遊園地に一緒に行ったことがある人ランキング 1位は「夫、妻」

遊園地に一緒に行ったことがある人ランキング 1位は「夫、妻」

遊園地に一緒に行ったことがある人ランキング 1位は「夫、妻」

総計で見ると、1位は「夫、妻」で60%、2位は「子供」で53%とココまでが半数超え。3位は「同性の友人」で35%、4位は「恋人」で29%、5位は同率「親」と「異性の友人」で24%でした。

■女性は66%が「同性の友人」と一緒に遊園地・テーマパークに行った経験あり
男女別で見ると、特に差が出たのは「同性の友人」で男性が28%に対して女性が66%と、女性の中では1位。「親」「兄弟姉妹」も女性のほうが男性より20%近く高く、逆に「夫、妻」「子供」は男性のほうが女性より10%以上高いという傾向がありました。

女性はいろんな人と行くけど、男性は家族と、という感じですね〜。私も小さいころからあわせれば、親や祖父母、兄弟、いとこ、クラスメート、職場の同僚などなど、いろいろな人と遊園地・テーマパークに行きました♪(´▽`)

アンケート実施日時:2015年3月6日〜2015年3月12日/有効回答数:3,630

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

今はなき横浜ドリームランド、閉園最終日に行って帰りに思わず泣きました。自分が生まれる前に亡くなった祖父がここのアトラクションの配線に携わっていたそうで、子どもの時分は「あの人形(の所)はお祖父ちゃんが作ったんだよ」と来るごと聞かされていました。年をおうとともに壊れ、動かなくなったまま閉園。在りし日をおもいながら園内を回りました。賑やかだった日々がこんなに胸に迫るものだとは、若いながら初めての経験でした。
39才 千葉県 既婚 女性

つらいのはそれだけいい思い出がそこで生まれたということ…でも、お祖父さんとの思い出の遊園地がなくなってしまうのは、とてもとても悲しいですね(´;ω;`)
調査団編集部: マリカナ団長

初デートの時にジェットコースターに彼氏が全然平気だよ!ってな感じで意気揚々と乗り込んだのはいいのですが 降りて来た顔をみると真っ青になっていて、それでも平気なふりをする姿がおかしくておかしくて笑いのつぼにはまってしまって涙がでるほど笑ってしまったんですね。彼もそれにつられて笑ってしまい そこからすごく親近感が湧いてその後のデートが和みましたよー。今は夫婦となっておりますが、遊園地へ行く度にその事を話題にしてしまいます。
49才 大阪府 既婚 女性

わー、大丈夫じゃないのに平気なふりをする彼氏と、それを笑う彼女、つられて笑いあう2人…な、なんてドラマ>//< しかも今はご夫婦とか!うらやましい!!
調査団編集部: カワンヌ副団長

高校の修学旅行で、TDLへ行った時、「グーフィー」と「プルート」をあべこべに間違えていたのにも関わらずプルート本人を目の前にして「グーフィーだ〜(^O^)!」と連呼しながら一緒に記念撮影をした事。別れ際にプルートが、自身の首輪についているネームプレートを指差して「ぼく(?)の名前はプルートだよ!」と言わんばかりにアピールをしていたので「ごめんなさい」と言った事がありました(笑)
45才 静岡県 既婚 女性

「グーフィー」と「プルート」、私も昔見分けがつかなかったので、すごく共感ですw いまだにチップとデールも混乱してしまいます(∩´∀`;)
調査団編集部: マリカナ団長

家族旅行でディズニーランドへ車で出掛ける前日に運転席のパワーウインドーが壊れてディーラーに修理に行ったが部品がないので応急処置をしてもらい「絶対に窓を開けないように」と言われて出掛け慎重に運転していたのですが目的地のホテルに着いてホッとしたのか駐車場の入り口で駐車券をとるためうっかり窓を開けてしまいました。やむなくホテルにチェックインしてJAFを呼んで修理してもらうことになったのですが、家族は付き合っていられないと言って先にディズニーランドに行っていまい頼みのJAFも連休で忙しく2時間ほどかかって来てくれたのですが、担当者が同情しますが、やっぱり部品がなくて直せないとのことで応急処置で「絶対に窓を開けないように」と言って帰って行きました。そのあとランドに行ったのですが、どのアトラクションもJAFの修理待ちと同じ状態でした。帰りの運転では絶対に窓は開けませんでしたが、本当に緊張しました。
55才 三重県 既婚 男性

