ウォーキング・ジョギング時の邪魔・不満 1位は「歩道を走る自転車」

ウォーキング・ジョギング時の邪魔・不満 1位は「歩道を走る自転車」

ウォーキング・ジョギング時の邪魔・不満 1位は「歩道を走る自転車」

「ウォーキング・ジョギングをしないので答えられない」の42%を除いて総計で見ると、1位は「歩道を走る自転車」で36%、2位は「歩道がない通路」で26%、3位は同率「横に並んで歩く人」と「狭い歩道」で18%でした。

■女性のほうが全体的に不満が高く、特に「日差し・紫外線」が邪魔なよう
男女別で見ると、「日差し・紫外線」と答えたのは男性が12%に対し女性が42%と、女性のほうが不満に感じている人が多いようです。また、全体的に女性の方が不満が高く出ている結果となりました。

どれもウォーキング・ジョギングを邪魔するものが多いですね、女性の敵である「日差し・紫外線」は本当に勘弁してほしいです(TOT) これから日差しが強くなるので、しっかり対策する必要がありますね!

アンケート実施日時:2015年3月13日〜2015年3月19日/有効回答数:3,455

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

先日のランニング中での出来事、ランドセル背負った帰宅中の女の子を抜いて前に出ようとしたとき、なぜかその女の子も突然進路を変えて私の走路を塞ぎ接触。咄嗟に転倒させてはいけないと、後ろから抱きかかえてどうにか転倒は免れたのですが、この瞬間、女の子が「キャ〜〜!!」と大きな悲鳴。どうやら変質者に間違えられてしまったようです。あやうく変なおじさんのなるところでした。(泣)
55才 広島県 既婚 男性

アハハッ、どっちの気持ちもよくわかるので、これはしょうがない。笑 でも助けて悲鳴をあげられるのはつらいですね(^▽^;)
調査団編集部: カワンヌ副団長

近所の大きな公園がウォーキング場所です。四季の花・山野草・池や子供用の遊び場や乗り物などあり 皆さん楽しそうで その雰囲気も楽しみながら歩きます。でも写真好きの人たちもいっぱいです。 撮りたいものに夢中で その範囲内に入ろうものなら 邪魔な被写体が来て〜〜といった冷たい目で見られるんです。これがつらいです。
72才 埼玉県 既婚 女性

あー…その目、つらいですね(´;ω;`) 公園はみんなのスペースなので、悪いことはしていない、それを撮っている人もわかってるから邪魔だとは言わないけれど、目が言っていたら同じことですよね。。。
調査団編集部: マリカナ団長

結構速いペースでウォーキングをしていたら、同じようにハイペースでウォーキングしてくる人がいて、並走?されてしまい、気分が悪かった。別に競争しているワケではないので、二人並んで歩道を早歩きしていたら、他人の邪魔になるのに。負ける気はしなかったが、こっちが一歩譲って後ろから追い上げる形になったら、途中で相手のペースが落ちて結果的にぶっちぎった。が、気分は少しも良くなかった。
49才 埼玉県 未婚 男性

うーん、知り合いとやろう!って言って競い合うならよいですが、知らない人とそういう風になるのはイヤですよね。負けても勝ってもいいことないですもん(T T)
調査団編集部: カワンヌ副団長

花粉症なので、2月末から4月末の期間はスギ花粉が邪魔です。帽子、サングラス、マスクがウォーキングに必須の3点セットです。他人から見ると怪しい人その者でしょう。この格好でうっかり幼稚園や小学校の園庭・校庭をのぞいたりすると不審者と間違えられるので、立ち止まらないようにしています。
68才 埼玉県 既婚 男性

夏になると、舗道の照り返しが目に痛いし、暑いし…夕方になっても余熱で涼しくならない。水分不足になる。かといって、早朝は家事で忙しいので時間がとれないので、嫌ですね。
59才 東京都 既婚 女性

白内障の手術後、紫外線には気を付けているので、出来るだけ16:00以降に歩いている。
68才 東京都 既婚 男性

寒い冬は顔の感覚が麻痺しているので、鼻水が垂れていても、唇まで到達しないと気づかず、おマヌケな顔で走る事になります。鼻水が邪魔といえば邪魔なんですが。それ以前に、そもそもジョギングって、社会生活上優先度が低い趣味の部類なので、ジョギングをしている自分が他人にとって邪魔だと思われないようにしています。
48才 岐阜県 既婚 男性

以前、ジョギングをしていた頃のこと。ジョギングコースを煙草をぷかぷか吹かしながら散歩している人がおり「煙くさい!」と叫んで、ダッシュして逃げたことがありました。早朝だったので、新鮮な空気を吸いたかっただけなのです…。
40才 福島県 未婚 女性

