38%が「食料品の購入」「手土産の購入」などで百貨店を利用

38%が「食料品の購入」「手土産の購入」などで百貨店を利用

38%が「食料品の購入」「手土産の購入」などで百貨店を利用

総計を見ると、同率1位は「食料品、お弁当、お惣菜などを買うとき」と「手土産、差し入れなどを買うとき」で38%。次いで3位は「催事・イベント(物産展、展示)に興味がわいたとき」で31%でした。

■女性はさまざまな状況で百貨店を利用する
男女別に見ると、利用する理由は、なんと「全項目」で女性が男性を上回っていました。さらにほとんどの項目で大きな差がついており、その中で差が少なかったのは、買うときに相談が必要な「お中元・お歳暮を買うとき」の男性24%・女性27%、夫婦で一緒に行くと思われる「飲食店・レストランでごはんを食べるとき」の男性22%・女性26%でした。
私も「お中元、お歳暮」以外の全項目の理由に当てはまります〜。自分のものを買うときは、1人で行って気兼ねなくじっくり選びます♪ 相談の必要なプレゼントを買うときは、母と一緒に行ってアドバイスをもらって、帰りにレストランに寄ります(*´H`*)
アンケート実施日時:2015年6月12日〜2015年6月18日/有効回答数:3,588