男性の育児休暇取得 半数が「パートナーが望むならとるべき」と回答

男性の育児休暇取得 半数が「パートナーが望むならとるべき」と回答

男性の育児休暇取得 半数が「パートナーが望むならとるべき」と回答

総計で見ると、1位は「パートナーが望むならとるべきだと思う」で51%と半数超え。2位は「休暇中も収入をしっかり保障してあげるべき」で45%、3位は「理想は必要だと思うが、現実難しいと思う」で38%でした。

■30代40代は他の世代より、「厳しい」という意見が多め
年代別で見ると、30代以下や60代以上では、40〜50代より「パートナーが安定するまでは取得していいと思う」「すべての男性がとるべきだと思う」など肯定的な意見が多くなってきました。一方、40〜50代は、30代以下や60代以上より「理想は必要だと思うが、現実難しいと思う」「一緒に仕事をしている人がとるのは正直困る」など否定的な意見が比較的多めになっていました。
「調査団員の声」には一緒に働いている人など、周りの人が育児休暇を取得したときに大変だったことや、その大変な状況を乗り越えるためにしたことなど、そのときのエピソードを寄せていただきましたが、それを見ていると、60代以上では、そもそも育児休暇をとっているのを見たことがないという人が多いようで、なるほど〜と思いました。
アンケート実施日時:2015年7月17日〜2015年7月23日/有効回答数:3,190