ラジオを聴くとき 1位は「レジャーや旅行で車に乗っているとき」

ラジオを聴くとき 1位は「レジャーや旅行で車に乗っているとき」

ラジオを聴くとき 1位は「レジャーや旅行で車に乗っているとき」

総計を見ると、1位は「レジャーや旅行で車に乗っているとき」で31%、2位は「家でくつろいでいるとき」で22%、3位は「通勤・通学中」で21%でした。また、「仕事で車に乗っているとき」は17%でしたので、シーンに限らず“車に乗っているときにラジオを聴いている人”が48%と約半数でした。

■男性は「通勤・通学中」、女性は「家事をしながら」ラジオを聴いている
男女別に見ると、男性と女性で特に差が大きかったのは「通勤・通学中」と「家事をしているとき」でした。「通勤・通学中」と回答した割合は、男性が23%で女性が11%。「家事をしているとき」と回答した割合は、男性が6%で女性が16%でした。

「他のことをしないでラジオだけを聴いている」と回答した人は4%でしたので、皆さん何かしながらラジオを聴いているんですね〜。ちなみに私の母は毎週1回楽しみにしているラジオがあって、「今から聴いてくるね♪」とうれしそうに自分の部屋に向かうときに見せる満面の笑顔がいいなぁと思ってますw(´▽`*)

アンケート実施日時:2015年7月24日〜2015年7月30日/有効回答数:3,239

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

ラジオは他のことをしながら音楽も様々な話題も聴けるので、中学生ころから今までずっと欠かせないものです。投稿もよくしています。高校の時に、つきあっていた彼の誕生日にはがきは読まれたのですが、彼は寝てしまって聴いてなくて、弟さんが聴いていたそうです。子どもが生まれて、見に行きたかった「キャッツ」に行けなくて、はがきを読んでもらって「メモリー」を聞いたのは、子どもに離乳食をあげていた時でした。最近はメールで気軽に投稿できるので、コメントを読んでもらえることは多いですが、じっくり考えてハガキを書いて翌週に読まれるという醍醐味がなくなってちょっと残念です。
57才 千葉県 既婚 女性

つきあっていた彼の誕生日にはがきが読まれて…なんて、すごくマンガみたい! と思ったら彼は寝ていたなんてオチまでマンガのようなw^▽^ きっとほかにもたくさんのラジオまつわるエピソードがあるんだろうな、って思ったので、もっと聞きたかったです↑
調査団編集部: カワンヌ副団長

子供の頃からお人形遊びをするにしても宿題をするにしても「音」が流れていないと落ち着きませんでした。中学生になってもずっと勉強中にラジオを聴いていましたが、ある時たまたま野球中継に変わってそのまま聴いていたのですが、なんだか捗るような...。実は私、野球のルールもまったく知らず興味もなかったので、勉強の邪魔にならなかったみたいで、それ以来、特にテスト期間中には野球中継を流しておくことにしたのでした。ちなみに今でも野球には興味ありません(^^;)
48才 大阪府 既婚 女性

私はラジオではなくてテレビなのですが、音がないと落ち着かないのすごくわかります〜! 野球中継を勉強中にかけるとはかどるってあまり聞かないですが、興味ないもの=「ただの音」だと考えると確かに納得ですね〜。
調査団編集部: マリカナ団長

小学生の頃、アニメ声優の小山茉美さんが好きで、彼女のオールナイトニッポンを聞いていた。しかし昨今のアニメ声優の番組とはぜんぜん方向性が違い、彼女の番組はひたすら洋楽を流すDJ番組で、おかげで小学生にしてすっかり洋楽ファンになってしまった。それで日本のアイドルの歌を聴いてるクラスメイトのほとんどと音楽の話が合わなくなってしまったのは笑える思い出。その後も青春時代はずっと洋楽漬けで英語を理解できるようになりたいと、大学は英文科に進むほど人生に大きな影響をもらった。
44才 北海道 未婚 男性

アニメ声優さんのラジオでひたすら洋楽を流すって珍しいですね! でもそれをきっかけに英文科に進むほど影響を受けたものに小学生の頃から出会えたのがうらやましいです>▽<
調査団編集部: カワンヌ副団長

