なってみたい幕末・明治維新の人物 1位は勝海舟、2位は坂本龍馬

なってみたい幕末・明治維新の人物 1位は勝海舟、2位は坂本龍馬

なってみたい幕末・明治維新の人物 1位は勝海舟、2位は坂本龍馬

総計で見ると「特にいない」の49%を除き、1位は「勝海舟」で19%、2位は「坂本龍馬」で17%、3位は「福澤諭吉」で11%、4位は「伊藤博文」で10%、5位は「西郷隆盛」で9%でした。

■30代以下に「徳川慶喜」が人気?
年代別で見ると、「特にいない」と答えたのは若い世代ほど多く、60代以上が40%に対し、そのほかの世代は50%超えでした。また「徳川慶喜」は40代以上では5位圏外ですが、30代以下でのみ3位にランクインしていたのが特徴的でした。

「徳川慶喜」が若い人に人気、というのも特徴的でしたが、50代、60代以上の1位は「勝海舟」、30代以下、40代の1位は「坂本龍馬」というのも、年代差が出ていて面白い結果でした。

アンケート実施日時:2015年7月3日〜2015年7月9日/有効回答数:2,912

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

生き方、成し遂げたことを考えると他の人物だが、最期が、暗殺されたり結核で苦しんだりつらそうなので、裕福に天寿を全うした徳川慶喜と福澤諭吉を選びました。
56才 秋田県 既婚 男性

最期が、暗殺されたり結核で苦しんだり…は、確かにイヤですね(´;ω;`) 納得の選択です〜。
調査団編集部: マリカナ団長

特にいない。激動の時代に生きた偉人だけあって、安らかな最後を迎えた人はいないのでは?命をかけて自分の信念を貫く自信、自分にはないです。なったら、すぐにへたりそう。国の歴史が変わってしまいますね。
48才 静岡県 未婚 女性

命をかけて自分の信念を貫く自信、私もないなぁ(^▽^;)刀を向けられたらすぐに「ごめんなさい!」ってなりそうです。汗
調査団編集部: カワンヌ副団長

徳川慶喜、勝海舟。慶喜は、最後の将軍としてもう少しやれることがあったのでは、というのと、晩年の趣味生活が羨ましいので。勝さんは、大変だしなりかわりたいとは思わないけれど、たとえば役として演じるなら、という選択。
52才 東京都 既婚 男性

最後の将軍としてもう少し何か…という意見はこのフリーアンサーで多く寄せられていました。考えたことがなかったのですが、自分が最後の将軍だったら何ができたんだろう…と思うと、悩みますね…。
調査団編集部: マリカナ団長

イマイチ男性に「なってみたい」と思う人はいない。どの人をとってもその時代を切り開いていく力を持っていて、それぞれに意義のある生き方をされたと思うけれど、犠牲にされたものも多いと思う。そういう時代であったと思うので、それは仕方のない事だとわかるけれど、傍で見ている者にとっては、心配この上ない人たちばかり。
59才 兵庫県 既婚 女性

時代の有名人を美化して伝えていると思う。今の政治家と大して変わりないのでは。自己顕示欲がつよく、世の中を良くしたいと思っていただろうが、素晴らしいかどうか、会った事ないので判断できないから。
65才 埼玉県 既婚 女性

特にいない。坂本竜馬は、薩長同盟・大政奉還を成し遂げ日本が近代国家に進むうえで欠かせない人物であり、とても尊敬できる人物だが、自分がなれるか?なりたいかと聞かれると、人物が大きすぎてとても慣れると思えない。
48才 長野県 既婚 男性

伊藤博文、勝海舟、木戸孝允(桂小五郎)、坂本龍馬、吉田松陰。明治維新という時代、皆がそれぞれの未来を描いていたと思う。ただ、それがどのように実現したか、その感想は本人でなければわからないだろう。私もまたわからない。とりあえず、ここではそのときの立役者をあげてみた。ただし、勝利者(官軍)がのみ。負けたら無一文なので。(勝海舟を除く)
55才 京都府 既婚 男性

