洋食で気を付けること 1位は「フォークやナイフは外側から使っていく」

洋食で気を付けること 1位は「フォークやナイフは外側から使っていく」

洋食で気を付けること 1位は「フォークやナイフは外側から使っていく」

総計で見ると、1位は「フォークやナイフは外側から使っていく」で43%、2位は「スープを飲むときに音をたてない」で42%、3位は「食事中、ナイフやフォークを置くときはハの字に」で37%でした。

■男性はナイフやフォークを置くことを意識する前に食べ終わる?
男女別で見ると、「食事中、ナイフやフォークを置くときはハの字に」と答えたのは男性が33%に対し女性が52%と、女性のほうが意識しているのに対し、「食べ物を残さない」と答えたのは男性が25%に対し女性が29%とほぼ僅差でした。

コースを楽しむためには、味はもちろん一緒に食べる人のマナーも大事な要素ですよね。どれも気になってしまうけど、私は「食べ物を残さない」です! 料理をつくってくれた人に、食べきることで感謝を伝えたいですしね♪>▽<

アンケート実施日時:2015年4月10日〜2015年4月16日/有効回答数:3,669

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

友人(女性)とコース料理を食べに行った時、大変美味しかったので、小声で「うめぇ……」とか「これもうめぇ……」「ああ、うめぇなぁ……」と本音を呟いていたら、友人がこらえきれずに笑い出してしまい、「いちいちうめぇうめぇって、そういう妖怪かっ!」とツッコまれてしまいました。
49才 北海道 既婚 男性

アハハッ! 私も読んで思わず吹き出しちゃいましたよ。笑^▽^ でもよっぽどおいしかったんだな、っていうのは伝わってくるのでとても微笑ましいですw
調査団編集部: カワンヌ副団長

ゆっくりメインのお肉を食べているとき、間違ってナイフとフォークをそろえてお皿に置き、手を離したとたん、後ろに立っていたウエイターがすかさずお皿を下げてしまった。恥ずかしくて何も言えず、心の中では「待ってー!」と叫んでいた。
70才 北海道 既婚 女性

あぁあ…わかりますw 一度持っていかれたお皿は戻ってこないんですよね…ひと言聞いてくれればって思います(つ▽;`)
調査団編集部: マリカナ団長

ニューヨークの有名店でクリームパスタの白トリュフ乗せをメインに頼んだときのこと。ちょっとお値段は張るもののトリュフの中でも白トリュフは貴重なので楽しみにしていたところ、先ずはアツアツのパスタが運ばれ、目の前で白トリュフスライスして乗せてくれ、その素晴らしい香りにウットリ。店員がもっと乗せるか?と聞くので、サービスと思ってお願いし、他では絶対に食べられないくらいの量の白トリュフが乗ったパスタを堪能しました。が、お勘定の時にビックリ。なんと追加のトリュフはしっかり追加料金が取られ、しかもその追加料金が料理全体の値段と同じくらいの高さ。一瞬目が点になりましたが、まあでも、一生に一度食べられるかどうかというくらいの白トリュフを楽しんだので、勉強と思ってお支払いしました。それにしても、あの香り、最高だったな〜
49才 東京都 既婚 男性

わー、追加料金つらい! もっと乗せるか?なんて言われたら、そりゃうなずきますよ>□< でも白トリュフいいですねー…じゅるり
調査団編集部: カワンヌ副団長

トマトソースを胸元にはねさせ、シミができました。昼食時です。洗面所であわてて水をつけて取ろうとしましたが、シミの大きさがかえって拡大。仕方なく、服を買って着替えて会議に出ました。意外な出費でしたが、気に入った服になり、それからもこの服を着るたび「トマトソースに注意、注意」をおまじないを唱えています。
63才 島根県 既婚 女性

今は昔、カミさんとまだお付き合いのときの話。自分には背伸び&難関のフレンチに招待、ところが最初に登場したワインリストという難問を前に頭を抱え、ついでに値段見てブッ飛んでる私を見て、カミさん「ハウスワインはありますか?」ナイスアシスト!と思ったら、ソムリエさんから恐怖の一言「テイスティングなさいますか?」わかりませーーん!!完全昇天状態の私を見て、カミさん「テイスティングはよろしいですワ(ニコッ)」ソムリエさんもニコッとして、グラスにワインを注いでくれました。そしてカミさん、撃沈され白くなってる私をニコニコ眺めつつ、ワインを楽しんだのでした…今はこの話をしながらワインを頂くのが、我々夫婦の楽しみです。
49才 東京都 既婚 男性