高校一年生まで自宅通学でしたが、高校受験の頃からラジオを聞きながらが勉強することを覚えました。そのほうが集中できたのに、ボリュームを下げてこっそり聞いていても母が聞きつけて飛んできて「勉強しながらラジオなんてとんでもない!!」と、すぐ消されてしまいました。しかし、リビングの方から家族の笑い声やテレビの音が聞こえてきて全く集中できないし、母にそのことを言っても全く聞き入れてもらえませんでした。高校は何とか最低ランクの公立に入れましたが、高2になり、父の転勤で望み通り下宿生活に。テスト前には下宿民が一斉に勉強を始めたこともありますが、深夜放送を聴きながらの勉強がなまらはかどり、成績が見違えるほどアップしました。大学受験も大成功!
60才 北海道 既婚 女性

我々の世代の昔の娯楽的なものと云えばラジオくらいでした。矢張り強烈な印象が残っているのは昭和16年12月8日未明の「帝国陸海軍は米英両軍と戦闘状態に入れり」と昭和20年8月15日正午の「天皇陛下の終戦の詔勅」です。両方とも我が家でじかに聞きました。最初のは子ども心にも勇壮な気分になったものでしたが、終戦の詔勅は意味がよくわからなかったものの、父親の「戦争は終わった、日本は負けたんだ」の言葉に、しばし呆然、そして何故かよかった、よかったもう空襲は無いんだの思いもわいてきたのも事実でした。
84才 北海道 既婚 男性

小学生の頃、深夜放送で「電話リクエスト」されていました。遅くなって眠くなって寝た頃にリクエストが通って自宅に電話がかかってきました。ラジオから電話を通した自分の声が聞こえて来て、「小学生がこんな時間に起きてるの?」と驚かれた事を覚えています。リクエストした曲は、たぶん、『明日にかける橋』当時高校生だった兄の影響で、ちょっと背伸びした曲が好きでした。他は眠くて何も覚えていません。
59才 兵庫県 既婚 女性

もう30年も前のこと人気の深夜放送を聞いていて、視聴者の緊急連絡をDJがコメントした。視聴者の身内の緊急手術で輸血が必要なのだが深夜なのでどうしようもなく、某病院の近くの人は献血に来て助けてくださいと放送された。その後10余名もの人が駆け付けたらしく、無事手術がうまくいったと連絡が入った。ラジオの力ってすごい、真夜中駆け付けた人ってかっこいいなと感動した。
44才 東京都 既婚 男性

47年前頃の大学生のころ、自宅やドライブ中によく聞いていたのが、TBSパックインミュージック。パーソナリティは野沢さんと白石さんで、音楽と情報発信の大人気深夜番組でした。その中でクイズ・リクエスト曲・コメントを付けてに応募すると、当時としては大変魅力的な1万円が当たります。たまたま伊豆方面へ仲間たちとドライブ中に小生の名前が白石さんからアナウンスされコメントが読まれ、リクエスト曲が流れ、とてもびっくりするとともに大感激しました。数日後、当選の1万円が現金書留で届きました。数年後、社会人1年生でもらった初任給が4万円ほどでしたので、1万円の価値がどれほどよかったのかが、思い出されます。
66才 東京都 既婚 男性

私はラジオは聴かないが、息子が高校生の頃(近くにまだ大型の電気店がなかった頃)受験勉強でラジオが必要だから買ってほしいと言われ、隣町の大型店まで車に乗せて出かけた。商品を物色したが、お気に入りが見つからず迷いに迷った挙句、何とか商品が決まり、息子専用のラジオを手に入れ、以後愛用をしていたよう。自宅を離れるときも処分をせずに、いまだに、息子の部屋に置いてある。時々、掃除のために息子の部屋に入りラジオを見るとその頃の情景が浮かぶ。
77才 滋賀県 既婚 女性

子どものころからラジオ好きです。東日本大震災の時、「ラジオに励まされた」「ラジオの重要性を感じた」的なラジオ褒め(?)の雰囲気が一時的に高まって、共感はしつつも、なんとなくもやっとしてました。そしたら、某パーソナリティさんが、「こういう時だけラジオラジオってもてはやされても嬉しくない。ラジオは普段から面白いんだ」という趣旨の発言されて、「おお!それだ!」と、ラジオの前で立ち上がって拍手していました。
43才 北海道 未婚 女性