歩道がない道路は夜怖いです。自分も車を運転しますが、反射板を付けているかどうかで危険度はずいぶん違うと思います。
47才 埼玉県 既婚 男性

かつて30年間ほどマラソンしていた頃、皇居一周の際、北の丸公園付近の道が狭く、反対側から走ってくるランナーとお互い邪魔であった。
75才 埼玉県 既婚 男性

駐車場に進入する車が、車道から突然に現れ、数センチ先を通りすぎました。睨みつけて、その場でジョギングを中断しどこに止めるのかと見ていました。出てきたら一言いうつもりでいましたが、私の存在に気付いたようで、中々車を止めずに駐車場の中を走り回っていました。そんな姿を見て、私もあきれてジョギングを再開しましたが、悪意があって目の前を通過したとしか思えない程、その場所は、見透視も良く昼間、最近の車のマナーの悪さにはあきれます
54才 東京都 既婚 男性

歩道を平然と走る自転車が多い。ウォーキング中(狭い歩道の左側を歩いていた)自転車に追い抜きざまに右ひじを引っ掛けられ、少々血が出た。なのに、謝りもせず、そのまま過ぎ去ろうとした。怒鳴り声をあげ、追いかけたが逃げられてしまった。このときもそうだったが、こうしたマナー違反者の大半は中高年世代。同世代として、ホントに情けない。
60才 東京都 既婚 男性

歩道を走る自転車は怖いです。音が小さく気づきにくい・速度が速い・交通規則も実質無いようなもの。乗る人間もピンキリで、手軽なだけに自動車やバイクより更にタチが悪いと思います!私は実際にはねられたことがあります。(ボケたお爺さんが乗った自転車が後ろからぶつかってきました)
44才 神奈川県 未婚 男性

歩道で前から来た高校生の自転車のハンドルにぶつかって、ヤツは全速力で逃げ去ったが、右手首が2〜3週間痛んだ。大事に至らなかったが、今度前からそんなヤツが来たら車道に突き飛ばしてやる!(←ウソ。紳士な老人ですからw)
75才 神奈川県 既婚 男性

公園のウォーキングコースに夏は毛虫だらけになる一角がありそこを何度も通らないといけない。落ちてくるのも怖いが、踏むのも気持ち悪い
50才 東京都 既婚 女性

ウォーキング・イベントのコースで狭いコースであると、1列になって歩くしかない。このような時、歩くスピードの遅いウォーカーの後ろにいるとイライラしてしまう。イベントでこのようなことに当たってしまった時に、道でない脇のところを必死になって歩いたら「特急電車が行くよ〜」「新幹線が行くよ〜」と声をかけられてしまった。そんな私の後には、同じようにいらだっていた人が何人も続いてきていた。
43才 静岡県 未婚 女性

舗装された歩道であっても、タイルが破損していたり滑りやすかったりで、安心してウォーキングできる環境にない。

雪の日は転びそうになることもある、しかし春になれば虫も飛ぶ。名もない雑草にも花が咲く。冷たい風にしかめ面して歩いていても、温かな風に嬉しくなってくる。夏は夕涼みがてらの散歩。それでも汗が出る。自然なものは仕方がないが、どうしてここに?というほど色々な所にゴミがある。団地の中はそれほどでもないが、宅地を抜けて大通りに出るとゴミ。昔のように公共のゴミ箱が減ったせいもあるが、忙しいことにかこつけて公徳心も捨てられているようだ。
59才 宮城県 既婚 男性

公園の周囲をウォーキング中、30m位前を喫煙者が歩いていて、チョー臭かった。健康の為に歩いているのに、台無しにされた気分で、後ろからでかい石でも投げてやろうかと思ったが、無かったので「クッセーな!」と怒鳴ったら、公園の中に入り影からこちらを見てた。 くそ迷惑な歩行喫煙者には、何をしてもOKという法律を制定してほしい。
53才 東京都 既婚 男性

とにかく日焼けしてしまうことです。1日10q以上の距離をウォーキングするとなるとどうしても日差しがキツいです。老化の原因ですわ
56才 北海道 既婚 女性

広がって歩く人たちですよね。二人で並んで歩くのなら良いのですが数人で並ばれるとどうにもねぇ…。邪魔というのとは違うかもしれませんが、北海道に住んでいたころには雪虫が邪魔でした。自転車に乗れば口を閉じていても目にも入ってくるし、服にいっぱいついちゃうし、あれはどうにもならなかったなぁ〜。
40才 東京都 未婚 女性

やっぱりお肌の為に、日差しや紫外線は気になります。帽子はサングラスは必須。
50才 青森県 未婚 女性

自分は原則、左側を歩いている。しかし、反対から歩いてくる人が、右側だったり、左側だったりと、人さまざま。時には、自分とぶつかるまで、お互い道を譲り合わない。歩く人は、左側・右側のルールを社会的に決められない現状、お互い、道を譲り合う気遣いが必要と感じる。
33才 千葉県 既婚 女性