たぶん多くの人が、経験していることがあると思いますが、初めて洋食コースを食べた時、フインガーボールの水を飲みました。そのテーブルでは誰もいってくれなかっんですよ!それにステーキが出た時、フォークとナイフ反対に持ってて、肉が皿から飛び出した。なぜか左利きでもないのに、そう使って大失敗しました。後から肉もってきてくれましたが、時すでに遅し、結局腹いっぱいで残してきました。今では箸も準備してくれますので、そんなことないですが、40年前のテルレストランでは本当に緊張して、食べたんです。
63才 北海道 既婚 男性

初デートで鶏の丸焼きが出て来てどうやって食べたら良いのか分からず焦ったことがありました。ボーイさんに食べ方を聞いたことがありました。凄く焦りましたねぇー (デート相手は今の奥さんです今でも言われることがあります)
58才 神奈川県 未婚 男性

旅行中でしたが、エスカルゴがでました。初めて食べるのでよくわからず、力を入れたら、ポーンと飛び出したんです。幸い、同席の方へは汁がとばず、あらあらと皆で笑ってすませましたが、ひやりとしました。
72才 埼玉県 既婚 女性

ずいぶん昔の若いころのことですが フィンガーボールの意味がわからず、まわりをみまわしたのですが、だれも使っている方が見つからずそのままにしておりました。とても気になりましたので、帰りに本屋に寄って「テーブルマナー」を買いやっとその使い方を知ることができました。当時西銀座にあったレスタラン「M」での思い出です。ナイフやフォーク、スプーン、ナプキンなどについては充分な予備知識をいれたつもりでしたが思わぬ落とし穴でした。
73才 広島県 既婚 男性

高校の頃だったと思うのですが、親戚の結婚式の披露宴に呼ばれたときに間違って、ナイフ・フォークを内側から使うというミスをしたことがあります。オードブルでやたらとナイフが大きいなと思ってはいたのですが、メインの肉料理がきたときに、ナイフが小さいものしかないのに気がついて、初めて間違いに気づきました。見かねたのか、係の女性の方がそっとメイン用のナイフとフォークを置いていってくれましたので、事なきを得ましたが、冷汗三斗でした。流石に、その後は間違えたことはありません。
52才 千葉県 既婚 男性

初めて洋食のコースを食べたのは、中学生の頃、從兄の結婚披露で。その結婚式では、祝詞を挙げる神主さんが座っているお尻の形がおかしいと、まず新郎の兄弟たちが吹き出すという怪しげな感じで始まり、披露宴ではフィンガーボールの水を飲む奴、隣の席のパンを食っちゃうやつ…と、超一流ホテルの宴がめちゃくちゃになった。その最大の戦犯はむろん私だった。
64才 鹿児島県 未婚 男性

フォークとナイフは、外側からとは知っていたが、スプーンも3個並んでいたコースの時があり、どのスプーンを使って良いか判らず、何の時使ったかは覚えていないが、アイスクリームの時に、ボーイさんが私だけアイスクリーム用のスプーンを持ってきてくれた時、私だけがスプーンの使用を間違っていたのだと気づき恥ずかしい思いをした。
66才 大阪府 未婚 男性

最近では小食になって、コース料理だとメインディッシュに行き着く前にお腹がいっぱいになってしまう。でも、デザートが食べられないのはとてもとても悔しいので、無理して最後まで食べると、1週間くらいお腹が空かなくて、うどんやおかゆばかり食べる羽目になってしまう。最初にデザートが出てきたらいいのに。
48才 愛知県 既婚 女性

今のようにネットでグルメ検索が出来ない頃のこと。たまには孝行をと母を連れて銀座の有名店Sに行きました。値段も見ないでクロケットを「要するにコロッケだよな」とコースで注文したら後で勘定書きに凍りつきました。味は最高でしたが財布の中は空になりましたというオチです。
49才 神奈川県 既婚 男性

