近所付き合いしてきて良かったこと 49%が「特になし」と回答

近所付き合いしてきて良かったこと 49%が「特になし」と回答

近所付き合いしてきて良かったこと 49%が「特になし」と回答

総計を見ると、1位は「特になし」で49%と半数が選択。次いで2位は「野菜などのおすそわけをもらえた」で26%、3位は「ご近所でトラブルが起こりにくくなった」で17%でした。

■60代以上のほうが、ご近所づきあいの良いことを感じている
「野菜などのおすそわけをもらえた」と答えている60代以上は3割超えなのに対し30代以下と40代はそれぞれ10%台。「病院のクチコミ情報を教えてもらえた」と答えている60代以上は12%に対しほかの世代は6%など、若い世代よりも60代以上のほうが、さまざまな良いことを感じているようです。

以前住んでいたところでは、隣が畑だったので、野菜などのおすそわけをたくさんもらってましたよ〜。今はなくなってしまったので、そういう何気ないありがたさを実感してます> <

アンケート実施日時:2015年5月29日〜2015年6月4日/有効回答数:3,450

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

マンション隣室の奥さんが近所の不動産屋さんにお勤めだったので、自分がマンション契約更新直前に、家賃に関する「内部情報」と「アドバイス」を奥さんからもらえたおかげで、優位に条件提示のうえ契約を無事更新できました。後日、お礼に田舎の実家から送られてきた京野菜をおすそ分けしました。
28才 東京都 未婚 女性

家賃に関する「内部情報」と「アドバイス」って、そ、それは聞いたら強い( ´艸`)そういう情報がお隣さんからもらえるのってすごい良いことですね!
調査団編集部: カワンヌ副団長

60歳を過ぎて現在地に越してきました。最初は不安だったのですが 同年輩の方が多く気さくにお話ができるのがなによりです。家庭菜園の自慢をしあったり、釣りの話をしたり、パソコンが趣味の方と語りあったりでぜんぜん退屈しません。10年経ったいまでは方言で話ができるようになりました。
73才 広島県 既婚 男性

引っ越すとその土地に馴染めるのか不安になりますよね〜>< 私も学生の頃ですが、何度か引っ越したので、その都度馴染めるかな…って不安になっていたのを思い出しました。でもそんなステキなご近所さんに巡り合えてよかったです〜!
調査団編集部: マリカナ団長

小さな子供と話すのが好きなので、幼稚園や小学校の話などを聞かせてもらうとかわいくて心が暖かくなる(*´`) 引越しするときはクリスマスの夜にかわいいサンタのコスチュームを着て、お母さんと一緒にさよならを言いに来てくれた。かわいくておいしいチョコレートをいただき、寂しかったけど嬉しかった。また小さな子が引っ越してくるといいなぁ。
54才 神奈川県 既婚 女性

わー、サンタの格好してさよならだなんて、想像しただけでカワイイ!!≧▽≦ さよならしたくない! って抱きしめちゃいそうです。また小さな子が引っ越してきたら、ぜひその子供とのお話、また調査団で聞かせてくださいね★
調査団編集部: カワンヌ副団長

おつきあいしているのは主に母ですが、季節の野菜や果物、旅行土産のやり取りなど、頻繁です。筍などはほぼ毎年いただくので、自分では買いません…。他にもふきのとう、蚕豆、すいか、さくらんぼ、柿、などなど、「初物」はたいていいただきものです。その代わり、ちょっとした日帰り旅行などでも、5、6個はお土産を買って帰ります。
47才 大阪府 未婚 女性

幼い頃親にいたずらを叱られ、玄関外へ締め出されたことがありました。開けてもらおうと思って新聞でーす、郵便でーすと大人の声真似をするというバレバレの手口を続けているうち近所のおばさんが聞き付けて「もう許してあげなさいよ」と仲裁してくれたという恥ずかしくもありがたい思い出があります。ご近所って良いなと思った最初の経験でした。
49才 神奈川県 既婚 男性

今住んでいるところではなく、子どもが小さかったときに住んでいた賃貸マンションでしたが、お隣の家族とは親戚みたいなお付き合いでした。息子などはお隣にいつも入り浸っていましたけど、夫が急病で倒れて緊急手術を受けることになったときは、奥さんが息子の保育園の送り迎えを快く引き受けてくれたり、本当に遠くの親戚より近くの他人という言葉を実感しました。
59才 東京都 既婚 女性

