過半数が高齢化社会に対する不安度「80%以上」と回答

過半数が高齢化社会に対する不安度「80%以上」と回答

過半数が高齢化社会に対する不安度「80%以上」と回答

総計で見ると最も多かったのは「不安度 80%」で34%。「不安度 100%以上」と合わせた「不安度 80%以上」と回答した割合は過半数超えで58%。「不安度60%以上」の割合ではなんと、85%にも達しました。

■40代が高齢化社会に最も不安!?
「不安度 80%以上」と回答した割合を年代別で見ると、40代が最も多く65%、次いで50代が60%、30代が57%の順で、最も少なかったのは、60代以上の52%でした。特に「不満度100%以上」と回答した割合は、50代以下では25%以上いたのに対し、60代以上では17%と大きな差がつきました。
高齢化社会に対する不安度は全体的に高い結果になりました。日本は、世界中が今まで経験したことがないような少子高齢化を進むことになるので、当然の結果なのかもしれませんね〜(´・▽・`)
アンケート実施日時:2015年7月17日〜2015年7月23日/有効回答数:3,190