明治村の古い県庁の知事室での事(もちろん国の重要文化財に指定されています)。友人達三人だけだったので、知事席にふんぞり返ったりして、「あ〜、○○君、例の件はどうなっておるかね」などと軽く知事ごっこをして、部屋を立ち去ろうとしたそのとき、部屋の角の人形が動き出しました。(びっくり!) その人はじっとカメラを据えていて、静かにじっと私たちが去るのを待っていたらしいんです。 そこに人がいるとは気付かず、ほんと恥ずかしかったです。*^_^*
50才 大阪府 未婚 男性

子どもの頃、大阪万博が開催されました。各パビリオンのデザインは歴史と未来を感じられる秀逸なものばかりだったし、当時は欧米の展示内容が非常に面白かった。太陽の塔の芸術性も凄かった。そして、大人になって、地元で愛知万博が開催されました。行かず嫌いとか冷淡な評価をする人も多くいますが、本当に素晴らしいものでした。過去の記憶から欧米の展示に期待していましたが、アジア・アフリカの展示の方が圧倒的に面白くパワフルでした。また、会場を1周する空中回廊グローバルループ。開幕当初はこんなに広い回廊を何故?と感じたが、盛り上がって来た頃にその回廊いっぱいにもの凄い人の波がうねるように移動するのを目にした時、発想し、デザインし、そのサイズを決め具現化してみせた製作者の先見の明に驚愕し、同時に気が付きました。この回廊こそ太陽の塔に匹敵する超絶的な芸術作品だということを!本当に懐かしく素晴らしい夢のような半年間でした。もっと多くの人にそれを感じてほしかった!
56才 愛知県 既婚 男性

私が40代になってからの話。会社でみなとみらいへ視察へ行った時、コスモワールドに入ったら、部長が「コースター乗ろう」と言い出した!ある意味部長命令。上は60代から下は20代女子社員、総勢約20名が部長を先頭にいざコースター乗り場へ!列ではそこだけネクタイ族で浮いてたし、コースター乗車時の状況は抱腹絶倒モノ、でも皆コースター満喫しました(←推定)楽しいことに年齢制限はない!と思った楽しい思い出です。
49才 東京都 既婚 男性

TDRで娘が小さかった時ミニーの髪留めを買ってつけて回っているうちに片方なくしてしまいました。アチコチ探しても落ちてなくて掃除を担当していたスタッフに落ちてませんでしたか?と聞いたら暫くして「ありましたよ!」って片方渡されました。今思えばきっとあれはスタッフの方が子供がションボリしていたので新しいのを渡してくれたのかな…って思います。「たまにミニー(髪留め)に触ってあげてね!」って渡された時の娘の顔は本当に嬉しそうで今でも大切に(子供の)宝石箱に入ってます。TDRに行く時は今でも持って行ってるみたいです。持ってるだけで楽しいから…だそうです。
49才 愛知県 既婚 女性

「お猿の篭屋」の篭かきを甥にさせたのが一番おもしろかった。真中校長が日光猿軍団を結成する前に、日光江戸村の片隅でひっそりと猿まわし芸を始めた頃で、猿も1匹しか連れていなかった。篭かきには2匹(人)必要だが、猿は1匹、その相手に校長から指名された。たまたま見物人の中に猿と組めるような小さな子供が甥以外いなかっただけなのだが。それまでは、猿まわしをおもしろがって見ていたが、急に猿の相手をさせられ、引き攣ったような顔のへっぴり腰での篭かきは、甥には気の毒だったが、すごく楽しめた。終わってから、抱きついてきて安心したような顔もかわいかったけれど。(それ以降、どうも猿が嫌いになったようで、今この話をしてもいやな顔をする。)
64才 群馬県 未婚 男性

友人と会社帰りに浅草花やしきに行った。ジェットコースターに乗ったが、膝の所のみの安全バーで肩の部分は何もなかった。空いていたので一列ずつ乗ったが、動き出してスピードが出てきたらおしりがバウンドして、端から端まで移動した。いろんな意味で、恐怖を感じた。ジェットコースターはいろいろな所にあるけれど、今でも花やしきが一番怖いと思う。
51才 福島県 既婚 女性

