牛乳の嫌なところは「特にない」が5割超えという結果に

牛乳の嫌なところは「特にない」が5割超えという結果に

牛乳の嫌なところは「特にない」が5割超えという結果に

総計で見ると、「特にない」の51%を除き、1位は「おなかを壊す」で16%、2位は「日持ちしない」で15%、3位は「ごはんに合わない」で10%、以下はすべてひとケタという結果となりました。

■上の世代ほど、牛乳の嫌なところは「特にない」と思っている
年代別に見ると、「特にない」と答えたのは30代以下が35%に対し、年代とともに増え、60代以上では62%と高い割合になっていました。また、若い世代ほど「日持ち」を気にする回答が増えた理由としては、牛乳を飲む頻度が少なく、結果として飲む量が少ないためと思われます。

ちなみに、男女別でみると、女性は「ニオイ」や「後味」を気にする割合が男性より高く、男性は「おなかを壊す」の割合が女性より高くなっていました!

アンケート実施日時:2015年8月28日〜2015年9月3日/有効回答数:3,081

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

まだ若い頃、レンタカーで北海道を旅行中、旭川市の手前でタイヤがパンク。交換しようとしたところスペアタイヤがないことが分かり途方に暮れていたとき、近くの牧場主が営む牛乳の直売所でふるまわれた牛乳の味。搾りたての牛乳は内地の人にはきついのでとハッカを添えてくれた優しさが忘れられない思い出。
64才 神奈川県 既婚 男性

搾りたての牛乳って確かに独特なにおいと味がしますもんね。ハッカを添えてくれるなんて、本当にやさしい方…きっとその牛乳もやさしい味がしますね(つ▽;)
調査団編集部: カワンヌ副団長

コーヒー牛乳を見ると、娘の小さかった頃を思い出し、なつかしいです。近くの銭湯に行き、お風呂上りに、コーヒー牛乳を飲むのが娘の楽しみでした。風呂上りで、ほっぺたが真っ赤になっていて、コーヒー牛乳を美味しそうに飲んでいた娘の顔を思い出します。その銭湯も随分前に廃業し、娘も嫁ぎ、コーヒー牛乳を飲むこともなくなってしまいました。
68才 東京都 既婚 女性

小さい子供がお風呂上りにコーヒー牛乳をぐびって飲むの、見てるだけで微笑ましくなります(´ω`*)そういえば最近ではそういう光景を見ることがなくなってしまいましたね…さみしいです〜。
調査団編集部: マリカナ団長

60年以上も前のこと、田舎の小学校に給食はなく、昼休みの前に毎日地元の牛乳を1本飲んでいた。その頃の子供はまだ牛乳になじみはなかったが、左手を腰に当て右手に牛乳瓶を持って「牛乳は噛んで食べる」と言いながら飲んでいる先生を見て、生徒は皆その真似をして飲んだ。今も牛乳を飲む度に、この先生の姿を思い出す。
67才 神奈川県 既婚 女性

「牛乳は噛んで食べる」って一度聞いたら忘れられない名言ですね^▽^私も真似したくなるなー★
調査団編集部: カワンヌ副団長

腹膜炎で緊急手術をして、生死の境をさまよった。絶食はもちろん水分も一滴も取れない生活が続き、危機を脱して初めて水分摂取を許可され、3日目に食卓に重湯と牛乳の小さいパックが付いた。病院食の普通の牛乳だったが、あの時の美味しさは言葉で言い表せないほどだった。それ以来、牛乳の大ファンになった。大体2日で1リットル入りパックを飲み干す。
85才 京都府 既婚 男性

実家が乳牛を飼っていたので、成長期には牛乳に不自由しなかった。子牛が生まれると、数日間は牛乳の成分が濃すぎるので、市場に出荷できない。この時期の牛乳を蒸すと、タンパク質が凝固して、まるで豆腐のようになる。実家では「牛乳豆腐」と称してよく食べていた。豆腐の大頭の匂いではなく、牛乳の甘い味がして好きだった。いまでもたまに食べたくなるときがあるが、両親が年をとって酪農をやめたので、もう食べることはできない。
55才 京都府 既婚 男性