幕末・明治維新の英雄と言われる人は、実績以上に評価が高い人が多いと思います。昔の日本史の教科書のように、幕末・明治維新の英雄がいたから日本は近代国家になったという歴史観は見直しの時期にきています。長州なんて今時なら政府に抵抗するテロリストの集団。薩摩は上手く立ち回っただけ(その逆が会津)。坂本龍馬は司馬遼太郎さんが持ち上げすぎ。当時薩長連合を考えた人は多いと聞きます。唯一評価できるのは横井小楠先生。当時攘夷を叫ぶ武士が多かった中、開国の必要性を主張した人。
44才 千葉県 未婚 男性

勝海舟。時の流れで、戦っても負ける事が分かっていて、将軍家の行く末を平和的に解決し無血開城となった。相手方の意見を聞き入れる度量の良さ。今の政治家の指導者に学んで欲しい。
66才 京都府 既婚 男性

その時代時代にふさわしい人物を神様は備えていると思います。私はこの時代に神様に生かされている人間。今この時を「私自身」として生きることが大切なのであって、どんなに憧れる有名人や偉人がいても、その人のようになってみたいと考えること自体が、神様のみこころを損ね、神様を悲しませることになると考えます。
53才 神奈川県 既婚 男性

庶民出身武士ゆえにかたくなに武士としての信念を貫き通す近藤勇、西洋に遅れている日本を世界の列強と肩を並べたいと考えた西郷隆盛、二人とも志半ばで倒れてしまったが、その人生は面白いものであったと思うから。
68才 千葉県 既婚 男性

勝海舟:幕臣でありながら新しい時代を見据え、敵味方なく幅広い人脈、人望での生き方。土方歳三:己の信じた道、仲間のため、最後まで死をかけて誠を貫く生き様が魅力(最後まで、オニの副長を演じ切った)
71才 東京都 未婚 男性

薩摩藩での波乱の時代、戊辰戦争を戦い抜き、新政府内の確執で下野し、西南戦争で非業の最期を遂げる…幕末の偉人は多いですが、私は自分の信を貫いた西郷どんの九州男児な生き方に憧れます(あ、体型が似てる、ってのもあるけん、それは言わんこつデス)
50才 東京都 既婚 男性

高杉晋作:折りたたみの三味線を常に携行していたと何かで読みました。今なら頭が良くて行動力があってギターだってうまいんだぜ。作詞も出来るんだよ。リーダーシップもあるしね。。。と、全生徒憧れの生徒会長というところかな(例えが小さくてごめんなさい)。それに、あんなに頑張ったのに新生日本を見ることなく病に倒れたとか、悲劇のヒーローの要素もあるし、軽い表現になりますが「カッコいい生き方」だと思います。
67才 大阪府 未婚 女性

私の母が萩市出身なので 維新については幼いころより人一倍思い入れがあります。いま大河ドラマにで取り上げられておりますが 終戦間もないこ5歳のころ母に手をひかれて松陰神社や松下村塾をめぐり、吉田松陰の話をしてくれたやさしかった母のことをいまでもはっきり思い出します。母の話を聞きながら、とにかく人に尊敬されるえらい人になりたいと幼心に思ったものです。
73才 広島県 既婚 男性

誰にもなれません!恐れ多くて…。自分がなったら 今の日本が無くなってしまいそうなので…。良しも悪きも この方々が色々な事をしてくれたので 今の平和な日本が出来たのですから!
51才 埼玉県 既婚 女性

ドラマや映画などで、特に主役で描かれたという記憶は無いのですが、幕末・明治を描いた物語では頻繁に出演。時代の先端を行き、キーマンとして立ち回った、いわゆる「かっこよさ」が感じられます。「主役」ではないし、公私共にいろいろあったようですが、賛否両論あっても認められ、様々な経験を与え与えられた生涯は、一個人としてはとても満足できるものだったのでは、と思えます。
46才 東京都 未婚 男性