子供が買ったばかりのポップコーンを、食べ始めるやいなや地面にこぼしてしまい、あたりはポップコーンだらけに。「あ?、どうしよう、早く拾わなくっちゃ」と思った瞬間、どこからともなく、スタッフの人が現れ、あっという間に掃いて片づけてくれました。あまつさえ、もう半べその子供に、新しいポップコーン手渡してくれたのです。もう、平身低頭!のちに、ここのスタッフの教育がすごいことを知りました。
63才 神奈川県 既婚 女性

思い出と言えるかどうかわかりませんが、結婚する前よく遊園地でデートしました。情けないけど貧乏学生だったので費用は働いてた妻持ち。子供ができて同じ遊園地の乗り物を家族で乗った時は感動したような記憶がある、今は孫と同じところで遊びますが、年月を感じるし、若いころの思い出が蘇ってきます^^。
66才 東京都 既婚 男性

2002年に会社再生法申請直前だった長崎のハウステンボスに行ったことがあります。確かにがらんとしていまして、客よりもスタッフの方が多いくらいでしたが、雰囲気はばっちりでした。TDRやUSJのように、人でいっぱいというのもテーマパークの醍醐味ですが、外国(オランダ)の街並みを再現したという触れ込みのハウステンボスは、日本人でごった返してしまったら、かえって雰囲気を壊すという気がしてなりません。あの日のハウステンボスは実にのびのびとしていて、欧州の古い街並みの雰囲気をたっぷり楽しむことができました。それだけで十分に入場料分楽しめたと思っています。あれから行ったことはありませんが、経営母体が代わって、あの雰囲気が壊れてしまったとしたらちょっと残念です。経営上無くしても仕方が無いとは言え、国内であれだけの異国情緒が楽しめる場所はそうは無いので。
52才 千葉県 既婚 男性

USJで。その日は不安定な天気でにわか雨がありました。「こんなこともあろうか、、」と仲間の一人がレインコートを出してくれました。なんと全員分ありました。6、7人いたでしょうか。聞いてみると「増えるか減るか分からんけど10人分用意した」とのこと。100均のモノですが金額のことより(それにしたって100X10)10枚も持ち歩くのは重かったと思います。お金は受け取ってくれないし、といって晴れたから返すとも言えないし。ただひたすら感謝でした。園内で雨合羽の臨時売り場が出来てましたがペラペラで高かったです。彼女のおかげで買わなくて済みました。
66才 大阪府 未婚 女性

母と子どものころ世話になったおば2人を、妹と一緒にディズニーランドに連れて行った。妹と二人で駆け回り、すいているアトラクションや、開始時間などと調べながら、やや高齢の母たちが疲れないよう、それでもできるだけたくさん回った。特におばたちは、初めてだったこともあり、夢の世界に来たみたいだと、本当に喜んでくれた。当時は有給休暇も取りづらい状況の中、妹と休みを合わせて計画したが、私たちも楽しみながら、親孝行、おば孝行ができて、今でも忘れら?ない、いい思い出になった。
57才 東京都 未婚 女性

短大の行事で大型テーマパークに行った時、フリーフォールに乗れなくて下で友人を待っていたら、変人で怖い、という評判だった心理学の助教授がす〜っと私の隣にきて「こういうのに乗れる人は、MかSかどっちだと思いますか?私は恐怖を感じるのが嫌なので自分はSだと思うのですが」と話しかけてくれました。それがきっかけで助教授と仲良くなり、卒論など色々助けて頂きました(笑)
49才 北海道 既婚 女性

娘がだんだん大きくなって、ジェットコースターなど絶叫系アトラクションに乗りたがります。ようやく一緒に乗れるようになったと、ちょっと喜んでいます。ただ、いつまで一緒に乗ってくれるかな?と考えると、ちょっとさびしいですね。
48才 東京都 既婚 男性

ディズニーリゾートに行った時、ディズニーシーの中のミラコスタに泊まりました。窓からディズニーシーが見えたのですが、開園前、開園中、閉園後の裏方スタッフの仕事を見て感動しました。あの人たちの働きがあってこそ、来客が楽しめるのですね。
52才 福岡県 未婚 男性

札幌近郊にある「ハイジ牧場」で初めて乗馬に挑戦した孫の写真が可愛くていまでも私の部屋のいちばんいいところに飾って眺めております。その孫もいまは9歳で生意気になり、おじいちゃんにくちごたえするようになりました。
73才 広島県 既婚 男性