職場に家の鍵を忘れて帰宅したところ、家族が留守で、どこかの窓や家に出入りできるところで、鍵のかけ忘れでもあってくれないかと、「ガタゴト」音をたて窓やドアを触っていたところ、となりの奥さんが大きな声で、「何をしているのですか、おたくはどなた?」と声をかけてきました。となりの奥さんは私の顔が見えなかったので、不審者と思ったそうです。留守などの際も近所の方が防犯に関心を持ってくれているのだと感謝していますと共に、私も近所の方に可能な援助をしていきたいと思います。
67才 大阪府 未婚 男性

今から約25年前のこと、将来の為に妻にお向さんとゴルフ教習に行くように話して多少うまくなったので2夫妻でゴルフに行くようになった。今でも月に一回は一緒に行き良き老後の語らいになってよかったと思う。
65才 千葉県 既婚 男性

認知症の家内が行方不明になったとき、ご近所の何人かが手分けして探してくれた。それ以来家内が一人で歩いていると私のところに「奥さん出掛けたみたいだけど大丈夫?」という連絡をくれるようになった。地域で見守りをしてもらっている状態です。
84才 神奈川県 既婚 男性

今は、子どもも大きくなって、きっかけがありませんけど、以前に住んでいた団地では、生協の共同購入や、子供会活動など活発でした。年に数回団地ぐるみで草引きなどの清掃活動してましたし。娘がカギを忘れて家に入れなかった時に、近所の家に入れてもらって、お兄ちゃんの漫画を読んだりおやつを貰ったりしていました。一人暮らしの人の家にも入れてもらって、「小鳥のオバチャン」なんて言っていました。生協の注文書を持って行ってくれるように頼んだら、結局家がわからず、顔見知りの他の人に託けちゃった、なんてエピソードもありました。共働きの親より近所付き合いをしていた娘でした。
59才 兵庫県 既婚 女性

一人息子を持つ隣の家の若夫婦と親しくしていたら、一人息子が使用したおもちゃや本などを私の孫に譲ってくれ本当に助かった。
67才 東京都 既婚 男性

日本ではないが、昔、アメリカの田舎町に住んでいた頃のご近所は素晴らしい人たちの集まりで、私達とよくパーティーなどをして付き合って頂き誠に楽しかった印象が強い。日本では引っ越してきた人が、ご近所に挨拶の粗品を配って挨拶するが、アメリカでは全く逆、ご近所の人達が引っ越してきたお家に挨拶にくる。コーラの瓶に赤いリボンを巻いた程度のささやかな贈り物を頂くか、何かお手伝いする事はないか?と訪ねてくる。爽やかな印象を受けた。
84才 大阪府 既婚 男性

今のマンションに引っ越してきてあまり時間がたっていないときに、マンションの管理組合の関係で集まりに出席したことがあります。結構フレンドリーな雰囲気で本題が終わって、雑談しているときに、近くのおいしい飲食店とか、おいしい醤油のブランドなどを教わりました。実際に行ってみて/探してみて試してみたら、本当にその通りだったのでびっくりしました。近所の口コミ侮り難し、という感じです。
52才 千葉県 既婚 男性

妻との旅行が多くその都度家を留守にする日をお願いして安心して出かけられる。特に新聞受けの新聞がいっぱいになってしまうので毎日ポストからとっておいて下さるのは大変助かる。
72才 東京都 既婚 男性

高齢の母親が具合を悪くした時、会社にいたのだが、母親が親しくしている主婦の方に対応をお願いしたところ、かなりしっかりとケアをしていただいたようで、大事に至らず助かった。また父母の代理で自治会の仕事をした時も、いろいろと教えて頂いて大変助かった。
49才 埼玉県 未婚 男性

持ち回りで回ってきたマンションの管理組合の理事の仕事でしたが、やってみるとマンションの事についてよく分かり、また普段あまりお付き合いがなかった近所の方ともお話しする機会が増え、近所の美味しいお店や隠れた名店を教えてもらえ、やって良かった経験となりました。
49才 東京都 既婚 男性

子供が年齢が近い子が居て、学校のルールや学童など、上がる前に色々とアドバイスを貰った。
43才 埼玉県 既婚 男性

東日本大震災の時に横浜に住んでいました。家には母親が1人でいたのですが、電話はつながらず、交通機関はストップして会社から帰れず、安否が不明でした。その間、同じマンションの他の住人が、地震で家を出た母親に声をかけてくれていて、「心配しねいでイイよ。」と励ましてくれていたそうです。いざと言うときには、普段の近所付き合いが大切だと思いました。
54才 北海道 未婚 男性