勝海舟は幕府の下っ端御家人から日本を動かす存在の人にまでなったが、幕末の下っ端御家人の頃の生活を味わってみたい。また、斎藤一は新撰組きっての剣豪だったらしいが、京都、会津、函館と戦乱の中を生き抜いて、維新後には警視庁に入り明治時代にも活躍したと聞く。波乱万丈、生死紙一重の戦乱の中で生き抜いた一生に惹かれる。
83才 千葉県 既婚 男性

●沖田さん→幕末動乱のもっとも渦中と言える場面を数々見ているから●高杉さん→保守と改革に揺れていた長州の舵を取り維新のリーダーになしえたから●公方様→個人的に鳥羽伏見の戦いで逃げ出さずに徹底抗戦してみたかった
44才 愛知県 未婚 女性

吉田松陰:後世に名を成す人物になりえた幼少期の過ごし方、暮らしぶりを知ってみたい。
67才 大阪府 既婚 男性

多摩地域の出身なので新撰組(時に土方さんと近藤さん)にはすごく親しみがあるのです。特に土方の「武士としての死に様」を求めた生き方には泣けます…。勝海舟はお芝居で観る江戸っ子っぷりが印象的なだけで…でも彼が居なかったら江戸は火の海だったかと思うと彼の才覚に感謝するところです。
48才 東京都 未婚 女性

坂本龍馬:あの幕末の時代に、日本の指導者の座を蹴って「世界の海援隊でもやってみようぜよ」と言ってのける男らしさ?司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」は中学生の時に受験勉強もせずに読みだして、もう20回以上読み返しています。おかげで、東京・京都・長崎・山口・鹿児島・大阪などに出かけるたびに史跡めぐりが趣味になっています。勝海舟:坂本龍馬を飛躍させてくれたのは、この幕臣である勝のおっさんです。咸臨丸でアメリカまで渡ったのもかっこいいですね。維新後は今一つ輝かなかったのは控えめな性格のなせる業でしょうか?
55才 鹿児島県 既婚 男性

高杉晋作。現代に置き換えればかなり危険人物と言えますが、壮大な発想力、行動力、遊び心、また人望があったということで幕末維新の英傑の中では一番憧れますし、なってみたい人物です。ただやはり長生きは出来なかったろうと思いますが。
48才 埼玉県 既婚 男性

その時代に生きていた先祖。なってみたいというより会ってみたい。曾祖父は宮大工で幕末、京都へ御所の修理に行っていたとか。なぜ田舎の大工が京都へ出かけて行ったかは不明。池田屋騒動に驚いて逃げ帰ったと聞いている。そのときの話を聞きたい。
67才 兵庫県 未婚 女性

私の祖先は彰義隊の生き残りらしいので、正直「薩長は敵だ」と思っている。今安倍晋三がのさばっているのも、明治維新で長州がズルく立ちまわったからだと思うと忌々しい。新選組はドラマ的には面白いが、隊としてはどうなのかと思うのでなりたくはない。
54才 埼玉県 既婚 女性

板垣退助、伊藤博文、勝海舟、木戸孝允(桂小五郎)、西郷隆盛、坂本龍馬。小学生時代から、織田・豊臣・徳川三武将の本を読んでいた。中学生からは、古事記より、日本創成期からの記述に興味を持ち日本史にはまり込んだ、卑弥呼からの書籍にはまり、現在まで80歳至るまで趣味として勤しんでいる。
80才 愛知県 既婚 男性

伊藤:福沢 対アジアについて本人は反対だったろうに、推し進めたのはどうかと思う。斎藤 幕府が正しいかは知らないが、侍として正しくありたかったのだろう小栗 知っている人の方が少ないと思われる…。幕府方の維新派。外交力、語学力、行動力、どれをとっても引けは取らない。 お侍として生まれたからには、こういう風にありたいもの。
42才 福岡県 未婚 男性