ちょっと若い友人に誘われ、ルンルン気分で行くと恐怖の館。随分な高さからの直落下と聞き、恐くて辞退したかったが「冥途の土産」と言って友人たちに笑われながら参加、やっぱり怖かった。「寿命が縮む」とはこのことか。
66才 神奈川県 既婚 女性

2週間前から尿管結石、なかなか石が出ず医者に縄跳びをしろとか色々と言われたが、絶叫系コースターに振り回された後、トイレでカシャっと石が出た!一緒に行っていた職場の仲間に報告したら、その日一番の爆笑だった。
50才 神奈川県 未婚 男性

ハウステンボスなんですが、オルゴール館というのがありまして。日本語が分からない連中が「撮影禁止」の場所でバシャバシャと撮影しているのを、関西のおっちゃんが叱ったんです。日本語が通じなくて、その国の言語も出来なくて、結局「日本語→英語」その英語を「英語→外国語」と通訳二人がかりでやりました。スタッフさんにも手伝ってもらいましたが、私が日本人の英語担当をやって名前言わずに格好良く、消えたのですが。。。部屋番号でばれたらしく、園内で使えるクーポン券が部屋においてありましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
42才 福岡県 未婚 男性

若い頃職場の友人2人とディズニーランドの年越しに行ったことがあります。当時の仕事は販売業だったので大晦日に仕事を終えてから新幹線で東京へ。日付が変わると同時に入園。とても楽しかったのですが、段々睡魔が...。ふと見るとあちらこちらの柱の陰ですっかり眠り込んでいる人たちがたくさんいました。まるで普通の繁華街のよう...。若かったからできたけれど、今では頼まれても無理ですね(^^;)
48才 大阪府 既婚 女性

カリフォルニアのディズニーランドにホーンテッドマンション(お化け屋敷)があり、東京ディズニーランドとたぶん同じだろうと高をくくって、職場の後輩と二人で乗り込みました。すると乗り物の横から急に人間が現れ「ハロー!」と叫ばれたのには、飛び上がるほど驚き、そのあとは二人して大笑いしました。東京にはなかったサービスは、我々には大ウケでした。
58才 大阪府 未婚 女性

両親から聞いた話ですが、私がやっと歩けるようになったくらいのころ、初めて遊園地へ連れて行った時。入場してすぐ100円で動く動物型の乗り物を目にした私は驚いた顔をしてそれに向かって走り出したそうです。初めて見る大きな動く”おもちゃ”?に感動したようで。それから父は色んなところに連れて行ってくれるようになったと母は言っています。
37才 埼玉県 未婚 女性

30才をちょっと過ぎたころ、中学からの仲良し5人組(男2女3、当時全員独身)で遊園地に行き、お化け屋敷でも絶叫系でも男2人を差し置いて「男前No.1」の称号をいただきました。女子2人曰く、「もし男どもがアンタより男前だったら、私たちきっと20年も仲良し5人組のまま続いてない」………そ、そうだね……。
43才 神奈川県 未婚 女性

大学受験に失敗し浪人して名古屋の予備校に通ってた頃、模試の成績が悪かった同じ予備校の友人たち数人と気晴らしをしようぜという事になり、某遊園地に遊びに行きました。ところが最初は単なる曇り空だったのですが、やがて轟音とともにかなり大きな雹が降ってきたのです。数分ほどでしたが、私にとっては初体験。まさに天変地異でした。ああ世の中というものはとても広大でまだまだ私の知らない事ばかりなんだなとしみじみ感じ入り、落ち込んでいた気持ちもすっかり晴れたのでした…。遊園地とあまり関係ないですけど、多感だった時期の大事な思い出のひとつです。
51才 神奈川県 未婚 男性

実は、あるテーマパークで、働いていたことがあります。ところが、私は、それまで、そこで遊んだことがなかった。パークに来るお客さんに、アトラクションとかグッズなどについて聞かれる立場なのに、なにも応えられないんです。「これでは、いかん!」と、休みを使って、何度か遊びに行きました。お客さんとして利用するパークは、本当に楽しくて、帰りたくなくなるほどでした。その経験は、もちろん、仕事にも生きて、お客さんに喜んでいただけるようになったのでした。
48才 千葉県 未婚 女性

