高齢期に大切にしたいと思う時間 1位は趣味の時間と家族との時間

高齢期に大切にしたいと思う時間 1位は趣味の時間と家族との時間

高齢期に大切にしたいと思う時間 1位は趣味の時間と家族との時間

総計では、1位は同率で「趣味の時間」と「家族(パートナー、子供、孫)との時間」で61%と6割超え。3位は「友人・知人との時間」で38%、4位は「運動の時間」で36%、5位は「地域の人と交流する時間」で33%でした。

■60代以上はさまざなことをする時間を大切にしたいと考えている
年代を50代以下と60代以上で分けて見ると、60代以上のほうがより多くの項目を選択していました。中でも大きな差が出たのは、2項目。1つは「運動の時間」で、50代以下は31%なのに対し、60代以上は45%と14ポイントの差。もう1つは「地域の人と交流する時間」で、50代以下が27%なのに対し、60代以上は40%と、13ポイントの差がありました。
ちなみに男女別で大きな差が出たのは「一人の時間」で、男性21%に対し、女性32%と11ポイント差がありました。これはもしかして、男性が退職して、家にいる時間が増えて、女性が一人になる時間が減ったためなのでしょうか…(∩´∀`;)
アンケート実施日時:2015年7月17日〜2015年7月23日/有効回答数:3,190