10代後半の頃の学生時代、バイトの肉体労働で実入りが良かったので、彼女を誘って洋食のコースを注文したまでは良かったんだけど、食べ方が解らない。パンはかじっちゃうしナイフとフォークは使えない。箸下さい、とも言えないし、、。犬食いになって振られました、、、。
55才 埼玉県 既婚 男性

会社の先輩が奮発してレストランで食事をご馳走してくれた。料理がいよいよ佳境へとすすみ、わけがわからず四苦八苦していると先輩が給仕さんに「お箸ある?」。給仕さんはにっこり微笑んで「そちらのお客様は?」私は「もちろん」…もっと早く頼んだら…。
59才 宮城県 既婚 男性

スープやソースをテーブルクロスにこぼして汚してしまう失敗が多いです。洋食のテーブルマナーは特に注意せずとも守って食事することができるのに…。年齢のせいでしょうか、歳を追うごとにこの失敗が増えているのが残念です。
68才 埼玉県 既婚 男性

失敗というか、食べるのがかなり早いので、いつも料理が出てきた端からあっという間に食べつくしてしまいます。洋食に限らず行儀がよくないし、きっとシェフは厨房で焦ってるんだろうなーと思いつつ、治りません……。
43才 神奈川県 未婚 女性

ワシントンのレストランでフィレステーキを注文した。出てきたのは5cm角で長さ15cmほどもある、800gくらいはありそうな品だった。外はほどよいやけ方だったが、中程は真っ赤。ウェルダンにしてくれと再注文したら、今度は中は焼けていたが、外側が炭状態。ナイフで外側をそぎ落として食べかかったが、ぜんぜんおいしくない。やっと1/3ほど我慢して食べたが、ギブアップした。やはり、肉は和牛に勝るものなし。神戸ビーフを食べたと言うのが米国人の自慢話なのだ。
75才 福岡県 既婚 男性

20年位前にクリスマスディナーとして洋食のコース料理をTELにて注文…一人「5000円×2名」で1万円のコースを注文したところ当日出てきた料理がすごいボリューム内容も豪華、大変美味しく召し上がりましたが、会計時にびっくり出てきた料理が一人1万円の料理でした。注文時「5000円×2名」の旨を説明しましたが、食べ終わってからでしたので受け入れられませんでしたが、今となってはそんな料理食べる機会がありませんので貴重な思い出です。
45才 愛知県 未婚 男性

コースでライスかパンかの選択でライス大を選んだら、妻と子供がパン(イギリスパン)を注文して食べ辛かったのか、僕の大ライスを子供を使ってさらっていった(笑)。仕方なくパサパサのパンでメインディッシュを食べる羽目に。頼んだ子牛肉のソテーが運ばれるや否やお魚料理にすり替えられ、「カロリー取りすぎ!」と言われてお魚料理も取り上げられて散々なヂィナーだったことが。財布のひもを握る嫁さんには、達磨状態です(笑)。
53才 岐阜県 既婚 男性

お箸の国の人ですから、フォークやナイフの使い方がわからず、失敗することが多々あります。特にデザートを食べる時は、「これってどうやって食べればいいの?」と思う事多数。以前、同期の結婚式で出てきたデザートの上のトッピングの食べ方がわからず、周囲の目を盗んだつもりで手づかみで食べたら、その瞬間を上司に見られていました。結婚式では食べ方がわかりにくい料理を出さないか、マナー本にもっと詳しい食べ方を載せてほしいと思ってしまいます。
36才 静岡県 未婚 女性

皮がパリパリのタイプのパンがでてきたので周りにこぼさないようそーっと食べた。食べ終わったころサービスの方がやってきて、もんじゃのヘラの大きいようなものでテーブルの上を手際よく掃除し始めた。なんとテーブルにまき散らして食べてよいのだそうで、みんなその話を聞いて感心していた。目玉焼きなんかも皿よごして食べるのがフツーの食べ方だと聞いたこともあるし、洋食って結構こちらが思っているより好きなように食べていいみたい。
52才 群馬県 既婚 男性