子供の頃盲腸が破裂して腹膜炎を起こして一か月ほど入院した時に、母が牧場から牛から絞りたての牛乳を手に入れて鍋で温めて毎日飲ませてくれました。その香りとコクが大人になった今でも忘れられません。あの時ほどおいしかった牛乳とその後出会えません。
72才 群馬県 既婚 女性

小学校の給食で出てくる牛乳瓶に「0度以下」と書かれているものと何も書かれていないものがあって、我がクラスでは「0度以下」と書かれているものが「あたり」何も書かれていないものが「はずれ」扱いになっていました。で、あたりの人は今日の運勢が良い、はずれの人は今日の運勢が悪いと毎日大騒ぎ。全員あたりだった日は「今日みんなスゲー!!」とクラス中ハイテンション。今考えるとバカだったなーと思います。
36才 静岡県 未婚 女性

冬、学校のダルマストーブの上にヤカンが乗ってて、その中に何本かビン牛乳入れて温めてました。本数は限られ1本は先生の特権、残りはクラスで順番で、来るのが待ち遠しく、温かい牛乳飲める嬉しさは、冬の給食の楽しみでもありました。4年になって校舎が新築され、暖房はファンヒータに。そのときは暖房能力あがったうれしさより、温かい牛乳飲めなくなる残念さの方が大きかったのを覚えています。
50才 東京都 既婚 男性

安曇野に蕎麦を食べに行った時、たまたま通りかかった牧場の直売店に入ってみたら、前日が雪だったためかお客さんが少なくて瓶入り牛乳が通常より安くなっていた。ソフトクリームがお目当てだったのに、衝動買いした牛乳の美味しかった事と言ったらもう。また買いに行った事は言うまでもありません。
52才 広島県 既婚 女性

小学校の給食時、瓶牛乳を飲んでいる友人の顔の前に鏡を出して、「飲んでいる自分の顔を見せる」いたずらをした。自分の顔なのに…笑い、噴水のように牛乳を吹き出し、教室が大惨事になった。思いがけない結果に、そのいたずらは二度としていないが、だれか試してみませんか?
56才 秋田県 既婚 男性

小学校の高学年になってから、脱脂粉乳から牛乳になった。テトラ・パックといった洒落て面倒なものではなく、当たり前の牛乳ビンのやつ。早飲み競争で負けたことがない!(多分今でも)牛乳ビンのふたは紙製で、給食の後はそのフタでメンコ遊び。牛乳のフタは小さいので、地面に叩きつけるやり方ではなく、机の上に並べて「パス!」と息でひっくり返す。たまに出たコーヒー牛乳やフルーツ牛乳のフタはノーマル牛乳のフタの3倍の価値があった。みんなで熱くなり学校の机の中は牛乳のフタでいっぱいになっていた。
60才 宮城県 既婚 男性

・小学校〜中学校時、給食に登場した牛乳が瓶入りで丸い厚紙の詮(中側)とうす紫色のビニール(外側)が飲み口についていて、中詮を取る専用の簡易鉛筆に似た詮抜きがクラスに1本常備されてあった。・冬になると教室の真ん中に設置された煙突つきの大きなストーブ(=灯油?!)の上に水を張ったアルミ?製のたらいへ牛乳瓶ごとその中へ入れて温かい牛乳を飲んでいました。また、この瓶の中へお砂糖を入れてお箸で混ぜて飲む…というのもクラスで流行りました。
46才 静岡県 既婚 女性

あれも牛乳…だと思いますが…私が小学生の頃の給食では、『脱脂粉乳』が出されていました。大きなヤカンに入っていて、一旦沸かしていたのでしょう、教室で配る頃は生ぬる〜い状態でした。同じ年齢位の方に聞くと『嫌いだった』と言う答えが多いのですが…当時の給食は『残すことは厳禁』でしたので、皆さん大変だったかもしれません。ただ、私はあの味が嫌いでは無く…結構美味しく頂いていたんです。現在でも『スキムミルク』を時々購入して飲みますが、あの味に近い感じです。何故か懐かしくさえ思ってしまいます。
57才 奈良県 既婚 女性

姪が小さい頃、女の子なのか料理的なものに手を出したがったが、かといって最初から刃物を持たせるわけにも行かず、最初にさせたのは、フルーチェとミルクを攪拌してソースにしてのデザート作り。だが、これをさせると私がフルーツをむいたり、盛りつけ用の皿を用意していると、ボールからそのまま食べちゃっている。それで、よくコラッと怒ってました。(もちろん、目では笑いながらですけれど)
64才 群馬県 未婚 男性