老若男女問わず人は集まるとなぜか並列に横に並び道幅いっぱいに歩きたがるようです。女子高生やおばちゃんは特にそうですが、若い男もおっさんもじいちゃんも例外なく横に並びますね。あれほど邪魔くさいモンはありません。自転車ならチリンチリンで避けてくれますが、ウォーキングの場合は知らん顔で歩道を占有しています。仕方がないから一旦車道に出て追い越してから歩道に戻るようにしていますが、なんとかならんモンでしょうかね?
62才 愛知県 既婚 男性

公園を歩いて居ると良く鳥に糞を掛けられるし、春先に為るとカラスに頭などを攻撃されることが有りました。
85才 東京都 既婚 男性

歩いている場所で、ガードレールがあって中の歩道幅が1m足らずの場所がありますが、私の横から全速力で追い抜く自転車と前方からこれまたすごいスピードで走ってくる自転車に恐怖します。。自転車同士もすれ違うのに苦労してぶつかったり転んだりしていますし、私はどこにも避ける場所もないのにベルを鳴らされるし先日は追い抜く自転車に引っ掛けられてジャケットが裂けてしまいました。高かったのにー…。転びそうになることもあるしそれこそ体にぶつかってくる人はしょっちゅうなので本当に怖いです。邪魔というより恐怖ですね。気をつけてもらいたいです。
42才 神奈川県 未婚 女性

夜中に歩いていて、木の根っこの盛り上がりの少しの段差だったのですが、暗くて見えずにつまずいて転んでしまいました。街灯があれば見えたのでしょうが、痛い思いをしました。
60才 群馬県 既婚 男性

自分の犬は利口だと思っているのかもしれないが、犬の相性もあり喧嘩になることもあるので、飼い主のマナーとして散歩時はリードを付けるべきだ。犬同士だけで無く、犬の嫌いな人もいるのだから。また、夜は懐中電灯を点けて散歩しているけど、大型犬らしい大量の糞が歩道に残されていることが多いので、非常に困りもの。マナーが無い人が一番邪魔だ。
65才 千葉県 既婚 男性

ウォーキングの大敵は何といっても車、排気ガスをまき散らし、騒音に悩ませる。自分が運転している時は気にもしないが、本当に迷惑邪魔以外の何物でもない。
64才 愛知県 既婚 男性

虫。蚊柱の立つ季節は要注意。間違って吸い込みます。紫外線は日光に弱いので日傘、サングラスは必需品です。それ以外の歩きにくさにつながる障害は鍛えるのに好都合なので大歓迎、華麗なステップで避けます。坂道段差も歓迎します。ただ自転車は動く速度とその重さで当たった時の衝撃がきついので勘弁です。
47才 福岡県 未婚 女性

一般的に邪魔なのですが、歩道を通る自転車は よほど広い歩道以外は降りて押し歩きをするべき。 後ろから来た自転車にぶつかりそうになったことがある。また、自動車の眩しすぎるライトのため電信柱が見えなくなり、ぶつかりそうになった事も。
54才 東京都 既婚 女性

大阪は商売の町として活気もある反面、商品の搬入等で通行に支障出ること再三あり、街中ウォーキングの煩わしさの一つである。
67才 大阪府 既婚 男性

後ろに人がいると気づく鋭い人って意外と少なく、自分達の話に熱中しているので、悪気はないと思うが、よけるとかゆずるとかをあまりしてくれないです。ただみんなの道路なので、我慢して待つかすいませんと声をかけて抜かすしかありません。
44才 京都府 未婚 女性

歩道が片側1者線の状態の道が多くて、渋滞が発生してなかなか追い越せず困ることがあります。こちらはまるで煽ってるみたいだし、後ろに付かれる人は煽られているように見えてしまいますから。人通りの多い主要駅や大通りでは、歩道幅は広がっても人が多すぎてやっぱり大渋滞。そこへ自転車も入り交じりもうカオス状態です。真後ろの自転車を押す人に前輪タイヤで靴の踵が轢かれたことも。致し方ない面もありますが、自分のペースよりあまりにもスピードを落として歩くと却って疲れてしまいます。
38才 東京都 未婚 男性