妻とオーストラリアへ旅行した時、夕食はホテルでなく、レストランだった。外国のコースがどんなものか分からないので、出て来たもの(全部大盛り)を全部平らげたら、メインディッシュに拳ほどもあるビフテキが出た。結局一口食べてギブアップした。コーヒーも丼鉢に取っ手が付いたようなカップになみなみと入れてくれたが、大方残してしまった。
85才 京都府 既婚 男性

やはり並んでいるナイフとフォークの使い方に迷って、緊張したまま食事が終わったことだろう。みんなかたくなっていて、洋食とはこんなに会話が少ないものかということが、印象に残った。日本人の食事時の弱点かも。世界で和食が人気になってほんとによかった、と思っているのは私だけではないだろうか…!?
71才 東京都 既婚 男性

一緒に食事をした友人がスープをズルズル音を立てて飲むのにびっくりしたことがあります。注意した方がよいか迷った挙句に言えずじまいで、何年も経ってしまいました。最近では一緒に食事をするときに洋食のコースを選ぶこともないので、現状はわかりません。注意するって難しいですね。
59才 大阪府 未婚 女性

普段はコース料理を食べることはない。結婚式に招かれたときに食べるのがせいぜいである。大概カメラを用意してゆくので、シャッターチャンスの時はナプキンを畳まないまま椅子に掛けて席を外すことになる。戻ってくるたびにきちんとなっており、注意されている気分になります。
72才 東京都 既婚 男性

はじめてフレンチレストランへ行った時、テーブルのパンくずを片付けた後でボーイさんが片付けに来て恥ずかしかった。その後、違う店でパンくずを片付けないように気をつけていたら誰も掃除に来てくれなくてテーブルが汚いまま食事が終わった。どうすりゃいいのよ〜^^;
52才 山口県 既婚 女性

結婚式の披露宴で、洋食の時、昔はナイフとフォークを外側から使うことを知らなかったので、どれでも手についたものを適当に使っていました。ある時、ベテランのウエイターの方に、そっと使い方を教えてもらった時は、顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったです。
60才 東京都 既婚 男性

失敗ではないですが、同僚の結婚式でコース料理だったのですが、切れないナイフが出されて料理が食べづらかったことがあります。取り替えてもらったナイフも切れなくて困りましたが、お祝いの席だったのでクレームをつけるわけにも行かず、難儀しました。
53才 埼玉県 未婚 男性

初めてレストランでコースを食べた時、ナイフとフォークを使うのにもたついて落としたのを自分で拾おうとしたり、肉がうまく切れなくて食べるのが遅くなり、一緒に行ったほかの人が食べ終わってTもまだ3分の1ぐらい残っていた。
74才 島根県 既婚 男性

あまりにお腹がすいていたのと、美味しかったのとで、無意識にメインが出てくる前にパンを食べ終わってしまった。「このパン好評なんですよ」とにっこりとお代わりを出してもらえた。ホントに美味しかったけど、恥ずかしい。
44才 埼玉県 未婚 女性

ステーキ肉を食べる時に、1口ずつ切って食べるという行為を忘れていて、先に全てを1口大の大きさに切ってしまい、1口ずつ切って食べる行為を思い出した時にはもう遅かったです。
21才 滋賀県 未婚 女性

おいしくて、無理して全部食べたら苦しくなり、食後にゆっくりと楽しむ余韻もなく某所へ直行してしまった。初めての店では料理が多かったときに自分が食べきれない可能性も考えておいたほうがよかった。
52才 大阪府 未婚 女性

最初の頃はマナーとか順序とかを気にして、楽しくなかったが、「ファークやナイフ、スプーンは外から順に使うことを覚えたこと」と「少し間違っても美味しく食べることがいい」と思うようになって、気楽になった。
57才 愛知県 既婚 男性

大学生の時、お呼ばれでコース料理を食べた時、スプーンを落とし、自分で拾ったら横の女子に大声で注意され、大恥をかいた。その教訓から自分の子供は小学生になったら誕生日にホテルで食事して体験させてきた。
69才 大阪府 既婚 男性