実家の隣の家に乳牛がいてしぼりたての牛乳を毎日飲んでいました。骨太人間になりました。その牛乳はなんとも言えない甘くて濃いくておいしかったことが今でも忘れられません。今でも牧場に行くと牛乳を飲んでみますがその味になかなか出会えません。小学生時代その牛舎で遊んだものでした。そこで牛から直接飲んだこともあります。
62才 山口県 既婚 女性

子供の頃は毎日給食で出る牛乳が苦痛でした。先生に見えないように友達に飲んでもらっていたりして切り抜けていたのですが。(残すと居残りさせたれたため) 大人になって北海道旅行の牧場で飲んだ牛乳が衝撃的に美味しくて好きになり、それ以来いろいろなメーカの牛乳も試すようになりました。最近はどこのメーカも美味しいですね。
50才 愛知県 未婚 女性

ビニールの蓋と紙の蓋との間の空気を抜くために、ビニールの上を擦り、紙の蓋と密着させ、ビニールを瓶のくびれ部を手でしっかりと押さえ、瓶の底手で強くたたくと、紙の蓋がはずれることを教えてもらってやったら、ビニールごとはずれてしまい、おかずやパンが牛乳まみれになって、ひどい目にあった。
58才 神奈川県 既婚 男性

牛乳はあまり好きではなかったのですが、ある日ものすごくのどが渇いていたとき、ほかに冷たい飲み物がなかったので、冷蔵庫にあった牛乳を一気飲みしたら、のどの渇きが一気に治まった。しかも、今まで感じたことのないほどよい甘味まで感じて。以来、牛乳好きになりました。
59才 東京都 既婚 女性

今でも背は低い方ですが、小学校入学時、99.5cmしかありませんでした。母親が、小さい時に牛乳をしっかり飲ませておけばもう少し大きくなったのにと溜息をついたのを71才の今でも折に触れて思い出します。何でも祖父が厳しい人で、当時贅沢品と思われていた牛乳は飲んでおらず増して子供には!!4年生位の時に祖父が一度倒れましたが、その時医者の勧めで自分だけ牛乳を飲んでいました。そのせいか、どうか分かりませんが、高校入学で親元を離れたの後に、下宿させて貰った伯母の勧めで牛乳を飲む様になりましたが、冷たいまま(常温でも)飲むと必ず下痢をする様になりました。毎朝伯母が、温めて飲ませてくれた牛乳を非常に美味しく感じました。その頃は成分が濃かったせいもあると思いますが、六甲山の牧場や北海道や東北旅行等で飲む牛乳と同じ味だったと思います。牛乳を見ると祖母の言葉と伯母の暖かさを思い出します。
71才 兵庫県 既婚 男性

毎日飲み物をがぶ飲みしていた真夏の高校野球の練習後の話です。翌朝が遠征の練習試合という日の夕方に、冷蔵庫にあった牛乳1リットルを一気飲みしてしまいました。当然のことながら朝5時半に飛び起きてトイレ行きです。遅刻して相手校のグランドにフラフラで到着しました。しかし力が入らなかったのが良かったのか、2試合で9打数6安打の大当たり。打撃開眼の記念日となりました。相手は今年も甲子園を沸かせた某名門高校で、現在の監督は自分と同学年でその試合で対戦しました。テレビで彼を見るたびその日のことを思い出します。
54才 埼玉県 既婚 男性

昭和の「給食残すな」真っ盛り世代だったのと、とても体格が小さく華奢だったのとで、余った牛乳をいつも飲まされた。先生は本気で「どうせ廃棄になるのならば、必要と思われる子に飲ませてあげよう」という想いだったのはわかっていたが、(決して嫌がらせ目的ではないことは理解していた)息を止めて一気に飲んで直後におかずなどを流し込んで耐えていた。その効果かオクテなだけだったのか、今では平均よりちょっと背が高いおばさんです。横も加齢とともに大きくなりつつあるけれど、やっぱり牛乳は苦手。豆乳なら飲めるんだけどな。
51才 東京都 未婚 女性

