませんでした、今ほんとうの寿司屋さんが少なくなりました。
80才 愛知県 既婚 男性

回転寿司でお皿の色ごとに値段が違うので色も確認しながらとってはいたのですが、赤でも微妙に違うオレンジのくすんだようなお皿と区別がつかずに そのネタが高いネタでやってしまったー!!って時がありました。自己嫌悪になりましたねー。
49才 大阪府 既婚 女性

小樽の寿司屋横丁で小さなな店に入り、「美味い物を!」と注文したら、おやじが「初めての客の好みはわからねぇ」と言われ大笑い。「じゃー(北海道)らしい物」と言ったら、笑っていろいろ出してくれた(とても美味かった)。
70才 東京都 未婚 男性

グルメ番組などで、おじさんはもとより、かわゆいタレントさんまで握りを一口で食べておられるのが驚き。私は絶対に無理!マナー違反はいけないと、一度頑張って入れてみたら窒息しそうになった。以来自分の口の奥行コンプレックスに。
50才 千葉県 既婚 女性

評判のすしやだというので、とても楽しみにして行ったら、大将が口うるさい人で、あまり楽しくなかった。職人気質はわかるが、ちょっと気に入らないとぶつぶつ言っている感じで、たとえおいしくても、こういうの、好きではない。
66才 東京都 既婚 女性

友人に連れて行ってもらったお値打ちな立ち食い寿司屋。子供と一緒に行ったのだが元の主人は本店に行ってしまっていて別人がその店をやっていたため、予想以上の出費となり冷や汗ものでした。
53才 岐阜県 既婚 男性

初めての寿司屋のカウンターデビューの時酒を飲みながらおつまみの刺身を食べていたら「いつになったら寿司を食べるんだ」と大将に言われた。
73才 福島県 既婚 男性

少々高めの寿司屋では、本当に全てが美味しいので食が進み御持ち帰りを注文します。しかし帰って折を開けてみたら、どうもネタが違っている物がありました。値段は同じなのに、店では特にうなぎは炙って出していたのが、御持ち帰りのものはアナゴのような感じでした。以来寿司の御持ち帰りはしない様にしました。
64才 奈良県 既婚 男性

寿司屋の親父に「高脂血症だから大丈夫なものを」と笑いながら言ったら、「外食などお店で食べないで、愛妻ご飯にしなさいよ」と仲居役の奥さんに笑われたとき。
73才 静岡県 既婚 男性

子供が彼女を連れて来たので、奮発して市内では有名な(高い)江戸前寿司店に行った。後日、子供と彼女が遊びに来た時に、寿司店に行ったら所持金が足らなくなり、慌てて電話があった。(お父さんが連れて行ってくれるくらいだから、庶民値段だと思ったらしい。)
56才 三重県 既婚 男性

新入社員の頃ですが、接待を受ける席に加わることができて、「何でもよいから遠慮せずに」と言われて、ついその気になって食べたことのない上ネタばかり注文してしまい、後で上司にからかわれてしまいました。先方は多分呆れていたのではないかと思うと、大失敗でした。
68才 埼玉県 既婚 男性

遅めのお昼にビール片手に食べ始めた回転すし屋では大声で「ビールお待ちしました〜」と言いながら届けてくれる。「近所に住んでいたのであまり大声では言わないで下さい」とお願いした。仕事が忙しくない事がばれるのを恐れたからである。
50才 秋田県 既婚 男性

寿司の食べ放題で最初の注文分がなかなか出てこず、2皿目くらいで『制限時間ですので最後の注文を…』と店員が言うので今までの注文の3倍くらい頼んだら、退出の10分前に大量の寿司が運ばれてきてお互いにイヤな気分になった。
44才 神奈川県 既婚 男性

18歳新社会人になったころ初めてお寿司屋さんに入って金額ばかり気にして食べてたのをお店の人に見抜かれて叱られた記憶があり、私にはショックでした。しばらくの間は寿司屋さんに入れませんでした。楽しくない思い出です
69才 愛知県 既婚 女性

香港帰りの友人と、まあまあ有名な寿司屋で待ち合わせ。久しぶりに会う上、旅の話にも花が咲いてしまい、せっかく握ってくれた寿司になかなか手を付けない私たち。しびれをきらした店主に「早く食べないと」みたいに小言を言われました。あわてて食べ始め、何貫か楽しんだ後、大好物の玉子を注文したら「うちでは玉子は最後に食べるものだ」みたいなことを言われました。そこは友人の行きつけだったので「今日は機嫌が悪いんだね」と苦笑していましたが、そのお店のせいで、しばらく寿司屋に行くのが怖くなりました。
55才 東京都 既婚 女性