USJや他の観光地の入場券が付いた周遊券で旅行したことがある。USJは午後から入場の券だったため、その時間に行ったらすごい行列で入場制限もしていた。帰りの新幹線も決まっていたため、入り口で記念撮影しただけで泣く泣く帰路についた。数年後、同じ周遊券のUSJの入場の時間制限が無くなっていたので、また周遊券を使い旅行。その時は朝1番で行った
49才 広島県 既婚 男性

小さい頃に、ポニーに乗らせてもらえるアトラクションに参加したことがありました。今では記憶も曖昧なのですが、子供の私にとって「プチ乗馬体験」はとても嬉しかったようで、両親の話によると、怖がりもせず、本当に楽しそうにしていたとか。細かなことは忘れていても、小柄なポニーの背に揺られた感触と、動物と一体になって歩くという経験が、動物を愛しく思うこと、同じ生き物なんだと思う気持ちにつながる、大事なきっかけになったように思います。

結婚前に初めてお化け屋敷に入った時、怖くてすぐ前に居た女の子のスカートをしっかり持って持ち上げていたようで、嫌がられました。その頃ミニスカートが流行っていたので、明るかったら丸見えでしたでしょう。それに、あまりにキャーの叫び声が凄かったので角から飛び出してきたお化けが後ずさりしました。それでもお化け屋敷は今も入ってみたいです。
71才 群馬県 既婚 女性

主人との初デートで富士急ハイランドへ。FUJIYAMAが2人とも好きで3回も乗った。3回目に乗るために並んでいたら、前のグループがびしょびしょになって戻ってきた。11月だったけれど、どうやらヒョウが降ってきたみたいだったが、私たちまで乗ることができた。でも冷たいし、スピードでヒョウが顔に当たってとても痛かった。かなり強烈な思い出になりました。
41才 東京都 既婚 女性

九州ハウステンボスができたころ、仕事で行っていたのですが、とりあえずアトラクションも皆制覇しておこうと思い、今で言う、3Dですか、椅子に座り、椅子が上昇したり、してスクリーンの中の、谷底や、海深海に潜ってゆくなどで、とてもスリル満点。10人くらいの小さな部屋で、最初は皆怖いねとか、言っても笑っていましたが、後ろの母親と息子の二人が、すぐに泣き始め、死んだーとか!、死ぬーとか、息ができない!とか、大騒ぎ!ほんの10分程度でしたが、映像と体のバランスに脳がついていけないことがありますから乗る場合よく聞いて乗った方がいいですね。
63才 北海道 既婚 男性

小学生の時卒業記念で仲の良い友達男女合わせて6人ほどで行ったのがいい思い出。ちょっと気になる男の子が怖がりな私と手をつないで乗り物に乗ってくれたりして嬉しかったwあー今思い出してもキュンキュンします(゚∀゚)ノ
41才 兵庫県 未婚 女性

エキスポランドは、自宅から比較的近く、中学校の卒業後すぐの同窓会でも行ったし、高校のラスト遠足もここでした。就職してからすぐの夏に回転式のジェットコースターが開業して、職場の人たちと夜に出かけた事も思い出です。子どもが小さい時にも何度か出掛けて、子どもなりに遊べるアトラクションもあり、特に夏のお化け屋敷は、生身の人間がやっていたので、楽しかったです。事故が有った事も残念でしたが、廃業してしまう事になり、とっても残念でした。
58才 兵庫県 既婚 女性

家族全員ではありませんでしたが、東京ディズニーランドが出来たばかりの頃。当時、小学校6年生でした。両親と姉と共に出来たばかりの東京ディズニーランドは見る物全てがすばらしくて、乗り物も楽しかったのですがお土産を買うのに迷ってたくさんのぬいぐるみなどを買って帰った記憶があります。今もその当時に購入したぬいぐるみは、少し色あせたかもしれませんが飾ってあります。
43才 神奈川県 未婚 女性

富士急ハイランドができて間もないころだと思うが、当時つきあってた娘とスケートをしに行ったことがある。昼頃から滑り始めて、何時の間にか深夜になっていた。電車もなくなったので、スケート場の片隅に座り、抱き合って朝まで過ごしたことがあった。ちょっとでも並んで何かをするのが嫌いな自分が、そこまでできたということは若さゆえなのか、好きな娘ゆえだったのか(実らなかったけど)、いずれにしても思い出の一コマであったことには違いない。
72才 東京都 既婚 男性