真冬、鍵を学校に忘れて家から閉め出されたとき、家に上がらせてくれた。
17才 奈良県 未婚 女性

長期の旅行に行くとなると、ペットが居る場合困りますよね。犬や猫ならペットホテルに預けるのが普通ですが、セキセイインコ1羽とか、ハムスター1匹、と言う状況の時は、よく付き合いのあるお隣の方に預かってもらいました。勿論お礼にちょっといいお土産をお渡しします。
45才 東京都 未婚 女性

昨年の大雪の時、まずは自分の家の前の除雪をし、次に近所の方と近くの幼稚園の通園路の確保を始めた。その時「あれ、あの家は閉じ込められていない?」と独居老人の家のことが話題に出た。さっそっく行ってみたら、やはり全く手がついていない。あの大雪では、老人が積もった雪の中を歩こうなどほとんど不可能。早速、凍結した根雪を割り、除雪し、通路を確保。私から云う必要もないが、近所同士のお付き合いがなければ、こんなことはできなかったろうし、近所という連帯だと思っている
64才 群馬県 未婚 男性

私は長く自治会の活動に参画し、80歳の今日辞任し役を離れました。20年間皆様のお役に立ったと自負しています。又自治会の皆様に助けられた事も多くありました。現在は、隠居として見守っています。
80才 愛知県 既婚 男性

最初に購入したのは新築分譲マンションだったが同じ世代の住人が多かったこともあり定期的に団体旅行などもするほど皆仲が良くすごく住みやすかったが、10年も住んでると転勤等で住民が入れ替わり賃貸も増えギスギスするようになった。集合住宅の良い面と悪い面を実感することとなった。
58才 埼玉県 既婚 男性

引っ越してきて、向う三軒両隣に挨拶し、買い物までの近道や病院などの生活情報を教えて頂いたことが良かった。町会の班長が順番に回ってくるので、ご近所だけでなく町会の方々とも顔なじみになり、挨拶もするようになった。子供も大きくなり、今はつかず離れずの付き合いで、お互い困った時に助け合うちょうどいい関係だ。
67才 神奈川県 既婚 女性

家族全員で旅行や義理に出かけ、数日間家を空けるときに、ご近所のみなさんに声を掛けて行きます。もし留守中に家に不審な人が来ても、ご近所が何者かを聞くことができます。逆に、ご近所同士が声を掛けあえる環境だと、不審者や泥棒は入り難いと思います。なんでも話せるので寂しくありませんから孤独死もないと思います。ご近所が仲が良いと防犯にもなるし、ボケ防止にもなると思います。
55才 長野県 未婚 女性

ごく最近、一人暮らしだと思っていたご近所さん宅に、引きこもりの息子さんがいることがわかり驚きました。ここに転居して約20年間、まったく知らなかったのです。ご近所さんが数か月前に手術で入院したのをきっかけに、退院後に息子さんのことを初めて話してくれました。ご近所さんも高齢なので、この先不安に違いありません。息子さんは頼りにならないし。「いつでも電話して」と私のケータイ番号を伝えて以降、今までよりも距離が近くなった気がします。
59才 東京都 未婚 女性

家のドアの鍵の開閉が重くなり困っていた。そこで、マンションに出入りの鍵屋さんを管理人さんに紹介してもらった。出張費が相当高くつくらしいが、背に腹は代えられないので、数日後に来てもらうことにした。その直後、家の前で偶然会ったご近所さんにこの件を何気に話したら、家から潤滑油の缶を持って来て、チャチャチャと鍵穴に振りかけて、あっと言う間に直してしまった。鍵屋さんには大変申し訳ないことになった。
59才 大阪府 未婚 女性

隣地にマンションが新設されるとき、1年間ぐらい、日照権の問題で一緒に会合をして、業者と交渉をした人達がいる。以後、特に深い付き合いは無いけれど、何となく知っている人がいるというだけで、精神的に心強い。理事会や町会で一緒になった時もスムーズに話ができた。
50才 大阪府 既婚 女性

マンションの駐車場が隣り合っている同士で、出し入れの時に、車に傷をつけてしまったと言ってこられた。間違って起きたこととして修理をしてもらった。その後、今度は我が家の娘がお隣さんの親戚の車を傷つけてしまった。因果なことになってしまったが、事故の結果を理解してくださり、修理代だけで済ましていただいた。以後も角付き合うこともなく、挨拶をかわしたり、お喋りをし合う仲は変わってない。出会いの一歩が如何に大切かを思い知りました。
73才 東京都 既婚 男性