高校時代に、あるラジオ局の公開放送番組とそのパーソナリティーの女性にはまり、毎週のようにラジオ局に通っていました。すっかり常連になったころ、そのパーソナリティーに、「夢は努力しなければ現実にならない、将来の為に今は勉強をすべき」と諭されて受験勉強に集中するためラジオ局通いをストップ。あの時のあの言葉がなかったら、違う人生だったかもと思うと、あのパーソナリティーに感謝です。
49才 東京都 既婚 男性

遠い昔の事です。日本語の会話に心底聞き疲れていた時、適当にチャンネルをいじっていたらどこかの国のドラマが聞こえてきた。内容も番組もさっぱりわからなかったが、初めて聞いたような外国語が非常に心地良かった。広い世界を身近に感じて、新天地が開けた。私の人生の活動の拠点は海外に在り!とその時、思った。今まだ、国外には出たことがない。

もう30年以上も前でしょうか、ある音楽ランキング番組のプレゼントに応募しておいたところ、幸運にも私が当選し、パーソナリティで当時大人気だった小川哲哉さんが私の名前を番組内で呼んでくれました。プレゼントに当たったことよりも名前を呼ばれたことのほうが、うれしさは大きかったような気がします。一緒にラジオを聴いていた妹と「やったぁ!」と大喜びしたことを覚えています。ちなみに当たった商品は大手オーディオメーカーのオートリバース搭載のラジカセでした。故障のためかなり前に廃棄しましたが、当選から数年間はラジオやカセットを聴く際の愛機となりました。懐かしい思い出です。
53才 神奈川県 既婚 男性

バラエティ番組で料理の募集があったのでオリジナルのレシッピを送ったら、その料理が採用されて放送されて賞品を頂いた。後日、また連絡があり何かと思ったら採用された人たちの料理を本にするからと承諾の有無の連絡があった。しばらくたってその番組を聴いていたらレシッピ本が出版されたと放送されたので、早速本屋に行き閲覧した。うお〜〜俺のが本になっていると感動した。ほんの半ページのさらに半分なのに。。
65才 静岡県 既婚 男性

小学生の時鉱石ラジオを作りNHKのローカル放送が聞こえた時の感激(当時はNHKのみ)がすごくラジオ造りに精を出す始末、鉱石から真空管1球式から徐々に発展、海外放送を聞くまでなり、最後はアマチュア無線になってしまいました、その間ラジオ聞きながらの、ながら族、旺文社の大学受験番組や、深夜放送の音楽番組等など数多くの番組がわたくしを励まし、慰め、癒してくれました。
77才 福岡県 既婚 男性

10〜20代の頃NHK-FMの夕方の音楽リクエスト番組を聴いていた。匿名で出したハガキを実名で読まれて、その直後に気付いたDJ(アナウンサー)は匿名だったことには触れずに「●●市にお住いの方」と言っていたが、翌日に学校に行ったらクラスの人から『昨日読まれて良かったね』と言われて恥ずかしいやら嬉しいやら複雑な気分だった
57才 埼玉県 未婚 男性

中高性のとき、ラジカセでFMで好きな歌手の特集をよく録音して何度も聞いていた。ビートルズ特集を何週かしていて全部録音して聞いて覚えた。洋楽が好きになったきっかけだった。中学の夏休みの宿題で天気図を作成したときに、NHKの気象通報を毎日一生懸命聴いて天気図を作成し宿題として提出して褒められた
53才 兵庫県 既婚 女性

父親が昔の郵便局で通信部門を担当していたため、その薫陶を受け、ラジオを頻繁に聞くようになり、中学生になってからラジオやアンプの自作に目覚め、82歳の今まで継続してオーディオに興味をつないでいる。
82才 東京都 既婚 男性

今でも音楽(若い頃はヘビメタやハードロックばかりでしたが、今ではジャンルを問わない感じです。)を通勤途上でポータブルプレイヤーで聴いていますが、中学校の頃に洋楽を聴き始めたきっかけも、今、最新音楽情報を得るデバイスもラジオです。中学校〜大学生当時は、音楽番組の多いFMを中心に、今は亡きFM○○○などの雑誌をしょっちゅうチェックしていました。中学校の頃は、勉強にならないからと、親からは英会話勉強用のLLラジカセ(知らないでしょ?)しか買ってもらえませんでしたが、英会話学習で使った記憶がほとんどありません。21世紀になると、ラジオ専用機は非常用のものしかなくなり、今ではスマートフォンやPCで聴いていますが、今でもFM放送のヒットチャートものは聴いています。
52才 千葉県 既婚 男性