職を降りてから地元近くに住んでいた事もあって、近くの美術館で企画展があり、慶喜さんの人となりを知り、頭脳明晰で最後の将軍で波乱の幕末を過ごして来たにも関わらずありのまま、ひけらかす事もなく晩年はカメラなど多趣味で晩年を過ごした面白い方なので、自分も頭脳は置いといて(笑)少しでも充実した楽しい人生を送りたいと思ったから。
49才 静岡県 既婚 女性

伊東博文:世界に冠たる明治憲法典制定の実務担当者。大変民主的で拡張高い憲法典です。人生の最後まで、現実に即した国益の追求者であった。福沢諭吉:脱亜論の認識は素晴らしい。現代も変わらず有効です。吉田松陰:恐ろしく頭が良いの良い、永遠の子供の心を持った行動者である上に教育者として稀有の存在。
51才 兵庫県 未婚 男性

勝海舟、徳川慶喜、福澤諭吉。天寿を全うできたこと。とりあえず切った張ったに直接関わることがなかったこと。どちらかというと、戦争を止める側に回れたこと。大体、明治維新で活躍したとされる人物達は血気にはやりすぎです。仕方が無かったとは言え、もう少し穏やかに出来なかったものかと思います。
52才 千葉県 既婚 男性

特にいない。小学校も中学校も、歴史の授業が江戸時代の末期ごろから「卒業に間に合わない」からとおろそかになるので、この人たちが何をした人なのか細かい内容がよくわからないから。
36才 静岡県 未婚 女性

坂本龍馬。信念を貫き通し、それを支えてくれる人々がいるなんて羨ましい人生と思う。今の時代は、お金の為に支配され信念を貫き通す事も出来ない、気持ちにゆとりが持てない世の中と感じています。
64才 千葉県 既婚 男性

高杉晋作。賢くあり、恩師を敬い、冒険心に満ち、動けば雷電の如く発すれば風雨の如しと言われた快男児!温情あり、ロマンもあり、ユーモアもあり大好きです。連合国との交渉で頑として譲らなかった一条。あれを飲んでいたら日本は植民地になっていたでしょう。我が国が他のアジア諸国のように欧米の植民地にならなかったのは彼の御蔭だと思います。たった24歳だった時のことだそうな。今の若者はーーと言いたくなる。せめて明治の時代まで生きていて欲しかった愛国の士です。
58才 東京都 既婚 女性

勝海舟。江戸城無血開城で有名な勝海舟の名言集の中で「失意泰然、得意平然」を、学生時代に読み、それを生涯の座右の銘としてこんにちに及んでおります。会社勤めの頃は特にこれを心掛けてきました。人生の恩師と云っても過言ではありません。
84才 北海道 既婚 男性

高杉晋作、坂本竜馬。共に志半ばで倒れたが、考えようによっては、そのほうが「幸せ」だったかも。こうした革命や改革は、それを成し遂げた途端に変質するもの。古今東西の歴史がそれを証明している。それを目撃することなく(あるいは彼ら自身も変質したかもしれない)世を去ったのだから。
61才 東京都 既婚 男性

江戸時代〜明治期、ふぐ中毒死が多出したので、食することの禁止令が出されていた。伊藤博文は首相在任中出身地の下関に訪問の際、宿泊の旅館で魚の料理を所望した。あいにく海が荒れ材料に窮した調理人はフグを刺身として調理し首相に供した。打ち首覚悟の禁止食材の提供だった。伊藤博文は「うまい!この魚は何だ?」ときた。フグだとわかって、彼は「こんなうまい食材を、禁止するいわれはない。」とすぐさま、フグ解禁令を実行に移したという。彼の心の広さが好きである。
75才 福岡県 既婚 男性