私は、二階建てのアパートに住んでいるのですが、下の階には一人暮らしの老婦人が暮らしています。老婦人が 駐車場の植込みや敷地内を掃除したり、草取りをしたりしている姿をときどき見かけます。同じ屋根の下で暮らすものとして、お手伝いしなくてはと思うのですが、まだ声をかけたことがありません。アパートの庭もまるで自分の家の庭のように手入れすることはなかなかできることではないと思います。この次見かけたら声をかけて手伝わないとと思います。頭の下がる思いです。
63才 栃木県 未婚 男性

引っ越しの当日、当座の買い物をして帰宅、認知症の母を車に残したまま、まだ挨拶に行ってないお宅を回っていたら、前の家のご主人が帰宅、今、住宅地の入り口に白髪のおばあさんが犬を抱いて歩いていたよと教えてくれた。ん?母とそっくりじゃないか、と胸騒ぎを覚えて車に戻ると、やはり母がいない。直ぐに車で住宅地の外、T字路を左に行くが見つからない。次に右へ行くと、町外れの橋の上を母が犬を抱いて歩いていた。その先は街路灯もない真っ暗な山道。今思うとあれは天の助けだったと思う。
65才 鹿児島県 未婚 男性

安価(10万円程度)だったんでネット通販で購入した中国製除雪機が1回の除雪で故障(~_~;)…どう観ても致命的欠陥だし…修理には群馬県まで搬送要だし、廃棄するしかないな……ところが近所のおっさんが=機械メーカーを退職した人が趣味でそう言う物の修理をしてくれるっ!=って、しかも趣味だから手持ちの雑多な部品を上手に組合せてほんとに安くって良心てきだお!…紹介して頂いたらすぐきて持ち帰り、5日ほどで治ってしかも8千円…逆に2千円プラスして支払ったさ。 で、除雪機はこの冬大活躍してまだまだ何年でも来い!って態度だよ。安くしかも引き取り納品までぜーんぶ楽しそう 良かったよかった?
63才 長野県 既婚 男性

以前、子育て真っ最中の時に暮らしていた場所で…子沢山なママ友と出会い、親しくしてきました。その方を含め5人のママ友グループとして、一緒に子育てをし悩みを解決し、情報交換をし…色んな経験ができたおかげで、全員の子達が真っ直ぐに成長してくれると共に、何かあった時には手を貸しあえる素晴らしい環境を築けました。そんな出会いから…もう25年…子育ても終わり、全員がその地域からバラバラな地域に引っ越したので、普通なら集まる事も無くなり疎遠になりますよね…でも…私のこのグループはちょっと違います☆今でも、年に3〜4回は、皆で集まるんです?仕事や病気で不参加の時もありますが、何とかして参加しようと努力しています。単なるご近所付き合いで始まったご縁…今では主人たちも公認のママ友グループです。って言うか〜…今じゃ、子達は参加していません。違う地域で生まれ育った其々が、ヒョンなことから近所に暮らし輪になって…人生で大切な仲間に成長…遠く離れても、心はご近所付き合いのまんまです。
57才 奈良県 既婚 女性

東日本大震災の時、どこで飲料水が手に入るか、どこで食料品が買えるのか、ガソリンスタンドの給油状況など互いに情報交換した。給水車の予定がわかれば連絡しあったり、知っている情報は会うたびに確認していた。水道の復旧など知らなかったことを教えてもらい助かった。
59才 宮城県 既婚 男性

ご近所に九州出身の方が引っ越してきて珍しい郷土料理をおすそ分けしてもらったり料理方法を教えて貰ったり同じ日本に住んでるのに食べ方が違って面白いしカステラをおすそ分けしてもらったのですが地元の人が美味しいと言うお店で本当にフワフワしっとりで美味しかったです。
49才 愛知県 既婚 女性

主人の実家とは、見えないがスープの冷めない距離と言うくらいのところに住んでいる。実家からは、漬物や野菜、旅行のお土産がとどくし、うちも持っていく。 今朝は、それだけでなく、近所のおばさんが、昨日のお参りのお下がりだといって、○○ちゃんすきだから。とらくがんを持ってきてくれた。実家の母は、同じ班でないんだからもってってやらなくてもいい。といったらしいのに、どちらがお義母さんなのかわからないね。と笑ったところ。
50才 三重県 既婚 女性

懸賞で当たった、生きたまま送られて来たボタンエビ、ウチじゃさばけないし、何しろ量がハンパない。困ったところでふと思いついたのが、近所の知り合いで郷土料理店を始めたという人がいたこと。すぐ電話してボタンエビと直行、新鮮なボタンエビを刺身、寿司、ガラの味噌汁にしてもらいました。余ったエビはおすそ分け。次の日スっごくおいしかった、とメールが届きました。お店で送付状の宛先に電話して、そこから魚介類を仕入れることにしたという後日談付き、知り合いがお店をやっているってありがたいと思った一件でした。。。
49才 東京都 既婚 男性