会社の部下と函館に出張して、いっしょにお寿司屋にいったときのことです。彼が トロ、あわび、ウニなど普段食べたこともないようなものをつぎつぎに注文するので フトコロ具合を考えて私はヒヤヒヤしながら いか、玉子、カッパをなどをちまちまとつまんでおりました。いまでは彼もごちそうする側の人になっているでしょう。おかげでその日は2件目のスナックを中止してホテルに帰りました。 
73才 広島県 既婚 男性

失敗というか、まぐろの解体ショーで食べたまぐろが本当にトロでもあっさりしていてどんどん注文していったら、とんでもない金額になってしまった。自分1人で7000円位食べてしまった。自分での支払いだったが、その日は施設でフットマッサージやいろいろな物もやっており、自分1人で1日施設で2万円も使ってしまった(汗)食事代だけで1万円近く使った計算でした。
47才 神奈川県 未婚 女性

友人とふたりで行って、カウンターに座って、めちゃくちゃ美味しかったので、結構お腹いっぱいになり、そこで、お会計。なんと、所持金オーバー。大将に頼んでもまけてもらえず、しょうがなく、他の友人に連絡し、お金を借りることに。さらに、タクシ-代もないので、その友人に送ってもらうことに。ほんと、情けないです。皆さん、食べすぎには、注意しましょう。
49才 千葉県 未婚 男性

学生のときにバイトの友人と12月の暮れに寿司屋に入り、握りなどたくさん食べて大変な金額を請求され驚いた経験があります。人生経験が少ないもので寿司屋の時価という制度も知りませんでした。今は回転すしなどあり少々食べてもびっくりする金額にはならないと思います。今のほうが若い人には食文化が色々選択肢がありうらやましいです。
72才 大阪府 既婚 男性

下宿している子供が帰省したとき寿司屋に行ったとき「もう半年寿司を食べていない」と喜んだので好きなものを好きなだけ食べていいと言ったら大トロを連続して注文して支払のときに大金を支払う羽目になった。まぁ、普段食費を切り詰めて飢えているのが可哀想なので大目に見よう…。
54才 兵庫県 既婚 女性

小学生の時、生魚が苦手でタコとイカしか食べられないとお店の人に伝えると大量のタコとイカが出てきました。単価が安いので一人前の料金だとこんな量になったそうです。今では何でも食べられるようになって、お寿司を楽しんでます。
51才 福岡県 既婚 男性

馴染みの寿司屋にいる時、たまたま東京に出張に来ていた古い友人から電話がかかり、一緒に飲む事になったが、支払になった時、友人がたまには自分が払うと言うので甘えた。しかし、後日、あの店は旨いけど高いなあと言われた。
63才 北海道 既婚 男性

回転寿司に近い感じの回転しないすし屋で、非常に混んでいてなかなか注文が通らないので、注文を聞いてもらえた時にメモしておいた5ネタぐらいを注文したら、「忙しいんだ、そんなに頼まれても憶えられないよ!」と叱られた。
51才 東京都 既婚 男性

48年前に大阪で就職、帰りに同期の友達と梅田の阪急東通商店街の寿司屋に入ったが、雰囲気がおかしく、一人3巻くらい食べて勘定して出たが、二人で一万円とられた経験がある。ちなみに当時の初任給は額面で月25,500円
70才 神奈川県 既婚 男性

有名なテレビ番組での美味い処店紹介により、期待して翌日早々に昼ごはん兼ねて出かけたら、早過ぎたからかネタが昨日の残りものばかりだったのか不味いものばっかりで、家内は怒って一皿目を食しただけで終わりにした。
67才 大阪府 既婚 男性

支払いの時、現金の持ち合わせが少なかったのでカードを出したら冷たく断られた。以来、カードで支払う必要があるときにはホテルの寿司屋に行く。
71才 兵庫県 既婚 男性

お箸の使い方が下手だと注意された(笑) まっ、仲の良い大将だったから まだ若かった私を教育してくれたのだと思います。今では役に立っているので!
50才 埼玉県 既婚 女性

学生の頃、「ムラサキください」などと気取って符牒を使っていたが、後でそれは客として恥ずかしいマナーだったと知り、以降は絶対に使わなくなった。
63才 東京都 既婚 男性

昔ネギトロが好きでひたすら頼み続けたら「もう無くなっちゃったよ」とネタ切れさせてしまった。
27才 東京都 未婚 男性

子どもが「いくらの大盛」と叫んだらちゃんと作ってもらえた。
55才 福岡県 既婚 男性