亡き父は、どこへ行くにも車。なので遊園地に行った時も、当然車で。私は車に酔うので、目的地に到着するまでにすでに吐きたいほど苦しい思いをしてるのに、到着したら、また遊園地の乗り物に乗ることになり、帰るころには、気分が悪くて立ち上がれないほどフラフラ。なのに帰路はまた車に乗らねばならず、地獄だった。親は子供が喜ぶと思って連れていくのだけれど、私にはそれが苦痛でたまらなかった。
53才 大阪府 未婚 女性

結婚して間もない頃でしたが、妻に辛い出来事がありました。気分転換にと東京ディスにーランドに出かけましたが、辛い気持ちを忘れることは出来なかったと思います。ですがディスニーランドの雰囲気に身をゆだねることで、他のことで辛い気持ちを癒すことよりも気持ちが軽くなったと感じました。本当に良いテーマパークだと思いました。これからもお世話になると思います。よろしくお願いしますね。
50才 長野県 既婚 男性

職場の同僚8人と言った時に、素敵だわって思う方もいました。告白なんてできないのですが、せめて乗り物は横に乗りたいなって思っていました。TDLでのこと、明るい所で乗る乗り物は横に乗ることができませんでした。しかし、暗い所や薄暗い所を動く乗り物は横に座ることが出来ました。それでも嬉しかったのですが何の意味があったのかしらね、若いころ、はるか昔の想い出です。
55才 長野県 未婚 女性

初めて行ったときはパレードの女性が若いお姉さんばかりだったけど、十年後くらいにいったら平均年齢があがっていて驚いた。年齢が上がった分、踊りのレベルも上がっていましたが、どこの職場でも若くして退職、ということが減っているんだなあ、と実感しました。
52才 北海道 既婚 男性

本当に混雑している日で、どのアトラクションも長蛇の列。どれに並ぶかを綿密に選び、「これだ!」と賭けて90分待ちの列に並んだ。寒空の下延々と待ち続けてやっと順番が来てワクワクしながら体験したが…実際には「学園祭でやるようなチープなお化け屋敷」といった印象で、途中から本当にシラケて怖くも何ともなくなり、この列に並んだことを本気で後悔した。宣伝とか前フリが大げさすぎる!!と思った。
32才 兵庫県 既婚 女性

大学1回生の時の彼女とは『ジエットコースター』嫌いのお陰で分かれてしまったので、次に社会人以降に出来た新しい彼女とは将に清水の舞台から飛び降りた積りでチャレンジした!その甲斐あってか数年間は続きました!(苦笑)
56才 大阪府 未婚 男性

ディズニーランドにでかけたとき。何度か訪れてはいるのだけど、その度にホーンテッドマンションというアトラクションが工事中だったり、休館だったりして中に入ることかできないでいたことが何回かあった。そしてようやく入れたその日、アトラクションがなんらかの事情で止まってしまう事態になった。ほどなくして動きはじめたけれど。つくづくホーンテッドマンションには縁がないと思った。
49才 埼玉県 既婚 女性

子供のころには、家族でも学校でも、遊園地やテーマパーク、アミューズメント施設に行ったことは無かった。大人になり、彼女と東京ディズニーランドが開園した日に行ったのが、生まれて初めてであった。かなり感化され、その後は花やしきとか西武園遊園地とか、USJとか、沖縄子供の国とか、色々行った。子供らが成人した現在は、温泉めぐりがアミューズメントである。
56才 埼玉県 既婚 男性

幼い頃の家族と行った遊園地は、楽しい思い出です。すべてが初めての乗り物の経験をそこでしているから、その後のデートや友達と行った時も、これは苦手だからパス!と言う風に敬遠出来るから!初めてジェットコースターを乗った時は泣いたなぁ〜(笑)
50才 埼玉県 既婚 女性

修学旅行で行った、ディズニーランド。ポケットに入れていた園内の案内図を友達に貸した拍子にあいだに挟んでおいたチケットを落としてしまった。それまでグループで行動していたのをチケットを探すために単独行動したら、あとでエラく怒られた。
44才 埼玉県 未婚 男性

飛行機や船の遊具が好きでした。気楽で何も考えていなかった頃ですね。すぐに迷子になる弟の手を離せませんでしたが、それも楽しい思い出です。
54才 北海道 未婚 女性