50年近く前、中学生だったころ給食の牛乳が残ると、廊下に業務用の大きな冷蔵庫があって、各クラスから残った牛乳はその中に入れられました。早いもの勝ちで飲んでよかったので、クラブの後とか、牛乳の好きなコは飲んでいました。もちろん私も飲みましが、遅れると残っていなくて、とても損をした気になりました。お昼に自分の分はしっかり飲んでいるのにね(笑)。
60才 広島県 既婚 女性

我が家では母親が「牛乳は健康にいいから」と欠かさずに買っておき、毎食出された。が、一番熱心に奨めていた母親自体は牛乳が大の苦手で、めったに飲むことがなかった。一度親戚で牛乳が嫌いな子どもにも「健康にいんだから」と強引に飲ませようとしたら、その子が「おばさんも飲むなら、僕も飲む」と言い出して、ものすごく困っていたことが印象深い。
50才 埼玉県 未婚 男性

給食が瓶入りで、当番がクラス分のケースをとりに給食室前まで行き、教室まで運ぶのですが、当番の時早く給食が食べたいのと、ケースがものすごく重いので小走りしてたらコケて半分以上割ってしまった記憶があります。その時は悲惨でしたが、その時の状況と心境が浮かぶのでいい思い出なのかもしれません。まあブーイングでしたわ。
45才 兵庫県 既婚 男性

学校の給食は、当初はスキムミルクだったので、牛乳になったときはうれしかった。かたずけ当番で、余っていると2本飲んだこともあったと思う。大人になってからは、ときどきビン牛乳が飲みたくなり、秋葉原駅ホームのミルクスタンドでコーヒー牛乳を飲んだ。2秒くらいで一気に飲むのが楽しかった。腰に手を当てて飲みたい!
58才 東京都 未婚 女性

給食の際の牛乳瓶のふたをはずすのが大変っだったり、給食当番の時に運ぶのが大変で転んで割ってしまったけど笑っていてくれたクラスメイトがいたなぁあ。あとは、ミルメイク用のを何に使うのかわからなく、そのまま飲んでいたりパンにつけていた友人の顔が面白かったのを覚えています。
34才 埼玉県 未婚 女性

小学生のころ、男の子の間で競い合っていた給食牛乳早飲み競争。2秒で飲み干す強者がいました。瓶牛乳の口を全部口に含んで、逆さにして一気に喉(胃袋)に流し込むという荒技でした。その後飲み物無しで食事する羽目になるのですが、そこはみんな考えていませんでしたね。
48才 福岡県 未婚 女性

私が小さい頃、当時小学校に勤めていた祖父が、給食で余った三角牛乳をおみやげに持って帰ってきてくれました。珍しくてよりおいしく感じました。実際、私が小学生になった時は四角い紙パックで、ちょっとがっかりしたのを覚えています。
30才 宮城県 未婚 女性

昔の学校給食の脱脂ミルクを飲まされた経験から 高校生の頃まで牛乳が大嫌いになっていました。母が何とか牛乳嫌いから脱出させたいと、クリームシチュウを何度も作ってくれました。だんだん慣れてきて食べれるだけでなく 大好きなメニュウになりました。牛乳は始めは温めて 表面に膜ができるのに大喜びでした。今では 冷たいのをゴクゴクいけます。遠い昔の母に感謝です。
72才 埼玉県 既婚 女性

僕はホットミルク、それも「人肌の温かさ」が一番好きなのですが、この温度に仕上げるのが非常に難しい。熱すぎると膜をつくってしまうし、ぬるいと底の部分は冷たいし。この温度をつくり上げる為に妻は相当な苦労をしていたと思いますが、ある日我が家に新しいオーブンレンジが納入されました。そのレンジには暖め温度の調節機能がついていて「チ〜ン!」と鳴ったら「ハイどうぞ!」って最高のホットミルク苦労なく飲めるようになったんです。う〜ん、昔からこんなハイテク機器があったなら、妻もお袋も毎日楽だっただろうにな〜 笑
51才 長野県 既婚 男性