紫外線を避けるのと、夏は暑いので、ウォーキングをしていた時は夕方から夜が多いが、街灯がない道路はちょっと怖いと思う。
45才 東京都 未婚 女性

雨模様で地方の歩道を傘をさして歩いていたら、後ろから来た自転車に「邪魔だ、どけ!」と言われた。
74才 埼玉県 既婚 男性

普通に歩道を歩いている時でもそうなのですが、自分の前を横に並んで歩いている人達がいて、追い抜こうとする時に限って、反対方向から自転車がやってきて、追い抜くに追い抜けないパターンが多いと感じます。私だけでしょうか? ちなみに、横に並んで歩くのは、圧倒的に女性、それもオバサンか女子高生が多いと思うのも、私だけでしょうか?
54才 北海道 未婚 男性

雪国ですが犬の散歩の為に毎日歩きます。しかし、除雪車が除雪した雪を公園の中に捨てて行くので道路を歩かなくてはなりません。その道路も歩道には雪が積まれ2m位になり毎日犬と雪で狭くなった車道を歩いてします。せめて歩道も除雪してほしいと市議会議員の方に陳情したのですが何も変わりませんでした。
42才 青森県 既婚 男性

通常の歩行者や自転車に対しては全く邪魔なんて思わない。こっちは余暇でジョギングしてるんだから謙虚に思わなきゃ。しかし、歩きスマホ、自転車スマホが実に多いことにうんざりさせられる。そんな輩に遭遇した時は自衛手段で、手拍子を打って相手に注意を促すようにしている。以前ジョギングしていたら、向こうから5、6匹の野良犬がGメン75のように行進してきたときは大変焦った。
43才 香川県 未婚 女性

ある季節(秋?)とある時間(朝?と夕方?)に限るのですが、沢山の浮塵子?)が頭の上に渦を巻いて移動してもどこまでも付いてくるのが一番嫌です。
71才 群馬県 既婚 女性

日本は右側通行にも拘わらず左側を歩いてくる人がいるので、こっちは意識的に右側を歩き、絶対に譲らないことにしている。(但しかなりのお年寄りと、白杖を持っている目の不自由な方を除いて)
79才 東京都 既婚 男性

私のジョギングコースで、とある大学の周辺にある桜並木の堤防の道を通るのですが、時折大して広くも無い道幅一杯に群れて歩いている集団に出くわすコトがあります。。まあ、たいていの場合は避けてくれますが、たまに「スマホいじりながら」とか「イヤホンで音楽鑑賞して悦に入っている」とか「群集心理で周囲に気配り出来ていない」とかの状況で、ぶつかりそうになったことがたびたびありますね(苦笑)
46才 埼玉県 既婚 男性

後ろから来る自転車は気づきにくく、あぶない。歩道がない道路で、車が来たら立ち止まって行過ぎるのを待たなければならない。
67才 北海道 既婚 男性

いいペースで落ち着いて走れるようになったころに限って信号に引っかかってペースを乱された
17才 奈良県 未婚 女性

夏のウォーキングは太陽がまぶしく、とうとうサングラスを買うはめになったが、デパートで高い買い物になった
68才 兵庫県 既婚 男性

夏場、鬱蒼とした道を走った後、ブヨ?ブト?とにかく、刺された瞬間は、それに気が付かない程度の感覚しかないのに、後々1週間くらい真っ赤に腫れて痛痒い目にあった。 その道は好きなのに、その虫に怯えながら走る始末。
39才 北海道 既婚 男性

やはりこの時期は花粉でしょう。まだ花粉症になってない人もなる可能性が高いといわれて仕方なくマスクして歩いているけれど。正直邪魔でしょうがない。春になって暖かくなってきたのに花の香りすら邪魔される。暖かくなる時期が気持ちいいのに花粉だの黄砂だのに邪魔されて、歩くことの気持ち良さを半減させられているとことがつらいです。
49才 埼玉県 既婚 女性

やはり駐車違反の自転車ですか…特に子供を乗せる補助器具付きの自転車は怖いです。止めても出ているし、後ろからはブレーキ音で警告され、前からは体で方向変換するので、どう動くのか分からず、怖い思いを何回もしました。車両だという考え方が欠損していて、正直邪魔です。
50才 東京都 既婚 男性

何度もクルマに撥ねられそうになった。歩道を走っているのに車道を走らなければならない自転車に後ろからベルを鳴らされた。勿論譲らないし、譲る必要も無いのだが。
41才 富山県 未婚 男性

市街地で走るのは、危険がいっぱいです。歩道があっても、半分乗りあげ駐車の自動車、自転車、看板が歩道に突き出ているもの。最近は宅配の荷物の搬送などで、ほんとに難しいです。特に北海道は冬期間は危険です。今年もジョグ中に、氷があるところと地面が出ているところで、おもいっきりすべって、スローモーションのような転倒しました。運よく頭を打つことなく、肘で受け身をしましたので大事には至りませんでしたが。アイスホッケーの防具付けてないと怪我します。冬はお金かかっても安全なジムでのトレーニングですね!!
63才 北海道 既婚 男性