特にいない。明治維新は既存の思想・信条を打ち破り、新しい物を求めて進んで行ったと思いますが、其の為に世の中が不安定なりました。私は多分その時代に生きていたら、その波に飲まれ右往左往しているだけの人間だと思います。
68才 宮城県 未婚 女性

坂本龍馬の時代の先を見る目や柔軟なものの考え方、コーディネーター力は現代でも活躍できると思う。また、人間的にもとてもキュートな人ではなかったかと思う。つまり優れた人間力をもっていた人だと思うから。
59才 東京都 未婚 女性

一寸先も見えない時代、設問にある皆それぞれ自分の信念を貫いた人々なのでしょう。しかし、同じようなことをしていても、結末が恐ろしく違っています。(歴史に詳しくないのですが、例えば、土方歳三と榎本武揚とか。)たまたま時流に乗れた人、うまく立ち回った人、愚直に生きた人…。なんというか運の良し悪しでしょうか。私は、一般庶民の役がいいです。
58才 東京都 既婚 女性

斉藤一。派手で鼻息荒い印象の新撰組の中で、決して表で目立つことなく、粛正役やスパイなど嫌な面や危険な仕事を支えた立場から、時代をどんな風に見ていたか興味がある。結果的に各所からの信用も厚く、大正時代まで生き延びたのも面白い人物。
46才 東京都 未婚 女性

勝海舟・土方歳三は『滅びの美学』を全くの対照的な形で観せてくれました。共に幕府側の人間でありながら、片や維新に関わるメインキャスト達と交友を持ち幕引きとその最後を締めた人。片や自己の信念のみ貫き通し、途中で消えて逝った人。私は『幕末〜維新』の時代は幕開けの時代では無く『幕引き≠滅び』の時代だと思っていますので、彼等二人を選びました。
52才 大阪府 未婚 男性

坂本龍馬。よく鉄砲弾薬等を仕入れたと言われていますが、なぜ土佐の脱藩浪士がそのようなお金を動かす事が出来たのが不思議です。人物的魅力があったに違いないと思うのと裏の部分がまだ隠されているような気がします
56才 愛知県 既婚 男性

維新の英雄というと幕府をひっくり返すことに貢献した人たちに目が向くようですが。基本的に維新以降の日本の進む方向のレールを引いたのは冷静な大久保利通です。それを伊藤博文が引き継いで基盤を確立しました。
66才 大阪府 既婚 男性

特にいない。動乱の時代すぎて、どの人物も大変そうでとてもなりたいなんて思えない。幕末の皆さんは凄すぎです。
38才 埼玉県 未婚 女性

勝海舟、徳川慶喜。自分の能力の低さを棚に上げて敢えて言うと、もう一寸上手く処理できたかもと思ってしまう。世の大勢を理解し、もっと犠牲を少なくかつ効率的に政治を動かせなかったかなぁと思う。
54才 静岡県 既婚 男性

榎本武揚。幕臣であったにもかかわらず、その才能を買われて特赦の後に新政府の重要な役職につき、国民のことを考えて生きた人であるから。また、性格も典型的な江戸ッ子だったというのにも惹かれる。
46才 京都府 既婚 女性

土方歳三。この人ほど毀誉褒貶の分かれる人は無い。新選組の副長として、局長の近藤勇より活躍したという話がある一方、組織を恐怖で締め付けたと言う説もある。まず、新選組の一員として、最後まで新政府に対抗したのは本当だろう。何となく判官贔屓には魅かれる存在だ。
85才 京都府 既婚 男性

特にいない。歴史を知ってしまっている今の自分の立場で、その時代の誰かになってみたいと考えることにあまり意味がないと思うから。それよりも、あの時代を懸命に生きた先人から学んだことを、今、現代でどう活かすかの方に興味がある。
49才 東京都 既婚 男性

小栗上野介忠順。明治の基礎を作りながら、その先見性や行動力を畏れられつつも、取り調べも受けさせられずに斬首される際にも申し開きをしなかったという最期に共感する
50才 神奈川県 既婚 男性