中学の時、学校の宿題だったので、毎日、NHKラジオ講座の基礎英語を聴かなくてはならなくて、嫌々聴いていた。でも、当時、土曜日はマザーグースの歌がかかって、その回だけはとても楽しみだった。英文法なんかはほどんど忘れてしまったけれど、その時聴いた歌は今でもふとした時に口ずさんでいる。後に本を読んだりCDも聴いたりしたけれど、あの頃のように身につく感じはしなかった。英米文化の基礎であるマザーグースを、本の知識として知るより、子供の時に単純に楽しい物としてメロディーで聴けたのがとても良かったのだと思う。
49才 愛知県 既婚 女性

東京のキー局は、夜しかうまく電波が届かなくて頑張って周波数を合わせて聞いていました。FMを聞いたときになんて音質が良いんだと思いました。以前は、DJが入らず全部曲を流してくれたので、レコードを買えない分、雑誌(FMレコパル)を買って好きなアーティストの曲をエアチェックしていました。ラジオに投稿もして、読んでもらえると嬉しくて。また、同じ悩みを持つ投稿に共感したり励みになったり。学生を卒業し、一時全く聞かなかったけど、主婦になってからはまた良く聞いています。ラジオが本当に友達です。
55才 岩手県 既婚 女性

中学生の時、アメリカの同世代の子と文通していた。その子からイギリスのすごいグループがいると興奮した手紙とグループの写真が送られてきて、「へー面白い頭」と思っていた。その後半年位経ってラジオの深夜番組でビートルズと言う素晴らしい新しいスタイルのグループがいると日本で初めて曲が紹介された。丁度それを聞いて本当に新鮮で惹かれて未だにビートルズ大好きおばさん。みんなが知るより半年以上早く私の手元に4人の写真が合って私はとっくに知ってたぞーーとちょっぴり鼻が高い。
65才 東京都 未婚 女性

中学生の頃に洋楽ブームがあり、アメリカでMTVが開局したのを期に、テレビでも音楽PVがよく流れるようになりましたが、やはりお金をかけずに音楽を沢山聞くには、ラジオが一番の媒体で情報源でした。当時ラジオ日本だったと思いますが、土曜深夜0時から始まる、「アメリカントップ40」と言うチャート番組を、眠くなりながらも毎週聞いていて、その進行役だった湯川れい子さんが、リアルタイムのアメリカの話をしてくれるのが、当時の私には楽しみでもあり勉強にもなっていました。
46才 東京都 未婚 女性

昔々、福岡県の某AM局で、(たぶん)毎週日曜日の午後に、ベストフォーク20とベストポップス20という番組が連チャンで放送されていた。私はフォークソング派なので前者のみ聞いたり、リクエストしたりしていました。そのうち、私の曲も流れるかな?と思いましたが、ポプコンの予選で実力を知り、夢は夢でしかないことを知りました。あ、ラジオは、中学生の時に、防波堤に釣りに行くときのお供として愛用しましたよ。グレープ時代のさだまさしさんの「精霊流し」をよく聞きました。
55才 鹿児島県 既婚 男性

高校生の時、大好きな局アナがいて、毎日、勉強しながらラジオを聞いていました。時々、はがきを書いて、何度か読まれて、番組のグッズをもらいました。ファンの集いにも参加しました。大好きだった局アナも6月に定年退職をされ、今ではもう、ニュースを聞くこともなくなりましたが、フリーアナウンサーとして、日曜朝にラジオ番組のDJをしています。
49才 愛知県 未婚 女性

中学・高校時代はまさにエアチェックど真ん中世代で、FM漬けの日々でした。当時はDJの声が曲にかぶらないよう、曲の前後に少し間をおいてかけてくれるのが一般的で、中には新譜アルバムまるごと、途中にトークも挟まずかけてくれる番組もありました。友達と交代でFM雑誌を買い、好きなアーティストや狙っているアルバムや曲がかかる日時をチェックし、その時間になると、ポーズにセットしたラジオの録音スイッチに指をあてて、ドキドキしながら待ったものでした。
53才 大阪府 未婚 女性