両親と離れ、単身で関西に赴任して初めてマンションで一人住まいをしたとき、ご近所らしき年配のおじさんにごみの出し方を注意された。東京と分別方法が違っていたのが原因だが、こちらからいろいろ聞いたりしているうち、挨拶をするようになった。あるとき、しばらくぶりに会ったら、しばらく見かけないので心配していたというようなことを言われた。ちょうどそのころ、いたずら電話があったりして怖かったときだったので、ご近所の目がある安心感をとても感じた。
58才 東京都 未婚 女性

実家の一軒家ではご近所の人に本当にお世話になっているし、本当に親戚以上に思っている人ばかり。おじさんやおばさんたちも自分のことを本当に大切に小さいころから守ってくれた。すごく今でも感謝している。引っ越して賃貸マンションでは隣の人もわからないし、すぐに入れ替わるのでよくわからない。でも、洗濯屋さんはわからない病院のことや近所でわからないことを教えてくれる。実家のお土産やいただきものを持っていくこともできるようになった。
40才 東京都 未婚 女性

いわゆるエキマエ団地に長く住んでいる為、人の出入りが激しい。子供が小学生の頃親しくしていたひとはほとんどいない。しかし、その頃の縁は深く今でも各地の人と交際があり、訪ねあったり、各地の名産をいただいたりして旧交を温めている。最近はそうした共通項を見つけるのが難しいのが少々残念だ。
71才 東京都 既婚 男性

3.11東日本大震災の時は、お互いに家の屋根など自宅からは見えにくい処を見てやったり、家の中の被害と対処法の情報交換などして、有益だった。
83才 千葉県 既婚 男性

病院の当たりはずれは大きいです。教えてもらえるのはありがたいです。
49才 埼玉県 既婚 男性

今年の正月に母を亡くし、葬儀屋さんから受付の方3名ほどお願いします。と言われた。といっても、親戚は遠いし高齢だし…ということで、妻がご近所の、公民会つながりでお願いしてくれ、無事に送ることができました。遠くの親戚より近くの他人は本当ですね。ありがとうございました。今度は私たちがお返ししますね。
55才 鹿児島県 既婚 男性

フロアによってワンルームの部屋と世帯用の部屋があるマンションに住んでいるのですが、普段近所づきあいは全く無いのですが、先日私がマンション入り口のオートロックのドアの前で、バックから鍵を出すのに手間取っていると、少し先に入り口に入ってエレベータを待っていた子供が、自動ドアの内側にタタターっと駆け寄って来て開けてくれました。なんだかほっこりして、ありがとうついでに少しおしゃべりしちゃいました。
37才 東京都 未婚 女性

引っ越す前は名古屋。近所付き合いは半端ではなく、まるでストーカーがいっぱい居るがごとくの生活。ここ東京に引っ越してからは、ご近所付き合いもサッパリしたものでこれが良いんだな。顔を覚えたり、名前を覚えたり、貰ったりお返しもなく、でも管理人やお隣さんがそれとなく気にかけている気配がこれまた粋なんです。
50才 東京都 既婚 男性

葬式の情報が早い。東京近郊では家族葬が増えている。せめて出棺の際には手を合わせたいのだが付き合いが無いとそれも出来ない。何とか町内会が存続していて、夏には盆踊りも開催される。30年前に、市内で40を数えた町内会も10に減った。私が小学生の頃はガキ大将がいるのが普通。私がそうでした。隣の町内会の大将とケンカにあけくれていました。今では大切な友人達です。
55才 埼玉県 既婚 男性

ガーデニングをしている自分にとって、近所も同じガーデニングをしており、夫婦ともどもガーデニングの話になることが多く、お互いに植物の世話や交換なども多い。また出かけたときなども、ガーデニングに寄ってきた話等になり、長期に出かけたときなどは庭の水撒き等の世話もしてくれた。
68才 宮城県 既婚 男性

マンションを購入した時始めて鍵を受け取った時に少し挨拶をしたのがきっかけで、今でも挨拶する、子供が今年小学校に入学した際に6年生の娘さんが我が屋の娘と朝一緒に行ってくれるようになって、色々安心。親としてはやっぱり娘が心配なので今年一番良かったと思っている。
41才 東京都 既婚 男性

東日本大震災の時にマンションの隣に住んでいる方にいろいろよくしてもらった。ガスコンロをいただいたりごはんをわけてもらったりなど。
21才 宮城県 未婚 女性