学校給食のミルクはわりと好きでした。ただし温かいミルクは苦手。中途半端に生温かく飲みにくかったです。今思うと、アルミの丸いお椀では熱いミルクは持てない飲めない、だったのですね。たまにコーヒー牛乳の日がありました。もちろん今市販されているものとは別物で、飲み終わると底に黒っぽい粉が点々と残っていました。コーヒー?アルミ椀の次がテトラパックの牛乳だったかな。懐かしい〜〜(^^)まとまりないですけど思い出すままに。。。
67才 大阪府 未婚 女性

45年前、両親が子育て楽したい、で夏休みは八ヶ岳の麓に住む祖父母に預けられた。帰省した叔父達4人が面倒を見てくれた。10歳にバイクの運転教えるのも当時としては普通。そんな叔父の一人が酪農を見せる、と言い出し連れて行かれた牛舎での事。絞ったばかりの源乳は脂臭くて飲めなかったけど、バターに成るんだと教えられ、乳製品はスゴイ、てなわけで、その年の夏休み自由研究は2日でレポート作成。残りの夏休み?高原の夏を思いっきり満喫しました。
55才 埼玉県 既婚 男性

給食のミルクをまずいと言う人がいますが私は大好きでいつもおかわりをいただいていました。たまにまだ残ってるからと3杯いただくこともありうれしかったです。でも妊娠中にスキムミルクを飲んでまずいと思いました、子供のころは好きで飲んでいたのに口が肥えてしまったのでしょうか、それでも低脂肪乳等(安いので)なんでも飲んでいたのですが、ある日子供にまずくていやだと言われてそれからは「牛乳」だけを飲むようになりました。
65才 新潟県 既婚 女性

小学校低学年くらいの頃、始めて両親に清里へ連れて行ってもらった時『清泉寮』って牧場に行ったんだけど、その時に飲んだ牛乳とソフトクリームの味の濃さに感動して牛乳を数杯のんで夜中からお腹を、、、けど、あの時飲んだ牛乳は40過ぎた今でも最高に美味しかった牛乳の一つ。今も観光牧場なんか見つけると、立ち寄ってしまう。
42才 東京都 既婚 男性

小学校、中学校と給食で、ほぼ毎回瓶の牛乳が出て来ましたが、あまり好きじゃなかった私は、二日に一回くらいしか飲まなかった。でも小学生までは、祖母と共に銭湯に行くと、お風呂上がりに飲むフルーツ牛乳を毎回楽しみにしてました。思えばコーヒー牛乳も好きだったので、学校給食が毎日何かのフレーバー牛乳なら、ちゃんと飲んだのになと思います。
46才 東京都 未婚 女性

生前母が私に話してくれた話ですが、私はなかなか母乳離れができなかったそうです。母は私に母乳離れさせるために、私に牛乳を飲ませようとしたのですが、私は3日ほど飲まず食わずになり、3日目くらいにやっと牛乳を飲んだとそうです。そういえば、私は幼い時に巨大な牛乳瓶を見た記憶がありますが、たぶんその時の記憶だと思います。
49才 大阪府 未婚 男性

給食の時、コーヒー牛乳(瓶でも紙パックでも)があったにもかかわらず、コーヒー牛乳=ミルメークを入れる牛乳というのは何故なのか。それは瓶から紙パックに変わってもそうだったので、紙パックを開けてミルメークを入れるのに苦労した思い出が。姪に聞いたら、「ミルメークって何?」と聞き返されてしまった。時代なんだろうか。
41才 新潟県 未婚 女性

牛乳は、それで子牛が育つことが出来る栄養にすぐれた食品と思っている。小学4年生の時に牛乳嫌いのクラスメイトがおり、いつも牛乳を飲みきるまで残されていたが、6年生になった時、再度同じクラスとなったら、「牛乳好き」になっており驚いたことがある。今思えば、優れた食品を好きになることは、良いことではないか、と思う。
43才 静岡県 未婚 女性

相当昔の話ですが、ビンの牛乳しかなかった頃は、駅の売店で夏は、冷蔵ケース、冬はお湯のなかでホットにして販売してました。中学、高校と通学帰りは、ほとんど毎日飲んでいました。特に冬はコーヒー牛乳、フルーツ牛乳の香りが、駅のホームまで漂って、のまずにいられない感じでした。パンと牛乳は永遠に不滅です。
64才 北海道 既婚 男性