中学時代は、ラジオの深夜放送の隆盛期でした。個性的なパーソナリティーがたくさんいて、話がおもしくて勉強しているのかラジオを聞いているのかってぐらい熱中していました。パーソナリティーに手紙を出したこともあり、読まれたときは感動! 恥ずかしくて誰にも内緒にしていましたが。音楽の世界を広げてくれたのもラジオでした。朝、登校すると「あの曲いいね」「あのアーティスト最高」とか、音楽の話でもりあがることがしょっちゅうでした。いい思い出です。
59才 東京都 未婚 女性

私は受験勉強でラジオ講座(正式名称を忘れてしまいましたが)を聞いていました。ずっと記憶のかなたにあったのですが、一昨年子どもが受験勉強をしている様子をみていて突然、そうだ私はラジオで勉強していたんだったということを思い出したのです。「タラタタタタ、ラタタタタタ、タタタタラタタ、ラタタタ、ラララタタタ」というオープニングの音楽までよみがえってきました(すみません、わかりませんよね)。
54才 東京都 既婚 女性

せっせとクラシックやスムースジャズ、今で言うNew Age系をエアチェックしていました。そのために、セールでいいカセットテープを買いあさったり。メタルテープの使えるラジカセが無かったので、クロームとか使って。なんか、記憶があやふやですが。自分の好きな曲を集めてカセットテープを作っては、FMラジオ系の雑誌付属のインデックス?にインスタントレタリングでせっせと文字を転写。懐かしいです。
49才 栃木県 既婚 女性

中学生の時、海外日本語放送の存在を知り、短波が受信できるラジオが家にあったので、夢中で聴いていました。家が田舎の丘の上にあったので、膨大な量の電波を受信出来たことから、まだ見たことも無い海外の国々に思いを馳せていました。社会人になり、札幌の町なかに住んでいた時、何気なくラジオをチューニングしていて、田舎でも訊けなかった『アンデスの声』を偶然聴けた時は驚いたものです。
49才 北海道 既婚 男性

中学生の頃、南海放送で「昼の歌謡曲」と言う番組があって、当時三橋美智也の玄海船乗りと言う曲をリクエストした。初めて自分の名前が爽やかなお姉さまの声で、電波に乗った時の嬉しさはまた格別であった。しかし、考えてみればその憧れのアナウンサーの方も、今は80才は越えておられるのですね。歳月の流れは残酷と言えば残酷かも…(^_^;)

50年ほど前になるが、ラジオ大阪でPM11:00から、小説家の小松左京氏、落語家の桂米朝氏とアナウンサ−の(きくち みちこ)氏の3人で始まった「題名のない番組」初めは何回かの間に題名を決める話だったのが 面白いので其の侭で題名になった。中学生の自分は高校入試の勉強より博識のお二人の話に夢中になっていた思い出が有る。
70才 兵庫県 既婚 男性

若かりし頃、仕事で夜間走行をしていた。深夜番組はその当時売り出し始めの、芸能人やアナウンサーが多数登場し、今でもよく思い出す。現在は、趣味の作業をしながら毎日聞いているが、時々若かりし頃の番組名や復刻版が放送され、その頃を懐かしく思い出すことがある。
70才 神奈川県 既婚 男性

リクエストをして、それが取り上げられたとき。ワクワクドキドキしながら、自分のラジオネームが読まれ、パーソナリティさんのコメントがもらえ、そして、リクエスト曲がかかり。何回経験してもドキドキします。
50才 茨城県 既婚 男性

まだ小学生の頃、たまたま聞いたラジオから宝塚の舞台中継が流れてきました。それが宝塚大好きになったきっかけです。もちろん作品名と出演者名、テーマ曲まで覚えています。
67才 東京都 未婚 女性

23歳の誕生日にみのもんたさんのラジオ番組で、バースディカードが当たり、はがきのコメントを読み上げられた。昔々の話です。
64才 大阪府 既婚 女性

第2次大戦中の事で、ニュースは戦争の事ばかり。終戦後は「鐘のなる丘」の放送に勇気付けられ、「カムカム英語」で子供なりに一生懸命に英語を習おうとした。受験勉強ももっぱらラジオからだった。
79才 神奈川県 既婚 男性

実際にあったいい話しをたまたま聞いていました。 スーパーのレジ係の人の話でしたが、それをきっかけに仕事に対する自分の考え方が変わりました。目的があって来店されるお客様ですが、そんな中でも私がいることで「ほっとする」といってくださる方がいます。 「いてくれると助かる」 「ずっとここにいてね、異動するときは教えてね」と言われると私も嬉しくなります。あのとき、たまたま聞いた話が、今の私を作っている。きっかけはいろんなところにあるなと思います。
51才 三重県 既婚 女性