高校時代、学校のテーブルマナー教育でホテルのレストランに行きました。デザートにバナナ・リンゴ・みかんが用意されていて、自由に選べました。バナナの食べ方は知っているけれど、リンゴとみかんの食べ方がわからず、みんなどれにするか悩んでました。私はバナナが嫌いだったので、みかんを選んだのですが、その食べ方は…手で皮を剥いて食べるという、こたつで食べるときと一緒。リンゴは、ナイフを使って4〜8等分にして、それを1切れずつフォークで刺し、ナイフで皮を剥くという難易度の高い方法を教えられていました。私は美味しくみかんを食べましたが、リンゴを選んだ人は失敗したーと思ったでしょうね。でも、丸ごとリンゴやみかんを出すレストランなんかないですよね…。
41才 東京都 未婚 女性

入社2年目で、典型的な上司の“カバン持ち”で地方に出張した際、先方から「○○県で一番おいしい店に行きましょう」と高級ホテルのレストラン案内され、コース料理をご馳走になったが、「ナイフフォークを外側から使う」こと以外は全く“未知との遭遇”となってしまい、周囲の食べ方を見よう見真似で真似しながら食事をしたが、何を食べたのかは全く記憶に残らなかった。
52才 東京都 未婚 男性

失敗じゃないけど、歳のせいか最近洋食のコースは重すぎると感じるようになってきてしまった。数年前せっかくだからとぜんぶたいらげたあと、おなかをこわしました。欧州旅行をしてもコースは無理かもとおもうと、なんだかつまらないですね。フランス在住の友人に前菜だけ何品か頼むなんて無理だよね、と聞いたら、「う〜〜ん」と困っていました。
53才 東京都 既婚 女性

まだ学生時代、テーブルマナーで、習って実際にたべにいった時、フォークをおとしてしまって…どうするのかならってなくて、困ってたらさりげなく係の人?…がきて、とりかえてくれた。ひろわないで、とりかえてくれるんだー、とはじめてしったのでした。
57才 神奈川県 未婚 女性

そもそも結婚披露宴とか以外で洋食のコースを食べることなど、ないですね〜(^^;)。披露宴では、スピーチをしたり聞いたり歌を歌ったり聞いたりしていて食べ物をあまり食べないうちに下げられたりして悔しい思いをしたことがあります。
46才 埼玉県 未婚 男性

若い頃は、洋食コースに慣れていなくて、いただくのは結婚式の披露宴ぐらい。「スプーンやナイフは外側から」とか心の中でマナーをつぶやきながら食べていました。今思うと、披露宴って洋食コースに慣れるためのよい練習機会でした。
59才 東京都 未婚 女性

自分の結婚式の時、「当日はあまり食べる暇もないですよ」とプランナーさんから言われていたので、自分たちは後日振り替えのディナーを予約することにし、当日は前菜とデザート(カット後のウェディングケーキを含む)だけをいただくことにした。当日はやはり緊張と忙しさ、あとドレスの窮屈さからほとんど食べることができず、かろうじて前菜には少し手をつけたものの、時間が押していたこともあり、なんとデザートにいたっては一口も食べることができなかった。せっかくの自分たちのウェディングケーキだったのに…「あの時すぐに食べていれば…」と今でも悔やんでいる。
32才 兵庫県 既婚 女性

失敗とは思っていないのですが、普段の生活では普通の右利きの人以上に左手を使う割には、食事の時、左手でフォークをうまく使えません。肉を切る時だけは、左手でフォークを持って肉を押さえていますが、食べる時にはフォークを右手に持ち替えています。ライスを食べる時も右手です。こういう人って、結構いるのでしょうか?
52才 福岡県 未婚 男性

コース料理自体、どのような作法があるのかわかっていません。でも最低線でアウトにならにならないような、知っているような知っていないような状態で食事をしているかもしれません。でも食べる自分が美味しいことが一番なんだと思うのですが…
50才 長野県 既婚 男性

ワインをがぶ飲みしてしまい、コース前半で無くなり、ボトルをおかわりすると、「家は飲み屋ではないんだフレンチだイタリアンだ」と言うような顔をされると思ってしまう。ワインは利益の大きい商品だから、そんなはず無いのだが。
56才 埼玉県 既婚 男性

まったくありません。公私の混同をしないで、楽しく食べられるときはあまりマナーにこだわらず美味しく食べますし、接待などで気を使う時は、失礼にならないよう、最低限のマナーは守って料理、お酒をいただきます。
55才 長野県 未婚 女性