昔、母の里帰りにつきあって田舎の親戚の農家を訪れた時、そこで飼っている乳牛からの搾りたてを薬缶で(殺菌)煮沸しただけの「原乳」を初めていただいて驚きました。あの濃厚さに比べたら、マチで「牛乳」と銘打って瓶詰で販売しているものなどミズも同然。あのカルチャーショックはいまだに忘れられませんです。はい。
68才 愛知県 未婚 男性

生まれつき体が弱いので、小さい頃から牛乳を飲ませられてました。幼稚園の頃まではにおいが気になってキライでしたが、小学校に入ってからは大好きになり、晩御飯のときは私も弟も決まって牛乳でした。ご飯と合わないなんてことは思ったことが無いので、今の学校給食で牛乳を飲まなくなったというのが信じられません。
51才 東京都 未婚 女性

家族がみな牛乳好きで、音楽を鳴らしながら牛乳の販売車が週に2回ほど売りに来ていたが、1回で4本購入しても足りなくなった。現在では牛乳の販売車は来なくなり子供たちも独立して、購入本数は少なくなったが冷蔵庫には2本はストックされていないと心配になる。
68才 神奈川県 既婚 女性

私の小学校の頃、給食で出てきたのは脱脂粉乳でした。はっきり言ってあんまりおいしくない、というよりはまずかった。しかし月に1度だけ牛乳が出てくるときは本当にうれしかったです。今の人に脱脂粉乳と言ってもわからないかもしれませんが、無脂肪乳とは違いますよ。
60才 東京都 既婚 男性

牛乳が大好きでしたが家では飲み過ぎとの理由で余り飲ましてもらえませんでした。そのためか、学校給食で牛乳を飲まない子がいたので、その分をよくいただいており、また、休みの子がいる場合はその子の分も飲んでいました。今思うと1日どれだけの量を飲んでいたのかと思います。
46才 神奈川県 既婚 男性

こどもの頃から牛乳は大好きです!ただし条件があります!「成分無調整であること」「冷蔵庫から出したての冷え冷えであること」この条件から外れるとたちまち大好きから嫌いになります。「調整牛乳」は美味しくない。なまぬる〜い牛乳は大嫌い。なのでホットミルクは苦手です。

小学校の時はあまり牛乳は好きでは有りませんでしたが、担任の先生に教えて貰った粉のコーヒーと砂糖を混ぜた物を入れれば、コーヒー牛乳に成って飲むと、とてもおいしく飲んだ記憶がいります。それからは毎日持っていきました。
53才 岡山県 既婚 男性

40年くらい前の事で、近所の銭湯に行き、風呂上がりに飲む冷えた瓶の「コーヒー牛乳」は一日の疲れや嫌なことを忘れさせてくれる何とも言えない至福のひと時、今でも口に含んでから喉越し迄の感覚が忘れられない。
70才 神奈川県 既婚 男性

中学校に入学した時、私は前から3番目の身長しかありませんでした。担任の先生が文武両道を推進する方でしたので、運動部に入部し、鍛えました。体はどんどん大きくなり、2年生で真ん中あたり、3年生では、後ろから5番目くらいになりました。もちろん牛乳のおかげです。どんぶり飯も食べましたが、友人のように関節が痛むこともなく背とともに体もついてきました。小さかった自分が、人を追い抜いて大きくなるって思いもよりませんでしたね。
56才 千葉県 未婚 男性

テレビだったと思うが、低温殺菌牛乳を扱ったものを見たのをきっかけに一度購入して飲んでみた。それまでの牛乳と全く別の味でとても美味しいと感じた。それ以来、普通の牛乳が不味くて飲めなくなってしまった。近所のスーパーでは低温殺菌牛乳の在庫が少なく、普通の牛乳は大量にあっても低温殺菌牛乳はよく売り切れていて手に入らないことがある。
45才 埼玉県 未婚 男性

牛乳は昔から嫌いなので、よい思い出は全然なし。ただ懐かしい思い出はあります。それは小学校の給食で飲んでいた脱脂粉乳。どうしても飲めなくて、みんなが掃除始めているのに、まだ座って飲まされていたり、初めて飲んで吐いちゃった子がいたり。今思うと懐かしいですか、あんなまずいもの、牛乳嫌いの私が、よく毎日飲めていたなと思います。
59才 東京都 未婚 女性