ラジオっ子ではなかったので、高校まではあんまり聴いてませんでした。初めてオンボロ中古車を買った大学時代、関東の某FM局をたまたまカーラジオで聴き、そのAM放送のようなノリのDJや編成が大好きになりました。転勤族となり、久しぶりに戻ってきた関東ですが、車に乗ると、ザッピングしても結局はそのFM局に辿り着きます。あくまでタメ目線のほんわか放送。いいですね。たぶんこれからも、車に乗ったときはチューニングすると思います。
46才 東京都 未婚 男性

NHKに24〜5年続いた夕方のラテン音楽の番組がありました。フアンで楽しみに聞いていましたが、あるときリクエスト曲が取り上げられました。その後、何度か同じことがありましたが番組終了が残念でした。当時、毎回テープに録音していて、そのカセットテープが今でも手元に数百本残っています。時折、中から抜き出して聴きますと、当時の自分が甦るのが懐かしいです。
77才 東京都 既婚 女性

自分の中で20年ほど前に第一次ラジオブームが来ました。その時は声優さんがパーソナリティをしている番組が多く、よく聴いていました。ある声優さんが、マイブームで「紅茶」「アロマ」「ハーブ」にはまっているというのを聴き、自分も同じようにはまった時期がありました。今でもコーヒーか紅茶かで言えば紅茶派です。
38才 群馬県 未婚 男性

定番のオールナイトニッポン ツルコウ師匠のトークにハマりました。ハタチ過ぎた頃、ゲーノー界に 行った同級生が、超深夜に番組を持ったので、応援出演しました。相方さんは新進女優さんで神戸出身のお嬢様でした。ちゃんとアタックしておけば良かった。残念!
56才 神奈川県 既婚 男性

関西のラジオでは阪神戦ばかりを中継してるいるのですが、ラジオ大阪は近鉄の試合を、ラジオ関西では巨人の試合を中継していて個性的だなぁと子供の頃は思っていました。今はラジオ大阪が野球中継から撤退してしまいました。
38才 大阪府 未婚 男性

リーマン・ショックで失職した時、緊急雇用で市の職に就いた時に、毎朝車移動中に、いつも「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」を聞いていて、それから同ラジオのリスナーになって、数年経った今でも聴き続けているコトですw
39才 岩手県 未婚 男性

現役のころだから15・6年前になります。車で通勤していたので往復にFM放送のナックファイブを聴いていました。特に大野勢太郎さんの骨っぽいというか大人っぽいパーソナリティーに魅力を感じていました。当時の浦和レッズはまだ2部のチームで、俄か評論家たちが前日の試合ぶりに酷評やら意見を放送局に投稿していました。私は当時サッカーより野球に傾注していましたから、それらを聞いて「女々しくごちゃごちゃ言わないで、もっと大きな目で見てやれないのか」などと思ったりしておりましたが、勢太郎さんは、なだめたりすかしたり、上手に意見をさばいておられました。そのほか、時事問題やニュース、音楽などで、ともすれば渋滞でイライラしそうな気分を和まして下さいました。今でも懐かしくなって、朝に車で出かけるときは聴いております。
73才 東京都 既婚 男性

私らの年代でラジオって言うと深夜放送がバイブル、だな。中学、高校と眠い目をこすりながらハガキ職人やって学校の授業は半分寝てる状態が普通、。ヒットする前の歌謡曲がデモテープで聴けたのも魅力。あずさ2号とか北の宿とか、大ヒットする1年前にラジオで発表されていたからね。ちなみに、家業の関係で坂本冬実のデビュー曲のデモテープと香西かおりのアイドルデビューSP版が手元に有るんだけど、、。欲しい人いるかな?島倉千代子の幻のSP版も5枚あるよ。処分に困ってるんだな、。
55才 埼玉県 既婚 男性

高校では、ラジオ講座で勉強を頑張った。その頃が、ラジオを聴き始めたころと思う。
43才 香川県 未婚 女性

毎日通勤で聞いています。ニュースを聞いたりしているので身につく事が多いです。
25才 大阪府 未婚 女性

テスト勉強のとき、ひとりでやっている感じがなく、楽しかった。
46才 東京都 未婚 女性

みんなで競って投稿してたなぁ。懐かしい。
49才 福岡県 未婚 女性